人気ブログランキング |

日本を権威主義の国の範疇に入れていたF.フクヤマの『歴史の終わり』

日本を権威主義の国の範疇に入れていたF.フクヤマの『歴史の終わり』_c0315619_14163627.png権威主義とは、元来は政治支配における「被治者の思考態様」の問題だった。その概念がいつから現在のように政治体制の類型の意味に変容し、非民主主義の体制の総称に変わったのか、アジア経済研究所の記事に簡単な説明が載っていて、近代政治体制を民主主義・権威主義・全体主義の3類型に整理したJ.リンスの所論 - 『全体主義体制と権威主義体制』 - が紹介されている。曰く、

民主主義と全体主義の間の中間形態が権威主義であり、その特徴は「限定された多元主義」です。より具体的には、支配的な特定組織(政党、軍など)とは異なる政治主体の存在を許容する一方、結社や政治活動に強い制限を課す政治体制を指します。現在世界に存在する非民主主義体制の大部分は、権威主義体制に分類することができます。

とあり、ここからは権威主義の古典的概念であるところの尾形典男的な原義、すなわち「被治者の思考態様の問題)という要素が完全に消え、概念が改鋳されていることが分かる。権威主義は体制分類の用語に化けた。


More
# by yoniumuhibi | 2021-03-25 23:30 | Comments(2)

権威主義の概念について - 原義の加工改造と親米派によるラベリング言説化

権威主義の概念について - 原義の加工改造と親米派によるラベリング言説化_c0315619_13363399.png権威主義の概念について確認し検討してゆきたい。このところの政治空間の議論では、民主主義と権威主義の二項対立で世界を説明する思考が確立し、その観念が広く常識化して定着している。その構図を元に中国叩きに血道を上げるという政治的な空気が、右翼やマスコミだけでなく左翼リベラルでも一般化している。民主主義=米国=正義、権威主義=中国=悪という図式が公理として受け入れられ、大衆に確信され、あらゆる政治論評や政策判断の基礎になっている。そうした思想状況になっている。嘗ての認識と理解では、民主主義の対立概念は全体主義であり、民主政治の対義語は独裁政治だった。だが、そうした政治上の通念に変容が起こり、権威主義という語が悪玉範疇・敵性範疇として強力に浮上し、自分たちが所属する民主主義陣営と対立する政治属性として強調され意識されている。権威主義の言葉に私は違和感があり、米欧日を正当化する工作言説ではないかという不信感があった。違和感の正体を明らかにする作業を試みたい。最初に、ネットの情報ではこんな定義づけがされている。

More
# by yoniumuhibi | 2021-03-23 23:30 | Comments(2)

2プラス2共同声明の対中威嚇 – 奉祝するマスコミ、黙認する9条左翼リベラル

2プラス2共同声明の対中威嚇 – 奉祝するマスコミ、黙認する9条左翼リベラル_c0315619_16124859.png16日、日米2プラス2の会合が都内で行われ、日米が中国を名指し批判する共同声明が発表された。共同声明には、米国が「核の傘」を含む中国抑止能力を提供することを表明し、日本が「日米同盟を更に強化するために能力を向上させることを決意した」と明記されている。朝日の記事の中で、外務省幹部が「歴史的な日になった」と言っている。16日夜のテレビ報道、特にNHKのニュースは、この2プラス2の共同声明を前面に出して歓迎し、国民に意義を強調して正当性を刷り込む内容一色だった。朝日の記事も、「同盟国と連携して中国に対抗する米国のアジア外交が動き出した」「米国の積極的な関与を促してきた日本は歓迎する」と書いている。「日本政府は」ではなく「日本は」と書き、歓迎が日本全体の総意であるかのように報じている。昨夜はNHKのニュースを見ながら、真珠湾攻撃を告げる一報をラジオで聞いたときの加藤周一の感想を思い出した。何度もブログで書いてきたことで、新鮮味がなく恐縮だが、否応なしにこの気分に追い立てられる。

More
# by yoniumuhibi | 2021-03-17 23:30 | Comments(7)

検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活

検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活_c0315619_15164458.png震災から10年の節目の年にもかかわらず、原発に関する報道があまりに少なく拍子抜けさせられた。今回、印象に残ったテレビ報道は、(1)事故直後の東電の誤対応の新事実を簡単に伝えた7日のサンデーモーニングと、(2)廃炉について特集した14日のNスペの二つだけだ。通常、震災のメモリアルウィークの報道では、津波災害(三陸)よりも原発事故(福島)の方に比重を置いた特集が多かった。それは、震災が起きた当初からそうで、視聴者一般の関心が原発問題の方が高かったからである。首都圏などに住む多数にとって、より身近で切実な問題だったからだ。計画停電もあった。金町浄水場の放射能検出もあった。節電に努めた。デモの政治もあった。だから、東日本大震災といえば、まずは原発問題に注目するのがマスコミのパターンだったと言える。だが、震災10年の今年の報道では、原発事故よりも津波災害の方が前面に配置されている。原発への関心が低くなり、原発報道がすっかり縮小した感が強い。現在の原発に関する報道のほとんどは、政府広報の垂れ流し - 汚染水の海への放出を地均しするための世論工作 - に過ぎない。

More
# by yoniumuhibi | 2021-03-15 23:30 | Comments(6)

羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝

羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝_c0315619_15271629.png羽生結弦のコメントがいい。感動させられた。26歳の若者の率直な言葉だが、震災10年の日本を代表する素晴らしい式辞であり、まさに日本のリーダーが発する言葉だった。本当にこの言葉で救われた思いがする。ありがとうと感謝したいし、羽生結弦の10年に敬意を表したい。文面はストレートで、即興のオーラルがそのまま字になり文章になったような表現だけれど、中身は練られている。構成と推敲がある。深く深く掘り下げて言葉が紡がれ、心を揺り動かす絶唱の創作になっている。まるで、村上春樹から言葉を受け取っているような、そんな力と響きを感じさせられ、一言一句の珠玉の配置に惹き付けられた。被災した人たちを代表して内外に語る言葉であり、被災した人たちを励まし勇気づける言葉であり、この10年を生きてきた日本人全体を励ます言葉だ。そして、羽生結弦の純粋な精神と個性が滲み出ている。震災から3年目のソチ五輪の金、その4年後の不死鳥が舞い降りて奇跡を演じた平昌の金、それらの絵柄が思い起こされ、この言葉と一つに溶けて感動の余韻になる。これはまさに震災十年の賦だ。魂魄のモニュメントだ。

More
# by yoniumuhibi | 2021-03-12 23:30 | Comments(4)


カウンターとメール

最新のコメント

コロナ禍に、一気に戦争準..
by アン at 09:56
戦争回避に向けて反戦ムー..
by 成田 at 07:28
処理水海洋放出について福..
by まりも at 12:42
子供だったので、おしんは..
by コスモス at 08:08
昨年から今年にかけて護衛..
by 不来庵 at 23:31
ときあたかも、現代のミャ..
by nyckingyo2 at 21:33
大半の日本国民の現在の関..
by パックスヤパーナ at 15:09
レコードチャイナに掲載さ..
by ひばり at 20:10
歴史を紐解くと、どんな超..
by パックスヤパーナ at 19:33
まさにそのとおりで、私が..
by 成田 at 18:15

Twitter

以前の記事

2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング