人気ブログランキング | 話題のタグを見る

鈴木エイトの身辺が心配だ - 彗星の如く現れた精良なジャーナリズム

鈴木エイトの身辺が心配だ - 彗星の如く現れた精良なジャーナリズム_c0315619_16124716.png先週(7/17-23)、統一教会と安倍晋三、統一教会と自民党との関係を追及する世論と気運が大きく盛り上がった。殊勲は鈴木エイトのジャーナリズムである。見事だ。7月16日の日刊ゲンダイに、鈴木エイトが取材して作成した「統一教会と関係のある国会議員」の記事が出て、先週はこの問題が世間の関心と注目の中心になり、22日の報道1930、23日のTBS報道特集で取り上げられる進行となる。二つの番組の特集とも、佳作の中身に仕上がっていたが、その品質と水準を導いた立役者で原作者は鈴木エイトだ。

素晴らしい。安倍晋三の暗殺事件の核心が統一教会との関係にあること、自民党が統一教会とズブズブの関係にあり、それが山上徹也の犯行の背景として重要であること、その事実を、われわれはマスコミにストレートに指摘して欲しかったし、根拠となる情報材料を取材し提供して欲しかった。が、マスコミは核心から逃げ、本質から目を逸らし、真実を隠蔽する言説ばかりを撒いていた。安倍晋三と統一教会は無関係だとする「結論」を強調し、犯人は一方的な思い込みで安倍晋三を標的にしたのだという「事件像」を固めてきた。


More
# by yoniumuhibi | 2022-07-25 23:30 | Comments(4)

頑として「統一教会」と言わぬNHK、事件を無視し続けるTBS報道1930

頑として「統一教会」と言わぬNHK、事件を無視し続けるTBS報道1930_c0315619_16032430.pngNHKのニュースで「統一教会」の語が出てこない。7時のニュースも、NW9も、「宗教団体」と言うだけで「統一教会」とは絶対に言わない。伏せ続けている。世間一般は、その宗教団体が統一教会であることは百も承知なのだが、NHKは頑として統一教会の名称を原稿に入れず、放送で固有名詞を流そうとしない。衝撃の事件から2週間が過ぎ、そろそろNHKも「統一教会」の発語を解禁するかと思っていたが、ずっと隠し続けている。受信料を払っている視聴者に対して、奇妙で頑なな意思を示している。このことがまさに事件だ。

民放のTBSも面妖な不作為の報道を続けていて、松原耕二の報道1930が2週間経っても事件を取り上げようとしない。見ざる聞かざるの態度を貫徹している。事件が起きたのは今月8日。その後の番組の軌跡をたどると、11日に参院選特集、12日にウクライナ情勢、13日もウクライナ情勢、14日に中東情勢、15日に石油と中東問題、19日に日銀金融問題、20日にロシア情勢、となっている。途中、途切れている日は世界陸上を流した日だ。事件から2週間、ぶっ通しで事件を避け続け、意地でも触れないぞという姿勢を崩さない。


More
# by yoniumuhibi | 2022-07-21 23:30 | Comments(2)

暗殺の簡潔な理由 - ”安倍晋三が最も影響力のある統一教会のシンパだから”

暗殺の簡潔な理由 - ”安倍晋三が最も影響力のある統一教会のシンパだから”_c0315619_15203022.png先週、NW9の田中正良や報ステの大越健介は、暗殺事件のニュースのたびに「犯行の動機の解明が待たれます」と言った。決まり文句のように、「なぜ犯人が安倍さんを狙ったのか分かりません」と繰り返していた。山上徹也の動機は誰の目にも明快で、安倍晋三が統一教会の広告塔だから狙ったことは明白だ。動機に不審な点は何もない。だが、その核心から話を逸らし、無視し、強引に捻じ曲げ、統一教会と安倍晋三とは無関係だと言い張り、犯人の思い込みだとか思い違いだと言い、安倍晋三の側に撃たれる理由はないとマスコミは強調した。

「犯行の動機の解明が待たれます」という田中正良や大越健介の言葉は何を意味しているのだろう。そう不審に思っていたが、おそらくそれは、警察に対する教唆と圧力だったのだろう。つまり、早く山上徹也の背景を調べて、安保法制の反対デモに出ていたとか、安倍批判の投稿をネットに発信していたとか、そうした反安倍の過去の証拠材料を見つけろという意味のシグナルだったのに違いない。もうすぐ警察がそれを探して提示するから、皆さんもう少しお待ち下さいと国民にメッセージしていたのだ。それがNHKやテレ朝の期待する「真の動機」だったのだ。


More
# by yoniumuhibi | 2022-07-19 23:30 | Comments(6)

大越健介のフェイクニュース - 安倍晋三と統一教会との関係を全力で否定

大越健介のフェイクニュース - 安倍晋三と統一教会との関係を全力で否定_c0315619_15272834.pngマスコミは、山上徹也による事件の動機の核心である安倍晋三と統一教会との関係の認識について、「勘違い」とか「一方的な思い込み」とか「逆恨み」の言葉を当てて説明している。この報道は明らかに間違いであり、真実を隠して捻じ曲げるスリカエである。安倍晋三を擁護するための欺瞞の弁法だ。容疑者は、安倍晋三が統一教会の広告塔であり、日本におけるシンボル的存在だから命を狙ったのであって、容疑者の動機と行動に矛盾はない。不明瞭な点はない。容疑者は、統一教会に復讐を果たすべく20年以上統一教会を研究したのであり、20年越しの執念の計画が実行されている。

山上徹也の方が、そのへんのマスコミ記者よりよっぽど統一教会について詳しい知識を持ち、歴史を調べて内実を承知しているのだ。本日(7/13)、紀藤正樹がモーニングショーで言っていたように、山上徹也の犯行の目的は統一教会を壊滅させることである。教団を潰すことだ。目的達成のための最短で最適の方法として選んだのが、安倍晋三の暗殺に他ならない。事件を客観的総合的に分析すれば、きわめて合理的な戦略が描かれ、効果が想定されていたことが分かる。今回の事件により、統一教会は表に引っ張り出され、組織が叩かれ、日本では布教活動の継続が困難になった。


More
# by yoniumuhibi | 2022-07-13 23:30 | Comments(10)

民主主義を破壊したのは安倍晋三ではないのか - 今こそ安倍政治と戦う勇気を

民主主義を破壊したのは安倍晋三ではないのか - 今こそ安倍政治と戦う勇気を_c0315619_15361063.png10日に投開票された参議院選挙は、予想どおり自民圧勝の結果となった。投票3日前(7/8)に遊説中の安倍晋三が銃撃され死亡し、その後のテレビ放送は安倍晋三への追悼と賛美の一色となり、画面に映る全員が喪服モードで安倍晋三の栄誉と功績を讃える場となった。マスコミ空間は安倍晋三を偶像崇拝する儀式で埋まり、参院選で自民党を圧勝させる準備が淀みなく進行する時間となった。テレビ出演者は、国民の安倍晋三への弔意を一票の行動にさせるべく、安倍賛歌を奉ったその口で必ず選挙に行きましょうと念を押した。視聴者に義務づけるように促した。

あれほど大がかりで隙のないキャンペーンを遂行すれば、今回の選挙結果は当然のことだ。投票率が上がり、事前の傾向にさらに拍車がかかり、無党派層が勢いよく自民と維新に流れた。よく考えれば、スタジオに登場した喪服軍団のほとんどが、10年前からの安倍体制下で機会を得た者たちであり、安倍政治からの恩恵や抜擢を受けてマスコミで出世した顔ぶれだ。そして、安倍権力に忖度し、媚び売りし、転向して、マスコミ世界にしがみついてきた胡乱な面々だ。番組を編成するテレビ局の経営幹部がそうだ。この連中が、安倍晋三の恩義に感謝して最後の御奉公に狂奔したのである。


More
# by yoniumuhibi | 2022-07-11 23:30 | Comments(9)


メールと過去ログ

Twitter

最新のコメント

今こそ「テニスコートの誓..
by 印藤和寛 at 09:18
総裁選で石破さんを倒すた..
by 人情味。 at 09:29
もし山上容疑者が安倍元首..
by 人情味。 at 21:23
杉田水脈なる人物は論評に..
by 住田 at 10:51
あれは15年程前..
by ムラッチー at 11:27
悪夢のような安倍政治から..
by 成田 at 13:03
ハーバード大学で比較宗教..
by まりも at 23:59
重ねて失礼いたします。 ..
by アン at 17:48
安倍晋三のいない世界は大..
by アン at 13:16
今まで、宗教2世の問題に..
by さかき at 10:31

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング