人気ブログランキング |

<   2020年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

安倍辞任プロス・アンド・コンス – 安倍独裁は崩壊し、安倍カルトは残存す

安倍辞任プロス・アンド・コンス – 安倍独裁は崩壊し、安倍カルトは残存す_c0315619_15105622.png28日、予想外の展開で、呆気なく安倍晋三が辞任表明した。7年半続いた安倍政権が終わることになった。辞任は予想外の事態で、よほど潰瘍性大腸炎の症状が重いのだろう。決断に至った背景として - マスコミではその観点からの解説がないが - 主治医の診断と母洋子の説得が大きかったものと推測される。大腸癌の一歩手前まで来ていて、「このまま首相職を続けたら命の保証はできません」と主治医に引導を渡され、母洋子に「晋三、栄作さんを超えて歴代最長になったんだから、もう満足しなさい。長生きする方を選びなさい」と諭され、一気に政権を投げ出す選択に傾いたものと思われる。最高権力の座を手放せば、「桜を見る会」の刑事告発を検察に受理されて捜査を受けるリスクがある。場合によっては、昭恵と二人で小菅拘置所に収監される可能性がある。その恐怖があるからこそ、四選でも五選でも続けなければならず、終身独裁を追求しなければならないはずだった。それを途絶させ、自ら政権を投げ出す挙に出たのは、身体の具合がそれどころではなかった所為だろう。

More
by yoniumuhibi | 2020-08-31 23:30 | Comments(4)

コロナ時代の経済と生活 – 農業立国の展望とテレワークの新都市・新住宅の提案

コロナ時代の経済と生活 – 農業立国の展望とテレワークの新都市・新住宅の提案_c0315619_14334969.png前回、インバウンド依存の経済モデルは中断・止揚すべきだという主張を述べた。今年世界を覆ったコロナ禍が今後どのように展開するか不明だが、予感としては、今の厳しい状態が長く続いてもおかしくないと悲観する。コロナの株が周期的に変異して、開発されたワクチンの効力を失わせ、あるいは、別種の新ウィルスが発生して猛威を奮い、世界が今年と同じような感染症禍に襲われて悲鳴を上げるということが、これからもずっと続くかもしれない。考えてみれば、例えば、10年前と比べて熱中症の死亡者が倍増している灼熱地獄の現象も同じで、これからさらに苛烈に最高気温が上がり、経済活動と弱者の生活に打撃を与え、人の生き方・価値観に影響を及ぼして行くことだろう。線状降水帯と大型台風による洪水・強風の被害も同じである。酷暑禍と台風禍をどうすることもできないように、パンデミック禍もどうすることもできない自然災害として定着するかもしれない。

More
by yoniumuhibi | 2020-08-26 23:30 | Comments(1)

中国のGDPを報道しないマスコミ - 観光収支の彼我とインバウンド経済の破産

中国のGDPを報道しないマスコミ - 観光収支の彼我とインバウンド経済の破産_c0315619_13502682.png先週の大きなニュースとして、4-6月の日本のGDP成長率が年率換算で27.8%減となり、戦後最大の落ち込みを記録したという問題があった。この件にはずっと注目し、ブログやツイッターで速報値を追いかけて各国との比較を試みてきたが、やはり予想どおりというか、日本のマスコミは中国の数字 - 何と55%増! - を無視して碌に報じなかった。日本の報道は、欧米諸国と比較し、先進国の中では減少幅が少ないという点ばかり強調して伝えていた。韓国や台湾の数字を示すこともしなかった。韓国は年率で12.7%減であり、台湾は8.8%減である。日本と比較して、韓国のマイナス幅は2分の1であり、台湾のマイナス幅は3分の1に止まっている。この結果は韓国と台湾のコロナ対策の秀逸さを示すもので、政府が感染防止の万全の対策を打ち、それがよく反映された結果である。前に述べたように、2QのGDP速報値は各国のコロナ対策の成績表を意味する。中国は5、台湾と韓国は4、日本は2、米国とEUと英国は1。

More
by yoniumuhibi | 2020-08-24 23:30 | Comments(3)

潰瘍性大腸炎のジレンマと悪循環 - 破綻する今井尚哉と安倍晋三の「政事の構造」

潰瘍性大腸炎のジレンマと悪循環 - 破綻する今井尚哉と安倍晋三の「政事の構造」_c0315619_16423951.png7月に入った頃から、安倍晋三の顔が痩せてスッキリした相貌に変わっていて、何かあったのかなと思いながらテレビを眺めていた。癌だろうかと疑ったが、表情は元気そうで、立ち居振る舞いも余裕で傲慢な素振りは変わらず、重い病気を患っているようには確信できなかった。高級エステで顔痩せ施術のコースを受け、シェイプアップの効果が出た後のような印象だった。それまでの安倍晋三は、小さなアベノマスクから大きな顔面の肉が醜くはみ出し、首の皮につながる皮下脂肪が膨らんで弛み、そこに老化して爛れた不潔な重量感が漂っていた。不気味で卑しい権力者の鈍くギラギラした目つきと一つの絵になって、何ともグロテスクな妖怪の様相を呈していた。コロナ禍の時局に入って以降、失政続きで支持率が下がり、おそらくそのストレスを発散するように暴飲暴食に明け暮れ、消化器系の負担が増大して、顔の皮膚も精神も腫れて歪んだのだろうと想像していた。

More
by yoniumuhibi | 2020-08-20 23:30 | Comments(3)

終戦の日の主役となった靖国神社 - 戦後75年の節目の日の覚え書き3点

終戦の日の主役となった靖国神社 - 戦後75年の節目の日の覚え書き3点_c0315619_18093556.png今年は戦後75年の節目の年だったが、終戦の日までの慰霊の季節にそれらしい文化的なイベントが皆無で、議論や論争もなく、肩透かしを食ったような感じの時間がただ流れて過ぎた。テレビではコロナの話題が - 中身は全くなく単に視聴率維持の惰性ルーティンだが - 中心だった。節目の年でもあり、例えば、日経新聞が富田メモをスクープして衝撃を与えたような、満を持しての真実発掘のジャーナリズムが準備され、世間に投擲されることを望んだが、そんな庶民の期待を嘲笑うかのように空疎に平板に終わった。新型コロナの影響だろうか。それとも、東京五輪が予定されていたために、マスコミ各社は五輪ビジネスに叢って金儲けする算段で頭がいっぱいで、戦後75年の節目の意義など眼中になかったのだろうか。責任意識や義務感などすっ飛んでいたのだろうか。予想はしていたものの、NHKの態度はひどかった。関口宏だけが、淡々と、不十分ながらそれなりのことをやって務めを果たしていた。

More
by yoniumuhibi | 2020-08-17 23:30 | Comments(3)

周庭逮捕と香港の民主化運動について - 「民主の女神」周庭とは何者なのか

周庭逮捕と香港の民主化運動について - 「民主の女神」周庭とは何者なのか_c0315619_14524629.png周庭逮捕の事件が韓国でどう報道され、どのような論評と反応が出ているか関心があったが、ネットを検索するかぎり全く確認することができない。ハンギョレや中央日報の日本語サイトを覗き見たが、何も記事が上がっていなかった。やはり、周庭の問題で大騒ぎになっているのは日本だけのようだ。香港の人々の受け止め方については内実はよく分からない。5月に香港ポストに載った情報では、意外なことに、電話世論調査で52%が国家安全維持法に賛成と回答したとあり、香港の中の複雑な状況を窺わせていた。もっとも、6月にロイターが行った世論調査では反対が56%と出ていて、ここでは逆の常識的な結果が表れていて、香港ポストが報じた内容を打ち消している。ただし、民主化デモへの支持は3か月前より減少し、親中派への支持が増え、民主派への支持が低下している傾向が明らかとなった。香港の民主化運動は、現時点での総括を言えば、やはり失敗だったと言わざるを得ない。

More
by yoniumuhibi | 2020-08-13 23:30 | Comments(7)

「感染防止と経済活動の両立」の欺瞞 - 集団免疫と新自由主義のレッセフェール

「感染防止と経済活動の両立」の欺瞞 - 集団免疫と新自由主義のレッセフェール_c0315619_15180020.png前回、「ウィズコロナ」の言説を批判した。よく考えてみると、「ウィズコロナ」の言説と態度は、政府が唱えている「感染防止と経済活動の両立」の至上命題とセットになっていることが分かる。どちらもコロナの政策を導き出す上での前提的な認識になっていて、今の政府の政策は、この二つの言説あるいは命題によって正当なものとして受け止められる構図になっている。「ウィズコロナ」と「感染防止と経済活動の両立」のキーワードは、現在の政府のコロナ政策を正当化する概念装置である、と政治学的に整理できるだろう。イデオロギー暴露の視角から二つの言説・命題を睨み見たとき、要するにその意図なり目的は、コロナ感染症の流行を放置し、必要な政府の対策を行わず、経済を回すことを最優先にするということに尽きる。その方針を国民が納得し肯定する装置として、サボタージュを合理化する方便として、二つのキーワードが駆使され、一般に定着して効果を発揮している現状にある。

More
by yoniumuhibi | 2020-08-10 23:30 | Comments(4)

志位和夫の「ウィズコロナ」批判 – 正鵠を射た率直な指摘と暴露

志位和夫の「ウィズコロナ」批判 – 正鵠を射た率直な指摘と暴露_c0315619_14435311.png昨日(2日)のツイッターで、志位和夫が「ウィズコロナ」の言葉について批判を上げていた。「政府が『ウィズコロナ』という言葉を安易に使うべきでない。『共生』できないウイルスもある。新型コロナウイルスは、封じ込めなければならないものです」と言っている。重要な指摘であり、正論であり、志位和夫らしい純粋な主張だと同感する。「ウィズコロナ」という言葉がどこから発生したのか確定できないが、記憶では、小池百合子が5月末の会見で「ウィズコロナ宣言」を発表し、フリップを掲げてプレゼンテーションしたときから、マスコミで頻用され、人口に膾炙されて世間に定着したように思われる。最初に耳にしたときは、多少の違和感を覚えたし、その中身は志位和夫が述べているとおりである。「ウィズコロナ」の語には、コロナと共生するという意味があり、殺滅し根絶することが難しいコロナの存在を容認し、それと巧く付き合っていくほかなく、コロナの悪影響を最小限度に抑えながら社会を運営していくしかないという方針と姿勢が示されている。

More
by yoniumuhibi | 2020-08-05 23:30 | Comments(1)

寺島実郎の反中デマと誹謗中傷 - 防疫と経済の両立に成功しているのは中国

寺島実郎の反中デマと誹謗中傷 - 防疫と経済の両立に成功しているのは中国_c0315619_14230194.png第二四半期の各国のGDP速報値が報道されていて、非常に興味深い数字になっている。ユーロ圏は年率換算で前期比40.3%減、米国は年率換算で前期比32.9%減、日本は年率換算で前期比26.3%減、韓国は前期比3.3%減、台湾は年率換算で前期比8.8%減、中国は前年同期比3.2%増となっている。米国の数値は商務省が30日に発表したもの、EUの数値もEU統計局が31日に発表したもの、日本の数値は民間23社の予測で日経が31日に報じたもの、韓国の数値は韓国中央銀行が23日に発表したもの、台湾の数値は台湾の政府統計局が31日に発表した正式なもの、中国の数値は23日に国家統計局が発表したものである。EUの前期比は12.1%減、韓国の前年同期比は2.9%減、台湾の前年同期比は0.73%減、中国の年率換算の前期比は11.5%増と報じられている。韓国の前期比の3.3%減を年率換算にすると、-1.033を4乗した計算で13.9%減となる。年率換算値で各国を比較すると、次のようなグラフが描ける。

More
by yoniumuhibi | 2020-08-03 23:30 | Comments(1)


カウンターとメール

最新のコメント

今回のBLM運動が盛り上..
by 長坂 at 15:15
 駄文続きすみません..
by 印藤和寛 at 08:10
パックンはご家庭の事情で..
by コスモス at 00:22
 ロ-ルズやアーレント、..
by 印藤和寛 at 21:04
ロールズを読んだ事ないの..
by 長坂 at 11:29
 「あなたはすばらしい人..
by みきまりや at 08:45
本を批判的に読まなくては..
by さふらん at 15:02
実証主義をうたう伊藤隆氏..
by H.A. at 20:25
私は、日中戦争は笠原十九..
by 長坂 at 19:47
五輪さんの歌のご紹介有難..
by アン at 01:09

Twitter

以前の記事

2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング