人気ブログランキング |

<   2020年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

なぜPCR検査は増えないのか - 「基本方針」は誰がいつ決めたのか

なぜPCR検査は増えないのか - 「基本方針」は誰がいつ決めたのか_c0315619_16283247.png25日に発表された政府の「基本方針」が、わずか1日で崩れ始めた。全国一律の自粛要請は行わないとしていた興行規制策が、「大規模なスポーツや文化イベントなどについて、今後2週間程度、中止か延期、または規模を縮小するよう要請」に変わり、Jリーグやプロ野球が試合延期や無観客試合を決めて発表、歌手の公演も相次いで中止になった。大相撲春場所も中止か無観客になるだろう。PCR検査についても、国会質疑で追及され、重症者の確定診断のためだけに使うとした方針が世論の批判を浴びて揺らぎ始めた。実際に政府が民間企業に門戸開放してPCR検査を増やすかどうかは不明だが、少なくとも口先のタテマエベースでは検査拡大が正論になり、検査不要論は後退した感がある。検査不要論を唱えていた御用医師たちが立場が悪くなって転向を始めた。昨夜26日に報道1930に出演した久住英二が、検査のパイを拡大すべしと言ったのには驚かされた。検査無意味論の急先鋒だった男が舌の根も乾かぬうちに。

More
by yoniumuhibi | 2020-02-27 23:30 | Comments(4)

間に合わせで使い捨ての「基本方針」 – 尾身茂の裏切りと棄民の徹底

間に合わせで使い捨ての「基本方針」 – 尾身茂の裏切りと棄民の徹底_c0315619_15502234.png昨夜(24日)、NHKの7時のニュースに尾身茂が登場し、政府による新型コロナウィルス対策の基本方針が説明された。報ステなど他の報道番組でも横一列でダウンロードされた。その内容は、ここ1-2週間が感染症拡大を抑える瀬戸際だとして、次のことを国民に守るように要請している。(1)かぜや発熱などの軽い症状の場合は外出せず自宅で療養すること、(2)37度5分以上の発熱が4日以上続く場合は『帰国者・接触者相談センター』に電話して相談すること、(3)高齢者や持病のある人は2日程度症状が続く場合には検査を許可するので相談せよ。要するに、先週出した「目安」の対策と同じで、中身は何も変わっていない。新しい内容は何も入っていない。少し違うのは、軽症者への対応を厳しくして、軽症者の自宅療養を徹底し、医療機関のリソースは重症者のみにあてがうことを強調したことだ。何が何でも検査は行わない。下々は棄民する。

More
by yoniumuhibi | 2020-02-25 23:30 | Comments(4)

政府を擁護し市中感染の拡大と放置を公認する御用医師の言説と錯誤

政府を擁護し市中感染の拡大と放置を公認する御用医師の言説と錯誤_c0315619_17054776.png米国CDCが19日に日本への渡航注意勧告を出した。米CNBCで専門家が「日本は感染急拡大の瀬戸際にあり、大規模流行へと発展するかもしれない」と警戒感を示している。タイ政府は日本への渡航自粛を国民に呼びかけた。日本の感染状況の悪化は明らかで、世界から注意の視線が向けられ、次第に日本が世界から隔離される構図になりつつある。だが、日本国内に危機感は全くない。正直、これが5か月後に五輪開幕を控えた国なのかと不思議に感じる。例えば、仮定として、7月に天津や成都で五輪を開くなどという図があり得るだろうか。IOCはすぐに対応を協議し、延期や中止や代替地案を検討するだろう。日本の中では誰も言わないが、日本国内の新型コロナウィルスの感染状況は北京や上海と同じ程度であり、山東省や四川省とほぼ同レベルと考えていい。現在、日本は死者3名。人口1億人の山東省は死者4名、人口8110万人の四川省は死者3名である。

More
by yoniumuhibi | 2020-02-21 23:30 | Comments(5)

「目安縛り」の新対策 – 検査はしない、家で4日間我慢して自分で治せ

「目安縛り」の新対策 – 検査はしない、家で4日間我慢して自分で治せ_c0315619_16350357.png昨日18日は4都県で8人の感染者が出た。東京の3人のうち80代男性と50代男性は重症で人工呼吸器の状態にあり、神奈川の1人の60代男性も重症とある。東京の50代男性の会社員は5日に発症後、10日から13日の間に二つの病院で診察を受け、15日に別の病院に入院、18日に陽性と判明している。神奈川の60代男性は、5日に病院を訪れて風邪と診断、8日に別の病院を紹介され受診、10日にも受診したが症状が治まらず13日に入院、さらに別の病院に転院となり、17日にウィルス検査を受けて陽性と判明、発表となった。この二人も病院を何か所もたらい回しされた挙げ句、入院先で人口呼吸器の重症となり、最後に検査されて感染者にカウントされる身となった。日本の市中感染のパターンである。

More
by yoniumuhibi | 2020-02-19 23:30 | Comments(2)

初動を誤った日本 - 韓国は1日5000件の検査体制、費用は公費負担

初動を誤った日本 - 韓国は1日5000件の検査体制、費用は公費負担_c0315619_15061297.png新型肺炎の対策で日本は初動を誤った。検査体制に万全を尽くし、早期発見に努め、市中感染が広がる前に封じ込めをしなくてはいけなかったのに、検査をせず、感染者を探し出すことをせず、3週間も市中で感染が連鎖するのを閑却した。政府発表の見かけの数字は少ないが、市中では3次4次の感染が広がっている。WHOの進藤奈邦子は、「今一番、世界中が心配しているのが日本だ」「他の国では、全部の感染者が(誰から感染したのか経路が)追える。日本だけ様相が違う」と言い、日本のルーズな対応に警鐘を鳴らした。政府がこれだけ早期封じ込めに傾注せず、市中感染の進行を看過しているのは日本だけだろう。政府だけでなく、マスコミにも野党にも全く危機感がない。政府の不作為を批判する真剣な声がない。テレビで「専門家」が垂れるのは、致死率が低いから恐がらず安心しろという宣撫の説教だけである。日本は湖北省化するのではないか。その入り口に立っているのではないか。

More
by yoniumuhibi | 2020-02-17 23:30 | Comments(3)

遂に初の死者が市中感染者から - それでも何もせずお気楽なままの政府

遂に初の死者が市中感染者から - それでも何もせずお気楽なままの政府_c0315619_15055854.png昨日13日、神奈川県で80代の女性が新型コロナウィルスによる肺炎で死亡した。前回、「今週中に日本で初の死者が出るだろう」と予想したが、そのとおりの結果となった。死亡した女性は、1月22日から倦怠感などの症状が出て、28日に医師の診断を受けたが経過観察となり、2月1日に再び受診して肺炎と診断され、別の医療機関に入院している。抗生薬の投与を受けたが症状が改善せず悪化、6日にさらに別の病院に転院、12日に呼吸困難となった。そこで初めてPCR検査を実施、13日に死亡、その後に陽性が判明した。報道されているこの推移を見れば、途中のどこかの時点で、担当した医療関係者がこの患者について新型肺炎を疑っていたことは間違いなく、そして神奈川県(健康医療局・保健医療部・健康危機管理課)に報告され、厚労省に報告されていたことは明らかだと思われる。この女性が入院して死亡するまでの2週間、テレビは朝から晩までこの話題ばかりだった。

More
by yoniumuhibi | 2020-02-14 23:30 | Comments(5)

野党は感染症対策の追及と提案を - 田村智子を陣頭に国論をリードせよ

野党は感染症対策の追及と提案を - 田村智子を陣頭に国論をリードせよ_c0315619_14111824.pngクルーズ船の感染者のうち、人工呼吸器を使用したり集中治療室に入ったりしている人が4人いるという報道が出た。これによって、「(新型コロナウィルスは)感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります」と記していた厚労省の2/8の所見が破綻した。また、クルーズ船での作業に当たった検疫官1名の感染も確認された。中国以外の国で検疫官が感染した例は初で、世界とWHOに衝撃を与えているだろう。日本政府がこのウィルスの感染力を侮り、リスクを軽視していたため、かかる重大な過失が起きたと言わざるを得ない。そして遂に、外務省が中国全土の在留邦人に一時帰国を呼びかける進行となった。おそらく、今週中に日本で初の死者が出るだろう。クルーズ船の問題は容易ならざる事態に陥り、国際問題となって刻々の動きに世界から注目が集まるはずだ。これから2週間ほどは日本中がこの感染症の問題で一色となる。

More
by yoniumuhibi | 2020-02-12 23:30 | Comments(2)

専門家の温度差 - 中国の検査体制と科学技術の能力を報道しないマスコミ

専門家の温度差 - 中国の検査体制と科学技術の能力を報道しないマスコミ_c0315619_14022585.png週末にかけてのテレビ報道では、新型コロナウィルスの検査の方法と能力と体制がフォーカスされた。その関心のためか、NHKの9日朝の日曜討論では、感染症医学や公衆衛生の専門家が居並んで討論する図となっていた。そして、その関心は、横浜港に停泊しているクルーズ船の乗員乗客の全員に検査を実施すべきか否かという政策問題の判断に直結し、専門家たちの見解と立場を分ける構図となっている。 一瞥したところ、対立の図式は次のように整理できそうだ。テレビに常連で出演して解説する専門家の間では、岡田晴恵と浦島充佳の二人が明確に認識と主張が違う。浦島充佳は典型的な御用学者で、政府の措置を常に正当化し、政府の判断に根拠を与えて大衆を納得させる役割を演じている。浦島充佳の結論は、今回の感染症は流行しても恐れるほどの脅威ではないとするもので、PCR検査は人手がかかる複雑な作業だから、クルーズ船の全員に検査を受けさせる必要はないというものだ。

More
by yoniumuhibi | 2020-02-10 23:30 | Comments(2)

無能で怠慢な日本 - ウィルス分離で豪州の後塵、検査キット開発で米国に落後

無能で怠慢な日本 - ウィルス分離で豪州の後塵、検査キット開発で米国に落後_c0315619_14442046.png昨夜(6日)のNHK-NW9では、日本での新型コロナウィルスの検査の対象が狭すぎて、十分な対策ができていない問題が報道されていた。千葉の診療所の医師が登場し、成田空港で働いている患者の例が紹介された。肺炎と診断して治療したが、投薬効果が全く現れず症状が悪化する一方なので、新型コロナウィルスの感染を疑って保健所に照会したところ、厚労省の基準条件に合わないので拒否された。そう告発し、政府の現在の対策を批判した。前回の記事で指摘した「検査を受けさせない日本政府」の問題がマスコミ報道にも浮上、世論として一般に定着しつつある。厚労省の電話窓口と保健所の間で、検査を要望して問い合わせた者をたらい回しにし、狡猾に検査受付を拒否している実態も暴露された。予想したとおりだった。政府の言う「検査体制」とは、検査希望者を拒絶する体制の意味だったのであり、検査をしないことで国内感染者の発生数を小さく抑える不作為の行政措置だった。


More
by yoniumuhibi | 2020-02-07 23:30 | Comments(2)

検査を受けさせない日本政府 - 感染者数をコントロールする「水際対策」

検査を受けさせない日本政府 - 感染者数をコントロールする「水際対策」_c0315619_16465532.png新型コロナウィルスの感染が拡大し、遂に武漢から遠く離れた浙江省南端の沿岸都市・温州が封鎖される事態となった。3日の中国の感染者数は1万7205人、死亡者は361人となり、死亡者は前日2日の304人から50人以上増えている。先週の状況を見ると、感染者の増加は一次関数的な直線のグラフで推移しており、この種の感染症でイメージされる、爆発的拡大を示すパニック的な曲線のカーブを描いていない。いわば着実に増加している。その理由について、中国当局が感染拡大をよく防いでいるからという見解がある一方、検査態勢のキャパシティの限界が数字の伸びを抑えているのではという見方もある。おそらく後者だろう。武漢以外の都市や省の数字は、医療保健機関が厳密に検査した確実な統計データに違いないが、武漢市内のパンデミックは正しく捕捉されておらず、発表される日報の数値によく反映されていないものと思われる。武漢に窓口が足りず、医師が足りないからだ。

More
by yoniumuhibi | 2020-02-03 23:30 | Comments(3)


カウンターとメール

最新のコメント

GoToというのは、コロ..
by 金を出すから感染が怖くても旅行しろと? at 22:37
奥尻島 12月1日まで2..
by コスモス at 22:02
旭川の吉田病院理事長がサ..
by サン at 10:07
https://www...
by 米帝大嫌い at 20:19
菅が「経済」というと、誰..
by サムエル at 19:05
「旅行自体が感染を起こす..
by 愛知 at 04:10
東京で連日多数の感染者が..
by ブルー at 16:38
昨日の報道番組の要旨を読..
by アン at 10:12
3連休の行楽地の人出をテ..
by 愛知 at 02:28
 9.11など考えてもみ..
by みきまりや at 15:47

Twitter

以前の記事

2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング