人気ブログランキング |

<   2020年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

京都市長選の反共広告としばき隊の迷走 - 前原誠司と福山哲郎の反共兄弟仁義

京都市長選の反共広告としばき隊の迷走 - 前原誠司と福山哲郎の反共兄弟仁義_c0315619_14115865.png京都市長選での反共広告の件。まず最初に驚いたのは、しばき隊の幹部が、京都新聞に掲載された反共広告を擁護する発言を上げたことだ。野間易通は1月26日のツイートで、「『共産党市長はNO』自体は、まあいいんじゃないですか。『アベ政治にNO』とか『自公政治を終わらす』とかと同じで」と寛容な態度を示している。木下ちがやも同じく26日に、「京都新聞の反共広告は『ヘイト』ではありません。こんな、敵対するものに『ヘイト』なるレッテル貼りをすることは、リベラリズムを軽視する、共産党の危うさと、世間に捉えられても仕方がありませんね」と言い、表現の自由の範囲の政治主張だとして許容、目くじらを立てて騒ぐ問題ではないと、逆に怒る左翼側を諫める言辞を吐いた。この二人の等閑な容認姿勢に対しては、左翼の仲間内から、特に木下ちがやに向かって反発が上がり、「ほんとにサイテー。この人には運動に関わってもらいたくないね」などという糾弾が浴びせられる展開となった。

More
by yoniumuhibi | 2020-01-29 23:30 | Comments(5)

左翼から消えた「アメリカ帝国主義」の語 - 関岡英之の『拒否できない日本』

左翼から消えた「アメリカ帝国主義」の語 - 関岡英之の『拒否できない日本』_c0315619_13180695.png中東や世界の各地で何か謀略事件が起きたとき、あるいは、反米勢力の側が不利になる怪しい情報工作が行われたとき、これはCIAの仕業ではないかと疑って声を上げると、途端に「陰謀論だあ」という拒絶と反論が返ってくる。特に左翼方面から、待ってましたとばかり反陰謀論ヒステリーが始まり、「陰謀論者」のレッテルを貼られて袋叩きの目に遭う。日本の政治空間ではそれが常態になった。反陰謀論キャンペーンを煽る主力はしばき隊左翼であり、きわめて凶暴に、有無を言わさず「陰謀論者」の決めつけを乱発、連呼と絶叫でTLを埋めて固めてしまう。しばき隊にとって、CIAの工作という言説は条件反射的に陰謀論という記号と結びついていて、その武器の放射で撃退しなければならない天敵のようだ。左翼を名乗るしばき隊が、何故にここまでCIAの暗躍と罪科を擁護し、米国を正当化するのか不思議で、その政治現象に注目していたが、解明の糸口になると思われる関連事実を発見した。

More
by yoniumuhibi | 2020-01-27 23:30 | Comments(2)

秋以降の解散総選挙が不可能である理由 – 時間を削られる安倍晋三

秋以降の解散総選挙が不可能である理由 – 時間を削られる安倍晋三_c0315619_16154445.png政治番組に出演した長妻昭が、「総理は隙あらばいつでも解散しようとタイミングを狙っている」と発言していた。巷では解散総選挙は東京五輪が終わった秋以降という観測が支配的だが、実際にはこの長妻昭の見方が正しい。結論から言って、秋以降の年内解散などあり得ないと断言してよい。根拠を説明しよう。ポイントは、(1)党則改正の党大会と(2)米大統領選の2点である。党則改正の問題については何度か述べてきたが、この点に着目した政局論や総選挙日程の予測分析が皆無なのが不思議でならない。四選を目論む安倍晋三にとって何より頭を悩ませている難題が、四選を可能にする党内手続きの処理、すなわち党則改正を首尾よく果たすことで、この基本的事実を正しく了解する必要がある。この関門を突破しなければ、任期は21年9月で自動的に終了するのだ。党則の改定は、最高機関である党大会で行う。緊急の場合、両院議員総会を開いて党大会の議決に代えることができる。

More
by yoniumuhibi | 2020-01-22 23:30 | Comments(0)

社会主義の再開発 – レーニンの帝国主義論と鄧小平の社会主義市場経済

社会主義の再開発 – レーニンの帝国主義論と鄧小平の社会主義市場経済_c0315619_13021821.png日本共産党の綱領改定について検討を加えながら、社会主義のコンセプトのリニューアルという問題を提起した。社会主義とは何か、どんなビジョンであり、モデルであり、プロジェクトなのか、その中身を埋める理論的模索が日本では全くなされておらず、関心と熱意がない。アカデミーのみならず、共産党すらその任務と課題に積極的に取り組もうとせず、逆に疎んじて遠ざけてしまっている。「中国は社会主義ではない」という命題を立てて訴えるなら、それなら社会主義の理念はこうで中身はこうだという具体論が対置されなくてはいけない。具体論が提出され、論争されなくてはならない。今回の不破哲三による綱領改定の方法的立論、すなわち発達した資本主義国の所産と前提に重点を置いて社会主義論を組み立てる提言に対して、それに触発され反論する立場から、私なりの社会主義論の着想と試論を述べたい。マルクス主義と社会科学の理論は、どこまでもディアレクティークでなくてはいけない。

More
by yoniumuhibi | 2020-01-20 23:30 | Comments(3)

日本共産党の綱領改定とさざ波通信 - 異端者の異議申立てと不破哲三の旋回

日本共産党の綱領改定とさざ波通信 - 異端者の異議申立てと不破哲三の旋回_c0315619_14272047.png不破哲三が共産党大会2日目に登壇して演説、綱領改定案の意義を説明して中国批判は当然だと強調した。また、「発達した資本主義国での社会変革は、社会主義、共産主義への大道である」と述べ、今回の綱領改定のキーエッセンスを教説している。不破哲三の党大会での発言は14年ぶりだとある。今回の党綱領改定は不破哲三が指揮して行われたものだ。本人にとって最後の仕事のつもりだったのに違いない。最初に「綱領一部改定案についての提案報告」の長い文書(19年11月4日付)を一読したとき、これは不破哲三の執筆だとすぐに直観した。署名は志位和夫だが、文責は間違いなく不破哲三であり、論理構成も細部の表現も不破哲三によるものである。特に、中国批判の論拠を証明するに当たって、「発達した資本主義国での社会変革」の命題を立論し、マルクスの古典から「五つの要素」を抜粋して列挙するという方法は、理論的胆力からしても、知識的力業の面からも、不破哲三以外に為せる者はいない。

More
by yoniumuhibi | 2020-01-17 23:30 | Comments(4)

日本共産党の綱領改定と中国批判 -『手紙』から考える社会主義とは何か

日本共産党の綱領改定と中国批判 -『手紙』から考える社会主義とは何か_c0315619_13333109.png第28回共産党大会が14日から5日間の日程で熱海で始まった。今度の党大会の注目は、16年ぶりに綱領を改定し、中国を批判し、中国共産党との立場の違いを明確にした点である。綱領改定案では、中国共産党について「社会主義をめざす新しい探究が開始され」と積極的に位置づけてきた部分を削除、逆に、「いくつかの大国で強まっている大国主義・覇権主義は、世界の平和と進歩への逆流となっている」と批判する認識に変えた。簡単に言えば、中国は社会主義ではない、中国共産党は社会主義をめざす政党ではないという見方に転換した。重要な変更であり、意味が大きいが、この問題について3点ほど意見を述べたい。まず第一に、この認識の定立は、理念としての社会主義を現実の社会主義から切り離し、理念の生命力を守ろうとするアプローチであり、その意味で基本的に歓迎したい。社会主義の理念を守ろうとしている。

More
by yoniumuhibi | 2020-01-15 23:30 | Comments(1)

松本雅光の微罪逮捕事件 - 「公安監視対象団体」に認定されたしばき隊

松本雅光の微罪逮捕事件 - 「公安監視対象団体」に認定されたしばき隊_c0315619_13535224.png1月9日夜、しばき隊活動家の松本雅光が「車庫飛ばし」の容疑で警視庁公安部に逮捕され、TBSニュースで大きく報道されるという事件が起きた。車の車検更新時に虚偽の住所を届け出て違法に登録した罪で、これは、公安警察が極左団体を捜査摘発する際に使われる典型的な微罪逮捕の手法である。ネットの左翼しばき隊界隈に衝撃が走り、余韻は現在も続いている。誰もが無口になって静かだ。遂に、しばき隊が中核派や革マル派と同じ「公安監視対象団体」になった。今回の事件報道は公安によるその宣告に他ならない。しばき隊がこうした処置を受けたのは初めてのことで、また、マスコミ報道で「しばき隊」と団体名を明記されたのも初めてのことと記憶する。公安警察は「公共の安全と秩序」を使命とする国家権力機構で、辞書を引くと「国家の秩序維持と安全のために、反体制的運動や組織を取り締まる警察活動」と定義がある。


More
by yoniumuhibi | 2020-01-11 23:30 | Comments(1)

殉教者 - ソレイマニはイランとサウジの和平外交を担う特使だった

殉教者 - ソレイマニはイランとサウジの和平外交を担う特使だった_c0315619_13542575.pngイランによる米国への報復攻撃が8日未明(日本時間同日午前)に行われ、イラン国内の革命防衛隊基地からミサイルが発射、イラク領内にある米軍基地2か所に15発が着弾した。が、基地内の米兵に死傷者は確認されず、イラン側が故意に無人の敷地内を標的にし、流血の被害を出さないよう周到に配慮、事態不拡大の姿勢を見せたのだろうとマスコミでは推測されている。日本時間の9日未明、トランプが会見に現れ、「イランは矛を収めている」と表明、軍事的反撃は行わず、事態を収拾する方針を示した。報復攻撃の直後、イランはスイス経由で米政府に書簡を送り、「反撃しなければ、対米攻撃は続けない」とメッセージを伝えていたことが明らかになっていて、この外交対応がトランプの再攻撃中止の判断に繋がったと見られている。報復合戦は止まり、年明けから始まったイラン戦争の危機は回避された。

More
by yoniumuhibi | 2020-01-09 23:30 | Comments(4)

米国のテロ攻撃 – ロシアンルーレットのゲームと親米漬けで鈍感症の日本

米国のテロ攻撃 – ロシアンルーレットのゲームと親米漬けで鈍感症の日本_c0315619_13144376.png2020年は米国による卑劣なテロで幕を開けた。3日未明、米軍がバグダッド国際空港付近でイラン革命防衛隊司令官のスレイマニをロケット弾攻撃で爆殺。一緒にいたカタイブ・ヒズボラの最高指導者ムハンディスも殺害した。イランはこれを開戦と受け止め、国連大使が報復を宣言した。正月気分は吹っ飛び、この3日間、世界は極度の緊張状態に包まれて危機の行方を見守っている。4日朝、世界のツイッターのトレンドが World War 3 とか WWIII の語で埋まり、恐怖と懸念に覆われて深刻になる中、日本のトレンドには「福袋」が上がって絶海の孤島の安穏を呈し、その対照と差異に注目が集まる一幕があった。日本人はなぜこの事態にこれほど不感症なのか。それは、イラン側が絶対に報復攻撃をしないと確信しているからであり、戦力で圧倒的に弱いイランが米国相手に戦争などするはずがない、できるわけがないと高をくくっているからだ。 

More
by yoniumuhibi | 2020-01-06 23:30 | Comments(7)


カウンターとメール

最新のコメント

GoToというのは、コロ..
by 金を出すから感染が怖くても旅行しろと? at 22:37
奥尻島 12月1日まで2..
by コスモス at 22:02
旭川の吉田病院理事長がサ..
by サン at 10:07
https://www...
by 米帝大嫌い at 20:19
菅が「経済」というと、誰..
by サムエル at 19:05
「旅行自体が感染を起こす..
by 愛知 at 04:10
東京で連日多数の感染者が..
by ブルー at 16:38
昨日の報道番組の要旨を読..
by アン at 10:12
3連休の行楽地の人出をテ..
by 愛知 at 02:28
 9.11など考えてもみ..
by みきまりや at 15:47

Twitter

以前の記事

2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング