人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本の核武装論を推し進めたのは安倍晋三だ - なぜ指摘され非難されないのか

日本の核武装論を推し進めたのは安倍晋三だ - なぜ指摘され非難されないのか_c0315619_14270391.png日本の核武装をずっと言い続けてきたのは安倍晋三だ。誰でも知っている事実だ。だが、そのことが原爆の慰霊の季節に語られない。安倍晋三が糾弾されない。眼前のマスコミの風景に苛立ちを覚える。官房副長官だった20年前、早稲田大の講演会で「核使用は違憲ではない」と暴言を吐き、週刊誌に書かれて大問題になった事件があった。安倍晋三は根っからの核武装論者で、その後も機会ある毎に観測気球を打ち上げてきたし、櫻井よしこをプライムニュースに出演させて、核武装容認の世論を根づかせる策動を行ってきた。

今年、核共有を最初に言い上げて、マスコミの議論に持ち込んだのも安倍晋三である。ロシアのウクライナ侵攻から3日後の2月27日に、フジの日曜報道 THE PRIME に出演して打ち上げた。核を持ってないと攻められるという口上を垂れ流し、ロシア叩きのプロパガンダの奔流に便乗し、世論を巧みに誘導する流れを作った。安倍晋三の邪悪な工作は成果を得て、3月27日の日経新聞の世論調査では、「核共有の議論をすべきだ」が79%になるという深刻な状況が作り出された。マスコミが核武装を煽る事態となった。




日本の核武装論を推し進めたのは安倍晋三だ - なぜ指摘され非難されないのか_c0315619_14290558.pngウクライナのようになりたくなければ核保有すべきだ、隣に核大国がいて侵略の脅威があるのだから核武装は当然だ、という主張を、報道1930などテレビ番組が右翼論者に吠えさせ、反対論者の登場はなく、放送内での論争場面もなかった。安倍晋三は、核武装論と並行させて、同時に防衛費2倍増論も打ち上げ、こちらもマスコミの世論調査で支持多数となり、岸田文雄が参院選の公約にして現実化する進行となった。さらに、敵基地攻撃能力は反撃能力と名前を変えて遂に政府が公認するところとなり、年末に出される防衛3文書の政策の目玉として具体化される展開となった。

今から2年前、2020年10月に書いたブログ記事がある。報道1930で敵基地攻撃能力が特集され、アメリカが日本に実行させる戦略を小谷哲男が直截に語った回についての感想文だ。小谷哲男は隠さず簡潔に要点を述べた。この放送で面白かったのは、番組が「INF」を「中距離ミサイル」と終始訳して説明を続けた点であり、松原耕二も、堤伸輔も、小谷哲男も、とぼけたまま欺瞞の演技を続け切った。言うまでもなく、INFとは Intermediate-range Nuclear Forces の略号であり、日本語訳は中距離核戦力である。私以外には誰もその欺瞞を衝かなかった。


日本の核武装論を推し進めたのは安倍晋三だ - なぜ指摘され非難されないのか_c0315619_14404604.pngアメリカが対中戦略のために日本に配備を急いでいるのはINFであり、中距離核ミサイルに他ならない。だが、報道1930ではINFを中距離ミサイルと訳し、そこに「核」の一文字を付さなかった。テレビの前で吹いた私は、揶揄と皮肉を込めてブログ記事のタイトルに「中距離■ミサイル」の語を入れ、番組の欺瞞を告発した。が、そこから2年経っても、相変わらず日本のマスコミは同じ態度を続けていて、南西諸島に配備計画している敵基地攻撃能力=反撃能力の実体が、INF・中距離核ミサイルである真実を言わない。日本人の欺瞞の持続の強靭さに眩暈を覚える。

クロをシロにして、上が下を騙し、全体がその滑稽な欺瞞劇に最後まで付き合う日本人の精神特性に呆れかえる。誰もウソをウソだと言わない。知らぬフリして通している。敵基地攻撃能力が反撃能力に言葉が変わり、敵国の中枢を狙うと定義づけた以上、その弾頭が破壊するのは単に敵軍基地の施設装備ではない。敵の国家中枢である。したがって、弾頭は破壊威力のある爆弾でなくてはならず、NATOがロシアに対して配備している兵器と同じ仕様と能力でなくてはならない。核モジュールのない通常弾頭の配備などあり得ない。常識で考えても分かる。


日本の核武装論を推し進めたのは安倍晋三だ - なぜ指摘され非難されないのか_c0315619_14435746.png南西諸島にINFを配備する、自衛隊に自前でやらせるということを、アメリカはすでに2年前に方針決定し、着々と準備を進めてきた。おそらく、物理的には即実行できる態勢にあるのだろう。あとは日本の政治だけの問題で、安倍晋三に旗降りさせ、プライムニュースと報道1930で森本敏や佐藤正久や小野寺五典らに喚かせ、世論を固めて政策決定へと運んできた。すでに大詰めの最終段階に来ている。防衛3文書がローンチされれば完了する。ロシアのウクライナ侵攻は、まさに天恵の奇貨の出現で、日本の中距離核ミサイル配備実現への絶好の環境提供となった。

安倍晋三が暗殺され、俄に統一教会批判が起こり、安倍晋三と統一教会の根深く醜悪な関係が露わとなり、安倍晋三の評価が落ち、安倍晋三が推進してきた政策にブレーキを踏む気分が漂い始めた。8月7日のサンデーモーニングでは、浜田敬子が核共有に対して批判のコメントを言い、3月4月頃の「日本も核共有の議論を始めよ」「NATO諸国並みの軍事力を持て」の世論が沸騰した空間とは様子が違い始めている。それは歓迎すべき変化だが、それにしてもリベラルと目されるマスコミ論者の言論が惰弱で、声がか細く消極的で、本当にこの国が広島長崎の被爆国なのかと耳を疑う。


日本の核武装論を推し進めたのは安倍晋三だ - なぜ指摘され非難されないのか_c0315619_14453406.png8月の慰霊の季節が終われば、ただちに反撃能力の具体論に入り、日本のINF配備を押し切る議論が始まるのではないか。中国の台湾威嚇の軍事演習を口実にして、中国叩きの気勢を上げ、その圧力で統一教会問題への関心と批判世論を後退させ、安倍晋三が生きていた時に予定していた改憲政局と核武装是認の世論工作へバックラッシュさせる思惑だろう。今年の8月の「戦争を振り返る」国民的追想行事は、ウクライナのプロパガンダで中身が埋められている。マスコミは、日本人が先の戦争を反省する時空間を、ロシアを叩いて西側を賛美する時空間に変えてしまった。悪辣に狡猾に政治化した。

いつもなら、80年前の日本の戦争の歴史が焦点になり、いわば真摯な反戦教育がされるのに、今年はウクライナ戦争の話にスリカエられ、ロシアと中国の「専制主義」が唾棄され、西側・ウクライナの「自由と民主主義と人権の普遍的価値観」が称揚されている。西側・ウクライナと一体になってロシアと戦う日本が構図設定され、その一員としての自覚が促され、対ロシアの「民主主義戦争」を鼓舞する特集報道になっている。3月4月のプロパガンダの再演と反復だ。NHKも、民放も、メッセージは同じで、反戦主義や平和主義の基調はすっ飛んでいる。8月6日の広島市長の「平和宣言」さえ、ロシア叩きが主張の核心となった。


日本の核武装論を推し進めたのは安倍晋三だ - なぜ指摘され非難されないのか_c0315619_14474748.png安倍暗殺の一か月前、「認知戦」をテーマにした記事を書いた。絶望のバラードという感じの文章になっている。情勢の推移は絶望的なもので、戦争は確実に起こり、それに対してどうすることもできないという無力感を吐露している。神に祈るような気持ちで、唯一の望みは奇跡が起きることだと述べ、アメリカで金融システムに衝撃の事故が発生し、中国で現行の政治体制が劇的に転換し、二つの偶然が同時に重なって、台湾有事の戦争プログラムとは別の方向へ事態が進むことを期待した。真っ暗な荒野を這う心境を書き綴るしかなかった。その一か月後に予想もしなかった歴史的変事が起きた。

世の中は偶然で動く。偶然といっても分析すれば必然に違いないけれど、全く予測できなかった出来事で、神のなせる業としか受け止めようがない。事件が起きなければ、今頃はもっと反動の局面が極まり、秋国会へ向けて改憲発議の段取りが埋められる日々だっただろう。マスコミの世論調査も、改憲にフォーカスした設計になっていたことは確実だ。だが、現在は、統一教会問題の浮上により、その危機感と焦燥感から遠のいた状態にある。山上徹也が復讐の行動を起こさなければ、この一時的安堵はなかった。私の安堵の一服感は、櫻井よしこなど隷米右翼にとっては危機と焦燥の局面である。


日本の核武装論を推し進めたのは安倍晋三だ - なぜ指摘され非難されないのか_c0315619_14532437.pngもう一つ、偶然といえば、とんでもなく悪い偶然に2月に襲われた。ロシアのウクライナ侵攻という最悪の禍患に遭遇した。安倍右翼は小躍りして吉報に歓喜したことだろう。改憲と核武装(南西諸島へのINF配備)の政治の遂行の上で、これ以上ない順風の条件を神が与えたことに感謝したに違いない。他方、私は悲観して蒼ざめ、老害プーチンの軽挙と過失を恨んで嘆いた。世の中、一寸先は闇で何が起きるか分からない。庶民は神の気まぐれにただ狼狽するばかりで、人間主体の無力に感じ入るのみの存在でしかない。民主主義とか、言論とか、何のことだろうという虚無的な思考を最近は強く持つ。

尚、リンクした6月8日の記事末尾に添付した画像が消え、ファイル名だけが剝き出しで醜く並んでいるのは、不具合ではなく、私が削除したからである。エキサイトのブログの画像容量をオーバーしたため、やむなく過去の画像を消去し、新しい記事の画像のための容量を捻出確保している。つまり、エキサイトの当ブログはハード的に寿命を迎えたという意味で、新しい転居先(ボリューム)を探さないといけなくなった。note に引っ越そうと考えている。これまで、エキサイト、FC2、エキサイトと変わり、3回目の引っ越しとなる。トレードマークだった画像表示の独自スタイルが変更を余儀なくされるかもしれない。

新しいチャレンジが始まる。神様は公平だと思う。庶民は前を向いて努力だけすればよい。最後に、それにしても、原爆の惨禍を国民が振り返る大事な季節に、なぜ「反撃能力」の中身に光が当たって批判されることがないのだろう。年に一度だけ、保守を含めた多くの国民が平和憲法の精神に接近するこの季節に、悪魔のINF配備政策が問題になって糾弾されないのだろう。マスコミだけでなくネットでも。不思議だ。


日本の核武装論を推し進めたのは安倍晋三だ - なぜ指摘され非難されないのか_c0315619_15243565.png
日本の核武装論を推し進めたのは安倍晋三だ - なぜ指摘され非難されないのか_c0315619_15244908.png
日本の核武装論を推し進めたのは安倍晋三だ - なぜ指摘され非難されないのか_c0315619_15265399.png
日本の核武装論を推し進めたのは安倍晋三だ - なぜ指摘され非難されないのか_c0315619_15270295.png
日本の核武装論を推し進めたのは安倍晋三だ - なぜ指摘され非難されないのか_c0315619_15271482.png
日本の核武装論を推し進めたのは安倍晋三だ - なぜ指摘され非難されないのか_c0315619_16304021.png
日本の核武装論を推し進めたのは安倍晋三だ - なぜ指摘され非難されないのか_c0315619_17364854.png

ブログ活動ご支援のお願い

どうぞよろしくお願いいたします。

 住信SBI銀行
 支店番号 108(メロン支店)
 口座番号 6387212
 口座名  田中宏和

by yoniumuhibi | 2022-08-08 23:30 | Comments(4)
Commented by アン at 2022-08-09 13:16 x
安倍晋三のいない世界は大変快適。事件から1か月の昨日、焦点は山上徹也にあてられていて、安倍の生涯などどうでもいいという本音がむき出しになっていた。しかし貴ブログご主張の通り、安倍晋三の悪行となぜ彼が増長したのかを総括しなければいけない。
安倍晋三のいない快適さが、山上さんの犠牲によるものだという点が残念。これも貴ブログで書かれていたが、安倍を逮捕するべきでした。
東大を出た、働き盛りの弁護士が書かれていたが、責任能力については報道ベースの事実から判断することはできないとのこと。私は、山上さんが減刑されるとしたら責任能力で減刑してもらうのが有力だし、彼が劣悪な環境で精神を病んでいた可能性は十分にあると思っている。精神鑑定を受けることや精神疾患はけして不名誉なことではないと、私は思う。
彼について残念なことは、周りに恵まれなかったこと。彼は統一教会をあれほど憎みながら、彼が頼っていたのは統一教会の人間(最近メディアによく出てくる統一教会の奈良の幹部だった人物)。彼が手紙を送ったジャーナリストなる人物も妙な人間。早速「山上を無期にしろ」などという妙なブログを立ち上げている。彼の母親はついに親族の家を出て、統一教会側のもとへ移動した。
鈴木エイトさんの提示してくれる情報から、統一教会側の動きがよくわかる。統一教会だって議員に金を握らせているのだから、「やり逃げ」は許さないだろう。
岸田だって統一教会の人間と写真を撮っている。岸田は、この問題に対する認識が甘い。国葬の件もそうだが、岸田は空気が読めない。岸田は菅義偉よりはマシというだけ、菅義偉は国民から大変嫌われていてあれが復権などまず無理。
Commented by アン at 2022-08-09 17:48 x
重ねて失礼いたします。
山上さんのツイートを見ますと、2021年4月24日に「信頼していた者の重大な裏切り」という記述がある。山上さんが銃製作に邁進し始めるのは去年の春、この時期から。
そして統一教会奈良の元幹部、週刊文春は仮名で「小野大輔」と表記していたので、小野大輔と呼ぶことにする。年齢60歳。京大卒。
それまで小野(仮名)によく相談していた山上さんが、小野との連絡を絶つのもこの時期から。彼が裏切られたと感じて、犯行の引き金になったのは、この小野大輔でしょう。実際に小野大輔は奈良県警から8時間近く事情聴取されている。
小野大輔は、山上母のアベル(統一教会の用語で、教会員の上司、世話役)だったでしょう。山上母は親族宅に1か月いたが、いまアベル小野の指示のもとホテルへ移動した。山上兄を韓国の病院に入院させたのも小野だ。
山上さんの伯父さんも最近「統一教会にも心ある人間がいて、生活費を出してくれていた」と、取材に小野のことを答えていたくらいだ。散々金を巻き上げておきながら、いい人を装って、山上家を助ける風を演じていた。
母親を記者会見させることで、さらに山上さん本人に精神的痛手を加えようとするのだろう。そして小野大輔が保身のために、この先も芝居を打つのだろう。
山口弁護士や鈴木エイトさんが、これまで統一教会にされてきた嫌がらせの数々を明らかにしていた。そういう教団です。明日も、内閣改造を潰すかのごとく、田中富広が記者会見する。
Commented by まりも at 2022-08-11 23:59 x
ハーバード大学で比較宗教学を専攻されたパックンは「たとえ殺人犯であったとしても、その人が置かれてきた背景などを理解し、場合によっては情状酌量をして適切に量刑を定めるべきだし、慈悲の心を持つべきだ。同じ境遇にあった方々が共感しているのなら、そのような境遇をみんなで無くしていけばいい。」と語っていて、その通りだと思う。
山口広弁護士は、メディアの力が落ちていると苦言を呈されていたが、メディアと司法の実力が著しく落ちていると思う。
落合洋司と若狭勝は事件直後「死刑もありうる」などと言っていた。風見鶏の若狭勝は最近になって「20年から30年の有期刑もありうる」と言っている。
「疑わしきは被告人の利益に」から出発すべきなのに、新潮などは「独裁国ならば元総理銃殺は死刑」などというとんでもない話を平気で載せていてまるで話にならない。
郷原信郎は無期と述べているが、元検事の方がSNSで、被害者1人で財産目的でもないのに無期はないでしょ、罪が重くなるとしたら銃を使ったという点だけで無期の求刑はあるかもしれないが、と言っている。その元検事の方はまだ捜査も終わっていなくて起訴されるかもわからないのだから、量刑について話すのは時期尚早とのこと。
実務をやっている法曹の方たちがSNSで提供する情報は有益で、今回は起訴された場合は、裁判所がやる50条鑑定と呼ばれる精神鑑定もやるだろうとのこと。まだまだ数年掛かる話でしょう。
この10月にも台湾有事が起こるかもしれないというのに、岸田のボンクラで大丈夫かと思う。
Commented by 成田 at 2022-08-12 13:03 x
悪夢のような安倍政治から突然解放され、得も言われぬ安心感に包まれるようになりました。最近の阿倍の国葬反対世論は同じことを感じている市民が多いことを表していると思い、少し安心しております。
唯一の被爆国であり、侵略国である日本が核兵器を所有してよいかどうか、考えるまでもなくわかるわけで、それをゴリ押ししようとしていた安倍の政治には呆れるしかないです。
たとえ周辺国すべてが核保有しても日本は核を保有してはならないです。


メールと過去ログ

Twitter

最新のコメント

今こそ「テニスコートの誓..
by 印藤和寛 at 09:18
総裁選で石破さんを倒すた..
by 人情味。 at 09:29
もし山上容疑者が安倍元首..
by 人情味。 at 21:23
杉田水脈なる人物は論評に..
by 住田 at 10:51
あれは15年程前..
by ムラッチー at 11:27
悪夢のような安倍政治から..
by 成田 at 13:03
ハーバード大学で比較宗教..
by まりも at 23:59
重ねて失礼いたします。 ..
by アン at 17:48
安倍晋三のいない世界は大..
by アン at 13:16
今まで、宗教2世の問題に..
by さかき at 10:31

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング