人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日銀と円の破綻 - 円の信認の内実、出口戦略が設計できない日本

日銀と円の破綻 - 円の信認の内実、出口戦略が設計できない日本_c0315619_17110256.png7月4日放送の報道1930(TBS)で金融経済の問題がテーマとなり、日本の金利引き上げというクリティカルなイシューが焦点となって議論がされた。今のわれわれにとって最も重要な問題であり、世界中が強い関心を持って注目している問題である。この番組を褒める機会は滅多にないが、久しぶりに中身のある報道内容だったと評価してよい。全体の構成と進行もよく、準備した資料もポイントを押さえていた。が、何より番組を成功させたキーの要素は、出演した藤巻健史のショッキングな解説と警醒の弁だっただろう。

録画が上がっているので、見逃した方はぜひご覧いただきたい。解説者は3人で、あとの早川英男と加谷珪一は口を濁す発言しかしなかったが、藤巻健史は
ストレートに本質を射抜く見解を発した。①日本も金利引き上げに必ず追い込まれること、②日銀保有の国債と株式の価格が下がって市場から債務超過と看做されること、③円の信認が失われて外国資本が日本市場から離れること、④日本の中央銀行である日銀が破綻すること、⑤アベノミクスは財政破綻の先送りだったこと。私もこの認識に基本的に同意だ。




日銀と円の破綻 - 円の信認の内実、出口戦略が設計できない日本_c0315619_17010610.png6月22日の記事「預金封鎖の不安」の中で、藤巻健史とほぼ同じ予測を書いた。ドラスティックでカタストロフィックな見通しだが、社会科学的に考えて、この分析と結論にしかなりようがなく、他の楽観的な方向性やマイルドな着地は全く思い浮かばない。①の日本も金利引き上げに追い込まれるという観測は、おそらく大方の者が賛同するはずだ。②の日銀の債務超過問題については意見が分かれ、MMT派は、バランスシートの計上値は簿価であり時価ではないからという会計論を根拠にして、日銀が債務超過に陥る心配はないという反論を立てている。

その論理の延長から、日本のMMT派は、④の日銀の破綻もないし政府の財政出動の継続も問題ないと主張する。このところ、おそらくれいわ新選組支持の左翼と思われるが、私のツイッターに侮辱と罵倒の落書きをする者が現れるようになっていて、日銀は不滅で国債発行は永続可能だという信念を書き込んでいる。ケルトンが来日時に述べていた「インフレが起きない範囲ならOK」という前提条件を忘れたのだろうか。今は40年来の悪性インフレの時期で、ケルトンの理論が成立する前提が失われている。私は日本共産党よりもれいわの方に傾いた立場だが、MMT理論は今の局面では通用しないと断言する。


日銀と円の破綻 - 円の信認の内実、出口戦略が設計できない日本_c0315619_17015200.png日銀のバランスシートの問題で論点を提示しよう。藤巻健史の指摘も、報道1930の説明も、日銀の債務超過について、BS会計の数値を問題にしているわけではない点に注意しないといけない。番組のフリップには「実質的債務超過とみなされるリスク」と書いている。あくまで「実質的」であり、債務超過を判断するのは国際金融市場のプレイヤーの主観なのだ。ヘッジファンドや米投資銀行や格付け機関やブルームバーグやWSJであり、彼らの眼識と査定と衆議の中で、日銀の債務超過(か否か)が決まるのである。アナログ的な回路と経過を経て決定に行き着く問題である。経済とはグラデーション的な動態の原理の世界だ。

金利が上がれば国債の利回りが上がり、国債の価格が下落する。日銀は大量の国債を保有しているから、日銀の資産の評価は大きく下がる。さらに、金利引き上げは株価に影響し、株価が下落し、これまた日銀の資産の評価減少に繋がる。実際のところは、日本の金利引き上げが行われなくても、アメリカの株価暴落が日本に波及し、東証が暴落するのは確実な情勢だ。東証で株転がししている資金の7割は外国人投資家で、東証はNYSEのサブセットにすぎない。長く続いたアベノミクスの政策過程で、日銀は大量のETFを買い込み続けてきて、今や国内株式市場の7%の規模まで膨らんでいる。


日銀と円の破綻 - 円の信認の内実、出口戦略が設計できない日本_c0315619_17040039.png現在、FRBがQT(Quantitative Tightening)に動いていることは誰もが承知だろう。FRBは国債償還を促進し、株など保有資産を売却し、バランスシートを圧縮させる金融政策に注力している。QEと逆のオペレーションに転じ、インフレ克服に精を出し、資産/負債のスリム化とバランスシートの健全化に努めている。いわゆる出口戦略だ。何のために出口戦略が必要だったのか。マネーサプライが増えすぎるとハイパーインフレのリスクが生じ、FRBの資産を無理に膨らませるとバランスシートの毀損に繋がって、ドルの信認低下を招くからである。通貨ドルが信用失墜するからだ。FRBは早い時期から出口戦略を模索していた。

日本銀行の場合、藤巻健史も言っていたように、「出口戦略」は口先だけの欺瞞で、現実的な方策も可能性もないものだった。アベノミクスには出口戦略はないのだ。出口戦略の設計が不可能な金融緩和策だったのであり、言うならば、シャブ漬けのまま頓死するのが必然の狂気の財政出動策だったと言える。藤巻健史が言うとおり、2013年の時点で日本は財政破綻していたのであり、それを財政ファイナンスの金融政策でゴマカし、財政破綻のハプンを先送りする措置に出ただけのなのである。破綻がリアライズしなかったのは、インフレにならなかったからであり、インフレは起きず常にデフレ環境という日本経済の条件と観念があったからに他ならない。


日銀と円の破綻 - 円の信認の内実、出口戦略が設計できない日本_c0315619_17150367.pngマルクスは、貨幣の本質の説明に際してシェークスピアを援用している。貨幣は、人がそこに価値を認めるから交換価値を持った経済実体になるのである。主観が実体を作る。経済とは、単に生産と消費の物質的な問題ではなく、人が何に価値を認めるか、何が価値形態として社会的に成立するかという精神と意識に関わる深淵な問題系だ。マルクスはそのことを教えてくれる。これまで、国際金融の世界では円は安全資産と呼ばれ、信頼性を高く評価され、世界中の(ホモエコノミクスたる)人々から、安心の通貨として信認されてきた。日本銀行が印刷して発行する紙切れを、世界の人々は価値あるものとして信用してきた。

なぜ、日本銀行の紙切れが世界の人々に価値形態として認められてきたのか。それは、日本のGDPの大きさと対外純資産残高のゆえであり、日本の製造業の技術と品質のゆえであり、それを実現してきた日本人の知性と能力と教育水準のゆえである。途上国が手本として仰いだ日本社会の達成度と倫理性のゆえである。円への信頼は、日本人への信頼と尊敬に媒介されたものだ。円の価値は、日本人の実力と活動の反映であり、その証明であった。しかるに今、その日本人の実態は、世界の人々から信頼と評価を得られるものだろうか。1年前の東京五輪の開幕式演出を思い出して欲しい。あの恥ずかしい始終を世界の人々はテレビで見ていたのだ。唖然としながら。


日銀と円の破綻 - 円の信認の内実、出口戦略が設計できない日本_c0315619_17184203.pngセンスのない、品のない、知性のない、感動のない、自己満足のお笑いドタバタ三昧。クリエイティビティなし、イマジネーションなし、メッセージ性なし、芸術性なし。何もない。卑しい空っぽのゴミの集積。実に今の日本そのもので、見事に今の日本の実相を世界にプレゼンテーションしていた。この30年間の日本と日本人を見ながら、世界はその変化と変質に気づいている。劣化と堕落と無能化を察知し、ずいぶん落ちたものだと訝っている。最早、日本人は、嘗て世界の人々が称揚し共感したサムライの人間像ではなく、優秀で勤勉で創意工夫する民族ではないのだ。凋落している。競争力を失っている。半導体もワクチンも作れない国に落ちぶれた。

直近の国債の格付けランキングで、日本は24位となっている。韓国は16位。チェコやアイルランドよりも下位に位置づけられた。その昔、宮沢喜一が得意顔で「日本の国債は世界一だ」と言っていた場面を思い出す。小渕内閣と森内閣の財務相に就任して「平成の高橋是清」と呼ばれていた頃だから、20年以上前のことになる。本当に世界第1位の格付けで、他とは比較にならない強さを誇っていた。考えてみれば、宮沢喜一と麻生太郎を比較すれば、日本で何が起きたかが分かるし、日本がどう変わったかが分かる。麻生太郎のレベルが本当の日本だ。テレビを点ければお笑いばかり。報道はウソと隠蔽とアメリカ礼賛ばかり。


日銀と円の破綻 - 円の信認の内実、出口戦略が設計できない日本_c0315619_17252079.pngニュースキャスターも、筑波大学人文社会系教授も、まともに漢字が読めない。左翼リベラルの大学教授は、研究もせず、古典もろくに読まず、ツイッターに貼り付いてしばき隊の誹謗中傷ごっこに明け暮れている。20年前はこのような情景はなかった。ニュースキャスターは久米宏と筑紫哲也が務めていた。今の日本と日本経済を考えれば、国債格付け24位は当然だし、1ドル135円の円弱為替も当然である。不思議なのは、この経済危機について誰も強い関心がなく、日銀が破綻するという想像力を持てないことだ。未来永劫に予算は国債で賄えると信じ、右翼も左翼も平然としている。このままの財政運営と経済状態が続くと信じ込んでいる。

そのことが信じられない。私は、おそらく韓国を襲った97年通貨危機のような災難が日本を直撃するだろうと予想する。日本の国家財政も通貨政策も、アメリカの管理下に置かれ、嘗て韓国がIMFから屈辱的指導を受けたような、厳しい統制を受ける羽目になるものと想像する。日銀が破綻しても、アメリカは日本を潰すわけにはいかない。日本経済が壊滅したら、アメリカは中国と戦う上での前線基地を失い、アメリカ経済を順調に回すための大事な植民地機構を失う。アメリカの浮沈に関わり、ドル覇権体制の安定に関わる。下手をすれば、放置すれば、中国資本が手を伸ばして何から何まで(銀行も商社もテレビ局も病院も学校も)買収してしまう。


アメリカの手で強烈な新自由主義的「改革」が断行され、47都道府県制が再編統合され、金食い虫で日本の富のブラックホールたる天下り法人群が廃止清算されるだろう。医療が自由化されて窓口負担が7割となり、学校教育が英語化されるだろう。大学教授の半分以上がアメリカ人に。
無論、500兆円の内部留保も米国管理下に置かれる。リオキュパイドジャパンの空間が出現するはずだ。 


日銀と円の破綻 - 円の信認の内実、出口戦略が設計できない日本_c0315619_17574660.png
日銀と円の破綻 - 円の信認の内実、出口戦略が設計できない日本_c0315619_17575515.png
日銀と円の破綻 - 円の信認の内実、出口戦略が設計できない日本_c0315619_17572995.png
日銀と円の破綻 - 円の信認の内実、出口戦略が設計できない日本_c0315619_17584162.png
日銀と円の破綻 - 円の信認の内実、出口戦略が設計できない日本_c0315619_17590798.png
日銀と円の破綻 - 円の信認の内実、出口戦略が設計できない日本_c0315619_17591497.png
日銀と円の破綻 - 円の信認の内実、出口戦略が設計できない日本_c0315619_18071477.png
日銀と円の破綻 - 円の信認の内実、出口戦略が設計できない日本_c0315619_18163913.png
日銀と円の破綻 - 円の信認の内実、出口戦略が設計できない日本_c0315619_18040554.png
日銀と円の破綻 - 円の信認の内実、出口戦略が設計できない日本_c0315619_18041331.png

ブログ活動ご支援のお願い

どうぞよろしくお願いいたします。

 住信SBI銀行
 支店番号 108(メロン支店)
 口座番号 6387212
 口座名  田中宏和

by yoniumuhibi | 2022-07-06 23:30 | Comments(5)
Commented by アン at 2022-07-08 18:47 x
安倍関連での貴SNSでのご投稿、拝読しました。
私が犯人として想像したのは、中村泰(国松長官事件で捜査に浮かんだ人物)のような人物でした。山上容疑者の背景はわかりませんが、高度な知能があるのではないかと思います。拳銃のトレーニング、試作品の試射をどこでやっていたのかがわかりません。海外でしょうか?吉野の山奥でやっていたのか?
「心肺停止」というのは第一級情報ですから、奈良の消防局トップから「心肺停止」という情報が拡散された時点で死亡と同じことだと理解しました。ツイッターの医者にも、奈良県立医大に運んで最高級の救命をしましたという形を整えただけだろうと理解している人もいれば、漏れ出る集中治療室にいるという情報から、いま集中治療室にいるのなら助かるのではと考えている人もいました。
結果は前者、高度救命センターのある病院に(見込みがないのに)運んで、夫人到着を待っていただけでしたよね。医者は情報をまじめにとらえすぎる、政治的なセンスがない人が多いと感じます。
Commented by 道民猫 at 2022-07-09 15:34 x
安倍の件。
中学校の同級生の話がNHKのサイトに出ています。
「勉強ができるおとなしめの優等生。口数は少なかったですが友達もいて、孤立していた雰囲気はありませんでした」「バスケ部でも中心的存在で、3年生の時にはレギュラーとして活躍。」「県内有数の公立進学校に進んだので、内申点もよかったのだと思います。」

銃の製造は趣味ではなく、貴SNSで書かれているところの邪教の分派が儀式で、半自動小銃を杖のように使う。また冠をかぶるのだが、銃弾によってできた冠をかぶる人もいる。この邪教の象徴的なものによって復讐したということでしょう。

犯人は母親を見捨てることができなかったのだと思います。母方祖父が会社経営で、その遺産を整理して、母親は邪教に寄付してしまった。祖父や家への思い入れもあったのではないでしょうか。

邪教と安倍の間に、つながりがあるのは確かです。安倍の祖父の代からです。
Commented by 道民猫 at 2022-07-10 01:42 x
「小中学校時代はすごくいい人柄で、まわりから尊敬されていた」「成績優秀で真面目」「山上君だけが図画工作ですごいものを作ってきたという思い出があります。銃を作る才能はあったかもしれないです」

同級生の証言。山上さんは父親が亡くなり、母方実家へ行く、母親が宗教へという中でも、学校で自分の能力を磨き、皆から尊敬される人だった。重大犯罪をしても、同級生が「山上君」として、たくさん証言してくれる。
なんと立派な人だろうか。
Commented by 道民猫 at 2022-07-10 19:15 x
山上さんが送検されるところを見たが、警察官が言葉で何かを説明して(あそこから車に乗るとかそういうことか?)、彼は頷いていた。送検されるときの表情は、とてもいい表情をしていた。世の中は甘いものではないのはわかっているけれど、彼は警察でも一目置かれているのではないか。
彼の主戦場は検察になるだろう。検事たちは、郡山高校卒業の彼にとっては、話が通じる相手だと思う。彼の生まれてからの苦しみを、「宗教2世」の過酷さを、話してほしいと思う。
公立進学校の生活はそれなりに過酷だから、宗教2世という背景を抱えて、どれほど苦しかったかと思う。今日は郡山高校の同級生が、「高校で仲が良かった。やさしい声をしている。とてもいい人」だと言っていた。メディアは必死に情報操作して、彼の荒んだ話、彼が家から出てこないくらい子供だったとか、記憶に残らない生徒だったとかそういう話を流しているが、彼の同級生たちは彼が大好きだったのだろう、彼の思い出を詳細に語っている。
山上さんは母親が関係していた邪教の分派に一時期所属していたが、すぐ脱退したと報じられている。いずれ詳細が明らかになるだろう。

日本留学経験のある韓国人が、安倍は表のポーズは嫌韓だが、裏では邪教とズブズブ、プライベートではプルコギ大好きだとその矛盾を言っていた。宗教2世の苦しみも自己責任だというのなら、今回の件は邪教とズブズブの責任ということになる。

アメリカのメディアは、安倍は国内では格差拡大など社会的分断の引き金となった、経済政策、外交も特に成果はないが、なぜか長期政権を築いたと総括している。
CNNはホームメード・ガンに興味津々。この一件は国際的注目を集めるだけに、司法も「国際的批判」に耐える水準で、つまり通常の殺人として裁判が行われることを期待する。
Commented by コスモス at 2022-07-11 18:25 x
統一教会を公安の監視から外す、統一教会の名称変更を認める、いずれも第一次安倍政権と第二次安倍政権の時に行われました。

理知的で名将と言われたプロ野球のU監督が、娘さんがカルトに巻き込まれて、脱退させるために休養したことを思い出しました。
容疑者の母親はお嬢様育ちで、ある意味付け込まれたのでしょう。

容疑者、頭がいいですね。事件前に当該カルトの建物で、試し打ちをしたと供述している。警察は現場検証に行くしかないし、メディアも追いかけます。だからカルトは記者会見するしかない状況になった。「母親が破産していたことは把握している」とのくだりで、私の怒りも頂点に達しました。
朝日新聞の質問で、奈良の例の演説会場に、カルトの信者たちが動員されていたことも明らかになった。奈良で献花台に献花しているのも、信者が動員されているのではないでしょうか。


メールと過去ログ

Twitter

最新のコメント

今こそ「テニスコートの誓..
by 印藤和寛 at 09:18
総裁選で石破さんを倒すた..
by 人情味。 at 09:29
もし山上容疑者が安倍元首..
by 人情味。 at 21:23
杉田水脈なる人物は論評に..
by 住田 at 10:51
あれは15年程前..
by ムラッチー at 11:27
悪夢のような安倍政治から..
by 成田 at 13:03
ハーバード大学で比較宗教..
by まりも at 23:59
重ねて失礼いたします。 ..
by アン at 17:48
安倍晋三のいない世界は大..
by アン at 13:16
今まで、宗教2世の問題に..
by さかき at 10:31

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング