人気ブログランキング | 話題のタグを見る

バブル崩壊と複合インフレ ー アメリカのインフレを導いた三つの要因

バブル崩壊と複合インフレ ー アメリカのインフレを導いた三つの要因_c0315619_16344112.png注目のFOMCを前にして、週明けの6/13、ダウ平均は876ドル下げて1年4か月ぶりの安値水準である3万516ドルをつけた。年初来最安値。FOMCで利上げが発表されれば、その上げ幅の何如にかかわらず、NY株価は下落の勢いに弾みがつくだろう。FRBのパウエルは「物価安定回復には若干痛みが伴う」と発言、株価下落と景気抑制はやむなしの姿勢を示している。チャートを確認すると、ダウは年初1/3に史上最高値の3万6585ドルを記録していて、そこから半年で6000ドルも大幅に下げている。

米金融市場の不調と弱気を端的に示しているのは、ダウよりもハイテク株中心のNASDAQ総合指数の下落であり、6/13は▲4.68%も下げて10.809ポイントとなった。最高値は昨年11/22の1万6212ポイントであり、約半年で3分の2の値にまで急降下している。ここからさらに下がる。インフレの克服は厄介で、金融当局の政策手段は利上げと通貨供給量の縮小(QT)だが、そうした金融引き締め策は景気抑制策でもあり、企業の投資や個人の消費にブレーキをかける効果となる。アメリカでは早くもリセッションの声が上がっている。




バブル崩壊と複合インフレ ー アメリカのインフレを導いた三つの要因_c0315619_07451431.pngインフレと不景気が同時進行するスタグフレーションが長く続くのではないかという悲観論が漂っており、本格的な冬の時代が到来した感がある。株価のチャートを一瞥すれば、ダウの水準は明らかにバブルであり、トランプバブルで1.5倍に膨れ上がり、バイデンバブルでそこから1.3倍も膨れ上がってしまった。オバマ政権の頃の水準が1万8000ドルだから、トランプが登場してからの5年間で株価は2倍に騰がっている。実体経済と乖離したマネーの操作と狂躁によるバブルであり、破裂すれば最高値の半分の値にまで下がっておかしくない。

森永卓郎は、昨年からずっとNY市場のバブル崩壊を予言し続けていた。森永卓郎のバブル崩壊説で注意を惹いたのは、今回のバブル崩壊(=株価暴落)は短期で回復することなく、長期にわたって続き、10年以上元の水準には戻らないという仮説を立てていた点である。1929年の大恐慌を引き合いに出し、ダウが元の水準に戻ったのは戦後の1950年代だったという歴史を紹介していた。つまり、今度のアメリカの景気後退は単なる一時的な不況のレベルに止まらず、大恐慌の規模と災禍にまで発展するという予測である。類似の説を唱えているのが田中宇と副島隆彦だ。


バブル崩壊と複合インフレ ー アメリカのインフレを導いた三つの要因_c0315619_16462891.png二人は、ドルが崩壊して基軸通貨の地位を失うと託宣を述べている。私も10年以上前から基軸通貨はドルから人民元に替わると論じていたので、二人と同じ範疇に入るかもしれないが、今回はなるべく大風呂敷の極論は避け、慎重な分析視角でのアプローチを心がけたい。今回、大恐慌という破局にまで到達するかは見通せないけれど、少なくとも、アメリカ経済の現状と今後に言葉を与えるなら、バブル崩壊と構造不況の煉獄という表現は見当違いではないだろう。物価高と不況が同時併存して進行するスタグフレーションの回路に入り込み、脱出は容易ではない。リスクの伴う外科手術はできない。

アメリカは、6/10、40年ぶりの高い消費者物価指数(CPI)を記録した。歴史的なインフレ水準にある。40年前というと1982年で、アメリカ経済が相対的に弱く、日本や西ドイツが鼻息荒く世界経済の成長の機関車の役割を果たしていた頃だ。当時のアメリカは世界経済の足を引っ張る劣等生の位置にあり、現在とは日米の経済の優劣が逆だった。経済が主要議題となるG7サミットでは、いつもその構図に焦点が当たり、日本の首相は鼻高々でテーブルに座ることができていた。アメリカは産業(製造業)がふるわず、企業が海外に工場を移し、空洞化と慢性的失業が深刻になっていた。


バブル崩壊と複合インフレ ー アメリカのインフレを導いた三つの要因_c0315619_17140853.png今とは全く違う弱いアメリカ経済の姿があった。思い出していただきたい。通常、インフレは経済の体力や体質の弱い国で発生し、猛威をふるって国民生活を苦しめる現象で、アフリカや南米など途上国で顕著な経済の病気だ。感染症と似ている。先進国ではあまり見られず、例外的に起きるものと理解されている。それがなぜ、現在の世界経済における突出したリーダーであり、他を寄せ付けないパワーを持ち、唯一絶対の最強システム(ドルと金融市場機構とインターネット)を持ったアメリカで発生したのだろう。順風満帆で投資も消費も絶好調のアメリカ経済で起きたのか。私はそれが謎だった。今度のアメリカのインフレの原因は何なのか。

その問題に注目したい。原因は幾つかある。ベースとして、オバマ政権・トランプ政権・バイデン政権にかけてジャブジャブにした金融緩和のナイアガラ瀑布があり、マネーサプライの過剰がある。そして、トランプ政権からバイデン政権にかけての途方もない財政出動がある。トランプもバイデンもアベノミクスを真似した経済政策をとっていた。事実上、MMTのセオリーで政策を決定していた。良識のあるエコノミストであれば不安と懸念を覚え、ハイパーインフレの最悪の危機を想像していただろう。ジャブジャブのマネーは穀物市場と原油市場の投機に回っていた。ひとまず、ベースとしてこの与件がある。だが、これが真因だとは思わない。


バブル崩壊と複合インフレ ー アメリカのインフレを導いた三つの要因_c0315619_17130894.pngどれだけFRBがドルを刷って溢れさせ、ホワイトハウスが財政のバラマキをしても、健全堅調で揺らぎなしなのがアメリカ経済だった。経済学の常識を超えた異次元の強さを持った経済を誇っていた。コロナ襲来の落ち込みもすぐにリカバリーした。今回のインフレは、経済過程そのものの論理と要因から発生したものではない。経済とは別の次元の政治が媒介したものだ。二つあると私は考えている。一つは、トランプが始めたところの、中国との貿易戦争による制裁関税が惹き起こした輸入品物価高である。もう一つは、これまたトランプが始めた国境の壁による移民流入阻止、すなわち低賃金労働力の抑制であり、それに加えてのバイデンの賃上げ政策である。

つまり、コストプッシュの二つの要因を政治が作っている。第一の問題から説明しよう。5月19日の報道を見ると、財務長官のイエレンが中国に対する制裁輸入関税の引き下げをバイデンに要請したとある。中国に対する戦略的効果はあまりなく、逆に米国の消費者や企業に対して多大な損害を与えているという見方からの献策だ。イエレンは米国のトップエコノミストであり、パウエルと並ぶ経済政策の実務責任者である。そして優秀で有能な人だ。アメリカ国民に信頼されている。オバマ政権のときFRB長官を務めた彼女の口癖は「雇用、雇用、雇用」で、常に雇用の均衡を第一に政策を舵取っていた。


バブル崩壊と複合インフレ ー アメリカのインフレを導いた三つの要因_c0315619_17173436.png今回のリベラルな提言を聞いて、あらためてイエレンを高く評価する気分になったが、要するに優秀なイエレンの分析と診断によれば、米国を襲っている悪性インフレの元凶の一つが、トランプが無意味に乱暴に施行した対中制裁関税にあると指摘するのである。これを除去すれば、かなり改善になると処方している。イエレンが言うのだから間違いあるまい。なるほどと膝を打った。こんな愚を犯さなければ、アメリカでインフレが起きるなどという事故はなかったのだ。市場経済の循環を無用に阻害し、不当に民生品の値段を吊り上げて物価高を招くだけの効果しかない。誰の得にもならない経済政策だ。

中国からの輸入はアメリカ全体の21%を占めて第1位である。アメリカ人の消費生活は中国からの輸入品に頼っている。その中国製品に対して割り増しの高関税をかけたら、コストプッシュの物価上昇を招くのは当然の帰結で、制裁を受けて苦しんでいるのは国内のアメリカ人だ。マスコミは大きく報道しないが、これが今回のインフレ発生の第一要因だろう。もともとアメリカ経済は健康で順調で、世界一強靱な体力であり、このような経済外的な政治のミスが介入しなければ、インフレなど起きる理由はないのだ。明らかな失敗である。責任はトランプにあり、中国封じ込めに血眼になって愚策を引き継いでいるバイデンにある。イデオロギーがインフレを起こしている。


バブル崩壊と複合インフレ ー アメリカのインフレを導いた三つの要因_c0315619_17212164.pngもう一つ、トランプが行った国境の壁建設、すなわち中南米移民流入阻止の強引な施策も、コストプッシュインフレの一つの要因になったのではないか。彼ら不法移民の安価な労働力は、アメリカ経済を支える重要な柱だったはずで、最低賃金以下で働く若年労働力のボリュームとフローは、アメリカ経済が順調に回る上での必須条件になっていたに違いない。日本の外国人技能実習生や外国人留学生と同じである。トランプがそれを犯罪者扱いして摘発し、流入を物理的強制で排除した結果、国内に滞在する不法移民の働き場所がなくなり、アメリカ経済は一気に人手不足になった。そこにコロナが来て、労働者が仕事から離れるトレンドが定着、労働力不足が慢性化する。

それを機会と捉えた労働側と民主党政権は賃上げに動き、アメリカの最低賃金はドカンと高くなる。労働者にとってはよいことだが、コストプッシュインフレに作用した点は否めない。すべての商品は労働の生産物であり、商品の価値はC(不変資本)とV(可変資本)とM(剰余価値)によって構成される。原価の一つであるV部分が大きくなれば、必然的に商品価格(G)は大きくならざるを得ない。すべての商品にV部分があり、一国の賃金上昇は全商品価値の上昇に繋がる。通常は、当局の調節でそれは悪性インフレにはならないが、今回のアメリカ経済の場合、制裁関税や資源高などの複合要因が絡み、コストプッシュの圧力が倍化した。金融ジャブジャブの環境の中、悪性インフレとなった。


バブル崩壊と複合インフレ ー アメリカのインフレを導いた三つの要因_c0315619_17245067.png資源価格高騰の問題も、要因の三つ目として加えて検討すべきかもしれない。資源価格高騰は、基本的に資本家による投機の問題である。いわゆる商品(穀物や金属やエネルギー)の市場価格決定において、実は需給バランスは二の次の要素であって、資本家が利潤を追求する投機で価格が乱高下する。資源国とアメリカとの駆け引きが価格調整の主要契機になっている。例えば、アメリカが中東で戦争を起こせば原油価格は高騰する。アメリカがイランとベネズエラの原油を制裁によって市場から締め出せば、原油価格はアメリカのシェールオイルビジネスに儲けが出る「適正」水準に高止まりする。早い話が、食糧やエネルギーの価格を抑制しようとすれば、アメリカ政府が投機市場に介入して法的規制をかければよいのだ。

現在の穀物価格の上昇も、西側マスコミはロシアの侵攻にスポットを当て、それを第一の要因として報道しているけれど、実際はそうではない。ウクライナ戦争はサブの要因であり、指標を見ても分かるとおり小麦価格は20年、21年とうなぎ上りに騰がっていた。アメリカのカネ余りが真因であり、過剰金融マネーの投機が第一の要因である。森永卓郎は、NY株価が暴落すれば原油価格も下落すると予想を言っている。私も同様の観測の立場にあり、金融引き締めでマネーが収縮すれば、原油等の商品市況も連動して下がって行くと見る。原油も穀物も投機商品なのであり、需要と供給のバランスで価格が決まっているわけではないのだ。ロシアの侵攻は口実に利用されているだけであり、資本家のグリードな投機の真相を隠す盾にされている。


以上、アメリカのインフレをもたらした要因として、①対中輸入品への制裁関税による原価高、②中南米移民の強制排除による労働力不足、③カネ余りによる商品市場への過剰投機、の三つのメカニズムを検出し考察した。今回のインフレは複合要因による構造インフレであり、そのうち二つは経済外的な政策による過失で導かれたものだ。先進国の成熟した資本主義経済では珍しい現象である。原因がこのとおりである以上、FRBによる金利高とQTの金融引き締め策だけではこのインフレは止められない。①対中貿易制裁の撤廃、②中南米移民労働者の保護と流入数のマイルドな管理・調節、③商品市場の投機の規制、をプラスして組み合わせないといけない。



バブル崩壊と複合インフレ ー アメリカのインフレを導いた三つの要因_c0315619_17365579.png
バブル崩壊と複合インフレ ー アメリカのインフレを導いた三つの要因_c0315619_17394441.png
バブル崩壊と複合インフレ ー アメリカのインフレを導いた三つの要因_c0315619_17402277.png
バブル崩壊と複合インフレ ー アメリカのインフレを導いた三つの要因_c0315619_17403200.png
バブル崩壊と複合インフレ ー アメリカのインフレを導いた三つの要因_c0315619_17440831.png
バブル崩壊と複合インフレ ー アメリカのインフレを導いた三つの要因_c0315619_17404960.png
バブル崩壊と複合インフレ ー アメリカのインフレを導いた三つの要因_c0315619_17410149.png
バブル崩壊と複合インフレ ー アメリカのインフレを導いた三つの要因_c0315619_17412855.png
バブル崩壊と複合インフレ ー アメリカのインフレを導いた三つの要因_c0315619_17445413.png

ブログ活動ご支援のお願い

この度、読者の皆様にご支援のお願いを申し上げる次第となりました。どうぞよろしくお願いいたします。
 住信SBI銀行
 支店番号 108(メロン支店)
 口座番号 6387212
 口座名  田中宏和

引き続いてご支援をいただいております。感謝し、深く御礼申し上げます。

by yoniumuhibi | 2022-06-14 23:30 | Comments(0)


メールと過去ログ

Twitter

最新のコメント

今こそ「テニスコートの誓..
by 印藤和寛 at 09:18
総裁選で石破さんを倒すた..
by 人情味。 at 09:29
もし山上容疑者が安倍元首..
by 人情味。 at 21:23
杉田水脈なる人物は論評に..
by 住田 at 10:51
あれは15年程前..
by ムラッチー at 11:27
悪夢のような安倍政治から..
by 成田 at 13:03
ハーバード大学で比較宗教..
by まりも at 23:59
重ねて失礼いたします。 ..
by アン at 17:48
安倍晋三のいない世界は大..
by アン at 13:16
今まで、宗教2世の問題に..
by さかき at 10:31

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング