人気ブログランキング | 話題のタグを見る

アメリカでは少数意見が生きている - 保守派の賢者で功臣のG.ケナンの警告

アメリカでは少数意見が生きている - 保守派の賢者で功臣のG.ケナンの警告_c0315619_14332782.png前回、内田樹と平野啓一郞を批判した。大勢順応と付和雷同と阿世保身としか言いようがなく、残念であり、日本の知的レベルの低さの証左だ。内田樹の23日のAERA寄稿でも、「『ウクライナ政府はネオナチに支配されている』というプロパガンダを信じるのは情報統制下にあるロシア国民だけだろう」と書いていて、ウクライナの政権がネオナチに支配されている事実を否定している。マスコミのCIA御用論者や松原耕二と同じ見方をしていて、それを「陰謀論」として排斥する立場に立っている。

ウクライナがネオナチの巣窟になっていること、極右民族主義が復古台頭してテロを行っていること、彼らがウクライナの政権と軍部を壟断していること、そのバックにCIAがいて資金と謀略工作の支援をしていること、これらのことは、侵攻前までは世界のリベラルの中で一般常識であり共通認識だった。決して「プロパガンダ」などという範疇で括られる事柄ではなく、ロシア国民だけが認識している事実でもなかった。内田樹は、本気でそれを虚妄な政治宣伝だと信じて切り捨てているのだろうか。




アメリカでは少数意見が生きている - 保守派の賢者で功臣のG.ケナンの警告_c0315619_14343238.png日本の言論はまともなものが何一つない。知性のレベルを証するものがない。商売の動機から阿諛追従と思考停止で済ましているものばかりだ。今回の危機と侵攻が始まって以来、私の目に止まって膝を打ったのは、元外交官の浅井基文の議論だけだ。3月6日のコラムでは、侵攻に至った経緯と構図を客観的に整理し考察した上で次のように結論している。これぞ知識人の言葉だろうし、われわれに求められている正しい態度だろう。

私たちとしては、西側論調に振り回されることなく、ロシアがウクライナ軍事侵攻を余儀なくされた原因をしっかり見て取ることが求められる。ロシアの安全保障環境を際限なく損なおうとする西側、特にアメリカの「東方拡大」戦略にあることを見極めなければならない。(略)ロシア糾弾に終始するのは本末転倒であり、私たちは何よりもまず、ウクライナをNATOに加盟させてロシアの息の根を止めようとするアメリカの戦略的貪欲さを徹底的に批判することが求められている。



アメリカでは少数意見が生きている - 保守派の賢者で功臣のG.ケナンの警告_c0315619_14350555.png一方、海外に目を向けると、少数派から少なからず真摯な言論が行われている状況が見える。日本とは様相が異なる。米ジャーナリストのララ・ローガンは、テレビ番組に出演して以下のように論じていた。当を得た論陣であり、勇気がある態度だ。テレビでこの発言を真正面からできるところが日本とは違う。

私たち西側のメディアは、起こっていることの現実を認めていない。西ウクライナは、そもそも第2次世界大戦においてナチスを支援したのであり、ナチスの本部だったのです。実際CIAとアレン・ダラスはウクライナのナチスに対し、ニュルンベルク裁判において起訴に関する免責を与えました。

このように、ウクライナ内部のナチスに資金提供し武装化させている米国と米国諜報機関の長い歴史があるのです。これらは、新しく生まれたネオナチ・グループではないのです。これらは、第二次世界大戦からの正真正銘のナチスなのです。ですから、2013年、2014年に起きたウクライナのカラー革命をCIAが支援していたことを知ったとき、おかしいと思わなければならないのです。

彼らがウクライナの指導者を決定させたのです。ヴィクトリア・ヌーランドと米国大使による電話会議で、誰がウクライナを率いるかを決定したのです。 (略)人々は、歴史を知らなさすぎます。私は、プーチン擁護者ではありません。そんなことをする必要などありません。ジャーナリストとして、何が真実であるかを理解しようとしているのです。



アメリカでは少数意見が生きている - 保守派の賢者で功臣のG.ケナンの警告_c0315619_14354531.pngシカゴ大学のジョン・ミアシャイマーも、少数派の立場から活発に議論している一人で、エコノミスト誌に3月17日に寄稿した『なぜ西側がウクライナの危機に責任があるのか』が話題になっている。講演を撮った動画は現時点で2350万回も再生されている。その発言の中で重要なのは、今回の戦争の責任が欧米にあると堂々と指摘している点だ。

欧米では、プーチンは旧ソ連のような大ロシアを作ろうとする非合理的で常識はずれの侵略者だという見方が主流である。したがって、ウクライナ危機の全責任は彼一人にあるとされている。しかし、それは間違いである。2014年2月に始まったこの危機の主な責任は、欧米、とりわけアメリカにある。

ウクライナをめぐるトラブルは、実は2008年4月のNATOのブカレスト首脳会議で、ジョージ・W・ブッシュ政権が同盟に働きかけ、ウクライナとグルジアを『加盟させる』と発表したことが発端だった。ロシアの指導者たちは、この決定をロシアの存亡にかかわる脅威とみなし、即座に反発し、阻止することを誓った。



アメリカでは少数意見が生きている - 保守派の賢者で功臣のG.ケナンの警告_c0315619_14361972.png英国の学者のマーティン・ジャックも、ミアシャイマーと同じ意見を述べている。米欧がロシアを冷戦の「敗戦国」として卑しめ、不当に扱ったことが、今回の戦争の原因となったと喝破している。海外では、こうして著名な論者が少数派としてマスコミに登場し、正論を述べて公共空間の議論を起こしている。日本にはそれがない。逆に、ほんの6年前、辺野古に来て基地反対派を支援したオリバー・ストーンを喝采し、感謝感激していた左翼リベラルが、今は掌を返して憎悪の唾を吐き、「陰謀論者」だと糾弾して袋叩きしている。

ミアシャイマー的な認識と主張が、潜勢的にせよ、アメリカ国内で多少の支持があるのは、その立論の根拠として、ジョージ・ケナンの存在があり、ケナンが晩年に発していた古典的言説の余韻があるからだろうと私は想像する。ケナンの意義と影響は大きい。現代アメリカの安保外交の神殿に祀られる主神そのもの。ケナンへの畏敬はアメリカ人なら誰もが共通するところに違いない。ソ連封じ込め策を提唱し、冷戦の戦略を設計・指導したケナン。アメリカに勝利と繁栄をもたらした帝国の恩人。


アメリカでは少数意見が生きている - 保守派の賢者で功臣のG.ケナンの警告_c0315619_14373984.pngそのケナンが、1997年、ニューヨークタイムズに寄稿し、NATOの東方拡大を「冷戦終結後の米国の政策の中で最も致命的な誤り」だと批判、警告を発して撤回を進言していた。ロシアの反発を招き、米欧の平和と安全のリスクになると予言していた。クリントン時代のことで、当時はまだ米ロは蜜月下にあり、99年にポーランド・チェコ・ハンガリーの3か国が旧共産圏国として最初に加盟する前の提言である。実に慧眼としか言いようがない。さすがインテリ。93歳の老体で渾身の諫言を発していた。

25年前のケナンの予言が的中した世界となった。ケナンの言に従えば、戦争の原因がアメリカにあることは否定できない。直接の責任者はプーチンだが、戦争の遠因と構図を作り、戦争に追い込んだ責任者はアメリカである。アメリカの外交の失敗の結果だ。アメリカに唯一の超大国の地位をもたらした賢者で老臣のケナンの忠告に従い、NATO東方拡大は断念すべきだった。私見を言えば、ポーランド、チェコ、ハンガリー、そして、スロバキア、スロベニア、クロアチアまでは目を瞑れる。が、そこで東方拡大は中止すべきだった。


アメリカでは少数意見が生きている - 保守派の賢者で功臣のG.ケナンの警告_c0315619_14370081.pngキッシンジャーがウクライナを緩衝地帯にすべきと唱えたのも、故岡本行夫がバルト3国へのNATO基地設置に反対していたのも、下敷きとして、保守で現実主義者の先哲ケナンの警告があったからだろう。高齢で老練の元外交官ほどその立ち位置に準拠する慎重派が多く、ケナンの影響力の大きさに感じ入る。ケナンは保守派国際政治学の教科書だった。私は、フィンランド、バルト3国、ベラルーシ、ウクライナ、モルドバ、ルーマニア、ブルガリアと、縦に長く緩衝ベルトを置くべきだという持論である。ケナンに従えば、これが現実主義の対ロシア外交策に他ならない。


ロシアを敵とする神聖軍事同盟のNATOを存続させるなら、この南北緩衝ベルトを永久固定させるべきで、それができないなら、NATOを解散するか、NATOにロシアを入れるべきである。ケナンはこの案に賛成してくれるだろう。結局、ケナンの懸念どおり、欧州の平和は破れて大きな戦争が勃発した。「米国の政策の中で最も致命的な誤り」が、25年後に形となって表れた。矛盾が噴出した。冷戦の頃というのは、東西・米ソは厳しく対立していたけれど、戦争の危機に対して当事者に緊張感があり、為政者に責任感があった。今はそれが消えてない。


アメリカでは少数意見が生きている - 保守派の賢者で功臣のG.ケナンの警告_c0315619_16192671.png
アメリカでは少数意見が生きている - 保守派の賢者で功臣のG.ケナンの警告_c0315619_16193337.png
アメリカでは少数意見が生きている - 保守派の賢者で功臣のG.ケナンの警告_c0315619_16194023.png
アメリカでは少数意見が生きている - 保守派の賢者で功臣のG.ケナンの警告_c0315619_16194756.png
アメリカでは少数意見が生きている - 保守派の賢者で功臣のG.ケナンの警告_c0315619_16195545.png
アメリカでは少数意見が生きている - 保守派の賢者で功臣のG.ケナンの警告_c0315619_16200349.png
アメリカでは少数意見が生きている - 保守派の賢者で功臣のG.ケナンの警告_c0315619_16201000.png
アメリカでは少数意見が生きている - 保守派の賢者で功臣のG.ケナンの警告_c0315619_16201886.png
アメリカでは少数意見が生きている - 保守派の賢者で功臣のG.ケナンの警告_c0315619_16202768.png
アメリカでは少数意見が生きている - 保守派の賢者で功臣のG.ケナンの警告_c0315619_16203391.png
アメリカでは少数意見が生きている - 保守派の賢者で功臣のG.ケナンの警告_c0315619_16205368.png
アメリカでは少数意見が生きている - 保守派の賢者で功臣のG.ケナンの警告_c0315619_16203978.png
アメリカでは少数意見が生きている - 保守派の賢者で功臣のG.ケナンの警告_c0315619_16204669.png
アメリカでは少数意見が生きている - 保守派の賢者で功臣のG.ケナンの警告_c0315619_15453194.png

ブログ活動ご支援のお願い

この度、読者の皆様にご支援のお願いを申し上げる次第となりました。どうぞよろしくお願いいたします。

 住信SBI銀行
 支店番号 108(メロン支店)
 口座番号 6387212
 口座名  田中宏和

引き続いて多くのご支援をいただいております。感謝し、深く御礼申し上げます。

by yoniumuhibi | 2022-03-28 23:30 | Comments(1)
Commented by 人情味 at 2022-03-30 17:34 x
そもそも東側の領域が大きくなることは、日本にとっては
平和がより保たれやすくなることを意味するのだから、
むしろ喜ばなければいけない。
西側だけが正義じゃない。西側だけがすべてじゃない。
中国の反政府運動で評価できるのは、マルクスの理念に忠実な釈迦主義革命だけであり、西側主導のカラー革命ではない。

ポロシェンコは安倍晋三であり、ゼレンスキーは玉木雄一郎であります。
今のウクライナは格差の拡大に喘いでおり、極右が国民を虐げているのも事実!
プーチンは顔は怖いけれど、決して快楽殺人者ではないので、不必要な殺戮は行わない。劇場の爆撃は、本当にロシアがやったのか?実はウクライナ側の・・・では?


メールと過去ログ

最新のコメント

25年前には、 こんな..
by 前期高齢者 at 18:19
恐れていたことが現実に近..
by 愛読者 at 11:41
重ねて失礼します。 ア..
by コスモス at 21:25
今年くらいからか高等学校..
by コスモス at 21:12
吹田市では18歳と22歳..
by 伊豆うさぎ at 12:23
結局はアメリカのやりたい..
by 庵 at 20:00
 デニソワの捏造報道によ..
by 桃太郎 at 10:34
核心を突く分析,腑に落ち..
by Columbites at 18:29
ロシアのウクライナ侵攻を..
by 人情味。 at 17:43
仰る通りです。 ここま..
by 原因と結果の法則 at 09:13

Twitter

以前の記事

2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング