人気ブログランキング | 話題のタグを見る

NATOの目的は何か - ロシア連邦の封じ込め、圧迫と崩壊と解体

NATOの目的は何か - ロシア連邦の封じ込め、圧迫と崩壊と解体_c0315619_15062671.pngネットを見ていると、ロシアがNATOに入ればいいのにという意見を目にする。あまりに無知すぎて話にならない。こうした幼稚で愚昧な認識が西側のプロパガンダを頭から信じて疑わない態度となり、ロシアに対する一方的な偏見と全否定に繋がっている。現在のNATOは何のためにあるのか。その存在意義は何で、その集団安保体制の敵は誰なのか。誰から誰を防衛する軍事同盟なのか。こんな基本的なことも理解してない者が多くいる。ロシアがNATOに加盟することはあり得ない。それはNATOの存在意義の否定であり、論理矛盾である。

可能性として、現在のプーチン体制が倒れ、ロシアが親米化し、欧米と仲のいい反中反共国家に転換して、ユーラシアワイドにNATOに拡大する場合が考えられるが、仮にそうなるときは、逆に東欧の小国群が反発し、ロシアのNATO入りはやめてくれと言うだろう。東欧小国群にとって、ロシアと敵対する軍事境界線が引かれて、アメリカの防衛ラインの中に入ってないと不安なのであり、ロシアと同じ軍事同盟の中で共存するなど考えられないからだ。彼らにとって、NATOが反ロ軍事同盟でなくなる未来はあり得ない。
 



NATOの目的は何か - ロシア連邦の封じ込め、圧迫と崩壊と解体_c0315619_15063869.pngNATOはそもそもソ連共産主義を敵とし、ソ連を封じ込めするために構成された集団安保の軍事同盟である。冷戦の産物である。そのため、本来、ソ連が崩壊してワルシャワ条約機構が清算された時点で、その存在意義を失って地上から消えてよいはずのものだった。敵がいなくなったのだから、軍事同盟は解散していいはずだ。だが、そこからNATOは新たな敵を設定し、新たな目的を持って存続する推移になる。新たな敵とはロシア連邦である。現在のNATOは、ロシア連邦を封じ込めし、ロシア連邦をソ連と同じ運命に追い込むことを目的とした軍事同盟だ。

ソ連崩壊後、ロシアが混乱期にあった90年代は、NATOのその新たな性格や意義づけは輪郭がくっきりではなかった。が、ゴルバチョフとの口約束を裏切って東欧諸国を次々と加盟させる中で、新しい目的と方針を露骨化させるようになる。その進行はまた、世界のエネルギー需要が増大して資源国のロシアが潤い、ロシアが大国として復活する過程とパラレルだった。そしてさらに、そこからの過程は、旧ソ連および旧共産圏の諸国でカラー革命が続発し、プーチンのロシアを包囲し瓦解させようとするCIAの策動と謀略が顕著になる新冷戦化の始まりでもあった。


NATOの目的は何か - ロシア連邦の封じ込め、圧迫と崩壊と解体_c0315619_15065287.png記憶だけでうろ覚えで恐縮だが、フランスのテレビ局が制作したカラー革命のドキュメンタリー番組では、2000年のセルビアでのブルドーザー革命、2003年のグルジアでのバラ革命の後、お膝元のモスクワでもカラー革命のロシア版の動きが起こり、若者たちがプーチン体制を打倒する「革命」運動に参集する姿が取材報告されていた。ソロス財団から資金が流れ、NED(CIA)が「市民団体」にマニュアルを付与していた。おそらく、このとき、プーチンは全てを察知し、NATOの東方拡大の真の狙いが何かを確信したのだろう。それは、ロシア連邦の崩壊と解体である。

それ以後、00年代後半からのプーチンの外交と政治について、寺島実郎などは「プーチンの大ロシア主義」と誹謗中傷するのだが、客観的に見れば、プーチンの国家防衛の焦眉の行動の連続と言っていい。放っておけば、カラー革命を連発されて体制崩壊へと追い込まれる。ベラルーシとウクライナもNATO入りさせられる。プーチンの危機感について内在的な見地から理解する議論が皆無だが、歴史を確認することでプーチンやロシア人の心理の内奥に接近することができるだろう。その歴史とは、ナチスの対ソ戦の構想と計画である。


NATOの目的は何か - ロシア連邦の封じ込め、圧迫と崩壊と解体_c0315619_15070857.pngWikiに『わが闘争』の中身が要約されている。ヒトラーは劣等人種と看做したロシア人をシベリアに移送し、奴隷化した上で最終的に根絶する計画を立てていた。「東部総合計画」と呼ばれる。大木毅の岩波新書『独ソ戦』にその記述があるので抜粋しよう。

東部総合計画は、戦争終結後の最初の四半世紀において、ポーランド、バルト三国、ソ連西部地域の住民3100万人をシベリアに追放し、死に至らしめると定めていた。一方、残された『ドイツ化』できない住民1400万人は(略)ゲルマン植民者のために、奴隷労働に従事することになる。(P.93)

食料農業省次官のヘルベルト・バッケ(略)が立案したのは、占領したソ連から食料を収奪し、住民を飢え死にさせてでも、ドイツ国民(略)に充分な食料を与えることとする、『飢餓計画』と通称される構想だった。彼が推定するところによれば、現地住民から3000万の餓死者が出るとされていた。(P.94)


NATOの目的は何か - ロシア連邦の封じ込め、圧迫と崩壊と解体_c0315619_15142477.png手元の資料に、A.ローゼンベルクが1941年に作成した「ソヴェト連邦分割計画」の地図がある。1985年に青木から出た『アジア 1945年』(中村平治・桐山昇編)の P.110 に掲載されている。ナチスは、バルト、ベルロシア、ウクライナ、カフカース、トルケスタンをドイツ統制下の属国として独立させ、白海からモスクワにかけてを領土とする小さなモスクワ国というロシア人の国を建てようとしていた。このローゼンベルクの地図をネットでよく紹介できないのが残念だが、ナチスはソ連をこのようにバラバラに切り刻む計画で戦争に臨んでいた。


もし、今回プーチンが侵攻に出ず、外交で屈服して無成果なまま15万人の地上軍を撤収させていたら、おそらく、プーチンの失脚とベラルーシでのカラー革命に繋がったと予想される。このことは、対ウクライナ戦が長期化して死傷兵が多く出たり、ロシア経済が経済制裁で疲弊し損傷した場合も同じだ。ウクライナもNATO入り、ベラルーシもNATO入り、ジョージアもNATO入りし、カザフスタンでもカラー革命が起きるだろう。だが、それで終わりではない。プーチン後の政権が親欧米でなく、プーチンの政治思想を引き継ぐ同質のレジームであったなら、NATOの締めつけと仕置きはさらに続く。


NATOの目的は何か - ロシア連邦の封じ込め、圧迫と崩壊と解体_c0315619_15120614.png具体的には、チェチェン共和国の独立があり、他にも複数地域のロシア連邦からの離脱候補があり、NATO(=CIA)がそれを支援する動きに出るだろう。広大な領土を有するロシア連邦は他民族国家であり、ソ連邦と同じく国がバラバラになるリスクがある。少しでも中央集権が緩み、求心力が弱くなると、連邦から離脱して独立という動きに出る地域と少数民族を抱えている。一方、巨大な軍事力を有するロシアを欧州は潜在的脅威に感じていて、いつまたロシア帝国やソ連邦の勢力を取り戻して西に張り出すか分からないと警戒している。ロシア連邦の解体は、欧州のキッチントーク的な欲望であると言って差し支えない。 


何度か指摘してきたが、故岡本行夫は、8年前のクリミア紛争の際のサンデーモーニングの解説で、ゴルバチョフへの口約束をアメリカが反故にしてきた外交史について触れ、バルト3国にまでNATOにミサイル基地を配備されて、それでロシアに我慢しろと言うのはあまりに理不尽だと強調した。親米保守派の論客による意外なプーチン擁護の弁に、やや驚いたが印象的に覚えている。今回、藪中三十二も、東郷和彦も、孫崎享も、外務省系は基本的にこの線であり、プーチン・ロシアに同情的なスタンスで議論しており、小谷哲男や黒井文太郎や廣瀬陽子のようなCIA系とは一線を画している。


NATOの目的は何か - ロシア連邦の封じ込め、圧迫と崩壊と解体_c0315619_15171816.pngいずれにせよ、ロシア連邦を敵として封じ込めを続けてきたNATO東方拡大策に対して、ロシア側がそれをどう受け止めるかの想像力を持つ必要があり、その際重要なのは、ナチスの「東部総合計画」と「ソ連分割計画」の歴史の知識だろう。冷戦期のソ連共産主義は、ひとまずエルベ川まで押し出し張り出した線で満足しつつも、そのイデオロギーからして、世界をすべてコミュニズムの共同体にすることが理想であり、したがって隙あらばエルベを西に突破する潜性的衝動も持っていたわけで、西側から封じ込めの対抗措置を食らうのは必然だったと言える。だが、冷戦後のロシア連邦にはそのような目標も野心も微塵もなかった。

2000年に大統領となったプーチンが努めたのは、西側と協調しつつの大国ロシアの再建である。プーチンのロシア連邦には、EU・NATOに危害を加えようとか、それと対抗して打倒しようなどという意図やイデオロギー的性向は全く見えない。NATOがロシアを敵視し封じ込めの対象にする必要は無かった。冷戦後のロシアは、おとなしくぎこちなく市場経済と民主制政治で国家運営していた。そのロシアを、なぜNATOは敵認定し、東方拡大で無用に挑発し、彼らが恐怖する西からの脅威(ナポレオン・ヒトラーの悪夢)の圧迫をかけ続けたのだろう。プーチンを国家安全保障のパラノイアにしたのだろう。無意味で不要だったと思わざるを得ない。


NATOの目的は何か - ロシア連邦の封じ込め、圧迫と崩壊と解体_c0315619_15501675.png

NATOの目的は何か - ロシア連邦の封じ込め、圧迫と崩壊と解体_c0315619_15502377.png
NATOの目的は何か - ロシア連邦の封じ込め、圧迫と崩壊と解体_c0315619_15503054.png
NATOの目的は何か - ロシア連邦の封じ込め、圧迫と崩壊と解体_c0315619_15504687.png
NATOの目的は何か - ロシア連邦の封じ込め、圧迫と崩壊と解体_c0315619_15505485.png
NATOの目的は何か - ロシア連邦の封じ込め、圧迫と崩壊と解体_c0315619_15510322.png
NATOの目的は何か - ロシア連邦の封じ込め、圧迫と崩壊と解体_c0315619_15511409.png
NATOの目的は何か - ロシア連邦の封じ込め、圧迫と崩壊と解体_c0315619_15512661.png
NATOの目的は何か - ロシア連邦の封じ込め、圧迫と崩壊と解体_c0315619_15513359.png
NATOの目的は何か - ロシア連邦の封じ込め、圧迫と崩壊と解体_c0315619_15514195.png
NATOの目的は何か - ロシア連邦の封じ込め、圧迫と崩壊と解体_c0315619_15514962.png
NATOの目的は何か - ロシア連邦の封じ込め、圧迫と崩壊と解体_c0315619_16021881.png
NATOの目的は何か - ロシア連邦の封じ込め、圧迫と崩壊と解体_c0315619_16022989.png

by yoniumuhibi | 2022-02-28 23:30 | Comments(6)
Commented by 臥龍 at 2022-02-28 19:04 x
アメリカにとって戦後の日本は驚きだっただろう。歴史的にも文化的にもまったく言っていいほど共通点がなく、狂信的な国粋主義によって西欧に挑戦してきた国が、たった一つの敗戦でここまで柔順な国になるとは。
今、アメリカが推し進めているのは、カラー革命による「権威主義」の打倒と、その後の「日本化」だ。イスラムでも、スラブでも、漢民族でも、あの大日本帝国をここまで改造できたならば、改造できないはずはない。そうした成功体験がアメリカの「普遍的価値」による世界統一の野望を後押している。
しかし、現実的には「日本化」を求めても、民主主義は根付かず、社会混乱が増すばかり。イスラムの「日本化」は内戦と大量の移民の産んで、逆に欧州の首を絞めてしまった。そこで標的をスラブと中国の移したが、果たしてアメリカの望むようにこれらの社会の「日本化」は成功するだろうか?
Commented by 長坂 at 2022-02-28 21:36 x
凄く面白い、実郎が又パクるかも知れませんよ。もちろんロシアは一刻も早く撤退しろと思うが、アメリカ、西側のあまりのご都合主義、報道の不公平さに呆れて怒りしかない。コンドリーサ・ライスが、明らかな戦争犯罪だと息巻いていたがどの口が言う?コソボ紛争時のユーゴスラビア空爆( 当時のNSCの欧州担当シニアディレクターはブリンケン)は国際法違反。パナマもグレナダも主権国家なのに侵略し政権転覆。サボタージュ、サイバーテロ、故意の誤爆、非人道的兵器使用等、俺様ルールでやりたいほうだいやってきて、他国には制裁。ロシアに対する制裁はヴェネズエラ、ニカラグア、キューバにも影響を与えるのが目的だそうで、どこまでも姑息。2ー3日前に中立的立場からロシアとウクライナに向け早期の平和的解決を求める声明を発表したタリバンの方が、プーチンに会おうとしないバイデンより大人で国際社会のメンバーっぽい。アフガンと言えば、アメリカが凍結したアフガニスタンの資産を返還しないってどうなのか?
イエメンも戦闘が続いているんですけどね。泣く元気もない黒い子茶色い子は存在しないみたいですね。
Commented by 草競馬 at 2022-03-01 00:52 x
御高論に概ね同意いたします。
大木毅さんは『独ソ戦』の中で,プーチンは独ソ戦の勝利を現体制を支える歴史的根拠としている,と指摘していますね。プーチンはかけがえのない祖国ロシアを守るために,ナポレオン,ナチスに続いてNATOと,第三の「祖国戦争」を戦おうとしているのでしょう。
Commented by コスモス at 2022-03-01 11:57 x
プロパガンダ、フェイクニュースの真偽を見極めるだけの技量のない一般人ですので、戦況の報道からは距離を置き、一刻も早い停戦を祈っています。
楽天のあの人がウクライナへ寄付しましたが、きっとアメリカのどこかから指令を受けているのでしょう。一般の日本人がウクライナへ寄付するのは、愚の骨頂です。ポーランドや小国ですがモルドバ、コロナ陽性かどうかの検査もせずに無条件でウクライナ難民を受け入れ、そして市民が国境まで車で難民をピックアップしに来てくれていて、中には自分の家へ泊るように提供する場合もあるそうです。
日本も国としてウクライナへ支援するのではなく、難民受け入れの人道支援へに限るべきです。
バイデンの息子が、ウクライナでいろいろと動いていて、トランプが捜査しろと言っていたこともありましたね。
今後、あのサラエボのように廃墟になった街が残され、そこへ難民が帰還する日がいつになるのか。
Commented by 北海道人 at 2022-03-01 15:31 x
今回のウクライナ侵攻はNATOすなわち米国の挑発に乗せられたプーチンの「愚挙」であるように思う。今後、戦況がどちらに転んでも、国内外に抱え込んだ火種を抑え込むことは難しく、プーチン体制およびロシア連邦の崩壊の加速化に繋がるのではないか。「力によらない」現状変更が進むなかで、「力による」選択肢しか持ち得ないロシアの悲劇である。シナリオどおりの事態を高みから見物する米国はさぞかし笑いが止まらないだろう。
Commented by 成田 at 2022-03-01 18:44 x
NATOという冷戦期の遺物が暗躍して、ソ連の衛星国であり、ロシアの友邦であるポーランド、ルーマニア、バルト三国を取り込んだのみならず、ソ連をともに構成していたウクライナにまで手を出してきたわけです。
プーチンの怒りと困惑はよくわかります。
そもそもNATOなんて本来要らないわけです。でも無くなると困るアメリカが無理矢理仮想敵をロシアにして危機を煽ってきて発生したのが、クリミアであり、今回の戦争です。
こんな戦争して喜ぶのは武器売ってるアメリカだけです。
とにかく即時停戦して、ウクライナもNATO加盟を断念することです。こんなやり方ではロシアの未来にも良いことではありません。


メールと過去ログ

Twitter

最新のコメント

今こそ「テニスコートの誓..
by 印藤和寛 at 09:18
総裁選で石破さんを倒すた..
by 人情味。 at 09:29
もし山上容疑者が安倍元首..
by 人情味。 at 21:23
杉田水脈なる人物は論評に..
by 住田 at 10:51
あれは15年程前..
by ムラッチー at 11:27
悪夢のような安倍政治から..
by 成田 at 13:03
ハーバード大学で比較宗教..
by まりも at 23:59
重ねて失礼いたします。 ..
by アン at 17:48
安倍晋三のいない世界は大..
by アン at 13:16
今まで、宗教2世の問題に..
by さかき at 10:31

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング