人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ウィズコロナとゼロコロナ ー 日本共産党の変節

ウィズコロナとゼロコロナ ー 日本共産党の変節_c0315619_15193426.png中国のゼロコロナ政策へのバッシングが凄まじい。連日のように日本のマスコミ報道で批難の対象になっていて、中国のゼロコロナ政策の「失敗」が袋叩きされている。23日のサンデーモーニングでも、松本哲哉が「中国のゼロコロナ政策は必ず破綻する」と断言する場面があった。何となく、ヤラセというか仕込みの雰囲気が漂っていて、番組の事前に打ち合わせをして、関口宏がこういう質問をするからこう答えてくれと調整した台本の存在が見え隠れする。

いつも政治的中立に努めて慎重運転のコメントに徹し、無難に生放送をこなすキャラクターとしてテレビ局に重宝されている松本哲哉。その表情に、一瞬だが、このメッセージを発信する責任についての葛藤と動揺の気配が浮かび、それが視聴者に微妙に伝わり、真相を疑わせる映像になっていた。本人は気が進まないが、多額のギャラで世話になっているTBSが無理に要請してきたので、断れずに依頼に応じたのだろう。政治的にナイーブな松本哲哉としては、無理があり不自然な一言だった。




ウィズコロナとゼロコロナ ー 日本共産党の変節_c0315619_14003894.png先週1月19日の報道1930でも、中国のゼロコロナ政策を叩く進行があった。少し驚いたのは、日本共産党の小池晃が出演して、ゼロコロナ政策は意味がないと意義を否定していた点である。発言を抜き出すと、「普通の民主主義国家でそこまでやるというのは困難だし、はっきり言ってゼロにすること自体に意味があるとは私は思えない」と言っている。テレビの前で困惑させられたのは、日本共産党がゼロコロナからウィズコロナに転換した旨を明らかにしたからだ。嘗て、1年半前、志位和夫は明確にこう言っていた。

政府は「ウィズコロナ」という言葉を安易に使うべきでない。多様なウイルスの全体と人類との共生を論じることはできても、「共生」できないウイルスもある。誰が「ウィズエボラ」とか「ウィズポリオ」とか「ウィズ天然痘」というだろうか。新型コロナウイルスは、封じ込めなければならないものです。

私は、コロナ対策の基本姿勢としては、この志位和夫の主張が正しいと思うし、日本共産党は現在もこの方針を堅持していると思っていた。


ウィズコロナとゼロコロナ ー 日本共産党の変節_c0315619_14221888.pngいつの間にか、ゼロコロナ政策は中国だけの独自で異端で誤ったコロナ対策という表象に押し固められ、ウィズコロナ政策こそが正しく普遍的な政策だという共通認識が出来上がっている。この問題について検証と考察を試みたい。1年前の2021年2月の情報を見ると、野党第一党である立憲民主党がゼロコロナ政策を訴えている。「やはり『zeroコロナ』戦略こそが、経済的にも結果的にはプラスであることは、各国の事例で証明されている」と言い、台湾・豪州・NZの成功モデルを日本も採用するべきで、日本政府のウィズコロナ政策は誤りだと述べている。

現在の泉健太の執行部がこのウィズコロナとゼロコロナの政策問題をどう処理し、どの地平に立っているのか、その点は不明だが、昨年3月の衆院予算委では、政調会長だった泉健太が菅義偉に対して質問に立ち、「われわれ立憲民主党はゼロコロナという方向性に行くべきだと言っている」と切り込んでいる。この時点を振り返れば、日本の国論は二つに分かれていて、ゼロコロナを支持する者とウィズコロナを支持する者の二派があり、マスコミも二派に分かれていて論争が行われていた状況を確認できる。与党の支持者はウィズコロナ、野党の支持者はゼロコロナという対立構図だった。


ウィズコロナとゼロコロナ ー 日本共産党の変節_c0315619_14225461.png様子が変わったことに気づいたのは総裁選が始まった昨年秋頃であり、NW9の和久田麻由子の報道で、ウィズコロナが唯一の方向性だと説明するのを聞いたときからである。躊躇なく決定的な口調だったので、不審に思ったものだ。政治的公平に神経質に留意する普段のNHKなら、ウィズコロナとゼロコロナが与野党の対立事項である点は承知のはずで、ウィズコロナを唯一で普遍的だと決めてかかる報道は偏向になる。放送法違反になる。いつの間にウィズコロナが政治的座標軸の中央たる正統的位置に収まり、ゼロコロナが異端へと排除されたのだろう。

疑問に思いながら推理して調べると、どうやら、昨年10月初旬のNZの動きが転換点になっていることが窺われる。世界の中でも厳しい規制措置をとってきたNZ政府の政策に対して、ロックダウンに反対する市民デモが起き、アーダーンがゼロコロナ政策の断念を発表していた。私はこの事実をこれまで知らなかったが、立憲民主党にとっては、またゼロコロナのマスコミ論者(岡田晴恵・玉川徹)にとっては不本意な出来事の発生だっただろう。NZにゼロコロナの旗を降ろされたら、ゼロコロナ派は立場を失って総崩れになる。アーダーンはゼロコロナの女神だった。


ウィズコロナとゼロコロナ ー 日本共産党の変節_c0315619_14251620.pngそれに加えて、ゼロコロナのもう一方の旗手である台湾で感染が流行し、鉄壁と思われた台湾でゼロコロナの神話が崩壊したことも、枝野幸男的なゼロコロナ策が説得力を失う環境要因になったと思われる。それらこれらを見計らって、狙いすましたように、和久田真由子はウィズコロナこそが標準だと打ち上げ、国民を説教して「常識」を固める報道に出た。米国も英国もEUもウィズコロナだという言説で。ウィズコロナと異なる政策を採っているのは中国だけだという論法で。このNHKの空気作りに対して、野党や左翼リベラルから批判は上がらず、ゼロとウィズが衆院選の争点になることもなかった。

私の勝手な想像だが、おそらくアーダーンにアメリカから圧力がかかって、ゼロコロナ放棄を明言するよう指示と差配があったのだろう。NZがそれを言えば、中国だけが孤立化して異端化される。アメリカの作戦が奏功する。逆に、NZがゼロコロナを掲げて感染対策に成功し続けると、アメリカや英国の立場はない。コロナ対策は米中冷戦の重要な「戦場」で、アメリカからすれば、中国と同じ方式が成功し勝利することは許されないことだ。アーダーンは労働党の政治指導者で、政策は公共福祉にウエイトがかかるのが道理なのだけれど、NZは小さな国でファイブアイズの一国である。アメリカには逆らえない。


ウィズコロナとゼロコロナ ー 日本共産党の変節_c0315619_14300568.pngNZにゼロコロナの看板を降ろさせた後、アメリカはイアン・ブレマーを使って奇妙な言説工作に出て、2022年の世界のリスクの第一が、中国がゼロコロナ政策に失敗して世界経済に重大なマイナス影響を与えるだろうという「予測」を言いふらす策に出た。何とも話にならないというか、まともに聞いてられない話だ。ウクライナ情勢でも台湾情勢でもなく、中国の「ゼロコロナの失敗」が世界の重大リスクだと言う。何が言いたいのだろう。中国が規制措置を強化することで、中国の生産と消費が落ち、リセッションに入り、NYの株価暴落を惹き起こすとでも言いたいのだろうか。意味不明であり、難癖をつけているとしか言いようがない。

大和総研と日本総研のエコノミストの分析では、2022年の中国のGDP成長率はプラス5.4%と想定されている。IMFの予測でもプラス5.6%と高い。アメリカは5.2%で、EUは4.3%である。アメリカよりも高い。コロナ初年の2020年、中国は武漢封鎖などきわめて厳しい私権制限の行動規制をとり、全国で壮絶なロックダウン策を敢行したが、先進諸国が軒並みマイナス成長を記録したのを尻目に、一国だけ2.3%のプラス成長を達成している。昨年2021年はプラス8.1%の絶倫的V字回復。イアン・ブレマーが何を言いたいのか全く分からない。正常な科学的理性からの判断とは思えず、CIAの下品なプロパガンダの下請けとしか思えない。


ウィズコロナとゼロコロナ ー 日本共産党の変節_c0315619_14324187.pngゼロコロナとウィズコロナのどちらが正しい政策か。ゼロコロナが正しいに決まっている。19日の報道1930で、松本哲哉は、英国やスイスやスペインなどの規制撤廃の動きとそれを正当化するエンデミック理論に対して、「政治家が他に言うことがなくなって、万策尽きた結果言っているだけだ」と一蹴、医学的な無内容さと不当性を批判していた。ゼロコロナとウィズコロナの対策の違いを一言で言えば、前者がウィルスの封殺と予防を主眼としているのに対して、後者がワクチンを決め手としている点だろう。ウィズコロナは、ワクチンを打てば大丈夫という認識が基本だ。

ワクチンでコロナと戦うのがウィズコロナで、個人の自由活動を許容する。リベラリズムの発想だ。ゼロコロナは、水際対策と検査と隔離で対処するのであり、公共政策(ソシアリズム)の論理と原則を前面に立てて防疫する。二つは根本的にスタンスが異なる。ここで注視しないとといけない問題は、すでにEU当局が警告を発しているように、ブースター接種を4か月毎に繰り返すとヒトの免疫系に悪影響を及ぼすという医学的観測と疑念だ。イスラエルはすでに4回目の接種を行っているが、オミクロン株で過去最多の感染者数を更新している。3回のワクチン接種が済んでいても効果がない事実が証明されていて、集団免疫は達成獲得されていない。


オミクロン株の感染の波が収束した後、昨年のデルタ株のように再び強毒性の変異種が発生するかもしれない。そして、世界中に猛威をふるうかもしれない。コロナの正体も今後の展開も未知で、AIでも予測不可能で、人類はただワクチンにすがって振り回されているだけだ。免疫システムの今後の不安や後遺症の懸念を考えると、特に若い世代はなるべく感染を避けた方がよく、慎ましく謙虚にコロナと向き合った方がよいように思われる。1日にコロナでの死者数を1700人も出しているアメリカや400人も出している英国の政策が、中国よりも優れているとは到底言えない。人の命が第一なのだから。


ウィズコロナとゼロコロナ ー 日本共産党の変節_c0315619_14334675.png
ウィズコロナとゼロコロナ ー 日本共産党の変節_c0315619_14335535.png
ウィズコロナとゼロコロナ ー 日本共産党の変節_c0315619_14340882.png
ウィズコロナとゼロコロナ ー 日本共産党の変節_c0315619_14341526.png
ウィズコロナとゼロコロナ ー 日本共産党の変節_c0315619_14342634.png
ウィズコロナとゼロコロナ ー 日本共産党の変節_c0315619_14343819.png
ウィズコロナとゼロコロナ ー 日本共産党の変節_c0315619_15195567.png
ウィズコロナとゼロコロナ ー 日本共産党の変節_c0315619_15200335.png
ウィズコロナとゼロコロナ ー 日本共産党の変節_c0315619_15200946.png
ウィズコロナとゼロコロナ ー 日本共産党の変節_c0315619_15201662.png
ウィズコロナとゼロコロナ ー 日本共産党の変節_c0315619_16141158.png
ウィズコロナとゼロコロナ ー 日本共産党の変節_c0315619_16141836.png

by yoniumuhibi | 2022-01-24 23:30 | Comments(1)
Commented by H.A. at 2022-01-27 23:32 x
新型コロナウイルスは、いずれ感染力は強いが弱毒性の方向に”進化”し、WHOがインフルエンザ並みと評価するときが来るでしょう。その時は中国もゼロコロナ政策を中止するかもしれませんが、それは敗北でなく勝利です。世界中の数億人の感染者、数百万人の死者の犠牲の末の結果ですが、中国はそれをほぼ免れたのですから。かつて孫文が中国人を砂とたとえ、魯迅が独立した民衆がいないと評したところを、現在の政府は国家との一体感をもたせるかたちで、人民から国民へとエートスを変えようとしているようです。『白熱教室』でも、米国人学生は進んで出演したい人がたくさんいるでしょうし、日本人学生は恥ずかしいのか同じ人が出るぐらいですが、中国人学生はおそらく優秀な学生を選抜して出演させています。以前、学生は受験戦争に肯定的な意見を言っていたが、政策が変われば否定的な発言をされていました。それが中国の方針であり、他者がどうこう言うものでもないでしょう。なお、地球の温暖化でシベリアの永久凍土が溶け出し、何万年も前に閉じ込められたウイルスが外に現れる恐れがあるが、動物や人に予想もつかない危険性があるとのことです。こういう事態になれば、どこの国でも嫌でもゼロたいさくをとらざるをえなくなるでしょう。


メールと過去ログ

最新のコメント

25年前には、 こんな..
by 前期高齢者 at 18:19
恐れていたことが現実に近..
by 愛読者 at 11:41
重ねて失礼します。 ア..
by コスモス at 21:25
今年くらいからか高等学校..
by コスモス at 21:12
吹田市では18歳と22歳..
by 伊豆うさぎ at 12:23
結局はアメリカのやりたい..
by 庵 at 20:00
 デニソワの捏造報道によ..
by 桃太郎 at 10:34
核心を突く分析,腑に落ち..
by Columbites at 18:29
ロシアのウクライナ侵攻を..
by 人情味。 at 17:43
仰る通りです。 ここま..
by 原因と結果の法則 at 09:13

Twitter

以前の記事

2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング