人気ブログランキング | 話題のタグを見る

南京大虐殺の歴史認識を変えた日本共産党 – 右翼と同じ「幻」論の態度へ

南京大虐殺の歴史認識を変えた日本共産党 – 右翼と同じ「幻」論の態度へ_c0315619_15241466.png日本共産党が、南京大虐殺の日である12月13日に北京五輪ボイコット要求の声明を発表した件、ネット上ではほとんど議論がない。反応は右翼からの歓迎コメントばかりで、反対意見らしきものは希少だ。事件になっていない。事件になっていないけれど、私は重大事件の発生だと思うので、前稿に引き続いて批評を加えたい。今回の件は、単に、リベラルデモクラシーの価値観に旋回した日本の左翼政党による中国叩きというだけの意味に止まらず、もっと深く、歴史認識に触れる根本的な過誤と罪悪だと私は思う。リベラルデモクラシーの臨界を超えて、右翼の地平に到達する思想的変節であり、戦争に向かわせる確信犯的挑発だ。中国がいま一番やって欲しくないことを、中国で最も神聖な追悼の日を狙うようにして一撃した。安倍晋三の731機搭乗の見せびらかしに匹敵する、あるまじき窮極の嫌がらせ行為である。日本共産党と志位和夫が、12月13日が何の日であるか知らないはずがない。忘失だとか迂闊だとかは考えられない。そんな子供だましの言い訳は通用しない。ボイコット要求声明は他の日でもよかったのに、意図的に効果と影響を計算して13日を選んでいる。



南京大虐殺の歴史認識を変えた日本共産党 – 右翼と同じ「幻」論の態度へ_c0315619_15243727.pngこの行為が何を意味するかというと、すなわち、84年前の12月13日に起きた歴史の否定である。この日の悲劇的意義を軽視しているから、良心の呵責なく妄動が可能なのだ。こんな暴挙ができるのは、幸福実現党か日本第一党しか思いつかない。維新でもここまでは無理だろう。喩えて言えば、沖縄で慰霊の日の式典が厳粛に催行されている6月23日に、右翼政党が、辺野古基地建設が遅すぎるから政府は工事を急げと要求する声明を出すのと同じである。遺骨を含んだ土砂など構わず使えと発破をかけるのと同じだ。今回の日本共産党の行為の真相を解剖すれば、明らかに、南京大虐殺の歴史認識を変えたという作為が突き止められる。そうとしか推察しようがない。この政治決定がなされた原因と背景を考えれば、日本共産党が南京大虐殺の歴史認識を変えたという分析にしか行き着かない。つまり、日本共産党も極右諸派や日本会議と同じく、南京大虐殺は幻であるという歴史認識に立ったという意味だ。そうでなければ、12月13日にあの発表をする「正義」は成り立たない。行為を正当化する思想的立地はない。この日の意義を無視し、倫理的反省心を滅却しているから、堂々と声明を発信できるのだ。


南京大虐殺の歴史認識を変えた日本共産党 – 右翼と同じ「幻」論の態度へ_c0315619_17481164.png今年の赤旗の紙面には南京大虐殺の日の追悼記事がない。消えている。3年前の2018年には載っている。2015年の記事も検索で拾える。日本共産党が中国批判の綱領改定に出たのは、2年前の2019年12月のことだ。おそらく、来年の12月14日も関連記事は載らないだろう。改訂綱領の新方針に沿って南京大虐殺の歴史認識を変え、その意義の認定を変えたのだろう。南京大虐殺はフェイクであり幻であるという、日本右翼の言い分の側に歩を寄せて、従来の立場を変えたと解釈するのが妥当だろう。変節と転向である。日本の左翼リベラル一般は、この日本共産党の対応を見て、やはり南京大虐殺の話はウソで、中国が誇大加工したプロパガンダだったのではないかと猜疑するようになるのではないか。特に、しばき隊の汚染度の強い若い世代の左翼は、そうした歴史修正の思考に傾いておかしくない。実は、私のブログにも、ある左翼からコメント投稿があった。不愉快なのでそれは公開せず、また、後に尾を引くのが面倒なので具体的紹介は避けるが、「日本軍が戦った相手は国民党軍であり、八路軍は背後でそれを見ているだけだった」と書き込んできた輩がいた。ブログのアドレスを辿ると明らかな左翼である。


南京大虐殺の歴史認識を変えた日本共産党 – 右翼と同じ「幻」論の態度へ_c0315619_15175252.pngそういう知的劣化が進んだ左翼がどうやら現実に増えている。右翼の歴史修正のプロパガンダが25年も続き、書店を埋め、ネットも埋め、びっしり蟻の這い出る隙間もないほど埋め尽くされ、絶え間なく絨毯爆撃されてきたから、それが日本の多数の「常識」に固まっている。左翼でさえその洗脳に影響されて、日中の歴史認識が歪んでしまっている。25年前に始めた右翼の「反東京裁判史観闘争」が効を奏して実を結んでいる。腹立たしい。已矣哉。わざわざ無知な左翼が無名のブログに感想を書き込んできたから、労を多として証言を返そう。私の祖父は日中戦争に従軍し、緒戦の上海戦で負傷して傷痍軍人となった。負傷兵となっても暫くは部隊に付いて中国内に留まったのだが、彼の述懐では、蒋介石軍は日本軍が攻めると逃げるばかりで、恐いのはゲリラ戦で夜襲をかけてくる八路軍だったと言う。八路軍が敵だったからこそ日本軍は三光作戦を展開して応じたのであり、ベトナム戦争のソンミ村事件のような民間人大量虐殺を無限に行ったのである。思いつきや気まぐれでやったのではなく、ゲリラ戦に対処する陸軍の戦略だった。日中戦争の泥沼というときの「泥沼」の意味は、まさに共産党ゲリラの抵抗で日本軍が疲弊消耗したという意味に他ならない。


南京大虐殺の歴史認識を変えた日本共産党 – 右翼と同じ「幻」論の態度へ_c0315619_15222887.png彼は内地に送還されて故郷で生き延び、戦後は熱心な自民党支持者だったけれど、田中角栄の訪中に歓喜感激し、孫の私に日中国交正常化の意義を心弾ませて語ってくれた。彼の人生の幸福の瞬間だった。山崎豊子の『大地の子』の基調そのものだった。中国を訪れる機会を得た私は、祖父の遺命を果たそうと、親しくなった現地中国の人たちの前で襟を正して侵略戦争の謝罪を述べた。中国の人たちは、驚くほど日中戦争の詳細な知識を持っていて、日本軍のどの歩兵連隊がいつどこでどんな作戦を行ったか、何をやらかしたか全て頭に入っている。だから、中国人に「ご出身はどちらですか」と聴かれたら、日本人は多少の注意と覚悟が必要だろう。このことは、韓国の一般市民が日本の明治時代の外交と戦争について、日本人以上に旺盛で精緻な知識を持っているのと同じで、韓国の人々も本当に詳しい。それが自分たちの近代史と重なり、苦い亡国の歴史であり、教訓を学び取らなくてはいけない対象であるから、彼らは精力的に研究して細部を知るのである。25年間、中国と韓国は大いに発展した。右翼の歴史修正に染まった日本は、経済を衰退させ、何もかも劣化して墜ち果てた。それを自省して踏み止まるべき左翼まで、右翼史観に嵌まって中国叩きする蒙昧な愚衆となった。


南京大虐殺の歴史認識を変えた日本共産党 – 右翼と同じ「幻」論の態度へ_c0315619_15285604.png現上皇が、日本にはどうしても忘れてはいけない4つの日があると言った。(1)6月23日の沖縄慰霊の日、(2)8月6日の広島原爆の日、(3)8月9日の長崎原爆の日、(4)8月15日の終戦の日。私はこの訓諭に同意する。現上皇夫妻の指導に感謝する。現上皇に倣えば、おそらく中国にも、忘れてはならない4つの日を措定することができるだろう。(1)盧溝橋事件が起きた7月7日、(2)日本が降伏文書に調印して第二次大戦が終結した9月2日、(3)満州事変の勃発となった柳条湖事件の9月18日、(4)南京が陥落して南京大虐殺が始まった12月13日。確認していないが、この4つの日は中国が政府主催の国家式典を催していたはずである。1949年に誕生した中華人民共和国は、抗日解放の歴史が国家の基礎にあり原点にある。12月13日は中国にとって重要な日で、強姦され虐殺された多くの犠牲者を追悼する日だ。日本の右翼は、日本の恥である南京大虐殺を歴史的事実として認めず、幻だと否定し、この日を神聖で厳粛なものと認めない。その価値と意義を認めず向き合わない。これは中国を全否定する態度だ。6月23日に、沖縄戦の遺骨混じりの土砂も辺野古の埋め立てに使えと、どこかの政党が要求を発したら、それは、その党が沖縄を全否定する虐待と同じではないか。


南京大虐殺の歴史認識を変えた日本共産党 – 右翼と同じ「幻」論の態度へ_c0315619_15291030.png日本の右翼は、中華人民共和国の建国の意義を認めず、それを全否定している。日本の侵略戦争を誤りだったと認めず、逆に正しかったと開き直っている。共産主義相手の戦争だから正義の行動だったと嘯いている。その倒錯した狂気の歴史認識の象徴と神髄が、南京大虐殺は幻であるという主張と言説だ。このイデオロギーは、結局のところ、PRCが戦争で崩壊することで最終的に正当性が成就される。自分たちの主張が正しかったという正義の証明が確定する。要するに、日本の右翼はPRCの将来の存続を予定していない。抹殺されるべきだと信念している。中国共産党など皆殺しの運命に遭うべしと憎悪している。日本共産党もその隊列に入ったのだろうか。そうでなければ、今回の挙動の意味はよく説明できない。CPCとPRCが消滅することでしか、今回の日本共産党の行動が正しかったという結論にならない。だとすると、この先もはや対話はなく、戦争しかないではないか。殴り合って相手を屈服させ決着をつけるという、暴力(総力戦・殲滅戦)の解決しかないではないか。そのとき、結果が逆に転んだらどうなるのだろう。仮定の空想ではあるけれど、日本が無条件降伏し、PRC軍が全土占領するという局面が生じた場合どうなるのか。JCPの運命はどうなるのか。今回の件は許されざる sin だろう。


占領下の軍事法廷では法の不遡及の原則は例外となり得る。JCP幹部たちが米国本土に逃亡できなかった場合、どれほど厳しい「平和への罪」の責任追及を受けることか。彼の国の法と権力の運用スタイルと、共産党コミュニティの伝統的掟と近親憎悪と、あの独裁者の性格を考えても。

 
南京大虐殺の歴史認識を変えた日本共産党 – 右翼と同じ「幻」論の態度へ_c0315619_16005561.png
南京大虐殺の歴史認識を変えた日本共産党 – 右翼と同じ「幻」論の態度へ_c0315619_16011767.png
南京大虐殺の歴史認識を変えた日本共産党 – 右翼と同じ「幻」論の態度へ_c0315619_16012516.png
南京大虐殺の歴史認識を変えた日本共産党 – 右翼と同じ「幻」論の態度へ_c0315619_16013259.png
南京大虐殺の歴史認識を変えた日本共産党 – 右翼と同じ「幻」論の態度へ_c0315619_16014153.png
南京大虐殺の歴史認識を変えた日本共産党 – 右翼と同じ「幻」論の態度へ_c0315619_16064000.png

by yoniumuhibi | 2021-12-17 23:30 | Comments(0)


メールと過去ログ

最新のコメント

25年前には、 こんな..
by 前期高齢者 at 18:19
恐れていたことが現実に近..
by 愛読者 at 11:41
重ねて失礼します。 ア..
by コスモス at 21:25
今年くらいからか高等学校..
by コスモス at 21:12
吹田市では18歳と22歳..
by 伊豆うさぎ at 12:23
結局はアメリカのやりたい..
by 庵 at 20:00
 デニソワの捏造報道によ..
by 桃太郎 at 10:34
核心を突く分析,腑に落ち..
by Columbites at 18:29
ロシアのウクライナ侵攻を..
by 人情味。 at 17:43
仰る通りです。 ここま..
by 原因と結果の法則 at 09:13

Twitter

以前の記事

2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング