人気ブログランキング | 話題のタグを見る

なぜ立憲民主は比例議席を減らしたのか - 昨年の「合流新党」が大失敗だった

なぜ立憲民主は比例議席を減らしたのか - 昨年の「合流新党」が大失敗だった_c0315619_14432677.png選挙が終わって3日経ち、2日には枝野幸男が辞任表明し、3日には山口二郎が市民連合から離脱する旨をツイートした。敗者の戦後処理が続いている。負けるとこうなる。それはやむを得ない。勝負の掟は非情だ。立憲民主党が比例の議席を公示前の62から39に減らした問題について、共産党と共闘して「左に寄りすぎた路線の過誤」が指摘され、非難され、マスコミによって猛然と糾弾される進行になっている。この問題は次のように整理し説明できるだろう。結論を言えば、昨年の合同(合流新党)が無駄で無益な失策だったのであり、前原党たる国民民主の右派議員を大量に抱え込む愚を犯さなければ何も問題はなかったのだ。昨年までの立憲民主党は、枝野幸男が4年前に立ち上げた「枝野立て」党であり、左派を中心とする市民の後押しと判官贔屓の旋風で誕生した純然たる左派リベラル党だった。その党への今回の比例票の結果が39議席であり、4年前の37議席と同じで減っていない。左派リベラルの党の単独比例票は、現在はこの数が限界なのだ。問題はない。取りこぼしはない。 



なぜ立憲民主は比例議席を減らしたのか - 昨年の「合流新党」が大失敗だった_c0315619_14435819.png右派改革の党である希望の党は、4年前の比例の議席は32だった。ここに投じられた票が今回は維新に流れている。それだけのことで、きわめて単純明快な道理であり、分かりやすい民意の反映である。左派リベラルの政党なのに、昨年、不良債権の右派議員を大量に仕入れて数を膨らましていたため、左派リベラルの有権者が投じた比例票では62の議席を賄えなかった。そういう顛末だ。枝野幸男の合流策の失敗である。合流は全く必要なかった。あんな策に出なければ、立憲は4年前と較べて小選挙区を17議席増やしており、全体でも大幅増で大躍進だった。「野党共闘」は成功とマスコミも判定しただろう。不良債権を抱え込んで戦ったことが敗因だ。合流以前の立憲民主と国民民主と、左派リベラルと中道改革保守と二つに分かれて、それぞれ小選挙区を調整して棲み分けして戦えばよかった。もともと旧民主党・旧民進党には左派と右派の二つの勢力が存在し、党内で抗争するのが決まり事になっていて、選挙の度に激しく醜いヘゲモニー闘争と離合集散の騒動を繰り返していた。


なぜ立憲民主は比例議席を減らしたのか - 昨年の「合流新党」が大失敗だった_c0315619_14433724.pngその結果、最終的に左派党と右派党に分かれたのであり、分かれることで有権者には分かりやすい受け皿の配置が示された。悩まずに比例票を投じることができた。左派リベラルと中道改革保守とは政策軸が異なり、共産党との接近度および親和性が異なる。昨年の合流前までのスリムでリベラル色がくっきりな立憲民主党であれば、共産党も小選挙区で応援に熱が入りやすかったし、票ももっと積み上がったに違いない。政権交代の目標や目的は持てなかったが、その代わり、小選挙区で「野党共闘」の勝利躍進という果実を得て、来年の参院選に弾みをつけることができただろう。私は昨年のブログで合流新党の無意味を説き、次の(今回の)選挙で勝っても負けても党は必ず混乱し、再び左右で分裂抗争に至るだろうと予言した。それが旧民主党・旧民進党の生理だと批判した。予言した方向に向かいつつある。左右二つの党で賢く選挙区調整して戦えばよかった。無理に背伸びして政権交代をめざす必要はなかった。自民党が議席大幅減になり、与野党が国会勢力で拮抗すれば、自民党の政策は変わるのである。


なぜ立憲民主は比例議席を減らしたのか - 昨年の「合流新党」が大失敗だった_c0315619_14444071.pngこの論点に関連して、市民連合という「野党共闘」のプラットフォームが本当に必要だったのかどうかも再考・再検討する必要がある。市民連合が共通政策を考案し、それに各野党が合意調印する方式をとると、どうしても左翼主導の共闘態勢になり、一般的にも、マスコミの目からもそのイメージが際立つ。色眼鏡で報道される。実際に、調印式にぞろぞろ出席してカメラに収まる顔が既成左翼業界の名士様たちだから、保守マスコミの見方はそうした異端視した性格認定にならざるを得ない。要するに、基本的には共産党が主導し差配するプラットフォームという意味づけだ。連合の党である国民民主は乗れなかった。そうではなく、左翼が主導する形式ではなく、小沢一郎が指揮をとる野党共闘と選挙協力なら、保守寄り無党派の有権者も肯きやすく、前向きに評価し期待する動きを作れたのではないか。小沢一郎なら左右の色がない。共産党とも連合とも話ができるし、剛腕で「可能性の芸術」を描けた印象がある。徹底的なリアリズムの論理で選挙を設計し、小選挙区の自民現職をボロ負けさせる絵を描いただろう。


なぜ立憲民主は比例議席を減らしたのか - 昨年の「合流新党」が大失敗だった_c0315619_14445375.png理想を言えば、小沢一郎が動いて、共産党委員長と連合会長を極秘会談させる政治を作ればよかった。共産党はベタ降り路線を決めて発車させているのだから、あとは大義名分と体裁をきれいに繕ってやるだけだ。ギリギリまで両者に妥協させ、国民民主の小選挙区候補に共産党が粛々と下駄票を投入する局面を作ればよかった。選挙は政党の死活問題なのだから、政党が前に出て鋭く折衝するのが本来の姿である。第三者の学者や文化人が、余計な、パフォーマンス的な骨折りをする必要はなく、共産と立憲と国民と連合の四者で水面下で鬩ぎ合って、地域現場の実情に即した、保守も巻き込む泥臭い陣形で選挙に臨めばよかった。選挙は勝つことが何より重要で、最優先で、途中経過の外観と理屈は二の次である。左翼である市民連合が纏めた政策協定で政権交代を果たそうなどと、それは現在のイデオロギー状況から考えて無理で飛躍した戦略であり、欲張りで自信過剰で時期尚早な目標設定である。結局、その急所の弱点をマスコミに衝かれまくり、反共攻撃の雨に防戦に回る選挙となってしまった。戦略の設計ミスである。次からは市民連合のお膳立ては不要だ。


なぜ立憲民主は比例議席を減らしたのか - 昨年の「合流新党」が大失敗だった_c0315619_14560254.png一昨日(2日)、山口二郎が発した市民連合離脱の声明を目にし、ようやく、6年前からのしばき隊運動の惰性的延長に一つのピリオドが打たれた感を得た。市民連合は中野晃一が中心になって押し進めた政治工作で、SEALDs運動と同時並行でトラックを回して立ち上げた政治機関である。安保法制の機を巧みに利用した共産党の党利党略の一手だった。二大政党制の展望を失った落ち目の民主党に抱きつき、嘗ての不倶戴天の敵とペアを成し、徐々に蜜月関係を深め、小選挙区を共に戦う恒久的な政治ブロックを作ることが目的だった。公明党を見倣った生き残り作戦だった。市民連合立ち上げの構成団体にSEALDsが入っている。SEALDs運動における中野晃一の役割については喋々するまでもない。まさに黒幕。オルガナイザーでありプロデューサー。すなわち、しばき隊運動の派生物の一つが市民連合であり、その政治的産物が「野党共闘」だった。その市民連合から山口二郎が脱けるということは、共産党主導のプラットフォームから代表的で中立表象の顔役が去り、立憲民主党の今後の関与が怪しくなったことを意味する。野党第一党の参加と共同が見通せなくなった。


なぜ立憲民主は比例議席を減らしたのか - 昨年の「合流新党」が大失敗だった_c0315619_17115932.png代表選の成り行き次第だが、新代表の下馬評が上がっている面々の内面を想像すれば、市民連合には否定的に出てくる図が想定される。さて、中野晃一は、山口二郎に対するツイートで、まるでさっさとやめちまえと唾を吐くような対応に出ている。目上で業界の重鎮である山口二郎に対してこの非礼な態度には驚くが、どうやら両者の間には積み重なる齟齬と軋轢の経緯があるように推察される。嘗ての社会党と共産党の暗闘史の相似形なのだろうか。組織の事務局運営を仕切っているのはオレたち(共産党・しばき隊)だから、あんたがやめても痛くも痒くもなく、若いジェンダーを入れて活力を改善するよと、そのように言いたげに聞こえる。最後に、あらためて掲題の設問に戻り、今稿の要点をシンプルに繰り返そう。枝野幸男の立憲民主党は比例票を減らしたのではない。比例議席を減らしたのであり、合流新党の戦略判断が誤りだったのだ。もう一つ。結果論のたらればだが、小選挙区で自民党を倒す野党の選挙戦略は、すべて小沢一郎の野性の仕切りに任せればよかった。形式を重視するお公家さんの学者に委ねず。お公家さんは責任をとらない。負けても山口二郎が大学教授職を失業するわけではない。政党は生き死にがかかっている。


なぜ立憲民主は比例議席を減らしたのか - 昨年の「合流新党」が大失敗だった_c0315619_14401796.png
なぜ立憲民主は比例議席を減らしたのか - 昨年の「合流新党」が大失敗だった_c0315619_14402666.png
なぜ立憲民主は比例議席を減らしたのか - 昨年の「合流新党」が大失敗だった_c0315619_14403592.png
なぜ立憲民主は比例議席を減らしたのか - 昨年の「合流新党」が大失敗だった_c0315619_14404447.png
なぜ立憲民主は比例議席を減らしたのか - 昨年の「合流新党」が大失敗だった_c0315619_14411422.png
なぜ立憲民主は比例議席を減らしたのか - 昨年の「合流新党」が大失敗だった_c0315619_14414794.png
なぜ立憲民主は比例議席を減らしたのか - 昨年の「合流新党」が大失敗だった_c0315619_14480085.png
なぜ立憲民主は比例議席を減らしたのか - 昨年の「合流新党」が大失敗だった_c0315619_14423462.png
なぜ立憲民主は比例議席を減らしたのか - 昨年の「合流新党」が大失敗だった_c0315619_14424698.png
なぜ立憲民主は比例議席を減らしたのか - 昨年の「合流新党」が大失敗だった_c0315619_14532758.png
なぜ立憲民主は比例議席を減らしたのか - 昨年の「合流新党」が大失敗だった_c0315619_14502671.png

by yoniumuhibi | 2021-11-04 23:30 | Comments(1)
Commented by 成田 at 2021-11-05 22:47 x
そのとおりです。まさに私が感じていたことと同じです。
枝野はかつて旧民主党をメチャクチャにした右派のゴミ議員どもを引き受けて、一体何をしたかったのでしょうか?
政治思想を純化させたリベラル勢力を結集して、自民党を葬り去るはずだったのに右派議員を入れたせいで、有権者の失望を買い、比例で議席を減らしてしまいました。
野党共闘をやめるなんてとんでもない話です。立憲民主党がやるべきことは獅子身中の虫である旧民主党右派のパージです。このままでは参院選も奴らのせいで負けてしまいます。


カウンターとメール

最新のコメント

前回選挙の広報誌で共産党..
by 輪ゴム at 16:32
欧米の植民地支配からアジ..
by 北海道人 at 11:09
アジア太平洋戦争は日中戦..
by 長坂 at 21:35
小説として、面白いですよ..
by 長坂 at 11:03
宇沢:日本は完全に植民地..
by ひばり at 11:40
アメリカだって韓国だって..
by 長坂 at 09:34
経済同友会の一部が、卒業..
by 柴山 at 02:05
逢坂か西村に勝ってもらわ..
by カッパ at 16:20
枝野幸男は「国民が怒り出..
by 平和 at 08:29
大阪では大阪母子医療セン..
by サン at 10:42

Twitter

以前の記事

2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング