人気ブログランキング | 話題のタグを見る

立憲民主党の中で何が起きているのか - ウィズコロナへの変節の危惧

立憲民主党の中で何が起きているのか - ウィズコロナへの変節の危惧_c0315619_15203310.png立憲民主党はなぜコロナ対策でメイクセンスな動き方をしないのか。国民の前で、野党の方が国民の命を守る上で確かな力があることを説得し証明しようとしないのか。そのことが不思議で、一体、立憲民主党の中で何が起きているのか探索を試みることにした。このところ、自民党総裁選のマスコミでの露出が過剰で、バランスを配慮してやろうというエクスキューズの対処から、枝野幸男の活動もテレビ報道で紹介される機会が多い。その度に、何か政策を並べたボードを手にして訴えている。衆院選で訴える政策カタログをPRしている。カタログを提示して、これこれを実現するから政権交代させてくれと要請している。意気は伝わるが、何かピント外れの感覚を受けざるを得ない。違うと思う。われわれ国民がいま野党に求めているのは、政権交代の魅力をアピールする公約目録の予告やその説明ではないのだ。セールストークではなく、約束手形の口上ではないのだ。コロナ対策で具体的に動きを作ってくれることである。国民が求める方向に行政を動かす実践だ。コロナ対策で実績を作る行動である。



立憲民主党の中で何が起きているのか - ウィズコロナへの変節の危惧_c0315619_15205120.png自民党はワクチン一本足の棄民政策だから何もやらない。そのことは国民はよく理解している。「野戦病院」も建たないし、大規模PCR検査の実施もない。国民が求めているコロナ対策の中身を、野党が主導して実現することは可能だし、具体的にどう動けばよいかはアイディアを縷々述べてきた。ひなた動画の直後に都庁に押しかけて小池百合子と直談判する絵を作るという提案もそうだし、第5波を検証・総括する第三者委員会を立ち上げるという一計も出した。それを実行すれば、必ずマスコミは注目する。世論は歓迎して後押しする。行政を動かす成果を出せる。国会を開かなくてもやろうと思えばやれることは多くあり、コロナ対策で国民の期待に応え、国民から評価と支持を得る方法は幾らでもある。むしろ、選挙を前に野党がやらなくてはいけないのは、コロナ対策での熱意と実力を国民に示して納得させることであり、コロナ対策では野党の方が自民党よりも上だと優越性を確信させることである。野党にコロナ対策を任せようと判断してもらうことだ。口先の総花的なカタログ商法に熱を入れても意味はない。


立憲民主党の中で何が起きているのか - ウィズコロナへの変節の危惧_c0315619_15405786.png果たして、立憲民主党の中で何が起きているのか。立憲民主党のコロナ対策本部の本部長は逢坂誠二である。一年前、国民民主党との合同劇が片づき、政調会長に泉健太が就いた後、マスコミに出なくなった。HPを確認すると、立憲民主党のサイトにコロナ対策本部の実体がない事実に気づく。「立憲民主党コロナ対策本部」で検索をかけると、「タグ」という検索結果が出力され、アリバイ的な活動情報が陳列表示される仕組みになっている。党の公式HPに、コロナ対策本部の物理的な所在とアカウンタビリティ窓口がない。SNSアカウントもない。普通に考えて、信じられないことだ。国民にとって切実な命の問題であり、何よりも優先される政治課題であり、来たるべき総選挙で第一の争点となるアジェンダなのに。立憲民主党のコロナ対策が弱い、不十分だと常日頃感じていたが、内実はこのとおりで、実務する党機関が実体不明になっている。その影響か、政策を紹介するドキュメントも、6月に出した「zeroコロナ」戦略(改訂版)で止まったままアップデートがない。7月以降の第5波の経過と進行の中で、党が何をどう整理して政策提言したかが散漫でよく掴めない。


立憲民主党の中で何が起きているのか - ウィズコロナへの変節の危惧_c0315619_15211763.png9月10日に枝野幸男が党のコロナ対策の緊急提言を発表し、テレビ報道でも軽く触れられていたが、さほど印象に残る中身とは言えない。平板なカタログのリストである。印象に残ったのは添付された写真の方で、枝野幸男の背後に泉健太と岡本充功が立っている。この2人が党のコロナ対策の実務責任者だという意味の人事情報が発信されている。逢坂誠二の姿はない。テレビは映さなかったが、写真を見ると、3人の右横に長妻昭が離れてポツンと立っている。何とも象徴的で作為的な絵柄であり、強烈な組織のメッセージが発信されていることが一目瞭然である。干されているのだ。長妻昭は、例の4年前の「枝野立て」の結党の際、代表代行で政調会長を兼務していた党の最高幹部だった。ファウンダーだった。幹事長の福山哲郎に次ぐNo.3の位置にあったと記憶する。そこに長妻昭がいたから立憲民主党らしい創業の図が描かれたし、「枝野立て」の判官贔屓の同情政治を盛り上げる巨大な功労者だったと言えよう。今回、役員一覧を確かめると、ヒラ同然の副代表に降格されていた。副代表は5人いる。その上に代表代行が3人いる。No.3からNo.9へと序列を格下げされていた。

立憲民主党の中で何が起きているのか - ウィズコロナへの変節の危惧_c0315619_15465960.png


立憲民主党の中で何が起きているのか - ウィズコロナへの変節の危惧_c0315619_16114796.pngもう一つ、枝野幸男が看過できないメッセージを発信した場面があり、9月22日に発表した「アベノミクスの検証」のときの写真だ。党の検証委員会の責任者が江田憲司で、報告文書を枝野幸男に手渡すパフォーマンスを撮らせている。これにも愕然とした。脱力させられた。20日の報道1930に枝野幸男が出演した折、「今、党の経済政策はほぼ江田さんに丸投げで任せている」という発言があり、衆院選のマニフェストの経済政策部分を江田憲司が作文している内情の示唆があった。江田憲司は、4年前の希望の党の政変の際は巧みに洞ヶ峠の無所属に逃げ、2年前に立憲民主の会派に加わり、昨年、合流時に代表代行に座っている。経歴をあらためて辿ると、橋本内閣の秘書官で構造改革(橋本行革)の司令塔役を任じ、菅義偉の勧めで政界入りして神奈川8区を地盤とし、さらに渡辺喜美のみんなの党の幹事長に収まり、遂には橋下徹と維新の党の共同代表になって立ち回った男だ。現役の国会議員で、自民党議員を除いて、これほどネオリベ色が濃厚で筋金入りの議員もいないだろう。プロフィール上は、堂々たるネオリベ政治家の代表格である。


立憲民主党の中で何が起きているのか - ウィズコロナへの変節の危惧_c0315619_15301016.pngその江田憲司に、アベノミクスの検証と批判をさせ、選挙の宣伝として「新自由主義からの脱却」をアピールするなどと、へそが茶を沸かす噴飯とはまさにこのことで、笑止千万で話にならない。有権者を愚弄するにも程がある。呆れた倒錯と茶番だ。当の本人の江田憲司が、その欺瞞と逸脱に苦笑する気分を抑えられないのだろう。写真の顔がニタニタ笑っている。「改革」政治屋の人生でここまで来た江田憲司の「ネオリベ批判」に較べたら、まだ宏池会のブランドを背負った岸田文雄の「脱ネオリベ」の方が信憑性を滲ませられるというものだ。いずれにせよ、どうやら、今度の衆院選は、今井尚哉が「新自由主義からの転換」の作文を書き、江田憲司が「新自由主義からの脱却」の作文を書き、二人の元経産官僚が国民を騙して釣る作文競争を演じる展開になるようで、今から憂鬱な気分にさせられる。枝野幸男は、こんな陳腐で面妖な政治の絵を国民に見せて、支持のポイントを上げられると本気で思っているのだろうか。枝野幸男のセンスの無さを痛感するし、合流の中身のグロテスクに鼻白む。立憲民主党は、いつまで経ってもネオリベを清算できない。


立憲民主党の中で何が起きているのか - ウィズコロナへの変節の危惧_c0315619_16135310.png清算できないだけでなく、表面上の言説とは裏腹に、むしろ枝野幸男の腹の中は党をネオリベ路線に接近させようと目論んでいるのではないか。そう猜疑させられる。われわれは冷静に党を観察するべきだろう。マーケティングの権威で碩学の故村田昭治は、「人事こそ最大の戦略である」と講義で語った。枝野幸男の立憲民主党の戦略は、この4年間の人事の足跡を見れば明確に意図が分かる。合流までの3年間の人事の特徴は、福山哲郎や安住淳ら凌雲会の一握りのお仲間で一切を仕切る独裁手法だと言われた。合流後は、そこに前原誠司の子分格だった泉健太を加え、「改革」エンスージアストの江田憲司を置き、右寄りの幹部を揃えて党中枢を構成するに至っている。執行部から排除されたのは、長妻昭であり、逢坂誠二であり、リベラル系のイメージが強い、本来の立憲民主党らしさを漂わせたキャラクターだ。偶然ではあるまい。人事を媒介しているのはイデオロギーだという見方を否めない。すなわち、村田昭治の言葉に従って憶測をめぐらせば、枝野幸男が熱弁している「政権交代」の正体が、やはり前原誠司と同じ「自民党B」の内意ではないかという疑念を拭うことができない。


立憲民主党の中で何が起きているのか - ウィズコロナへの変節の危惧_c0315619_15452173.png懸念される点は、今夏までは党のコロナ対策の基本として堅持してきた「ゼロコロナ」の方針を、選挙を機に枝野幸男が変えるのではないかという問題である。9月に入って、各方面から立憲民主党の「ゼロコロナ」に対して罵倒と嘲笑の攻撃が向けられている。総裁選のキャンペーンを通じて、自民党は「ウィズコロナ」のプロパガンダを執拗かつ大量にシャワーし、「ゼロコロナ」は無理で実現不可能な政策だと否定してきた。NHKなどマスコミがそれに追随・加勢し、「ウィズコロナ」「コロナとの共存」こそ唯一で普遍的な指針だと国民を洗脳し続けている。ワクチン接種の進捗と共に、第5波の収束と共に、「ウィズコロナ」のドグマを正当化して押し固める動きが急に強くなった。NHKの強引な報道姿勢の裏を読むと、「ウィズコロナ」の折伏工作の発信源すなわち指示元が、米国CIAであろうという見当が自ずと浮かぶ。深読みではあるが、「陰謀論」と一蹴できない問題だろう。世界で、「ゼロコロナ」の推進で成功しているのが中国とNZで、「ウィズコロナ」の路線で突破を模索しているのが米国や英国だからであり、属国の日本が中国と同じ方向を選択するのは具合が悪いという論理が想定される。日本も協調して、ワクチン打ちまくって「ウィズコロナ」のレッセフェールで行けという指導命令なのだ。


立憲民主党の変節を危惧する。「ウィズコロナ」とは、感染波の度に「自宅療養中死亡」で庶民が何百人と命を落とすネオリベの政策系だからである。働いて国民皆保険を支えてきた善良な国民が棄民される。入院して治療を受けることができない。8日に発表された市民連合の「野党共通政策の提言」の中にも、実は「ゼロコロナ」の文言がない。消されている。共産党まで含めて、野党は「ゼロコロナ」を棄てるのだろうか。


立憲民主党の中で何が起きているのか - ウィズコロナへの変節の危惧_c0315619_15394066.png
立憲民主党の中で何が起きているのか - ウィズコロナへの変節の危惧_c0315619_15394908.png
立憲民主党の中で何が起きているのか - ウィズコロナへの変節の危惧_c0315619_15311608.png
立憲民主党の中で何が起きているのか - ウィズコロナへの変節の危惧_c0315619_15314053.png
立憲民主党の中で何が起きているのか - ウィズコロナへの変節の危惧_c0315619_15314990.png
立憲民主党の中で何が起きているのか - ウィズコロナへの変節の危惧_c0315619_15320977.png
立憲民主党の中で何が起きているのか - ウィズコロナへの変節の危惧_c0315619_15321734.png

by yoniumuhibi | 2021-09-24 23:30 | Comments(0)


カウンターとメール

最新のコメント

小説として、面白いですよ..
by 長坂 at 11:03
宇沢:日本は完全に植民地..
by ひばり at 11:40
アメリカだって韓国だって..
by 長坂 at 09:34
経済同友会の一部が、卒業..
by 柴山 at 02:05
逢坂か西村に勝ってもらわ..
by カッパ at 16:20
枝野幸男は「国民が怒り出..
by 平和 at 08:29
大阪では大阪母子医療セン..
by サン at 10:42
大阪の維新は、そもそも都..
by H.A. at 22:18
女性候補といえば、茨城6..
by ほしの at 14:05
LGBTの方々に全く偏見..
by いい時代を再生してよドラえもん at 21:50

Twitter

以前の記事

2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング