人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ひなた在宅クリニックの報告動画の弁証法 – むせび泣く憲法25条

ひなた在宅クリニックの報告動画の弁証法 – むせび泣く憲法25条_c0315619_14040364.png予想したとおり、24日以降、ひなた在宅クリニックの往診活動はテレビで報道されなくなった。おそらく、今後一度も紹介されることはないだろう。菅義偉の差配による。25日夜に菅義偉が言ったところの「自宅療養者への体制作り」の意味は、田代和馬をテレビ画面から抹殺するという意味だ。ひなた在宅クリニックが提示した映像は、先週(8/16-21)のテレビのコロナ報道で最も注目を集めた主役だった。同じ動画が素材としてNHKで使われ、テレ朝(報ステとモーニングショー)で使われ、TBS(報道特集)で横並びで使われていた。刻々を撮影したのはテレビ局のクルーではなくクリニックのスタッフだろう(ただ、カメラがプロフェッショナルで、若干謎が残る)。テレビ各局が横一列で田代和馬の映像を放送したのには理由がある。簡単に言えば国策だ。大本営報道であり、内閣官房コロナ対策推進室がマスコミに手配し、意図的目的的に国民に視聴させたものだ。そうでなければ、民間人の記録動画を、横一列で一斉に、あれほど丁寧に注力して、キー局が報道番組に活用する進行はあり得ない。その目的は二つある。 



ひなた在宅クリニックの報告動画の弁証法 – むせび泣く憲法25条_c0315619_14043044.png一つは、自宅療養になってもこんな感じで訪問ドクターが診療してくれますよ、大丈夫ですから安心して下さいねという、政府・保健行政当局からのメッセージの発信だ。慰撫工作である。7月下旬以降、デルタ株の猛威によって感染爆発が進む中、自宅療養者と入院調整待機を合わせた数が、東京だけで1万、2万と激増し、感染した者はほぼ全て(上級を例外に)自宅療養措置となった。菅義偉が、分科会に諮らず「中等症も原則自宅療養」を決めて発表したのは、8月2日のことだ。この「原則自宅療養」の政策決定に合わせて、政府が押し出したのが、ひなたのような在宅の医療機関の活動で、訪問ドクターがサポートするから入院できなくても自宅で安心ですよと、そう国民を騙して信じ込ませるプロパガンダがテレビを使って精力的に始まった。増える自宅療養のコロナ患者への対応は、玉川徹などがずっと訴えている「野戦病院」の設置が正しく、患者も医師・看護師も治療薬も設備も集中して効率的に当たるのが感染症対策として妥当な方法だ。が、菅義偉はその対策を採りたくなかった。


ひなた在宅クリニックの報告動画の弁証法 – むせび泣く憲法25条_c0315619_14044218.png感染して重症化した者は自宅で死んでもらうという、自己責任論が菅義偉の政策思想の神髄であるため、「野戦病院」で多くの命を救うという公共主義的な社会政策は忌み嫌うのだ。そのため、訪問ドクターの対応を積極表象化して前面に出し、自宅療養者へのケアはこれで万全であるかのような共同幻想の演出と訴求に努めた。そこで、訪問ドクターが活躍する絵を見せようとして、東京都福祉保健局を通じて、田代和馬の動画撮影を支援し、それの登用と推進を図ったのだろうと想像する。 二つ目の目的は、田代和馬の動画を災害アラートとして使うということで、自宅療養になったらこんな悲惨な目に遭うぞ、地獄の苦痛と悶絶だぞと知らしめようとしたのだろう。こうなりたくなかったら自分で感染を防げというメッセージの通告であり、恐怖を刷り込む材料として散布したのだ。政府や専門家がいくら口先で警戒を唱えても、現在は全く効果が上がらず、東京の繁華街の人出が減らないため、テレビ報道で分かりやすい「恐い絵」を撒いて視聴者を戦慄させ、世間大衆の危機感を高め、行動変容を促そうと図ったものと推察される。


ひなた在宅クリニックの報告動画の弁証法 – むせび泣く憲法25条_c0315619_14050243.pngだから、ひなた在宅クリニックの映像は何度も繰り返し使われた。局を超えて同じ動画がオンエアされた。国民への教育効果を狙う国家(マスコミ機関を含む統治機構)の意図が透けて見えた。そこに政府当局の思惑と手筈があることは明白だった。だが、そこから一つの誤算というか、政府にとって計算違いの脱線があり、動画報告の制作者である田代和馬が常識人で、まともな感性と理性を持った医者だったため、動画の中に、小池百合子批判や政府批判の呟きが含まれていたのである。それは全く素直な感想で、普通の国民の感じ方と同じく、すなわち、行政の無責任や政治家の無神経を咎める一言だったが、オンエアされれば、政府や都の無策無能を責める国民の声の代弁になる。専門家による異議と暴露になる。庶民は棄民されてこんな酷い目に遭っているというプロテストに転化し、告発の証拠になる。実際、動画の意味はそのように変わった。政府を批判する国民の武器に変わった。内閣府コロナ対策推進室と、菅義偉の直の子分であるテレビ局報道部長の意図を超えて。動画の性格がかく転換したため、慌てて菅義偉は放送を中止し、田代和馬をテレビから排除した。


ひなた在宅クリニックの報告動画の弁証法 – むせび泣く憲法25条_c0315619_14051448.png田代和馬は、全部で20人もの中等症患者を担当していて、そのうち、報ステに出た55歳の男性のように凄絶に落命する例があったり、TBS報道特集に出た80歳の男性のように見捨てられて死ぬ例があるのだろう。東京都のコロナの死亡者は1日に10人ほどである。果たして、あの55歳の男性は、東京都の8月22日のコロナ死亡者の中に含まれているのだろうか。糖尿病との合併症だったため、コロナ死亡者の数をなるべく低く抑えたい都の姑息な操作によって、別の死因に計上されている可能性はないだろうか。想像しなければならないことは、しかし、毎日10人がコロナで死に、重症病床がその分空き、空いたベッドに誰かが入っているという事実だ。誰かが人工呼吸器やエクモにありつけて、救命治療の幸運を得ている現実がある。その判断と選択の部分は見えない。インビジブル・ハンドである。大きな病院の院長が絡み、保健所長が関与し、都保健福祉局の課長や局長が介在し、場合によっては都知事が口利きしているのだろうが、運良く救われた患者のケースは紹介されない。われわれに見せられるのは、病床を断られた庶民のケースである。カネ(資産)とコネ(人脈)のない者の運命だ。


ひなた在宅クリニックの報告動画の弁証法 – むせび泣く憲法25条_c0315619_14234480.pngその見える不幸な弱者の部分を、ひなた在宅クリニックの田代和馬が担当している。田代和馬が電話する先は、大きな3次救急病院の担当医だったり、区の保健所の課長だったりする。それは全部断られる。100件電話して全て拒絶される。3次救急病院の主任医は、院長と相談しているのだろう。運び込まないと合併症で死にます、まだ55歳ですと。だが、院長には特別な別件の懇請も入っているのだ。上の方から。カネとコネの方面から。そして、命の選別がされるのだ。病院の経営にとって、どちらがプラスでマイナスかの観点と基準で。その部分は見えない。誰が救われたかは見えない。誰が救われなかったかは見せられる。粗末で質素なアパートに住む者が、自分と同じ生活臭のする庶民が、トリアージでアバンドンのフラグが立つ。私は、今回の田代和馬の報告動画は、今年のジャーナリズム大賞を取るべきだと思う。感動させられた。何かを思い出した。そうだ。15年前のNHKの『ワーキングプア』である。まともだった頃のNHKの渾身の快作。同じ感動を覚えた。突きつけられたのは、25条の問題である。田代和馬は、コロナ自宅療養の実態をありのまま伝えようとしただけだが、期せずして25条の壮絶なジャーナリズムになった。


むせび泣く憲法25条。嗚咽と哀愁の25条。「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」。25条のドラマとレポートというのは、いつの時代も不変で、どこまでも人の心を打つものだと思う。そこには命の尊厳というテーマがある。人間の平等という価値がある。涙を流しながら、人はその理想の地平を見る。理想と足下との距離を測って噛みしめる。
 


ひなた在宅クリニックの報告動画の弁証法 – むせび泣く憲法25条_c0315619_14344565.png
ひなた在宅クリニックの報告動画の弁証法 – むせび泣く憲法25条_c0315619_14345850.png
ひなた在宅クリニックの報告動画の弁証法 – むせび泣く憲法25条_c0315619_14063642.png
ひなた在宅クリニックの報告動画の弁証法 – むせび泣く憲法25条_c0315619_14060209.png
ひなた在宅クリニックの報告動画の弁証法 – むせび泣く憲法25条_c0315619_14061608.png
ひなた在宅クリニックの報告動画の弁証法 – むせび泣く憲法25条_c0315619_14062638.png
ひなた在宅クリニックの報告動画の弁証法 – むせび泣く憲法25条_c0315619_14065008.png
ひなた在宅クリニックの報告動画の弁証法 – むせび泣く憲法25条_c0315619_14071450.png
ひなた在宅クリニックの報告動画の弁証法 – むせび泣く憲法25条_c0315619_14072912.png
ひなた在宅クリニックの報告動画の弁証法 – むせび泣く憲法25条_c0315619_14073994.png
ひなた在宅クリニックの報告動画の弁証法 – むせび泣く憲法25条_c0315619_14074832.png
ひなた在宅クリニックの報告動画の弁証法 – むせび泣く憲法25条_c0315619_14122713.png

by yoniumuhibi | 2021-08-27 23:30 | Comments(1)
Commented by コスモス at 2021-08-28 12:46 x
福井の野戦病院から始まり、大阪も野戦病院を作るという。維新のやることだから杜撰だろうと予想できるが、それでも総選挙を前にして動くのがふつうである。不毛な権力闘争に明け暮れている自民党と何もしない小池百合子が、おかしいとしか言いようがない。
一足早く学校が再開した札幌では、学級閉鎖が続出している。行動制限なしに、コロナがとまることはないのに、リーダーが機能していない。そのリーダーは、「就任以来ずっとコロナのことを考えてきた、自分のコロナ対策はよくやっている、明かりが見えている」。もう誰の話も聞かず、和泉秘書官ともコミュニケーションがとれていないようだ。
今日も、20代の弟さんがワクチンを打った後急死したという方をSNSで見かけた。なぜ健康な20代の方が、急死しなくてはいけないのか?副反応など起こらない、デマだと言い放った河野太郎を許せない。
副反応でまだ半年も経っていないのに1000人亡くなる、これこそ大災害でなくてなんであろうか?


カウンターとメール

最新のコメント

小説として、面白いですよ..
by 長坂 at 11:03
宇沢:日本は完全に植民地..
by ひばり at 11:40
アメリカだって韓国だって..
by 長坂 at 09:34
経済同友会の一部が、卒業..
by 柴山 at 02:05
逢坂か西村に勝ってもらわ..
by カッパ at 16:20
枝野幸男は「国民が怒り出..
by 平和 at 08:29
大阪では大阪母子医療セン..
by サン at 10:42
大阪の維新は、そもそも都..
by H.A. at 22:18
女性候補といえば、茨城6..
by ほしの at 14:05
LGBTの方々に全く偏見..
by いい時代を再生してよドラえもん at 21:50

Twitter

以前の記事

2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング