人気ブログランキング | 話題のタグを見る

上位互換としての社会主義 – 中国共産党と日本共産党は膝詰めで話し合え

上位互換としての社会主義 – 中国共産党と日本共産党は膝詰めで話し合え_c0315619_15571716.jpg中国はソフトパワーを持てるか。持てるとすればそれは何かという問題を設定し、そのコンセプトは社会主義であるという答えを出した。今、価値観(イデオロギー)の戦いを強いられ、リベラルデモクラシーを推戴する欧米の攻勢を受け、包囲され孤立化している中国は、自己の思想的正当性と普遍性を定立(テーゼ)させ、確信を持って対抗しなければならない。自分たちの理想と目標は何で、どのようなアソシエーションをめざしているかを定義し、理論武装し、説得的な言葉で発信して、世界の人々から納得と共感を得る努力をする必要がある。社会主義はどういう意味でリベラルデモクラシーに対抗できるのか。リベラルデモクラシーを相対化し、包摂し、超克し、優越するイデーとなり得るのか。価値観(イデオロギー)の普遍性の競争で勝つことができるのか。対置するアイディアはあるのか。その概念設計と理論的証明を試みようと、肩に力を入れて準備していたら、思わぬところで先に志位和夫が簡単な言葉で説明していた。中央公論の7月号でこう言っている。



私たちのめざす社会主義・共産主義は、資本主義のもとで獲得した価値あるものを全て引き継いで発展させる。後退させるものは何一つないということです。例えば労働時間短縮など暮らしを守るルールは、全部引き継いで発展させる。日本国憲法のもとでの自由と民主主義の諸制度も、全て豊かに発展的に引き継いでいく。せっかく社会主義になっても資本主義より窮屈でさみしい社会になったら意味がないわけです。


上位互換としての社会主義 – 中国共産党と日本共産党は膝詰めで話し合え_c0315619_16100418.jpgこの言説がキーポイントである。私の仕事は、この志位和夫の命題にシンボリックな標語を付けることだ。電通のコピーライターの役割をすることである。すなわち、「上位互換としての社会主義」。このフレーズなら分かりやすく、誰もが頷けるコンセプトになるだろう。上位互換という言葉はITの世界で使われてきた概念で、先行して市場に出された下位の機種で動くソフト・ハードの資産が、新しく出された上位の製品でもそのまま利用できるという機能仕様の意味である。64ビット版のOS(Win10)上で、32ビット(Win7)版で開発されたアプリケーションがそのまま動作するとか、USB4.0のインタフェースでUSB3.0以下に規格対応した周辺機器がそのまま接続して使えるとか、そういう意味である。最近あまり耳にする機会が減ったが、ITの汎用製品の世界では昔から重要な技術用語で、市場的にもきわめて重要な要素だった。このIT業界で使われている言葉を、そのまま借用して、価値観(イデオロギー)の世界に導入したい。嘗て丸山真男が、音楽の専門用語である「執拗低音」を思想史の方法概念として援用し、見事に成功させたことがあった。


上位互換としての社会主義 – 中国共産党と日本共産党は膝詰めで話し合え_c0315619_15583949.jpg丸山真男は、「執拗低音」の概念を思想史の方法に使ったことを自ら解説したとき、あのマルクス先生も建築世界の用語を社会科学の方法に援用したではないかと言い、僕も同じことをしたまでだと諧謔的に釈明していた。『経済学批判』の序文で示された 土台・上部構造 の基本概念のことである。私も浅学非才の身ながら、尊敬するマルクス先生と丸山真男先生の態度を見倣って、その方法の極意を模倣したいと思う。アイディアとして「上位互換としての社会主義」というコピーは分かりやすく、社会主義の理念の本来性と普遍性をよく表現する言葉だろう。上位互換だから包摂の契機がある。超克と優越の契機がある。齟齬や断絶はない。互換性が確保されているということは、主要先進国で達成されている自由と民主主義の制度保障の内実が、そのまま社会的に実現して機能しているということだ。志位和夫の簡潔な説明のとおりである。この理想モデルを中国に当て嵌めて、具体的な姿はどうなるかというと、私のイメージでは、胡錦濤時代の一国二制の香港のあり方を、大連や深圳に移植して実験し、続いて天津や広州に移植し、時間をかけて慎重に全土に展開するという図式になる。


上位互換としての社会主義 – 中国共産党と日本共産党は膝詰めで話し合え_c0315619_16072367.jpgマルクスレーニン主義の政治体制、すなわち人民民主主義と呼ばれた政治体制を基礎づけるプロレタリア独裁の原理は、もともと、マルクスの『ゴータ綱領批判』でも過渡的なシステムと位置づけられたものだった。過渡的と言う以上、その先に本来的で理想的な未来があるという時間軸が措定され、現行の政治統治は臨時の仮住まいだという相対化された位置づけになる。が、現在の中国の政治体制は、「中国の特色ある」の側面を強調することで、中国の現体制を固定化し絶対化する方向に導いていて、過渡的というプロ独のいわば神髄が忘れられている。日本は、ノーマンとGHQニューディーラーズが戦後民主革命を遂行してくれたおかげで、志位和夫が言うような「発達した資本主義国」の所与を得、基礎を得て、そこから社会主義の理想をめざす地平に立った。中国は、遅れた半封建的土台を共産党が人民革命し、プロ独権力を握ったものの、そこには欺瞞と暗黒のスターリンモデルの設計図しかなく、指導者毛沢東が無知無教養な英雄フェチだったために、大いなる茨の道を回り道して鄧小平の改革開放に行き着いた。中国には中国の前提があり所与がある。今の政治体制は過渡期のものだ。


上位互換としての社会主義 – 中国共産党と日本共産党は膝詰めで話し合え_c0315619_16012236.jpg論が飛躍して恐縮だが、私は、中国共産党と日本共産党が膝を交えて話し合えばよいと思う。日本共産党が共産党の名を冠している間に、同志としての関係で言葉を共有できる間に、相互に忌憚なく論じ合い、価値観(イデオロギー)の問題を真摯に討論してブレイクスルーを見つけることを提案したい。この二党は長く複雑な歴史経過があり、骨肉の近親憎悪があり、仲直りしたかと思ったらまた反目して、今は絶交同然となっている。最近では、日本共産党は、中国共産党を共産党の名に値しないと全否定している。不幸なことだ。嘗ての中ソの共産党もこんな不信と憎悪の関係だった。互いを異端と決めつけて悪罵し、絶交し、我こそ正統とふんぞり返って威張り、自分の子分になる共産党を近所に探して手を回していた。丸山真男の『闇斎学と闇斎学派』を想起させられる。中国共産党を共産党と認めないという主張は言い過ぎだろう。増長はよくない。社会主義の表象を、絶望的で宿命的な貧困と停滞から脱却させたのは中国の功績である。マルクスが描いた、資本主義を超える生産力の高みという夢へ向けて、現実に挑戦し疾駆しているのは中国だ。中国共産党と鄧小平に対して失礼な言い草である。


上位互換としての社会主義 – 中国共産党と日本共産党は膝詰めで話し合え_c0315619_16264665.jpg中国共産党にとっても日本共産党は重要な存在である。重要すぎるほど重要なパートナーだ。胡錦濤は、自己の政治思想と信条を「科学的社会主義」の語で定義した。これほど決定的な一事はあるまい。日本共産党から学ぶ姿勢を持っていたのであり、鄧小平以下が日本経済から学んで中国経済を再生発展させたように、共産党の指導理論も日本共産党から謙虚に学ぼうとしたのである。画期的なことだ。すなわち、当然、胡錦濤の中に、あの博物館的なマルクスレーニン主義の範疇では今後やっていけないという意識と動機があったことが窺える。胡錦濤の政治が続いていれば、中国と日本の共産党は蜜月が続き、理論面でも交流と好影響の相互循環関係が続いていたものと想像する。残念なことに、中国共産党は先進的な社会主義の模索から離れて、滑稽で空疎で粗悪な毛沢東主義に戻り、日本共産党はマルクス主義を捨てて脱構築主義の政党(しばき隊党)に転身する兆候を見せている。もう一度、胡錦濤と志位和夫が北京で対談した13年前に戻ってもらいたいものだ。お互いに、自分たちが社会主義者であり、東アジアに社会主義の理想を建設しようとする同志である立場を再確認してもらいたい。


上位互換としての社会主義 – 中国共産党と日本共産党は膝詰めで話し合え_c0315619_16280722.jpg日本と中国の共産党が胸襟を開いて率直に話し合い、和解し、友好協力し、次の世界をどうデザインするか知恵を出し合うこと。新自由主義を揚棄して地上の人類を解放し、地球の自然環境を保全する運動を決意すること。始祖マルクスの理論を精力的かつ創造的に研究し、また、20世紀の知識人の思惟の所産を発掘し活用して、力を合わせること。そのことが、21世紀の社会主義にコンセプトを与え、展望と活力を与えることに繋がるだろう。今、米国主導の勢力によって中国包囲網が形成されている。西側のマスコミは、これを嘗ての反ファシズム連合軍(大西洋憲章同盟)に擬え、敵である中国をナチスドイツに仕立てて比喩するプロパガンダを敷いている。だが、それは違う。それは巧妙で佞悪なスリ替えの表象工作だ。フェイクだ。真実は、この「民主主義」を看板にした反中包囲網は、日独伊三国防共協定のアナロジーで説明されるべき実体に他ならない。かの防共協定は、ソ連を窒息死させるための国際反共運動の組織化であり、ソ連との戦争準備に入る同盟結成だった。アナロジーのピースを埋めれば、アメリカがヒトラーのドイツであり、英・EUがムッソリーニのイタリアであり、日本が昭和天皇の戦前日本である。


今回の、リベラルデモクラシーの価値観を奉じた反中包囲網の本質は、米E日の反中防共同盟なのだ。過去の防共同盟軍は第2次世界大戦を惹き起こした。新しい防共同盟軍も破滅の戦争を起こすだろう。それを止めなくてはならない。



上位互換としての社会主義 – 中国共産党と日本共産党は膝詰めで話し合え_c0315619_16141405.jpg
上位互換としての社会主義 – 中国共産党と日本共産党は膝詰めで話し合え_c0315619_16142597.jpg
上位互換としての社会主義 – 中国共産党と日本共産党は膝詰めで話し合え_c0315619_15150066.png
上位互換としての社会主義 – 中国共産党と日本共産党は膝詰めで話し合え_c0315619_15151083.png
上位互換としての社会主義 – 中国共産党と日本共産党は膝詰めで話し合え_c0315619_15154295.png
上位互換としての社会主義 – 中国共産党と日本共産党は膝詰めで話し合え_c0315619_15161190.png
上位互換としての社会主義 – 中国共産党と日本共産党は膝詰めで話し合え_c0315619_15162830.png
上位互換としての社会主義 – 中国共産党と日本共産党は膝詰めで話し合え_c0315619_15164982.png
上位互換としての社会主義 – 中国共産党と日本共産党は膝詰めで話し合え_c0315619_15165839.png
上位互換としての社会主義 – 中国共産党と日本共産党は膝詰めで話し合え_c0315619_15171778.png
上位互換としての社会主義 – 中国共産党と日本共産党は膝詰めで話し合え_c0315619_19265477.png

by yoniumuhibi | 2021-06-17 23:30 | Comments(3)
Commented by さくら at 2021-06-17 22:28 x
素晴らしいです。「上位互換としての社会主義」の語に、新自由主義の呪縛を解いて、みんなが豊かである社会を目指す未来への希望を感じました。
Commented by コスモス at 2021-06-18 17:43 x
G7では、バイデン大統領が、米韓会談も最上だったが文大統領がいらしたからG7もうまくいくでしょうと言うと、ボリスが、そうだ、韓国は世界の防疫模範国(コロナ)だからと応じて、文大統領が微笑んだそうです。
文大統領はG7のあとオーストリア、スペインに国賓として招待を受けて訪問。G7会場でも、ドイツ側からの申し出でメルケルと会談しているし、ほかにも会談しているでしょう。写真撮影の間ですらどの首脳とも会話ができず、ボリスにこんにちはと話しかけられても返事もできなかった日本との差に悲しくなるばかり。
G7会場での韓国からの会談申し出を断ってやったとドヤ顔の菅ですが、頭おかしいですね。
中国が日本を相手にするかどうか、今後東アジアのことは中国と韓国で決めていくことになるのではないでしょうか。
あまりの情けなさに、二階さんに出てもらった方がまだマシだったかなと思いました。

菅は去年の今頃、官房長官としてgotoを決めました。失敗しました。今年は五輪です。俺は五輪、総選挙、総裁選へと勝負すんだと言っているようですが、五輪を道具として使うその発想といい、言葉で対抗できません。
日本も、滑稽で空虚で粗悪な「毛沢東」に支配されているようですね。学術文化科学は相当停滞を覚悟しないと。
Commented by アン at 2021-06-21 08:44 x
ブログ主さん、「菅は人気がなく自分の顔では票が入らないのを分かっている」と書かれていますが、俺はガースーと呼ばれてネットでは大人気、令和おじさんとして世間で人気だと、本人は思っていると思います。
選挙で悉く負けていますが、本人はそれを受け止めていないでしょう。負けた選挙は負けた候補者の問題、候補者に問題があった、総選挙では勝てると思っているでしょう。
現状認識に問題がありずれていて、人の話を聞かない人がリーダーですから、いま日本は非常に危ないです。菅が中途半端に存命したら、大変なことになる。なんとか「外圧」で五輪を中止してもらえないか、総選挙では菅退陣に追い込む結果を残さないとと思います。


メールと過去ログ

Twitter

最新のコメント

今こそ「テニスコートの誓..
by 印藤和寛 at 09:18
総裁選で石破さんを倒すた..
by 人情味。 at 09:29
もし山上容疑者が安倍元首..
by 人情味。 at 21:23
杉田水脈なる人物は論評に..
by 住田 at 10:51
あれは15年程前..
by ムラッチー at 11:27
悪夢のような安倍政治から..
by 成田 at 13:03
ハーバード大学で比較宗教..
by まりも at 23:59
重ねて失礼いたします。 ..
by アン at 17:48
安倍晋三のいない世界は大..
by アン at 13:16
今まで、宗教2世の問題に..
by さかき at 10:31

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング