人気ブログランキング | 話題のタグを見る

菅義偉の強情と独善を支えるブレーン3人 – 竹中平蔵、高橋洋一、岡部信彦

菅義偉の強情と独善を支えるブレーン3人 – 竹中平蔵、高橋洋一、岡部信彦_c0315619_15531122.pngNHKに続いて今月の世論調査が発表され、菅義偉のコロナ対策に対する国民の不評と不信が強烈に表れた結果になった。政府のコロナ対応について、共同では71.5%、朝日では67%が「評価しない」と答えている。「菅首相の新型コロナウイルスに取り組む姿勢を信頼できますか」という朝日の質問に対して、「信頼できる」が27%、「信頼できない」が61%という回答になった。この結果は、菅義偉が14日の夜8時からテレビに割り込ませた会見内容に対する国民とマスコミの評価と反応であり、これまでの菅義偉の失策に対する国民の積もり積もった反発が噴出したものだ。菅義偉のコロナ対策を信頼できないとする国民世論は、ほぼ決定的となった感があり、仮に感染状況が今後好転したとしても、菅義偉のコロナ対策への不信は根本的に払拭されないだろう。菅義偉は事あるごとに、何の中身もないのに、NHKの夜のニュースに割り込んで「コロナ対策の政府発表」を宣伝してきた。それは世論調査の支持率を上げるためだった。14日も同様で、週末に世論調査があるから、世論調査対策として行っていたのである。



菅義偉の強情と独善を支えるブレーン3人 – 竹中平蔵、高橋洋一、岡部信彦_c0315619_15532288.png菅義偉と側近の判断として、何でもいいから「コロナ対策」をテレビでアピールしていれば、大衆はバカだから支持率の効果になるという愚民観の政治がある。それを毎度やっていれば、NHKなど太鼓持ちの菅マスコミが必ず持ち上げ報道をするから、中身は空っぽでもやっていればいいという認識がある。NHKのニュースに割り込んで強引に中継させる生放送の私物化は、支持率のメンテナンスが目的だった。安倍晋三の「やってる感」の政治を見倣ったものである。テレビ放送の機会を多く得てリーチを拡大すればするほど、プリファレンスを多く獲得できるという、CMのマーケティングに依拠した政治戦術論が前提にある。総理会見はCM(のつもり)なのだ。が、企業の商品CMでも、ときどき視聴者の不評や不興を招いて逆効果になるものがあり、14日の会見はその思惑外れの結果となった。菅義偉のコロナ対策には何の内実もない。感染を防止抑制する上で有効な施策はなく、それを真面目に追求している姿勢や意思もない。口先だけで、無駄で空疎な言葉の羅列だけだ。「国民の安全と安心を守る」は嘘であり、無意味でダブルシンクの枕詞である。


菅義偉の強情と独善を支えるブレーン3人 – 竹中平蔵、高橋洋一、岡部信彦_c0315619_16074777.pngその本意は、常に「経済を回す」ところにあり、東京五輪を開催して選挙を有利に戦う目的と経路が潜み、「自助・共助・公助」の思想がある。そして、権力者である自分が決定権者でなければ気が済まず、意見の異なる他者がコロナの政治過程で幅を利かすのは我慢できないという、狭猥で独善的で自己中心的な動機と性格がある。これまで菅義偉がやってきた「コロナ対策」で一貫している点は、なるべく緊急事態宣言の発出を遅らせて溜めの時間帯を作ることであり、専門家の提言後に時間を作り、オレが判断してオレが決定するという権力の主導性を徒に誇示するものだった。だから常に、蔓防の効果の様子を見てとか、まず蔓防措置をとか、緊急事態宣言も効果が薄れたからとか言い、感染抑制には科学的に逆効果となる、無駄に時間を遅らせる政府決定を通してきた。自分のヘゲモニーに執着したからである。措置も宣言も、感染対策は全て流行を阻止するために使われるべきものなのに、菅義偉の場合は、医療逼迫が起きてから、医療崩壊が明確になってから、ギリギリの局面で手が打たれる。知事の要請を受けてとか、専門家の提言を受けて素直に動くのがイヤなのだ。科学ではなく権力が基準なのだ。


菅義偉の強情と独善を支えるブレーン3人 – 竹中平蔵、高橋洋一、岡部信彦_c0315619_15540713.pngそうした菅義偉の主観的で独善的な、的外れで後手後手で国民無視のコロナ対策が、何によって媒介されているのか。本人が自らの正当性を確信する根拠は何なのか、素人目には不思議で謎だが、よく見てみるとその意思決定過程の正体に見当をつけることはできる。菅義偉も、誰の助言も得ずにコロナ対策をデシジョンメイクしているわけではないのだ。3人いる。竹中平蔵と高橋洋一と岡部信彦。彼らの意見を聞き、自分の考えを言い、エンドースやリコメンドを受けて、確信を持って官邸会見の場で発言をしているのである。菅義偉からすれば、竹中平蔵は昵懇の同志で偉大な経済学者であり、高橋洋一も霞ヶ関を知り尽くした官僚トップであり、その助言に確信を持てるオーソリティなのだ。菅義偉が決めて打ち出すコロナ対策の一つ一つが、ことごとく反国民的であり、期待外れで、国民に不利益な内容であり、国民の健康と安全を破壊する方向と実質を持ったものとなる理由は、この二人がバックにいることで理解できる。二人はコロナ禍と政府対策を資本の儲けに利用している。分科会の中にも経済学者はいるが、それは必ずしも菅義偉のお気に入りではなく、菅義偉が信を置いている人間ではない。


菅義偉の強情と独善を支えるブレーン3人 – 竹中平蔵、高橋洋一、岡部信彦_c0315619_16130657.png逆に、菅義偉が100%信頼し依拠するような「専門家」を、分科会などの諮問機関に配置することはできないだろう。菅義偉にとっては彼らはお飾りであり、何を提言されても「聞き置く」だけの存在なのだ。「専門家」たちもそれを心得ていて、菅義偉には従順に徹しつつ国民にも媚びを売る。菅義偉の本当の相談相手は、竹中平蔵であり高橋洋一であり岡部明彦である。プライムニュースに何度か岡部信彦が出演するが、なるほどこの男がいるから日本の感染対策はこうなるのだなという因果関係がよく頷ける。まず何より、危機感が欠片もない。この男の認識の基本にあるのは、日本は他の諸国と比べて感染者数も死者数も少なく、コロナ対策に成功している国だという優越感と楽観論であり、それはオレがやったからだという自意識だ。岡部信彦は、日本の1年間の感染対策行政が無策とも無能とも思っておらず、対策に成功してきたと思っている。その立場と観点で、菅義偉と直に向かい合って諮問を受け、菅義偉の(誤った・空っぽな)意思決定にOKを出している。菅義偉のコロナ政策の誤った具体例といえば、誰しもGoToキャンペーンの倒錯を想起するが、おそらくそこにも、竹中平蔵と高橋洋一と岡部信彦が介在しているだろう。


菅義偉のコロナ政治の手法の汚い特徴として、失敗の責任を他になすりつけるという点が顕著に見られる。子飼いのマスコミを使って、小池百合子を罵倒したり牽制したり、尾身茂を牽制したり、医師会を叩いたりということをよくする。国民の批判の矛先をそちらに向けさせる記事を書かせ、テレビで報道させるという佞悪な政治をする。バックに竹中平蔵や高橋洋一がいて、助言を与え、マスコミを操縦していることを想像すると、この佞悪さもなるほどと頷ける。


菅義偉の強情と独善を支えるブレーン3人 – 竹中平蔵、高橋洋一、岡部信彦_c0315619_15542412.png
菅義偉の強情と独善を支えるブレーン3人 – 竹中平蔵、高橋洋一、岡部信彦_c0315619_15543552.png
菅義偉の強情と独善を支えるブレーン3人 – 竹中平蔵、高橋洋一、岡部信彦_c0315619_16134487.png
菅義偉の強情と独善を支えるブレーン3人 – 竹中平蔵、高橋洋一、岡部信彦_c0315619_16135600.png
菅義偉の強情と独善を支えるブレーン3人 – 竹中平蔵、高橋洋一、岡部信彦_c0315619_16145626.png
菅義偉の強情と独善を支えるブレーン3人 – 竹中平蔵、高橋洋一、岡部信彦_c0315619_16171299.png

by yoniumuhibi | 2021-05-19 23:30 | Comments(3)
Commented by あわ at 2021-05-19 20:18 x
今回のご投稿、非常によくわかりました。
金曜日の20時は、私はみませんが、ちこちゃんの番組を楽しみにしているこどもや年寄りが多いので、逆効果です。菅は、自分ががーすーと呼ばれて、人気があると勘違いしていますね。
河野太郎の沖縄への暴言(内容はここに書けないほどひどい、ああいう暴言を吐くのは本人の精神状態がおかしいとしか言えない)、今日は細田が沖縄に対してあからさまに、ブログ主さんが書かれたところのヘゲモニー発言をしました
もう自民党は衆院選や、次の知事選で、沖縄をあきらめたんでしょうか?

ブログ主さんが大阪を嘆かれていますが、神戸もひどいですね。昨日一気に死者120名計上してきました。統計の報告もちゃんとできないのか?神戸の開業医さんが、行政が何もしないので、高齢者施設へサポートに行っている、施設職員やデイサービスに通いで来る利用者が感染し、さらに家族へとどんどん感染が広がっている、行政は陽性者の搬送もしてくれないので、職員の家族の搬送は私が防護服着て行きますと言っておられた。
大阪でも、施設の職員で亡くなられた方が出たようですし、ご冥福をお祈りすることしかできません。
Commented by ハリー at 2021-05-20 18:29 x
医師会の中川会長、先日のパーティー出席は自民党の族議員のですよね。中川会長はじめ日本医師会も褒められたものではありませんが、パーティーを主催した族議員こそ非難されるべきでしょう。この族議員も医師で、医療崩壊しないように自重すべき立場ですよね
中川会長の寿司会食もよくよく聞いてみれば、去年の8月のこと。むしろどうして去年の8月の会食を、今頃報じるんですか?その頃はまだ夜の街といって騒いでいた時期で、会食には今ほどうるさくなかったですから、政治家だって会食しまくっていたのではないですか?飲食店での飲食をうるさく言うようになったのは、去年の冬からです。
前川喜平と女性との関り(奥様も了承していることで全く問題のない内容だった)が報じられた後、当時官房長官だった菅が嬉々として、取り巻きの記者の前で、あんな店に行っていいのかと前川のことをけなしていた。今回も菅が同じ手を使ったのだろう。ブログ主さんの文章を参考に、そう推測した。

山口香は、もう中止決定の時期も過ぎた、もう中止決定もできないと言っていますね。しかし開催の準備もろくにできていないのは明白です。各地で各国が予定していた事前キャンプは軒並み中止です。
そして菅は今になって、五輪を開催しても支持率は上がらなさそうだ、誤算だったなどとふざけたことを言っている。ブログ主さんが書かれている「愚民」観、そもそも自分たちが誤った見方をしているのだから、頓挫するのは当たり前だ。
Commented by 成田 at 2021-05-20 21:06 x
菅義偉の3人のアホな取り巻き連中、特に高橋洋一の言動には今回の一件以前から腹が立って仕方がなかったです。
元官僚の窃盗犯がなぜ参与になっているのでしょうか。
ふざけるなと言いたいです。

さて、台湾のコロナ被害が拡大してますが、これは中台融和のチャンスではないでしょうか。中国はワクチン提供、台湾は「一つの中国」実現に向けた話し合いのテーブルに着くのです。中台の友好と平和統一こそが東アジアの安定と繁栄の基礎になるでしょう。日本にとっても米国が沖縄に駐留する口実を失うので基地負担を軽減する絶好の好機です。


メールと過去ログ

最新のコメント

25年前には、 こんな..
by 前期高齢者 at 18:19
恐れていたことが現実に近..
by 愛読者 at 11:41
重ねて失礼します。 ア..
by コスモス at 21:25
今年くらいからか高等学校..
by コスモス at 21:12
吹田市では18歳と22歳..
by 伊豆うさぎ at 12:23
結局はアメリカのやりたい..
by 庵 at 20:00
 デニソワの捏造報道によ..
by 桃太郎 at 10:34
核心を突く分析,腑に落ち..
by Columbites at 18:29
ロシアのウクライナ侵攻を..
by 人情味。 at 17:43
仰る通りです。 ここま..
by 原因と結果の法則 at 09:13

Twitter

以前の記事

2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング