人気ブログランキング |

台湾有事のシナリオ – 総力戦の戦争から最後まで離脱できない日本

台湾有事のシナリオ – 総力戦の戦争から最後まで離脱できない日本_c0315619_13005194.png4月4日のフジ「日曜報道」に菅義偉が生出演し、その場で対談相手の橋下徹が、台湾有事となった場合は安保法制上の存立危機事態に該当するのではないかと質問、それに対して菅義偉が、仮定の問題について答えるのは控えると明言を避ける場面があった。存立危機事態。6年前の安保法制の政治のとき、何度もテレビ報道で聞かされた言葉だが、そこからしばらく耳にしない時間が過ぎ、すっかり日常からは縁遠い言葉になっていた。あらためて意味を確認すると、「日本が集団的自衛権を使う際の前提条件で、『日本と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより日本の存立が脅かされ、国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある』事態。政府がこの事態に認定したうえで、『他に適当な手段がない』『必要最小限度の実力行使』という要件を満たせば、首相は自衛隊に対し、防衛出動を命令することができる」とある。この場合の「密接な関係にある他国」とは、米国のことである。



台湾有事のシナリオ – 総力戦の戦争から最後まで離脱できない日本_c0315619_13010534.png橋下徹は、この存立危機事態の「密接な関係にある他国」に台湾を含めよと言い、台湾有事に当たって台湾を守るべく自衛隊を出動させよと政府に迫ったわけだが、さすがに法理的に無理があるのか、菅義偉は即答を控えた。が、無論、これは官邸側が事前にシナリオを組んだ上での二人の台詞の朗読と演出であって、台湾有事における自衛隊出動を安保法制で法的に正当化するための地均しであり、世論工作の周到なステップだ。政府内で、どういう手順と口実で自衛隊を出動させるか詰めているという意味であり、すでに具体的に計画が組まれていることを示唆している。いずれ同じ質問が野党議員から国会で発され、国会で論議される進行になるだろう。普通に考えれば、日本と国交のない台湾を日本が防衛する義務などあり得ず、台湾の安全保障のために自衛隊が中国軍と交戦する理由などない。それ以前に、「一つの中国」の原則を認めている日本の立場からすれば、台湾はPRCの領土の一部であり、台湾問題は中国の国内問題である。本来、橋下徹のような質問は論外で、安保法制の諸事態に台湾は適用されず無関係と答えなければならない。


台湾有事のシナリオ – 総力戦の戦争から最後まで離脱できない日本_c0315619_13011476.png菅義偉が慎重発言でかわした狙いは、ここから国民的議論を立ち起こし、「政府の弱腰」を右翼に叩かせて弾みをつけようという魂胆だろう。いつもの手口である。落としどころは基本的に決まっていて、台湾有事で米軍が中国軍と交戦状態になった場合は、それを存立危機事態と判断・認定して自衛隊を戦場に出動させるということだろう。それならば、安保法制の法律解釈上は不都合なく収まる理屈になる。実際には、軍事作戦は計画的に行われるのであり、ある日いきなり米軍と中国軍が軍事衝突する事態が発生するわけではない。米軍がプログラムした台湾有事作戦の指揮命令に従って自衛隊諸部隊が動くのであり、諸部隊がどのような位置づけと役割を負わされるか、いつどこで何をするかは米軍司令部が独断で決めることだ。自衛隊の任務と活用に際して日本の国内法制は関係なく、日本政府の判断は関係ない。介在はない。日本政府は辻褄合わせの詭弁工作を後付けでやるだけだ。台湾有事作戦において、米軍にとって、自衛隊はきわめて重要で有用な同盟国軍の戦力だが、あくまで資源であり、手足であり、独立した司令機能を持った軍隊ではないのである。


台湾有事のシナリオ – 総力戦の戦争から最後まで離脱できない日本_c0315619_13012481.png実はこのポイントが重大で、米日軍(台湾軍+クアッド軍)にとってある種の統帥上の弱点になるのではないかと私は予感する。戦争をする陣営は指揮系統に乱れや隙間があってはいけない。戦争目的や戦略目標が陣営で一致していなくてはならず、内部で齟齬や同床異夢があってはいけない。完全に意思統一できてなくてはならず、すべての部隊が一つの機械になって動かなくてはいけない。内側で相互に疑心暗鬼になる要因を持ってはいけない。まず、今回の戦争目的と戦略目標は何かというと、これは簡単で、最終的にCPC・PRCの体制を崩壊させることである。中国海軍を瞬時に壊滅させ、沿岸の基地を破壊し、司令部を攻撃し、海洋域で活動する中国軍を無力化させ、さらに中国沿岸を海上封鎖し、台湾をめぐっての戦闘継続意思を奪うことである。習近平政権に台湾独立を承認させる講和に持ち込むことだ。当然、南シナ海の中国支配も一気に白紙化する。そこから次に、中国内部での反乱を起こさせ、周辺自治区の分離独立を波状的に仕掛け、共産党支配体制を瓦解と転覆に持って行くことだ。中国に「自由と民主主義」を奉じる親米新政権を樹立することである。


台湾有事のシナリオ – 総力戦の戦争から最後まで離脱できない日本_c0315619_13030964.pngこれが米国の描く台湾有事のグランドデザインであり、米国の戦争目的と軍事目標である。これを達成することで覇権国の地位を守る。CPCの崩壊とPRCの解体が目論まれている。米インド太平洋司令官によって台湾有事は「6年以内」という年限が宣告され、バイデン政権はそのオブジェクティブに向けて全力集中している。トランプ政権からバイデン政権に変わって、18年秋のペンス・ドクトリンは修正されるかもという期待があったが、むしろ国家戦略として強化され具体化されて推進されている。「6年以内」のうち、この1-2年は台湾工作に注力する時期で、中国を国際社会から排除し孤立化させ、「二つの中国」を既成事実化するフェーズだ。その具体的中身は前回の記事で少し書いたが、来年22年にドイツで開かれるG7サミットでは、台湾とウィグルの代表が招待されるだろう。沖縄への中距離核配備も本決まりになって進捗していると思われる。そこまで至れば、いつ戦端が開かれてもおかしくない開戦前夜の情勢になり、双方が自軍に有利な戦略日程を計算する緊迫した局面となるだろう。軍事力で優勢な米軍側にとっては、作戦開始は早いほど有利となり、遅れるほど不利となる。


台湾有事のシナリオ – 総力戦の戦争から最後まで離脱できない日本_c0315619_13143556.png上に書いた米国側勝利のシナリオは、作戦が迅速に進んで中国軍を一気に無力化するパーフェクトな想定である。これが実現する可能性は高い。米国は戦略に長けた国だ。が、もし、どこかで中国軍側の反撃が成功し、戦線が膠着するとか長引く状況になり、米国が方針転換して戦争の縮小に出た場合は、かなり様子が違ってくる。米国は、戦争が泥沼で長期化するとか、兵士の流血犠牲が拡大するとか、米本土が核攻撃されて戦場になるとか、そのような本格的な総力戦の選択をすることが難しい。米国にとっては、軍事作戦はどこまでも地球の裏側の局所的な出来事でなくてはならず、第3次世界大戦であっても、米国民が高みの見物ができる「勝つゲーム」でなくてはならない。その前提を超えた破滅のリスクのある総力戦になると、国内で反戦運動が起きて政権が不安定になる。つまり、これは米国が逃げ腰になる進行の想定だが、こうなる可能性もゼロではない。台湾有事は米国民にとって純粋な防衛戦争ではなく、イデオロギーの戦争に他ならない。自由と民主主義の大義を守る戦争であり、邪悪な共産主義中国を打倒する戦争である。十字軍の遠征戦争だ。国民の士気の面で、中国と米国ではおのずから差が出るだろう。


台湾有事のシナリオ – 総力戦の戦争から最後まで離脱できない日本_c0315619_15005244.png問題は戦争が長引く趨勢になったときで、仮に米国が戦争を縮小して台湾を放棄する判断に至ったとき、日本はどうなるかということである。おそらくこのとき、台湾有事として始まった米中戦争は日中戦争に転化することになる。米国は講和はしない。台湾戦線で挫折しても、負けを認めるような講和はせず、日本と中国との全面戦争に引き込み、日本を防衛する態勢をとりつつ、日本を拠点にした攻勢で中国を消耗させる戦略を組み直すはずだ。日本は、沖縄から始まって国土全域が戦場となるが、この戦争から離脱できない。日本が単独に中国と講和することはできず、日米同盟なる国体に準じて最後まで戦う羽目になる。もともと、ナイ・レポートの第1弾はそういう内容だった。勃興する東アジアの両雄である日本と中国を戦わせ、両方を疲弊させて、両方が台頭する芽を摘み、漁夫の利で米国の繁栄と安定を維持するという戦略だった。豆殻をもって豆を煮る趣旨だった。当時、1990年代半ばの日本は現在とは異なる経済強国で、米国の脅威の存在だったのである。実際に台湾有事の戦争が始まれば、尖閣は全く問題にならないというか、戦場にはならずにスルーされるに違いない。尖閣に戦線が拡大することはない。


台湾海峡での戦闘が即決着して大陸沿岸部が戦場になるか、それとも米軍(クアッド軍)側に挫折が生じて膠着するかだ。膠着して米国が逃げ腰になり、講和もなければ、中国軍は沖縄に作戦を進めて行くだろう。無論、その時点で双方に大量の死傷者が出ていて、第三次世界大戦の様相になっている。最初、自衛隊は台湾島北側の東シナ海に布陣して沖縄米軍基地を守備し、次に、台湾海峡で台湾海軍が劣勢に陥った場合はすぐに正面最前線に向かわされ、中国海空軍と激突する役目を請け負うだろう。最初から最後まで米軍の盾になり、死傷率の高い任務を引き受けさせられるだろう。


台湾有事のシナリオ – 総力戦の戦争から最後まで離脱できない日本_c0315619_14083210.png
台湾有事のシナリオ – 総力戦の戦争から最後まで離脱できない日本_c0315619_14084140.png
台湾有事のシナリオ – 総力戦の戦争から最後まで離脱できない日本_c0315619_14084823.png
台湾有事のシナリオ – 総力戦の戦争から最後まで離脱できない日本_c0315619_14090736.png
台湾有事のシナリオ – 総力戦の戦争から最後まで離脱できない日本_c0315619_14091447.png
台湾有事のシナリオ – 総力戦の戦争から最後まで離脱できない日本_c0315619_14092391.png
台湾有事のシナリオ – 総力戦の戦争から最後まで離脱できない日本_c0315619_14093361.png
台湾有事のシナリオ – 総力戦の戦争から最後まで離脱できない日本_c0315619_14094739.png
台湾有事のシナリオ – 総力戦の戦争から最後まで離脱できない日本_c0315619_15035447.png

by yoniumuhibi | 2021-04-05 23:30 | Comments(3)
Commented by ひばり at 2021-04-05 20:10 x
レコードチャイナに掲載された「台湾海峡戦争は「予想より早い」?インド太平洋戦略の中で日本は協力できるか」との翻訳記事の一節。元記事は独国際放送局ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトであるという。アメリカ軍司令官の口からはっきりと日本に中距離核弾道ミサイルの配備が語られている

アキリーノ司令官が「強固な日米同盟がインド太平洋戦略の基礎」とも述べ、日本が今後米軍と相互運用する弾道ミサイルなどを準備するほか、平時における海上警備や情報収集の上でも日本が重要な役割を担うとしたことを紹介している。

https://www.recordchina.co.jp/b874113-s25-c100-d0193.html
Commented by パックスヤパーナ at 2021-04-07 15:09 x
大半の日本国民の現在の関心事は、いかにコロナワクチンを自分が優先的に接種するかということで、集団的自衛権の問題など、すっぽり頭から抜けてしまっている。しかし台湾有事の勃発に具体的兆候が見えれば、マスコミは中国攻撃モード一色になる。菅はGWにインドを訪問するらしいが、今やインドは中国変わってインド太平洋の覇権を独占する存在にならんと、着々と準備を進めているだろう。菅もおめでたいが、リベラル左翼も共産党も皆おめでたいようだ。30年余前に南沙諸島で一触即発の状態になったことなど、もう誰も覚えていないのではないか。アメリカは自国から離れた地で、アジア人に代理戦争をさせるつもりだろうか。ベトナムと同じ、かつ奴隷であるコロシアムの剣闘士の殺戮競技楽しんでいたローマ帝国市民のように?
Commented by 不来庵 at 2021-04-07 23:31 x
昨年から今年にかけて護衛艦がたてつづけに進水していると報道で知りました。
本来なら東京五輪の後、中国との対決は前政権から想定されていたかも知れません。
米中衝突の際、台湾以上に朝鮮半島が主戦場になる予感がします。陸上部隊を上陸させ侵攻するにも、防衛線を構築するにも地勢的に避けられないのでは?
(どちら側に組しても戦災は避けられず、核を頼りに武装中立、は相手も核武装軍である以上難しいと思われます)
それについて触れられていないのが意外な気がしました。


カウンターとメール

最新のコメント

コロナ禍に、一気に戦争準..
by アン at 09:56
戦争回避に向けて反戦ムー..
by 成田 at 07:28
処理水海洋放出について福..
by まりも at 12:42
子供だったので、おしんは..
by コスモス at 08:08
昨年から今年にかけて護衛..
by 不来庵 at 23:31
ときあたかも、現代のミャ..
by nyckingyo2 at 21:33
大半の日本国民の現在の関..
by パックスヤパーナ at 15:09
レコードチャイナに掲載さ..
by ひばり at 20:10
歴史を紐解くと、どんな超..
by パックスヤパーナ at 19:33
まさにそのとおりで、私が..
by 成田 at 18:15

Twitter

以前の記事

2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング