人気ブログランキング | 話題のタグを見る

検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活

検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活_c0315619_15164458.png震災から10年の節目の年にもかかわらず、原発に関する報道があまりに少なく拍子抜けさせられた。今回、印象に残ったテレビ報道は、(1)事故直後の東電の誤対応の新事実を簡単に伝えた7日のサンデーモーニングと、(2)廃炉について特集した14日のNスペの二つだけだ。通常、震災のメモリアルウィークの報道では、津波災害(三陸)よりも原発事故(福島)の方に比重を置いた特集が多かった。それは、震災が起きた当初からそうで、視聴者一般の関心が原発問題の方が高かったからである。首都圏などに住む多数にとって、より身近で切実な問題だったからだ。計画停電もあった。金町浄水場の放射能検出もあった。節電に努めた。デモの政治もあった。だから、東日本大震災といえば、まずは原発問題に注目するのがマスコミのパターンだったと言える。だが、震災10年の今年の報道では、原発事故よりも津波災害の方が前面に配置されている。原発への関心が低くなり、原発報道がすっかり縮小した感が強い。現在の原発に関する報道のほとんどは、政府広報の垂れ流し - 汚染水の海への放出を地均しするための世論工作 - に過ぎない。



検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活_c0315619_15532416.png今、首都圏住民や国民一般から、当時の放射能汚染の恐怖の記憶が消えてしまっていて、原発に対するアグレッシブな関心が薄れ、東電や原子力村に対する渾身の怒りが失われてしまっている。長く続いた安倍政権の支配の所為で、テレビ報道が完全に官邸に私物化され、原発に対する批判報道が排除されている影響もあるだろうが、それにしても世論の移ろいというか、持続力のない、国民の気分の変化に呆然とさせられる。メモリアルウィークの間、テレビは毎日、面白くも何ともない、空気が流れるような、松本哲哉がルーティンを口パクする、無内容で惰性的なコロナ報道で埋めていた。この10年間、日本人は原発問題で膨大なエネルギーを使ってきたはずだ。原発問題と格闘し、一人一人が人生のコストを費やしてきたはずだ。問題意識を集中させ、知識を得、積極的に意見発信してきたはずだ。多くの日本人が、脱原発を求める立場に賛同していたはずだ。自民党支持の保守派でさえその姿勢が明確だった。それなのに、10年の節目の年の原発認識がこれほどまでに軽く空疎なのかと驚く。喉元過ぎれば熱さ忘れる。日本人の民族的特性に脱力させられる。


検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活_c0315619_15172124.png資料を見ると、現在日本にある原発60基のうち9基が稼働している。川内2基、玄海2基、伊方1基、大飯2基、高浜2基が動いている。事故翌年の12年5月には全基停止を実現したのに、この間の相次ぐ選挙で安倍晋三が圧勝し続けたことによって、政府自民党は西日本の原発を着々と再稼働させることに成功してきた。今では、女川や柏崎刈羽など東日本の原発の再稼働も視野に入る危機的状況になっている。事故から数年間、日本の原発マップは常に報道で取り上げられ、その再稼働問題は国民世論の関心の的だった。今回、テレビ報道で原発マップ一覧を見た記憶がなく、再稼働のステイタスが紹介された記憶がない。震災10年の機会に、各地でどのような再稼働阻止の訴訟が起き、一審二審で判決が出たかが整理されるべきだった。司法判断の流れや規制委の動きが概説されるのではないかと期待したが、そういう特集報道は組まれなかった。東電の事故責任を問う民事刑事の訴訟についても、10年の間に数多くあり、結果や判旨は様々なので、整理が必要だったし、この機会に当事者が出て発言するのを聞きたかった。が、マスコミは訴訟に焦点を当てた報道をしなかった。


検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活_c0315619_15173601.pngこのところ、SDGsのクリーンエネルギーのエバンジェリズムが怒濤の如く社会を席巻し、脱炭素のモメンタムが高まって、石炭LNGによる火力発電が異端化され悪魔化されている。その様子を見て気づかされるのは、日本の支配層がSDGsを錦の御旗にして脱炭素を宣伝する場合、明らかに、その文脈なり底意として原発の復活があるということだ。日本では、じわじわと、SDGsとパリ協定の脱炭素運動を隠れ箕にし口実にしたところの、原発を復活させようとする動きが進んでいる。事故前の、寺島実郎の原子力立国計画の原点に戻そうという策略が蠢いている。その言論攻勢が効を奏しているのか、マスコミはもとより左翼リベラルの方面ですらも、火力の方を原発よりも悪だと規定する判断が横行しているように窺われる。斎藤幸平の『人新世の資本論』の記述でも、そうした首を傾げるエネルギー論の認識になっていた。原発は悪だが、火力(温暖化ガス)はもっと極悪だと位置づけて、化石燃料利用を一掃する方が先だという政策論を立てている。SDGsとパリ協定に影響されて、日本の左翼リベラル全体がその空気感に染まっている。炭素憎しが突出し、原発への嫌悪と拒絶が相対化されている。


検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活_c0315619_15175095.png私には不思議だ。全く理解できない。炭素ガス(石炭LNG)ならば技術で制御することができる。例えば、広瀬隆が推していたGTCCの技術がある。熱効率・発電効率を上げ、限りなく単位発電量当たりのCO2排出量を削減することができる。自動車のエンジンのハイブリッドや低燃費化と同じで、ゼロにすることは無理だが、開発の工夫を重ねて効率を上げることができる。日本人の得意な技術改良の方法だ。左翼リベラルやWEFやグレタは、すべて再生エネ・自然エネに置き換えよという主張なのだろうが、それをすればコストと料金が高くなるし、貧しい途上国にそれを求めるのは酷である。また、風力や太陽光の発電は気象条件に左右される。電力は生産しても貯蔵できない。在庫できない。生産と消費が同時同量の特殊な工業生産物だ。蓄電と搬送の分野で画期的なイノベーションが起きない限り、ベースロード電源という概念は自然エネと対立的に必ず成立する。否定できない。どの国もベースロード電源を必要とする。EUも同じだ。自然エネだけで100%充当することは不可能で、必ず電源ミックスのバランスがある。2019年のEUの電源構成の実績を見ると、自然・再生エネが34.6%で、原発が25.5%で、火力が39.9%である。


検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活_c0315619_15394188.png日本の2019年の電源構成は、自然・再生エネが26.7%、原発が6.5%、火力が75.0%となっている。確かに自然・再生エネの進捗が遅れている点は落第だが、大雑把に内実を言えば、日本は原発の比率を下げた分を火力に回しただけだ。電源構成だけを見て評価するなら、明らかに日本の方がEUより上で優れている。人類にとってまともで正しい発電をしている。原発が絶対悪なのだから。原発と核兵器が絶対悪だ。原子力は人類知で制御できない。13日のNスペでは、福一の廃炉は100年かかるとも300年かかるとも
専門家が真顔で言っていた。10年前に2兆円と見積もっていた廃炉費用は、今は8兆円なのだそうだ。10年後は何十兆円と言っているだろう。EUの原発比率25.5%は高すぎる。地震に直撃されたらどうするのだ。日本が、火力発電が多すぎるからと難癖をつけられて、EUやグレタに頭を下げる必要はないのだ。欧州の人間は、特に社民の左翼リベラルは、35年前のチェルノブイリの恐怖と悲劇を忘れている。チェルノブイリを忘れ、火力叩きに血眼になっている。おかしなことだ。火力と原発と、どちらが先に廃絶しなければいけない悪かが分かっていない。思考が間違っている。おそらく、そこにはWEF(ネオリベ総本山)の手回しがある。


検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活_c0315619_15180760.pngSDGsやWEFによる脱炭素エバンジェリズムが、火力(化石エネ)だけを狙い撃って憎悪の標的とし、相対的に原発の存在を容認する方向に世界の世論を誘導している。そのためか、インド、トルコ、ブラジル、サウジアラビア、UAE、南アフリカなどの新興諸国が、きわめて前のめりに原発建設を推し進め、経済発展に伴って必要となる電力を原発で賄う態勢にシフトした。SDGsの方針が、新興国の原発開発にお墨付きを与える結果になっている。その彼らの原発導入に、核武装という安全保障上の動機が潜んでいる背景は言うまでもない。本来なら、福島の事故を経験した日本の左翼リベラルは、この点を注視し警戒して、国連SDGsに意見具申しなくてはいけないはずだ。エネルギーと環境の問題については、脱炭素だけを目標に掲げるのではなく、脱原発こそを人類の最優先課題とすべきだと言わなくてはいけないはずだ。けれども、政府や右翼に負けず劣らずアメリカべったりな左翼リベラルは、日本は原発の技術と事業を堅持すべしというアメリカの要求に忖度して、CO2叩きにばかりに熱中している。グレタを神様のように崇め、日本もEUに見倣って自然エネにせいとそればかりだ。


われわれは、原発とエネルギーをめぐって熱く議論してきた。大江健三郎が先頭に立って言葉を発し、良心的知識人である小出裕章と広瀬隆が活躍し、いわば世界最先端の脱原発の知恵と文化を模索して築いてきたはずだ。にもかかわらず、それらが何もなかったかのような、何も成果と意義を残してないような、廃墟と空洞だけが残ったような10年後の言論風景になっている。
10年前、放射能禍の恐怖で東京がパニックとなったとき、日本でツイッターの文化と習慣が立ち上がった。今日まで続くこの情報環境を日本人が日常生活の一部にしたのは、福島原発事故を直接の契機とする。それは、テレビが報道するウソを市民が暴露して真相を分析・推理・解明するものだった。それは忽ち支持され、誰もが情報を求めてアカウントを取得して行った。そうした出来事が忘れられている。今や左翼リベラルは脱原発などずっかり飽き忘れ、今度はこっちとばかり脱炭素とジェンダー革命の闘争に血道を上げている。誰も総括をしない。風化させている。


検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活_c0315619_15361329.png
検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活_c0315619_15363264.png
検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活_c0315619_15363906.png
検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活_c0315619_15364631.png
検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活_c0315619_15365372.png
検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活_c0315619_15470524.png
検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活_c0315619_15371050.png
検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活_c0315619_15372240.png
検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活_c0315619_15373041.png
検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活_c0315619_15441099.png
検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活_c0315619_16001518.png
検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活_c0315619_16023381.png
検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活_c0315619_16050863.png
検証と総括がなかった原発事故10年 – SDGs脱炭素を隠れ蓑にした原発復活_c0315619_17204765.png

by yoniumuhibi | 2021-03-15 23:30 | Comments(6)
Commented by さくら at 2021-03-15 22:34 x
人類と自然環境のことを考えれば、CO2よりも放射性廃棄物の方が危険なのは明らかです。火力発電を効率化し、原子力発電を無くす。それが目指すべき方向だと思います。それを言わない「環境運動」は、ほんとうに胡散臭いです。
Commented by マンマ at 2021-03-16 15:25 x
スシローがモーニングショーで言っていた、「安倍政権高官が『悔しいけど玉川さんの言う通り、PCR検査を増やすのが正解だった』と去年の6月に懺悔した」と。この高官はどうやら、検査数を増やせない感染症学界にも、疑念を抱いているようだった。だから安倍政権が退陣するにあたって、PCR検査増を盛り込んでいましたよね。この高官は今井でしょうか?
でも菅は岡部を内閣官房参与に登用し、PCR検査増という提言を反故にした。この提言を反故にした理由はわからない。岡部はじめ感染症学界が盛り返したのか、菅が安倍のやったことを無視したかったのか。
菅は、自分の秘書をしていたこともある財務省の矢野が、脱炭素技術の研究開発を支援する基金に1兆円というペーパーを持ってきたら、こんなんじゃ話にならん、2兆円にしろという。矢野がそれはできませんと言ったら、矢野の持ってきたペーパーを放り投げたと。
なぜ脱炭素技術に2兆円も投入するのかわかりませんが、菅は科学と関係ない次元で滅茶苦茶な政権運営をしています。
Commented by 仙台市民 at 2021-03-16 21:09 x
震災が起こるまで周りには、福島第一、第二は東北電力の所属だと思っていた人が多かったように思います。つまり首都圏の電気をどこで作っていたのかも知らなかったと言うことです。私自身、チェルノブイリの事故後、広瀬隆氏の「東京に原発を!」も読んでいたと言うのに、震度7でも大丈夫、という「安全神話」にまんまと洗脳されたまま、国内にどれだけの原子炉があるのか知らず、20数年を過ごしてしまいました。今、SDGsと言う耳触りの良い言葉と、経済活性化のための原発再稼働が結びつけられていることに、何ともあざとい意図を感じます。日本では地形上、気候上の理由で、自然エネルギーで全ての電力賄うのはもちろん不可能でしょう。しかし原発を稼働させず、バランスの取れたエネルギー供給を具体的にどうすれば良いのか、結論を先延ばしにしていては、もう後が無いですよね。
Commented by さわ at 2021-03-17 09:39 x
宮城県で2月中旬だったか地域限定イートを始めたらあっという間に感染蔓延、1か月も経たずに停止に追い込まれました。変異株の恐ろしさを感じます。
各地で学校クラスターも多発するようになり、こどもに感染しやすい変異株の特徴そのままです。地域によっては検体を独自に解析しているところがありますが、変異株がかなりの割合を占めるようになりました。
ある研究者の試算では、いったん解除すれば政治的に5月くらいまでは再度緊急事態宣言を出せないから、4月は変異株で今までより犠牲が多く出るといいます。
日本の政策はブラジル並ですね。
Commented by アン at 2021-03-17 19:30 x
札幌地裁の武部知子裁判長が涙ながらに同性婚を認めないことを差別的だと言ったそうですが、憲法が制定された時には同性婚という概念まで視野に入っていなかっただけで別に差別してきたわけではありません。夫婦別姓を認めてこなかったこととか、もっと長年にわたる重要な課題はあります。
この前、亀井静香が選択制夫婦別姓の導入を目指す若い夫婦と対談して、日本人は神の子なの、あんたたちのわがままなんて聞いていられないとか、別姓ってことは愛されていないとか、散々な放言でした。よくあれを放送したと思います。
同性婚、SDGsといった目新しい言葉で、長年にわたる関係者の苦闘がわきに追いやられてしまうことがないように願います、この点は貴ブログで書かれていることに賛同します。
Commented by 仙台市民 at 2021-03-18 08:36 x
連続で失礼します。福島原発の計画が決定したのは、昭和40年代前半でしょうか。当時いわき方面で仕事をしていた方に最近話を聞きましたが、原子力は夢のエネルギーで、地域も活性化する!と湧いていたそうです。ちょうど東海村のように、立地予定自治体でも鉄腕アトムがキャラクターとなり、高度成長期にぴったりの明るいイメージだったそうです。実際建設作業に入ると、予定地は海から約30m以上の崖の上だったのに、吸水管などの仰々しい設備が住民に不安感を与えるからと、住宅地からなるべく見えないようにどんどん土地を削って、ついに10mになってしまったとか。これが全ての元凶でした。10mを超える津波など想定されていなかったのでしょう。帰宅困難地域にいらした方々のご苦労には言葉がないし、 トリチウムを含んだ汚染水の海洋放出だけは絶対に避けねばならないと思います


メールと過去ログ

Twitter

最新のコメント

今こそ「テニスコートの誓..
by 印藤和寛 at 09:18
総裁選で石破さんを倒すた..
by 人情味。 at 09:29
もし山上容疑者が安倍元首..
by 人情味。 at 21:23
杉田水脈なる人物は論評に..
by 住田 at 10:51
あれは15年程前..
by ムラッチー at 11:27
悪夢のような安倍政治から..
by 成田 at 13:03
ハーバード大学で比較宗教..
by まりも at 23:59
重ねて失礼いたします。 ..
by アン at 17:48
安倍晋三のいない世界は大..
by アン at 13:16
今まで、宗教2世の問題に..
by さかき at 10:31

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング