人気ブログランキング |

羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝

羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝_c0315619_15271629.png羽生結弦のコメントがいい。感動させられた。26歳の若者の率直な言葉だが、震災10年の日本を代表する素晴らしい式辞であり、まさに日本のリーダーが発する言葉だった。本当にこの言葉で救われた思いがする。ありがとうと感謝したいし、羽生結弦の10年に敬意を表したい。文面はストレートで、即興のオーラルがそのまま字になり文章になったような表現だけれど、中身は練られている。構成と推敲がある。深く深く掘り下げて言葉が紡がれ、心を揺り動かす絶唱の創作になっている。まるで、村上春樹から言葉を受け取っているような、そんな力と響きを感じさせられ、一言一句の珠玉の配置に惹き付けられた。被災した人たちを代表して内外に語る言葉であり、被災した人たちを励まし勇気づける言葉であり、この10年を生きてきた日本人全体を励ます言葉だ。そして、羽生結弦の純粋な精神と個性が滲み出ている。震災から3年目のソチ五輪の金、その4年後の不死鳥が舞い降りて奇跡を演じた平昌の金、それらの絵柄が思い起こされ、この言葉と一つに溶けて感動の余韻になる。これはまさに震災十年の賦だ。魂魄のモニュメントだ。



羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝_c0315619_14271367.png賦とは、古代中国の韻文の文体の一つで、詩と散文の中間に位置する形式である。歌謡する詩ではなく、朗誦される賦。羽生結弦のこのメッセージがなかったら、震災10年は本当にさまにならなかった。無内容で格好がつかなかった。11日は午後から政府主催の十周年追悼式があり、国立劇場から中継されていたが、全く見る気がしなかった。視聴しても気分を害して苛立っただけだろう。過去の追悼式は何度も見た。明仁天皇がどういう言葉を述べるか注目されたからであり、天皇皇后二人の刻々の挙措と併せて生中継の映像は見逃せないものだった。明仁天皇の言葉には被災地の弱者への徹底した思いやりがあり、行き届かず遅漏を続ける政府の復興行政に対する批判があった。今の天皇にはそれが微塵もない。「寄り添い」の言葉は過剰に口にするけれど、心は全然伴っていない。今の天皇が寄り添っているのは、被災して傷ついた国民ではなく、隣に立っている雅子皇后である。今回の「おことば」では、「皇后と共に」を三度も繰り返したそうだ。異常なほどの皇后への忖度であり、「おことば」は皇后への寄り添いを誓うもので、被災地など眼中にないことが分かる。


羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝_c0315619_14335046.png現天皇が寄り添っているのは現皇后と政府で、被災地に二人が出かけた絵でも、被災者が寄り添われるのではなく、現皇后が被災者から寄り添いを受け励ましを受けている。主客転倒の「寄り添い」の政治が現出する。現天皇がどれほど「寄り添い」を口にしても、その中身を成す主体性や指導性を持ち合わせておらず、「寄り添い」は無意味な空語にしか響かない。カリスマの器量を持たぬ者が国民への「寄り添い」を演じても、それは噴飯で空疎なママゴトにしかならない。「修身 斉家 治国 平天下」とはよく言ったもので、この四つのフェーズには順番と階層があり、前段の契機が後段の基礎となり前提となる君子論の構成となっている。斉家が不能な者は君子にはなれない。斉家すら満足にできぬ者に指導者の資質を認めることは許されぬ。何十年経っても斉家がおぼつかない未熟者には、憲法が定めた象徴天皇制を担い司る資格はないのだ。この国の主権者である国民は、そのことをはっきり宣告する必要があるだろう。家族への寄り添いが第一なら、天皇の職を辞任して専念すればよく、誰も引き留めはしない。皇嗣が代わりをやればよい(皇嗣も斉家に不安があって悩ましいが)。


羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝_c0315619_14591914.png総理大臣は何を言ったかというと、何とバイデンと一緒に共同声明を出し、「両国はこれからもかけがえのない『トモダチ』として、被災者を支援し、(略)より良い未来の実現のため、手を携えて前進していく」とメッセージを発した。追悼の日に日米で共同声明を出したことが過去にあっただろうか。翌12日には日米豪印のクアッド首脳会議を設定していて、その前座興行の位置づけにしている。わが国にとって神聖な3月11日を出汁にして、対米従属を強化する政治を行っている。さらに、在NY日本総領事がニューヨークタイムズに全面広告を出し、震災での米国の支援に感謝の意を表するという媚態までやっている。属国の態度そのものだ。思い出せば、震災復興の名目の予算で、文科省だったか、米国の大学生を大量に日本観光に招待して遊興させるという件があり、マスコミで槍玉に上げられたことがあった。震災の日であれ何であれ、天皇は皇后に忖度して寄り添うことに躍起だが、日本政府はアメリカに忖度して寄り添うことのみに懸命で、他のことは眼中にない。日米同盟を限りなく強化し、米国への隷従隷属を極限まで深め、中国との戦争の準備に血眼になっている。


羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝_c0315619_14562387.png日本は震災からの復興に失敗した。32兆円とも37兆円とも言われる巨費を注ぎ込んで、10年かけて復興に失敗し、被災地の人口を2割減3割減という絶望的な過疎状態に追い込んだ。原発事故の収束の問題は別にして、宮城・岩手の三陸地方に限って見ても、完全に復興に失敗している。巨額の税金を無駄にして、被災地を人の住まぬゴーストタウンに都市整備した。ゼネコン土木事業の壮大な墓場空間にした。こんな「復興事業」の歴史を作ったのは日本だけだろう。08年の四川大地震も死者行方不明者8万7000人の大災害だったが、10年後に復興が失敗したとかの報は特に聞かず、被災地から人口が大量流出してゴーストタウンの造成地が残ったという話は聞かない。中国も日本と同じく人口減の悩みを持つ国だが、四川省の諸都市が過疎化したという悲報には未だ接さない。日本の東日本大震災の復興事業の「理念」は、単なる災害からの復旧に止まらず「活力ある日本の再生」を図るとか、「日本のあるべき未来」のモデル作りをするとかを謳っていたが、現実には日本の無能と衰滅のモデルを作って見せる帰結に終わった。中国は四川大地震の惨禍と悲劇の後、10年間で国全体のGDPを3倍に伸ばしている。


羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝_c0315619_15050550.png16年と17年にハリケーンに襲われたハイチ、ドミニカ共和国、プエルトリコの被害実態については、概要すらもよく分からないが、一国の規模からすれば、日本の東日本大震災に匹敵するかそれ以上の大災害だったに違いない。カリブ海の諸国は貧しい貧しい小国で、日本のように復興予算を何十兆円と注ぎ込める余裕などない。おそらく、今でも被災地は荒廃したままで、トランプのアメリカが薄情に見捨てて放置した経緯もあって、インフラ復旧もままならない深刻な状況だろうと想像される。彼らの目から見て、32兆円でピカピカの廃墟と堤防を築いた日本の復興事業はどう映るだろう。悲しく恥ずかしくて世界の人々の前に立てない心境になる。そうした絶望的な気分の中で、羽生結弦が言葉を発してくれた。誰もが共感できる、日本人の心を一つにする、リーダーの言葉を投擲してくれた。それを聞き、そうなのだと頷き、真実を思い返すことができる。被災からの立ち直りは、一人一人が苦しみの中で懸命にやっているのだ。羽生結弦のように頑張ってきた人々が無数にいて、地上の星の輝きと煌めきとなり、それが他の多くの人々の心を支えてきたのだ。そのあまたの物語の散在と集積こそが、この10年間の日本の財産なのであり、世界に誇れる達成なのだ。それらはきっと、これから災害に遭う世界の多くの人々を勇気づける力になるだろう。


日本のソフトパワーというか、世界から信頼や支持を得る根拠となる力となるだろう。些か主観主義的な感想かもしれないが、そのような意味の捉え直しと希望と確信へ導いてくれた、若き英雄の羽生結弦に感謝したい。



羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝_c0315619_15531971.png
羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝_c0315619_15595722.png
羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝_c0315619_20591507.png
羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝_c0315619_15305575.png
羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝_c0315619_15310299.jpg
羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝_c0315619_15402222.png
羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝_c0315619_15403017.png
羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝_c0315619_15403864.png
羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝_c0315619_15504753.png
羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝_c0315619_15495437.png
羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝_c0315619_15480763.png
羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝_c0315619_20271298.png
羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝_c0315619_15481934.png
羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝_c0315619_20242481.png
羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝_c0315619_20243213.png

by yoniumuhibi | 2021-03-12 23:30 | Comments(4)
Commented by カプリコン at 2021-03-13 19:27 x
岩手県の復興教育もお粗末なものです。
復興副読本を作り、そうでなくても道徳教育や外国語が教科化になりカリキュラムが窮屈になっているのにも関わらず、
「復興教育は岩手の教育の要」の一点張りで、実戦を報告しろ、しっかり教育課程に位置付けろ、と負担だけ強います。

今年度は、コロナの影響で、岩手県の小学校の修学旅行は沿岸地域を組み入れたプログムで行っている学校が多かったようです。
震災で人の姿がどんどん少なくなっている実態を見て、子供たちに教える【復興】ってどういうことを指すのでしょうか?
沿岸被災地だけではないです。岩手県の学校はどんどん統合が進んでいます。児童数の減少にも歯止めがかかりません。
分校を作って教育を国土全体に行き渡らようとした明治政府の方がよっぽど国の未来を考えていたと思います。


『羽生結弦の震災十年の賦 – 若き日本のリーダーの言葉に感動と尊敬と感謝』
良い記事ありがとうございます。私は趣味がピアノですので彼のプログラムの中で好きなのは『ショパンバラード第1番』です。
憧れの曲です。記事のアップありがとうございました。
Commented by 成田 at 2021-03-13 21:03 x
今の天皇は戦争も知らず、特権階級として生まれ育った輩です。皇后に至っては公務をサボってたニートです。
そんな連中が国民の塗炭の苦しみなんてわかるわけないですよ。
日本は天皇制を廃止して、民主制にするべきです。君主制なんて野蛮な制度を残してるのは世界でもわずかな国です。中国では辛亥革命後に廃止してますし、朝鮮半島は民主化されました。
天皇制が日本の民主化を阻害している一つの原因だと思ってます。
Commented by コスモス at 2021-03-14 10:26 x
もう打つ手がないから、変異株が蔓延し始めているのに緊急事態宣言を解除するといいます。怒りはありますが、このブログを1年読んできた私にはこうなるだろうなと予想できたことでもあります。
菅のことだから、またgoto再開するんでしょう。もう、地方では、その地域限定のイートやっていて、安倍晋三みたいな教養のない小金持ちが、お得だからと外食しまくっています。
ブログ主さんが、春には変異株が蔓延するのではと書かれていましたが、順調にそうなるでしょう。
Commented by リリー at 2021-03-14 11:53 x
柳美里の『JR上野駅公園口』がアメリカで高く評価された。日本では2013年、五輪招致が決まる前に出版されていた作品です。
日本の出版界は、芸能人に文学賞をとらせて劣化しているが、アメリカはきちんと日本のことを見ている。さすがだ。

昨年東大の総長選の顛末がニュース記事でも出ていたが、総長退任にあたって、東大の広報がまるで北朝鮮の将軍様を礼賛するかのような総長退任記事を出している。東大も、人材登用がおかしくなっているのだろうなと思う。組織が変だと、広報にも妙な人間が登用されて、妙な事やりだすんですよ。
台湾のオードリー・タン大臣のように、きちんとした人がきちんとした仕事をしていれば、そういうことはあり得ない。

大学でいえば東大はともかく、京大の変質は残念です。文化的に困難な時代、柳美里の圧倒的な偉業、そしてそれを評価したのがアメリカなこと、アメリカで評価されたから日本人が柳美里の作品を読み始めた事実が、今の時代を的確に表しています。


カウンターとメール

最新のコメント

ファイザーが日本に輸出し..
by コスモス at 20:52
アメリカについての危惧を..
by アン at 11:45
中国はインドに人工呼吸器..
by つばめ at 15:43
昨日の選挙では、豊岡市長..
by コスモス at 10:49
インドの病院では酸素が枯..
by tomura at 10:59
中国在住日本人が、中国の..
by つばめ at 09:54
先ほどの投稿に連投になっ..
by サー at 10:22
ファイザーCEOは、菅に..
by サー at 08:22
>>菅首相はファイザー社..
by サー at 12:20
バイデン大統領はいま家族..
by jun at 08:17

Twitter

以前の記事

2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング