人気ブログランキング | 話題のタグを見る

グレアム・アリソンの『米中戦争前夜』 - 「己を知る」視点の欠如と脱炭素競争

グレアム・アリソンの『米中戦争前夜』 - 「己を知る」視点の欠如と脱炭素競争_c0315619_12590221.png敵を知り己を知れば百戦危うからず。アリソンは著書の中で何度かこの孫子の兵法を引用していて、この格言に従ってアメリカは対中戦略を立案すべしと説いている。だが、本の中身を読むと、中国の台頭については偏見なく科学的な視線で捉えているものの、アメリカの内部事情や今後については正確で十分な認識ができていない。この点がアリソンの分析と立論の欠点であり、政策提言を根本的に誤らせる原因となっていると思われる。もし、アリソンに「己を知る」謙虚な理解力と判断力があれば、ジョージ・ケナンの封じ込め政策を持ち上げてそれを対中戦略に再適用せよなどと言うはずがないし、ソ連との冷戦のサクセスストーリーを対中国新戦略のコンセプトに基礎づけるなどという愚を犯すはずがない。『米中戦争前夜』の第1章で、アリソンは中国の経済発展と技術力を説明し、すでにアメリカ凌ぐスーパーパワーを持っていると指摘、経済と技術の比較ではアメリカが劣後している事実を素直に認めている。にもかかわらず、結論として導くのは冷戦戦略の再現であり、50年前の米ソ対決の構図の設定と踏襲というアナクロなのだ。



グレアム・アリソンの『米中戦争前夜』 - 「己を知る」視点の欠如と脱炭素競争_c0315619_12585002.png台頭する中国の力を認めながら、アリソンは中国に対してアメリカは冷戦戦略で臨むべしと言い、パワーゲームで優位に立てると展望している。具体的な提言を示すときには、アリソン自身がケナンの思考と発想に憑依していて、黄金期で絶頂期だったアメリカを前提する主観的立場になっている。クリントン政権で国防次官補だった当時の、超大国アメリカの自意識のままで、対中戦略を構想するということをやっている。中国に対する観察は正確だが、自分自身(アメリカ)に対する考察は弱く、そこにリアルで慎重な内省がない。アメリカが深刻な病理に陥っているという自覚がなく、国力が決定的に衰えているという認識がない。この本をアリソンが書いていたときはトランプ政権前期で、まさに分断が問題になっていたときだった。トランプは民主主義の理念や価値などに関心のない独裁志向の政治家で、金正恩のような専制君主の振る舞いを欲望していたかの如きだったが、アメリカの半分の国民は熱狂的に支持していた。ソ連と冷戦を戦っていたときの、健全な中産階級が支配的だったアメリカではなく、無一文の移民が渡ってきて夢を追いかけられるアメリカでは最早ない。


グレアム・アリソンの『米中戦争前夜』 - 「己を知る」視点の欠如と脱炭素競争_c0315619_12591919.pngアリソンから見て、コロナ禍の対応の米中の彼我はどうだろう。これこそが国力の差だ。感染者数が世界で最も多い国がアメリカで、インドやブラジルやロシアよりも多い。1年間を通じてそうで、アメリカはコロナ禍を抑えることができなかった。全く無力だった。インドやブラジルやロシアが感染者が多いというのは分かる。国の公衆衛生の発達水準やら、国民生活の清潔度やら、社会の規律遵守のレベルなどから、未だ先進国の範疇に入らない彼らの状況はよく想像でき納得できることだ。しかし、それらの国々を凌いでアメリカが世界最悪というのはどうしてだろう。ブラジルやロシアよりも感染対策が不能なのはなぜなのか。各国のコロナとの戦いとその結果は、指導者と政府の能力を示す答案用紙と採点結果そのものであり、国民の結束力や忍耐力を測るベンチマークである。どこの国が最も成功したのか。言うまでもなく中国だ。武漢の感染封じ込めのオペレーションは素晴らしかった。児玉龍彦が絶賛していた。中国には圧倒的な科学技術力があり、パンデミックに打ち克つ財力がある。感染症と戦う国民のエートスがある。


グレアム・アリソンの『米中戦争前夜』 - 「己を知る」視点の欠如と脱炭素競争_c0315619_13040749.png中国は途上国にマスクや防護服など医療物資の支援もした。アメリカはどうかというと、他国が発注したN95マスクを強引に横取りして不興を買う始末だった。それが米中の現実である。アフリカの途上国などから見て、コロナ禍という人類全体の危機を前にしての、米国と中国はどう評価され、今後についてどういう観測と予見を持つことだろうか。パンデミックはこれからも起きる。国連SDGsが掲げた「ミレニアム開発目標」には、大きく8つの目標が掲げられていて、「貧困と飢餓の撲滅」とか、「普遍的な初等教育の達成」とか、「ジェンダー平等の推進」とかと並んで、6番目に「HIV/エイズ、マラリア、その他の疾病の蔓延防止」が据えられている。パンデミックの脅威から人類全体を守り、特に低開発の貧しい諸国の人々を守ることは、豊かな国々の使命であり責務だろう。今回、中国こそ優等生であり、世界一の実力を示した。さて、果たして、次のパンデミックが襲来したとき、アメリカはその克服に成功することができるだろうか。中国と台湾と韓国は、嘗てのSARSやMARSの経験を教訓にして、今回は世界のお手本となる対策を講じ得た。アメリカはそれが可能だろうか。


グレアム・アリソンの『米中戦争前夜』 - 「己を知る」視点の欠如と脱炭素競争_c0315619_12593562.pngパンデミック対策での中国とアメリカの力の差は歴然だと断定できるが、私は、二度目のパンデミックもアメリカは防疫に失敗するだろうと予感する。SDGsの8目標の一つである感染症問題で、アメリカは中国に負けた。能力がなく、優位を譲った。この事実を確認した上で、もう一つ、中国がアメリカに力の差を見せつける新たな局面があるだろうと私は予想する。それは、地球温暖化の問題であり、温室効果ガス削減のスピードとパフォーマンスの競争においてである。二酸化炭素排出量の国別比率の統計を調べると、この15年ほどの推移を掴めるが、中国がアメリカを抜いて1位になっている。この2大国はCO2削減に後ろ向きな国で、とりわけ中国は世界からの批判を無視して石炭を燃やし、CO2を出しまくって大気を汚してきた。電力需要の手当てを優先させ、経済を回すために環境を犠牲にしてきた。日本や韓国は大きな迷惑を蒙ってきた。が、その中国が俄に態度と方針を変え、昨年、習近平が2060年までに温室効果ガスゼロを目指すと表明、パリ協定の目標実現に向けて取り組みを加速させている。国際社会でのプレゼンス向上を企図して、パリ協定の優等生になるべく舵を切り始めた。注目すべき転換だ。


グレアム・アリソンの『米中戦争前夜』 - 「己を知る」視点の欠如と脱炭素競争_c0315619_13001763.png昨年11月、2025年の国内新車販売台数で「新エネルギー車」の販売比率を20%にすると、中国政府が野心的な目標を掲げてEVシフトの流れを作ったのも、習近平の環境政策の新方針に沿ったものだろう。中国には再生エネの技術開発力があり、再生エネ発電の実績も着々と上げている。太陽光パネルの生産量は圧倒的に世界一で、風力タービンの生産量でも上位10社のうち5社を中国企業が占めている。2019年の電源構成別発電量を見ると、太陽光が3.1%、風力が5.5%の比率を占めている。同じ2019年の日本の電源構成は、風力0.8%、太陽光7.4%で、風力と太陽光を合計した比率では、中国の方がすでに日本を上回っているのだ。現時点で日本よりも再生エネ化が進んでいる。今後、おそらくアメリカも猛烈な勢いで再生エネ化を進めると予想され、中国とアメリカの間で脱炭素化の覇権争いの熾烈なデッドヒートが演じられるに違いない。果たして、競争に勝つのはどちらで、脱炭素化の技術イニシアティブを握るのはどちらだろう。興味深いマッチレースだが、アメリカには若干のハンディキャップがある。それは、オバマが主導して開発したシェール産業と市場であり、その雇用の所与である。簡単にゼロにできない。


一方、中国には国内の石油・ガス産業の足枷がない。国家主導で、勢いよくイノベーションして再生エネの発電コストを下げ、エネルギーの世界市場をリードして行くだろう。途上国を中国の仕様と製品で包摂して行くだろう。パンデミック対策の競争で中国はアメリカに勝った。地球環境問題でも中国がアメリカを凌駕すると思われる。


グレアム・アリソンの『米中戦争前夜』 - 「己を知る」視点の欠如と脱炭素競争_c0315619_13020558.png
グレアム・アリソンの『米中戦争前夜』 - 「己を知る」視点の欠如と脱炭素競争_c0315619_13323479.png
グレアム・アリソンの『米中戦争前夜』 - 「己を知る」視点の欠如と脱炭素競争_c0315619_13301896.png
グレアム・アリソンの『米中戦争前夜』 - 「己を知る」視点の欠如と脱炭素競争_c0315619_13112232.png
グレアム・アリソンの『米中戦争前夜』 - 「己を知る」視点の欠如と脱炭素競争_c0315619_13023833.png
グレアム・アリソンの『米中戦争前夜』 - 「己を知る」視点の欠如と脱炭素競争_c0315619_13024550.png
グレアム・アリソンの『米中戦争前夜』 - 「己を知る」視点の欠如と脱炭素競争_c0315619_13025349.png
グレアム・アリソンの『米中戦争前夜』 - 「己を知る」視点の欠如と脱炭素競争_c0315619_13031852.png
グレアム・アリソンの『米中戦争前夜』 - 「己を知る」視点の欠如と脱炭素競争_c0315619_13032602.png
グレアム・アリソンの『米中戦争前夜』 - 「己を知る」視点の欠如と脱炭素競争_c0315619_14484180.png
グレアム・アリソンの『米中戦争前夜』 - 「己を知る」視点の欠如と脱炭素競争_c0315619_13282902.png

by yoniumuhibi | 2021-02-03 23:30 | Comments(6)
Commented by 成田 at 2021-02-04 12:53 x
仰る通りです。
韓国の文在寅大統領は中国の台頭とアメリカの没落を早くから見抜いて中国寄りにシフトしてます。アメリカの圧力に屈せずに軍事同盟の解消に向かって動いてます。
超大国中国の発展はあきらかなのに日本は没落するアメリカについていく姿勢は無能という他ないです。
さらにはアメリカの尖兵として対中国の軍事同盟クアッドをアメリカ、インド、オーストラリアと結ぼうとしてます。沈没する国々と組んで、隆盛する民主的な中国と対立するというのは日本の滅亡を感じずにはいられません。
将来はチベットやウイグルのように中国の一部になっているのではないでしょうか。
Commented by 長坂 at 2021-02-04 13:32 x
オセロゲームの様に、トランプはオバマの政策をひっくり返し、今度はバイデンがそれを元に戻し更に進める。パイプライン、移民政策、最賃引き上げ、富裕層増税、死刑見直し。今はこの200兆円のコロナ救済法案を一刻も早く通す事!じゃ外交面はどうなるのかと。国務長官ブリンケンの手腕はどう?対イランやイスラエル/パレスチナに関しては鳩外交ぽいが、アジアは第三次オバマ政権って感じか?「pivot to Asia」のカート・キャンベルが戻って来ちゃった事で、又同盟、同盟とうるさくなる。( この人リバランスの人?鳩山降ろしの人?) ただ中国のプレゼンスは10年前とは大違い。アジア諸国にとっては、大事な貿易相手国中国無くして経済回らないから、アメリカのでしゃばりであんまり中国を刺激して欲しくないのが内実だと思う。北朝鮮に関しては元CIAのジュン・パクが交渉に当たるらしいが、この人選を見ただけでオバマ時のように時間だけが過ぎ去り、何も進展しないんじゃないかと既に言われている。
ノーベル平和賞のオバマがイスラム教国相手にドローン攻撃で多くの死傷者を出した様に、民主党も戦争屋だからバイデンだって油断できない。
一方我ら日本は「尖閣は安保マター」「辺野古は唯一の選択肢」と言って貰えば良いわけで、あとは韓国よりいかに多くの寵愛をアメリカ様から受けるか、どっちが早くバイデンに会えるかだものなあ。「中国は大切な隣人、何が何でも友好な関係を続けて行きたい。」って誰も言わないよな〜
Commented by フラン at 2021-02-04 16:29 x
「外苑一帯の土地・施設は『明治神宮』の所有で、そもそもは天皇のために民間の寄付で造営された。おいそれと収益優先の再開発はできません。だから大義に五輪を掲げる必要があったのではないか。」
ゲンダイが2013年に書いた記事ですが、真夏の東京で五輪開催し、熱中症でアスリートや観客が死のうが関係ないと突っ走った結果、コロナにとどめをさされるわけです。コロナは忖度しない、とブログで何度か書かれていますが、その通り。
最近は厚労省が、全国で濃厚接触者の調査を縮小するように指令を出している。かえって蔓延する。菅から指示が出たのか知らんが、バカなことだ。死者数は過去最高を更新中。
広島補選、自民党は勝てると思ってるようだ、ばかげている。
Commented by つばめ at 2021-02-05 16:42 x
習近平が春節に、貴州省を訪問。ミャオ族の村、そのあと貴州省の都市の市場など。市場では迎える側が密状態でしたが、コロナ感染者がいないから別に問題ない。
中国は来年冬季五輪を予定通りにやるだろう。来年の今頃、日本は敗北感でいっぱいのはずだ。
国際線の運航、今はコロナ禍で便数が少ないのだが、夏も増える予定はないようなので、東京五輪は中止なのだろう。中止を発表するのは誰なのか、バッハか、森か、小池か。
東京五輪など市民は望んでいなかったのに、賄賂で強引に誘致。第2次安倍政権の間ずっと東京五輪というまがまがしいものがついてまわった。観光インバウンド、東京五輪という砂上の楼閣が崩れて、日本が現実と向き合うのはこれからだろう。
Commented by アン at 2021-02-05 21:27 x
厚労省2月5日付発表では、「2月3日感染研は、埼玉在住で1月下旬に発症した感染者の検体を解析し、11人のイギリス変異株感染を見つけた」
11人中、10歳以下が6人。同一施設の関係者というから学校クラスターでしょうか。イギリス変異株はこどもが感染しやすいという情報の通りだ。
菅は見かけの感染者数を減らして、緊急事態宣言を解除したくてしょうがない。しかし貴殿が言われるように、変異株で春は地獄だ。これは大変なことになる。
細田氏は、またgotoで旅行飲食始めたら、同じことを繰り返すだけだと苦言を呈している。伊吹氏に至っては「総理は『素直(すなお)にお詫びする』と言っていたが日本語がおかしい。率直(そっちょく)にお詫びする、心からお詫びするが正しい日本語だ。秘書官はちゃんと原稿を書いてあげないと」と京都人らしい嫌味。関東だったら「読み間違えだろ」「漢字も読めないのか」というところだが。
Commented by コスモス at 2021-02-06 13:57 x
移民の話がSNSで出ていましたが。

コロナ前、今から10年ほど前ですが。
ロンドン在住イギリスのNHS国民健康サービスで働く日本人女性が、研修制度でEUの他国へ数か月派遣。
そこでは、イギリスから派遣されてきたのがその日本人女性技術者で、フランスから派遣されてきたのがトルコ系ドイツ人男性(フランスの病院に勤めてる医師)だったそうで。
移民といっても、移民2世3世か、それとも母国で育ったのか、それは外見からではわかりません。

そういう世界の流れと日本は隔絶している。
ただ日本を好きな外国人はいますよね、ファンになってくれている外国人。日本は、治安や衛生環境はいいですし。食べ物もいろいろな食べ物があっておもしろいですけれど、ただ肝心の日本人の食生活は悪くなってますよね。昭和の終わりや平成のはじめくらいまでが、一番食生活がよかった。


メールと過去ログ

Twitter

最新のコメント

今こそ「テニスコートの誓..
by 印藤和寛 at 09:18
総裁選で石破さんを倒すた..
by 人情味。 at 09:29
もし山上容疑者が安倍元首..
by 人情味。 at 21:23
杉田水脈なる人物は論評に..
by 住田 at 10:51
あれは15年程前..
by ムラッチー at 11:27
悪夢のような安倍政治から..
by 成田 at 13:03
ハーバード大学で比較宗教..
by まりも at 23:59
重ねて失礼いたします。 ..
by アン at 17:48
安倍晋三のいない世界は大..
by アン at 13:16
今まで、宗教2世の問題に..
by さかき at 10:31

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング