人気ブログランキング | 話題のタグを見る

なぜマスコミは石原伸晃の病院名を出さないのか - 「上級」身内の論理と沈黙

なぜマスコミは石原伸晃の病院名を出さないのか - 「上級」身内の論理と沈黙_c0315619_13562702.png石原伸晃の問題について全く追及がない。この状況は、23日にブログの記事を上げたときから薄々予想していたが、やはり不安が的中する進行となり、私は憤懣やるかたなく、怒りに悶える中で意識が憔悴している。どのマスコミも、石原伸晃の入院先を明らかにしない。俗ネタとして軽く触って流していて、正面から差別と不平等に切り込むジャーナリズムの対応に出ていない。病院名を出そうとしない。社会問題にもせず、政治問題にもしていない。ちょっとした笑い話程度の醜聞案件で済ましている。まず、小川淳也の国会質疑からだが、見ていて本当に不愉快だった。ガス抜きの儀式だ。この問題を売名と宣伝の材料にしているだけだ。夜のテレビが放送に使うカットを提供しただけだ。その場で質さなければならなかったのは、指定感染症の患者は自由に医療機関にアクセスできず、保健所の指示を仰がないといけない規則であるのに、なぜ石原伸晃は、無症状なのに多数の重症患者を押しのけて入院できているのかという問題である。質疑は厚労大臣に向けられなくてはならず、ルール違反が問われなくてはならなかった。



なぜマスコミは石原伸晃の病院名を出さないのか - 「上級」身内の論理と沈黙_c0315619_13232661.png東京都福祉保健局のコロナ行政の管轄を外れた、法規の枠外の特権的ルートがあり、かかる入院治療が認められているのかどうかという制度と権利の問題である。それを具体的に解き明かす必要があった。当然、厚労大臣(配下の厚労官僚)が実務に即して答えることになる。厚労省はこの件を把握しているかというところから、質疑は設計され、どこまでも法規の論理で、基準の運用を焦点にして、理詰めで政府答弁を追い込んで行かなくてはいけなかった。だが、小川淳也はそれをせず、何やら情緒と不満のエモーショナルな問題に仕立てて、巧妙に国民感情を代弁するような仕草を演出し、菅義偉を叩いて得点を稼いだ芝居にしたのである。表面を撫でただけだった。穏便に幕を引いた。病院名も問わなかった。どの保健所が対応したのかも訊かなかった。具体的な事実内容を詰めず、浅薄に不公平の一般論にして逃がした。石原伸晃も、22日に東京都で感染した1175人の1人なのである。保健所が何らか対応してカウントし、業務で管理した指定感染症患者の1人なのだ。厚労省は、法律が正しく運用されているかどうか末端を監督する義務がある。


なぜマスコミは石原伸晃の病院名を出さないのか - 「上級」身内の論理と沈黙_c0315619_13234204.pngお気づきだろうか。この政治で決定的に重要なポイントを指摘したいが、石原伸晃の差別と不平等の問題について、志位和夫が批判のツイートを上げていない。小池晃が何も揶揄や当擦を言っていない。山添拓が直撃していない。田村智子が論及していない。黙過している。忖度している。22日、先週金曜に事件が報じられた後、週末から今週前半にかけて、日本の政治の最大の関心事は石原伸晃入院問題だった。ネット空間で議論が沸騰したのはこの事件だった。震源地である永田町でも同じだっただろう。だが、共産党の幹部たちは無視し捨象している。左翼の司令塔・羅針盤が静観の構えに出たため、左翼全体が騒然とした峻烈な空気にならず、集中攻撃を浴びせる急所として照準化されず、政治問題化せず、週刊誌のチンケな醜聞の如き脇役の問題になってしまった。共産党が石原伸晃に対して目を瞑って見逃す寛容に出たのはなぜだろうか。それは、お仲間だからである。自分たちがコロナに罹ったとき、肺炎で呼吸困難になっても入院させてもらえない庶民と同じ境遇にはならず、石原伸晃に準ずる「上級」の医療保障を受ける立場にあるからである。つまり特権身分だからだ。


なぜマスコミは石原伸晃の病院名を出さないのか - 「上級」身内の論理と沈黙_c0315619_13363307.pngだから大騒ぎしないのである。共産党の幹部だけではない。ツイッターで活躍している左翼リベラルの著名人たち、フォロワー数とRT数でツイッター言論界をリードし、左翼リベラルのポータル(回覧板)となっている新聞記者とか、大学教授とか、芸能文化人とかが、この問題を等閑するか、深入りせずに静かに傍観している。この問題で世論を牽引する役目を果たしておらず、舌鋒鋭く論陣を張って世論の攻勢を導く先頭に立っていない。そのため、これら大物著名人の発言をフォローして拡散するネット・マスコミが、そうした核心を衝く記事を配信していない。それゆえに、石原伸晃糾弾は、どこまでも匿名の者がぶつぶつ不満を発散するレベルに止まっている。要するに、彼らリベラル著名人もまた、この問題で目立って保健所に睨まれるのが嫌なのだ。すなわち、自身や家族がコロナ患者になった場合は、一般庶民とは異なる対応ルートを確保できる身分なのだろう。「上級」は、決して自民党議員や官僚だけではなく、政治的立場の左右を問わない問題なのだ。今回の問題は、まさに「上級」と「下級」の対立の問題であり、左翼リベラルの「上級」が手抜きして追及を阻害している。


なぜマスコミは石原伸晃の病院名を出さないのか - 「上級」身内の論理と沈黙_c0315619_13471208.png日刊ゲンダイも手ぬるい。22日に事件が発生して以降、3本ほど石原伸晃の件を書いているが、当を得たジャーナリズムの要素が入った記事がない。どれも腑抜けた空疎なものであり、だらだらとアリバイ的に原稿字数を埋めているだけの失望記事だ。石原伸晃を叩けば部数アップになるから、単に大衆の俗情に沿う「不満発散」の口上を並べているだけである。なぜ取材をしないのか。石原伸晃の入院先については、ネットでは具体名が上がっていて、これで確定とばかり都内の病院名が喋々されている。その真偽を、日刊ゲンダイはなぜ電話取材で確認しようとしないのだろう。どこのマスコミも、誰一人その行動に出ない。そのことが信じられない。左翼リベラルは、二言目には、日本は報道の自由度ランキングが世界で何十番目でと言い、恰も政府が権力的に統制して自由を抑圧しているように言う。しばき隊シンパなど左翼大衆は、左翼リベラルの「上級」が垂れるその言葉を素朴に信じ、政府を憎悪の対象にしている。何のことはない。自分で自粛しているだけであり、自縄自縛してサボタージュしているだけである。無能で怠惰なのだ。自分の無能と無気力を棚に上げて、自民党政府に責任転嫁しているだけなのだ。


なぜマスコミは石原伸晃の病院名を出さないのか - 「上級」身内の論理と沈黙_c0315619_13494091.pngテレビでは、先週からずっと、自宅療養中に症状が悪化しないようにするにはどうすればよいかとか、同居家族に感染させないようにするにはどうすればよいかという話が、夜の報道番組で流されている。すべて金太郎飴の同じ内容で、中身のない無駄話で、春の第1波のときにやっていた話と同じだ。役に立たない(政府の)アリバイ話だ。7時からのNHKニュース7、7時半からのTBS報道1930、9時からのNHK-NW9、10時からのテレ朝報ステ、悉く判で押したように同じ内容であり、見飽きた御用学者が出てきて、同じくだらない退屈な話を毎日だらだらやっている。政府広報だ。政府広報で夜の報道番組を埋めている。視聴者が注目する石原伸晃の件は寸毫もなく、また、不幸にも死を余儀なくされた自宅療養者の取材や検証もない。遺族の証言も出ない。どこの保健所の誰が対応したかも絶対に出さない。自宅療養中死亡が当たり前の出来事にされている。事故でも事件でもなく、人災でもなく、行政の過失でも瑕疵でもなく、つまるところ、運の悪かった自己責任になっている。マスコミの誰も、それを不条理として告発する態度に出ず、怒りを催すことがない。テレビ報道がここまで全体主義的で無機質なモノトーンに固められているのは、中国以上ではないか。


中国だったら、民衆がもっと素朴に怒り、強烈な政府批判の声を上げそうな気がする。間もなく事件から一週間になるが、まともな反応というか、評価し納得できる、センスのいい、果敢で即妙な、膝を打つ市民的抵抗は、ネットに上がった一つの風刺マンガ作品だけだった。

なぜマスコミは石原伸晃の病院名を出さないのか - 「上級」身内の論理と沈黙_c0315619_13595656.png
なぜマスコミは石原伸晃の病院名を出さないのか - 「上級」身内の論理と沈黙_c0315619_14000326.png

by yoniumuhibi | 2021-01-27 23:30 | Comments(6)
Commented by ijkl at 2021-01-28 02:14 x
literaによると、その国立大学の病院に、以前に視察していたとのことです。国会議員の権限を使ってのことと揶揄されても仕方ないですね。

https://lite-ra.com/2021/01/post-5773.html
Commented by 愛知 at 2021-01-28 07:39 x
感染症を根絶することは正に人類の悲願と言えるものである(中略)一方、我が国においては、過去にハンセン病、後天性免疫不全症候群等の感染症の患者等に対するいわれのない差別や偏見が存在したという事実を重く受け止め、これを教訓として今後に生かすことが必要である―――感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律の前文から一部抜粋。同法の制定、発効から23年目の今国会。貴下ご指摘の通り、なぜ石原伸晃の入院を法規の論理で理詰めで追及できなかったのか。貴下記事に接し、正月の辺野古新基地建設反対街宣で「自民党から共産党まで同じ」と怒鳴り込まれた車椅子の女子挺身隊訴訟の原告を思い浮かべて。昨日『羽鳥慎一モーニングショー』にリモート出演の井上和香さん。かかりつけクリニックで陽性判明後、保健所とのつながりづらい電話のみで医師の診察を受けられず。よってお薬の処方もされず解熱剤で対応と。換言すれば感染症法違反となる自宅待機者をテレビ、新聞という巨大メディアは自宅療養と読み替え。これでは戦争あるいは戦争に類することを事変と読み替えた戦前戦中のメディアと同じ。いつも乍ら拝読して涙流れるような貴下、正鵠を射たご指摘に感謝いたします。
Commented by つばめ at 2021-01-28 17:36 x
去年のコロナ初期の頃、武漢で一家全員コロナで亡くなるなどありましたが、大阪で、去年12月、一家四人コロナになり、90歳母親、60代娘(糖尿病)が高熱、自宅療養の末亡くなった。娘の夫(60代)、娘の息子(30代)は軽症。
この件で行政は「本人たちが自宅療養を希望した」と言っているようですが、「90歳の人は介護が必要ですか?介護が必要な人が入院されても、世話できませんよ。普段自宅にいるなら、慣れている自宅のほうが安心じゃないですか?」って言って「じゃあ、自宅にします」って言わせて、「本人たちが自宅療養を希望した」と持っていくことは十分あり得ますよね。
和歌山なら全員入院ですから、一家全員入院させますが、大阪では一家全員自宅に放置。一家全員陽性で、一週間くらい療養の末に2人亡くなったわけですから、その間の買い物とかどうしていたんだろうと思いますけど
若い人でも他人事ではないです。SNSで30代男性の闘病記読みましたが、最初は38度の熱で自宅療養していたが、そのうち39度、血中酸素濃度は92まで下がり、嗅覚もなくなり地獄の苦しみ。10日過ぎたところでようやく入院できたが、医者が肺の画像を見て、「あなたこの状態で、よく…」と絶句するほど肺炎が進行していた状態だったと。若かったから何とか10日耐えられたのでしょう。
中国ではPCR陽性のあと、必ずCTで肺をチェックし、医者が全身の状態を見ます。ブログ主さんが、保健所だけでトリアージすることの危険性を述べておられますが、その通り。PCR陽性の後、一度も医者が見ないまま放置しているのは、非常に問題です。保健師と医者では、能力に違いがありますからね。
Commented by かりんと at 2021-01-29 00:38 x
SNSで見たが、福岡では保健所でアビガンを渡すこともあるとか。貴ブログでも、以前に、自宅療養ならアビガンを渡せと書かれていた。
アビガンは簡単な薬ではないので、医師の診察を受けて薬剤師がチェックしてから服用するのが適当だとは思うが、それでも保健所の努力の跡が伺える。それと比べると、神奈川モデルの黒岩阿南岡部は、むしろ意図的に「殺人」しようとしているのであろう。感染者が連日1000人を超えようが、千代田区長選に熱心で選挙カーにまで乗っているあの知事も、人が死のうがなんとも思っていない。
そして「生活保護があるだろ」と国会で言い放った菅。口を開くたびに数字や内容を間違う、口を開くたびに人の反感を買うようなことを言う。
Commented by メイヤー at 2021-01-29 02:32 x
貴SNSで、ファイザーの日本供給のことが書かれていた。それでアストラゼネカから9000万本買うことにして、日本で製造するとニュースで出ていたところ、ドイツはアストラゼネカのワクチンは高齢者にはあまり効き目がないと発表、すぐさまボリス・ジョンソンがラボみたいなところで白いジャンパーみたいなの着た姿で「そんなことはない、あらゆる年齢に効く」と反論。
週刊誌の見出しでワクチン担当は大坪さんらしいですが、大丈夫なんでしょうか

後遺症も非常に深刻のようですね。30代女性が「娘に感染させてしまい…」と自殺された、悲しいことだが、この女性自身も陽性になったようなので、気持ちの落ち込みなど精神的不調によるものではないだろうか
コロナで重症から復帰された梨田氏が秋にテレビで解説した際には、同じ島根のよしみで大野豊氏が加わり、2人体制で解説していた。梨田氏の声はかれていたように感じた。
Commented by あおい at 2021-01-29 14:49 x
インド北部のウッタルプラデーシュ州では、在宅ケアのために無料でイベルメクチンを配布。致死率が低下したと。
昨年の早い時期に、イベルメクチンが非常に治療に効果的で、副作用の心配があるアビガンより、その心配を考慮しなくていいだけいい薬だと目にした記憶がある。大村先生も当初から、使っていただきたいという趣旨のことを言っておられた。
コロナ対応に関する各国政府の対応力ランキング。1位はNZ、最下位はブラジル、日本は45位。こういうランキングは恣意的な面もあるが、日本は国民が頑張って45位であって、実際政府の対応力だけ見ればもっと下。


メールと過去ログ

Twitter

最新のコメント

今こそ「テニスコートの誓..
by 印藤和寛 at 09:18
総裁選で石破さんを倒すた..
by 人情味。 at 09:29
もし山上容疑者が安倍元首..
by 人情味。 at 21:23
杉田水脈なる人物は論評に..
by 住田 at 10:51
あれは15年程前..
by ムラッチー at 11:27
悪夢のような安倍政治から..
by 成田 at 13:03
ハーバード大学で比較宗教..
by まりも at 23:59
重ねて失礼いたします。 ..
by アン at 17:48
安倍晋三のいない世界は大..
by アン at 13:16
今まで、宗教2世の問題に..
by さかき at 10:31

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング