人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本はこれからどんな国になるのか - つぎつぎと思い浮かぶ比喩の3類型

日本はこれからどんな国になるのか - つぎつぎと思い浮かぶ比喩の3類型_c0315619_14375333.png日本はこれからどうなるのか。精密な論証や説得材料の構成は抜きにして、ざっくり比喩の方法で三つのパターンを提示したい。一つ目は、平安時代の日本である。このアナロジーは、実は15年前のブログで試みたことがある。15年前だから大昔だ。したがって、これからどうなるかという将来予想の議論ではなく、日本はこうなりつつあるという現在進行の事態への憂慮と警世の問題提起だった。新自由主義の社会原理を根底から批判する意味で、戦後日本が作ってきた近代市民社会が掘り崩され、古代奴隷制社会の内実へ逆転しつつあるという認識を述べた。今から振り返って、当を得た指摘と考察だと思う。無論、このときは、新自由主義が体制化されてゆく眼前の政治と経済を批判し、そうした悪魔的な不幸の方向に押し流されてはならじと焦燥し、流れを阻止する対抗言論を立ち起こすべく、平安日本のアナロジーを着想して意味を問うたのである。そこから15年経って、今の現実は、当時思っていたよりももっと生々しく、徹底的に妥協なく、非の打ちどころもない平安時代に戻っている。平安期日本がどんな社会だったかの想像に、全く努力や苦労を要さない。




日本はこれからどんな国になるのか - つぎつぎと思い浮かぶ比喩の3類型_c0315619_14381830.png一昨年、池袋での飯塚幸三による卑劣な轢き逃げ事件があり、「上級国民」という新語が立ち上がって人口に膾炙され、キーワードとして確立されるところとなった。今、石原伸晃の特権入院がネットで物議を醸している。会社に長く勤めて社会保険料を払い、年金から健康保険税を収め、保険証を持っているコロナの患者が、医療機関から拒否され、自宅待機を強制されて苦しみ抜き、高熱を伴う重症肺炎で絶命している。石原伸晃は何の症状もないのに入院して治療してもらえる。そのことについて、マスコミは全く問題視せず、テレビは報道せず、批判しているのはネットの匿名者だけという有様だ。15年前は、これほどの極端な身分制社会ではなかっただろう。今の日本は、ただの格差社会ではない。厳然たる階級社会であり、非正規労働者の子どもは非正規労働者の人生を繋ぐ。それが当たり前になって固定化し、動かしがたい、改善できない構造になっている。小選挙区制の下、共産党以外はすべて新自由主義政党だ。その階級社会の中身は、世襲の貴族社会として確立していて、議員は議員の子であり、大学教授は大学教授の子である。マスコミ幹部の子はマスコミに入る。どれほど無能でも。


日本はこれからどんな国になるのか - つぎつぎと思い浮かぶ比喩の3類型_c0315619_14382896.png今の日本には憲法がない。憲法の契機と実体がない。近代国家に欠くべからざる主柱である憲法が、紙の上だけの存在でしかなく、何から何までスポイルされて空文になっている。ちょうど15年くらい前から、やたら「立憲主義」が言われるようになったのは、まさに象徴的であり本質的な思想現象で、この国に憲法がなくなったからである。国民は国家の主権者ではなくなり、基本的人権は平等に保障されなくなった。人としての自由と権利が十二分に保障され、それを享受できるのは、石原伸晃のような、白井聡のような世襲二世の貴族であり、株転がししてマネーを増殖できる有産の富裕層である。自衛隊の軍備増強を問題視するとき、誰も「憲法9条」の存在を言わなくなった。その代わり「専守防衛」の言葉を置いている。日本国憲法には「専守防衛」など一言も書いてないのに。嘗ての日本(戦後日本)は、憲法にとても煩い国だった。10代の頃、70年代だが、皆よく憲法の話を侃々諤々していた。そこに近代国家と市民社会があった。今はそれがなく、すなわち前近代社会であり、江戸時代よりも質の悪い、人民が無権利な奴隷社会になっている。人民に全く主体性がない、知性がない、「枕草子」で侮辱的に出てくる蒙昧な民衆になっている。


日本はこれからどんな国になるのか - つぎつぎと思い浮かぶ比喩の3類型_c0315619_14384537.png先があるので話を端折って次に行こう。アナロジーの二つ目の国家社会像は、1960年代の東ヨーロッパ諸国である。ハンガリーとかチェコスロバキアとか。この比喩の試論についても、以前に書いたことがあり、我ながら正鵠を射た認識と批判だと思う。われわれの身の回りはCIAだらけだ。嘗ての東欧諸国がKGBだらけであったように、テレビの報道番組に登場するのはCIAの息のかかった人物ばかりであり、テレビに出て出世するのはCIAに重用されている者ばかりである。CIAと日本会議が共同でテレビ番組を制作している。人事を決め、流す報道内容を決めている。今の日本政府のエンジン(機動部)となり、法律と予算を差配している経産省は、いったいどういう論理と目的と動機と自覚で動いているのか。官僚が国を棄てて壊している。「第四次産業革命日本センター」だの「アジア・パシフィック・イニシアティブ」財団のメンバーリストを見ていると、目眩と頭痛がして脳が硬直してしまう。これが今の日本を動かしているアドミニストレーターであり、「使命感」を持って毎日生き生き楽しく仕事をしている。株も転がしているだろう。その目的は、中国の台頭からアメリカを守り、アメリカの世界覇権を維持発展することであり、そのための日本にすることである。


日本はこれからどんな国になるのか - つぎつぎと思い浮かぶ比喩の3類型_c0315619_14390588.png東証はNYSEのサブセットになった。円は諭吉の顔を刷ったドルになった。自衛隊が米軍の一部であり、米軍と米国を守る支隊として再編されている事実は言うまでもない。米中戦争が始まるときは、真っ先に突撃して中国軍と交戦する主力部隊となり、米国のために血を流す前線正面の軍隊となるだろう。「日米年次改革要望書」は、2009年に廃止されたことになっているが、裏で続いていることは間違いない。「アーミテージ・レポート」は続いており、2012年の第三次レポートに従って、2013年の秘密保護法と2015年の安保法制が強引に成立させられた。原発再稼働も果たされた。2018年の第四次レポートは、中国封じ・中国叩きの方針を前面に押し出したものだが、これが出て以降、特に日本のマスコミの言論が変わり、毎日毎晩のようにテレビが中国へイトを執拗に繰り返し、左翼リベラルまでが整列して呼応し、「暴支膺懲」と「尊米攘中」をヒステリックに絶叫する景観となった。浜田敬子や元村有希子まで。本当に蟻が這い出る隙間もないほど、日本の空間は中国憎悪の毒気に染まり、日本国民と日本社会の第一義の命題になっている。誰も異論を挟めず、抗いの弁を言い立てることができない。戦前以上のファシズム体制の漆喰が固まっている。この先、中国と戦争をする以外の進路と方向があるだろうか。


日本はこれからどんな国になるのか - つぎつぎと思い浮かぶ比喩の3類型_c0315619_14430809.png憲法のない前近代の、階級社会で身分制の、貴族と荘園奴隷の日本社会といっても、そこが今と違うのは、外国に支配されてないことである。日本人が日本人を支配している。京(朝廷権力)の門閥貴族が支配者として君臨し、無力で無口な荘園奴隷の民を収奪している。外国すなわち異民族権力の介在や統治はない。今回、初めてその二重支配システムの下に入り、本朝の民が異国に収奪支配される体制になった。植民地日本となった。1960年代のハンガリーやチェコスロバキアの政治体制と言論状況となった。アメリカを批判する発言はない。言論の自由はあるが、自由を行使するとマスコミでは仕事を失う。大学でも職にありつけないだろう。マスコミでも、アカデミーでも、左翼世界まで、アメリカ礼賛・アメリカ崇拝・アメリカ依存の言説と信仰だけが溢れている。歴史的に一度も経験のない従属体制が固まった日本。ドラマ『坂の上の雲』に登場する、20世紀初頭のイロクォイ族の地位になった日本。ひたすら搾取され、人生の基盤と活力を失い、尊米攘中の宗教を刷り込まれて狂信し、人口の再生産能力を失い、国民経済と国民国家の展望を失った日本。それを危機とも思わず、抗おうともせず、成り行きに任せておとなしくしている民衆。多様性主義一直線で脱民族・脱国民の路線を疾駆している日本。民族の末路としか言いようがなく、滅亡以外の先がないのは歴然だ。


日本はこれからどんな国になるのか - つぎつぎと思い浮かぶ比喩の3類型_c0315619_14473107.png三つ目に紹介する比喩は、西アフリカのマリとかニジェールといった国の類型である。このイメージはこれまで発想したことはなかった。初めての直観と想起である。アメリカと中国が緊張して対峙しつつも、戦争とならず、そのため平和裡の過程で中国の経済と勢力が漸次的に拡大伸張し、アメリカが唯一の超大国としての実力と条件を失い、覇権の縮小と後退を余儀なくされたとき、急速に衰退する日本はどんな国に落ちぶれているか。マリとかニジェールの国柄と属性は、あまり馴染みがなくイメージを描きにくい。が、どうやら未だに国内にフランス軍基地があり、反政府勢力をフランス軍が掃討するなどというアナクロが行われている段階と事情らしい。40年前と同様。政府の閣僚や政権の要人もフランスに留学した権勢門閥で、経済もフランス資本が牛耳っているのだろう。フランスが甘い汁を吸っている。未だにフランス語などで国を運営していたらどんな不具合に陥るか、その桎梏と停頓と孤立は明らかで、時代について行けず、国際社会で置いてけぼりの境遇になるのは必至のはずだ。早く英語と中国語を採用したマルチリンガルの国に移行しなくてはいけない。今後、アメリカは20世紀のフランスの位置になり、日本はマリやニジェールの如き国になるのではないか。アジアで地に足を着けて発展し繁栄するのは、タイやインドネシアなど中国と関係良好なRCEPの新興諸国だろう。


以上、思い浮かぶ三つのパターンを日本の将来図として並べてみた。勿論、この三つ以外にもドラスティックな想定はある。一つは、グアム・サイパンのようなアメリカ準州となる運命である。十分あり得る。もう一つは、最近では5chでも喋々され始めたところの、日本自治区→東海和族自治区→東海省となる厳しい歴史的運命である。民族の完全消滅。あるいはまた、その中間というか、東京を含む東日本が前者の範疇となり、箱根・伊豆から先の、フォッサマグナの縦線で切断された西日本が後者となる分割の事態もあるだろう。戦争を選んでしまうと、その最悪のコースに進む可能性が高くなる。
決して悪い冗談ではなく。


日本はこれからどんな国になるのか - つぎつぎと思い浮かぶ比喩の3類型_c0315619_14162729.png
日本はこれからどんな国になるのか - つぎつぎと思い浮かぶ比喩の3類型_c0315619_14171072.png
日本はこれからどんな国になるのか - つぎつぎと思い浮かぶ比喩の3類型_c0315619_14173249.png
日本はこれからどんな国になるのか - つぎつぎと思い浮かぶ比喩の3類型_c0315619_14174041.png
日本はこれからどんな国になるのか - つぎつぎと思い浮かぶ比喩の3類型_c0315619_14174816.png
日本はこれからどんな国になるのか - つぎつぎと思い浮かぶ比喩の3類型_c0315619_14180009.png
日本はこれからどんな国になるのか - つぎつぎと思い浮かぶ比喩の3類型_c0315619_14181475.png
日本はこれからどんな国になるのか - つぎつぎと思い浮かぶ比喩の3類型_c0315619_14182369.png
日本はこれからどんな国になるのか - つぎつぎと思い浮かぶ比喩の3類型_c0315619_14183151.png

by yoniumuhibi | 2021-01-25 23:30 | Comments(6)
Commented by 賀竜 at 2021-01-26 09:59 x
1960年代にアフリカで多くの諸国がヨーロッパの植民地から独立するのだが、この時フランスなどヨーロッパの宗主国は、民族を分断するように国境線を引くなど、わざと紛争の火種を残すように領土を割譲したという。状況に応じて国境紛争を起こし、介入できるようにするためだ。
ひるがえって日本、アメリカの占領から解かれたとき、アメリカは日本の南北東西に、北方領土、竹島、尖閣の問題をわざと残した。ソ連との対立が激化すると北方領土のスイッチを押し、中国との対立が始まると尖閣のスイッチを押す。冷戦期、大多数の日本人は尖閣などという領土があることすら知らなかったが、これらはアメリカがヨーロッパから学んだ植民地統治の技術なのだろう。
Commented by りっぷ at 2021-01-26 11:16 x
慧眼に感服します。
日本の未来は間違いなく暗いです。日本の政治家は統治能力がなく、国民は蒙昧です。
石原伸晃の無症状入院ひとつをみても日本は支配階級と非支配階級しかいないと言わざるを得ません。
世界を見渡してもこのような不公平と圧政が行われている国は少ないと思います。

今後想定される3つのパターンはどれもありうると思うのですが、北日本はロシア領、南日本は韓国領にしてそれぞれで統治をおこなうというパターンもあると思います。
日本の今の統治能力を考えると4カ国統治のほうが公平で善政が敷かれるのではないでしょうか。
Commented by シン at 2021-01-26 15:05 x
イギリスの調査会社によると、日本は既にファイザーから3億1400万本のワクチン供給を取り付けたというが、アメリカ政府には国内で予備として1億本を備蓄する計画がありこれが日本分のロットから差し引かれる可能性があるという。
イスラエルはワクチンをどんどん打っている。ちんたらちんたら打っていたら、意味がないからだ。もう高齢者はかなり接種して、次は卒業試験がある高校最終年生徒を優先するという。イギリスでは1回目を打ったけど、2回目は4月という人もいるとか。
貴殿のSNSで触れられていたが、坂井と河野が言い争いしているようではだめだし、ワクチンがいつ何本供給されるかがわからなくては、市町村は動けないだろう。
そして、ワクチンがきかないと言われる南アフリカ変異株を世界は恐れているのだが、日本で話題になる変異株はイギリス変異株が中心のようで(イギリス株はワクチンがきくらしい)、日本は遅れている。
各国のワクチン製造能力予想を見ると、アメリカ47億、インド31億、中国19億、英国10億、ドイツ5億、韓国4億。韓国も自国で4億本ほどワクチンを製造するようですね。
Commented by あきら at 2021-01-26 20:05 x
興味深いです。中国が日本を領有できれば海への出口を手に入れるのでモンゴル帝国を超える規模で世界制覇できるかもしれませんね。
社会主義の優位性はコロナ対応で明白になってます。
強力な指導力がある習近平主席と菅では比べ物にならないです。

粗暴なアメリカではなく、穏健な平和勢力である中国が世界を制する時代が来ると思います。
Commented by at 2021-01-27 14:03 x
EUの入域許可国の共通リストから、日本が除外される見通しに。許可国は7か国、NZ、中国、豪、ルワンダ、シンガポール、韓国、タイ。ヴェトナムが入っていないのが意外だが、日本が除外されるのは当然か。
これじゃ海外出張も、海外との行き来もままならない。菅のような人間には関係ないかもしれないが、旅行で見聞を広げるのが楽しみな人間からすると辛い。
PCR減らして、「見かけの感染者」を減らしてはいるが、死者数は100人超。電通は本社ビルを売りに出すそうだから、五輪撤退の態勢にとっくに入っているのだろう。
Commented by 宇津木洋 at 2021-02-19 13:26 x
深い洞察、慧眼に感謝いたします。
拝読して改めて悲しい気持ちになりました。

1955年生まれの私は、十代は朝日新聞や大江健三郎の小説を読み政治や行政について夢や希望を抱いていました。
当時は、選挙は中選挙区制であり微妙なバランスが取れており、貧しくても一生懸命働けば車も家も叶えられた時代でした。

昭和が終わり新自由主義が蔓延り非正規雇用が増加した現在は、夢を持つことも困難ですし、メデイアを支配され異論を考えることすら無くなりつつあります。
沈みゆく日本は、この先どうなるのでしょうか。
一番下の底まで落ちてしまわなければ再生できないのでしょうか。
ツイッターなどのSNSで今の惨憺たる現状をささやき合っている、まるで戦時のレジスタンスのようです。


メールと過去ログ

Twitter

最新のコメント

今こそ「テニスコートの誓..
by 印藤和寛 at 09:18
総裁選で石破さんを倒すた..
by 人情味。 at 09:29
もし山上容疑者が安倍元首..
by 人情味。 at 21:23
杉田水脈なる人物は論評に..
by 住田 at 10:51
あれは15年程前..
by ムラッチー at 11:27
悪夢のような安倍政治から..
by 成田 at 13:03
ハーバード大学で比較宗教..
by まりも at 23:59
重ねて失礼いたします。 ..
by アン at 17:48
安倍晋三のいない世界は大..
by アン at 13:16
今まで、宗教2世の問題に..
by さかき at 10:31

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング