人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『走れメロス』と「信実」 - 死語の世界の日本

『走れメロス』と「信実」 - 死語の世界の日本_c0315619_14530977.png太宰治の『走れメロス』の中に、「信実」という言葉が三度登場する。最初は、妹と妹婿の結婚披露宴を退出して羊小屋で眠り、王との約束の3日目の朝に起きて村を出発するときだ。「あの王に、人の信実の存するところを見せてやろう」(新潮文庫 P.146)と言うくだりがある。二度目は、激流の川を泳ぎ渡り、襲撃してきた山賊を撃退し、体力が尽き果てて路傍に倒れ込んだときである。箱根駅伝の区間途中で意識朦朧となる走者のように、疲労困憊して足が動かず、もうだめだと諦め、絶望の境地でこう嘆く。「正義だの、信実だの、愛だの、考えてみれば、くだらない。人を殺して自分が生きる。それが人間世界の定法ではなかったか。ああ、何もかも、ばかばかしい。私は、醜い裏切り者だ。どうとも、勝手にするがよい。やんぬる哉」(P.150)。三度目は、物語のクライマックスとエンディングの幕で、メロスとセリヌンティウスの友情に感激した暴君ディオニスが、群衆の歓喜の中、改心して反省の弁を垂れる場面である。「おまえらは、わしの心に勝ったのだ。信実とは、決して空虚な妄想ではなかった。どうかわしをも仲間に入れてくれないか」(P.154)と言う。



『走れメロス』と「信実」 - 死語の世界の日本_c0315619_14532110.png何気なく作品を読み返していて、「信実」という言葉に遭遇し、そこで立ち止まって検索で意味を調べるところとなった。日常では滅多に見ることのない熟語であり、使われない言葉だからである。読み進むうち、同じ言葉が何度も出て来ることに気づき、明らかに作者が物語の主題を示すキーワードとして配置している作為を感じ取り、最早、「信実」の語に拘って考え込まざるを得なくなった。辞書を引くと、「まじめで偽りのないこと」「打算がなく誠実であること」という短い説明がある。そうだったっけ、と思う。15年間、延々とブログを連載して言葉を探す旅を続け、長ったらしく辟易とされる文章を惰性で書き続けてきたが、「信実」の語は一度も使ったことがない。すっかり忘れていたというか、語彙の記憶の倉庫から消えてしまっていた言葉だった。まさに、老齢になって言葉を発見した気分である。この発見というか再会の機会に、深刻に考え込んでしまうのは、「信実」の日本語が昔は決して珍しく特別な言葉ではなかったということだ。『走れメロス』の中にだけ印象的に登場する言葉ではなかった。


『走れメロス』と「信実」 - 死語の世界の日本_c0315619_14533955.png新渡戸稲造の『武士道』にも登場する。「信実と誠実となくしては、礼儀は茶番であり芝居である」という一節があり、この言葉は金言・格言として広く知られ、「今日のことば」として頻用されていることが窺える。新渡戸稲造が使い、太宰治が使っているのだから、「信実」は昔の日本では今よりももっと身近で、日常の議論や文章に用いられる倫理の一般語だったのだろう。そう想像する。今はあまり見ない。ほとんど接する機会がなく、何かの文中に「信実」の表記があれば、「真実」の誤植・変換ミスではないかと疑ってしまうほどだ。新渡戸稲造が、敢えて信実と誠実の二つを並べて別個に置いているところから、二つの語の意味は似ているけれど少し違うことが分かる。今は、「信実」は「誠実」に吸収され、「信実」の独特の意味が消されているというのが日本の思想状況のリアルだろう。私なりに、二つの語の違いの解釈と了解を言うと、「信実」は、偽りがないこと、ウソがないというところに力点がある。「誠実」は、真心(まごころ)の方に力点があり、私利私欲を排する態度である。二つは意味が異なる。


『走れメロス』と「信実」 - 死語の世界の日本_c0315619_14535018.pngここまで書いて、もう簡単に結論を述べてよいと思うが、われわれが「信実」という - 『走れメロス』の核心に据えられたキーワードである - 重要な日本語をきれいさっぱり忘れ、頭の中にその表象がないのは、われわれの社会の中に「信実」の契機と実体が絶えてないからだ。「信実」という倫理に関わる用語を常識として必要としない社会だからだ。「信実」の意味を知らずに生きており、そんな言葉は邪魔で無用な社会に生きているからだ。大衆も支配層も「信実」などは知らず、そのような語の意義・重要性を認めていない。総理大臣や官房長官が記者会見や国会答弁の場で、常に平気でウソとゴマカシを言い、虚弁と欺瞞が追及されず、糾弾されず、退治されず、成敗されず、責任をとらされずに済む社会だから、「信実」の日本語は人々の国語辞書から消えているのである。「特に問題には当たらない」、「仮定の質問には答えられない」、「個別の問題は回答を差し控える」の仕切りがまかりとおる現実空間が、メロス的な「信実」の言語が消滅した世界なのだろう。まさしく、メロスの言う「人を殺して自分が生きる」のが「定法」の社会であり、野生動物が自己責任(弱肉強食)原理のみで生きる野蛮な世界なのだ。


『走れメロス』と「信実」 - 死語の世界の日本_c0315619_15154889.png『走れメロス』は、今でも中学2年の国語の授業で教えられている。昔と同じように国語の教科書に載っている。果たして、現在の教師はこの物語をどう教え、教室のこどもたちに「信実」をどう説明しているのだろう。子どもたちはどう学び受け止めているのだろう。当然のことだが、この物語は国語の教課の一部だけれど、倫理教育のテキストとして位置づけられている。義務教育の一課程としてその目的と役割を持っている。『走れメロス』は、少年少女に何より「信実」の尊さを教え、「信実」に前向きな精神を養う教材だ。また、友情の尊さと崇高さを教え、親友を持ち大切にすることを誘う指導書だ。さらには、どれほど身体的精神的に苦しい窮地に陥っても、希望を棄てず、最後の最後まで諦めず、意志と目標と大義を失わず、克己し、粘り抜いて困難を克服することを教える読本だ。運動部の部活をやっている子どもたちは、メロスと自分とを重ね、感情移入し、ドラマの叙述を導きの糸として内面化することだろう。それからまた、倫理の力の前には暴君権力者も屈服し、悔悟と更生を通じて革命が成就されるのだという政治の理想も教えている。暴政に反抗する人民の正義と勇気の意義を説いている。


『走れメロス』と「信実」 - 死語の世界の日本_c0315619_15023736.png貧富の格差のある新自由主義のブロイラーとして子どもが育てられ、誰か弱い子どもが無造作にいじめ自殺の標的にされ、仕留められ、そうでなければ、不登校やメンタルヘルスの障害に追い込まれている。教師も学校も教育委も知らぬ存ぜぬで責任逃れし、児相の職員がバタバタ走り回っている。それが当たり前になり、東大がどうの偏差値がどうの帰国子女がどうの一芸入試がどうのと言い、山口真由が不敵な面で呵々大笑している。その日本の教育空間で、「走れメロス」の倫理はどう教えられ、どう受け止められているだろう。私には難問すぎて説明どころか想像もできない。『走れメロス』に描かれ主題として強調されている倫理的基礎を、否定しつくし、破壊しつくし、不要のものとして廃棄処分し冷笑しているこの国で、ダウンタウンのようなグロテスクなお笑い右翼がテレビを支配して国民を教育する国で、その学校空間で、とっくに嘗ての教育基本法の精神を忘れたサラリーマン教師たちは、どのようにこの作品を教えるのだろう。今の日本は死語の世界だ。「信実」は死語となっている。野生動物にもブロイラーにも言葉など必要なく、こんな感じの死語が、きっと幾つもあるのに違いない。


『走れメロス』と「信実」 - 死語の世界の日本_c0315619_15162457.png中学校の国語はとても楽しかった。幸福な時間だった。中学2年の『走れメロス』、『平家物語』、『枕草子』、中学3年の『故郷』の教室風景は今でも覚えていて、国語担任だったN先生の授業が懐かしい。中学のときは国語の授業が楽しくてたまらなかったが、高校に入ると現代国語は休息の時間となり、教科書を机に立てて顔を伏せ、家での睡眠不足を補う時間となった。その結果、本も読まない、文学方面には興味も関心もない残念な子どもになってしまった。生徒が教科を学ぶ上で、教師の存在と関与がいかに大きいかを痛感させられる。教育とは教育者のことだ。N先生は教科書に載っている作品群を強く愛し、そのコミットとリスペクトを情熱的に生徒に伝え、子どもたちを作品と作者の世界に導いていた。皆、作品を愛する人間に育った。『走れメロス』を教える教育課程は、当然、太宰治の人生や人脈や社会的影響を教えることが重要な内容になる。『人間失格』や『斜陽』について簡単に説明することも加わる。N先生の言うには、何でも太宰治に感化されて自殺した教え子が出たとかいうことで、太宰治は偉大で魅力的な天才だけれども、思春期にあまり接近し没入するのは要注意だと、そういう警告を発していた。


私はといえば、『走れメロス』の、まるで小学校低学年向けの絵本の原作のような、西洋古代を舞台にした、シンプルでストレートな、純粋で熱血で勧善懲悪の物語と、デカダンスで自堕落で毒性の強い太宰治のプロフィールと、その二つがあまりに乖離して整合性がないのにただ驚くばかりだった。


『走れメロス』と「信実」 - 死語の世界の日本_c0315619_15373898.png
『走れメロス』と「信実」 - 死語の世界の日本_c0315619_15374833.png
『走れメロス』と「信実」 - 死語の世界の日本_c0315619_15380282.png
『走れメロス』と「信実」 - 死語の世界の日本_c0315619_15381185.png
『走れメロス』と「信実」 - 死語の世界の日本_c0315619_15381934.png
『走れメロス』と「信実」 - 死語の世界の日本_c0315619_15382703.png
『走れメロス』と「信実」 - 死語の世界の日本_c0315619_15383461.png

by yoniumuhibi | 2021-01-21 23:30 | Comments(4)
Commented by カエサル at 2021-01-22 17:05 x
昨日でしたか、菅が「五輪はワクチンを前提としない」と言ってましたが、ワクチンの供給が遅れるからだったんですね。菅は素直に謝る性格ではないのは承知していますが、かえって反感買うだけでしょう。
和歌山の医系技官のような立派な方もいらっしゃいますが、総じて医系技官や保健師は能力が低いなと感じます。
外国報道で「東京五輪は無理」と出ていますが、ワクチン打ったからと言って解決ではないですし無理だと思っていましたが、ワクチンがだめではもう白旗ですね。
自治体によってはワクチンのために急遽今年度予算を付け替えたところもあるので、そういう自治体は全部やり直しでしょう。どうするんだか。
Commented by アレン at 2021-01-22 21:38 x
ワクチン半年遅れの件、政府がファイザーの日本法人としか話をせずに「6月までに」と合意(と、日本政府は思い込んだが)、ファイザー本社と正式契約していなかったから、本社から「年内」で押し切られたようだ。
先の大戦の時にも同じような話がありましたね。ブログ主さんが仰るように、無能菅の部下、もとはといえば、安倍の頃から官邸官僚がでしゃばっていましたからね。厚労省が主体になったのか、寄せ集め部隊の内閣府や官邸官僚が仕切ったのか。
Commented by つばめ at 2021-01-22 23:13 x
日本ではPCR陽性になったら入院、軽症者は療養施設でしたが、今はなし崩し的に高熱でも入院できず療養施設、さらには療養施設にも入れず自宅待機。
中国はPCR陽性になったら医師の診察、医学的に症状を判定。そして、それとは別に、濃厚接触者も「健康観察中」ということで隔離。隔離施設の一人部屋に入れて、2週間過ごす。隔離施設には医療スタッフもいて、PCR陽性になったらすぐに病院へ移される。
防疫が徹底しています。

変異株が蔓延しているのに、ノーガードの日本とはえらい違いだ。
Commented by 大通り民 at 2021-01-23 19:22 x
日本ではやたら、マスクの性能がウレタンマスクではだめとかうるさいんですが、それは本質的なことではないですよね。
テスト、追跡、隔離。もともとテストの数が不十分、入国検査も抗原検査(利権の為)でザル、東京神奈川は追跡を放棄(小学生が変異株に市中感染しているのに)、新規陽性者は隔離できずに自宅待機。
今はまともな対策ができていない状態です。
東京、神奈川は見かけの数は減りだしていますが、追跡をやめた影響でしょう。
まさか2月7日に解除はしないでしょうが、3月7日に解除したら、春休みと年度末で一気にぶり返すのは目に見えています。しかし、緊急事態宣言を数か月も続けるのは意味もなくなってきますから、このままノーガード、慢性的医療崩壊状態のまま、ずるずるいくのでしょうか?まさかgotoを再開?
太平洋戦争の頃の、空襲警報におぼえながら防空壕に何度も逃げていた頃から、何も変わっていません。
ブログ主さんが書かれたように、菅と尾身の更迭が必要です。一般国民のほとんどの人はまじめにやっています。リーダーが間違いと認めないだけです。


メールと過去ログ

Twitter

最新のコメント

今こそ「テニスコートの誓..
by 印藤和寛 at 09:18
総裁選で石破さんを倒すた..
by 人情味。 at 09:29
もし山上容疑者が安倍元首..
by 人情味。 at 21:23
杉田水脈なる人物は論評に..
by 住田 at 10:51
あれは15年程前..
by ムラッチー at 11:27
悪夢のような安倍政治から..
by 成田 at 13:03
ハーバード大学で比較宗教..
by まりも at 23:59
重ねて失礼いたします。 ..
by アン at 17:48
安倍晋三のいない世界は大..
by アン at 13:16
今まで、宗教2世の問題に..
by さかき at 10:31

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング