人気ブログランキング |

「勝負の3週間」の真実 - 都市封鎖を示唆して駆け込み消費を煽った経済刺激策

「勝負の3週間」の真実 - 都市封鎖を示唆して駆け込み消費を煽った経済刺激策_c0315619_13191352.png13日のテレビ報道で、週末12日夜の東京と大阪での繁華街の人出が、一週間前と比べて多くなっている深刻な事実が指摘された。渋谷駅周辺で約24%、新橋で約11%、なんばで約21%、梅田で約19%も増加している。年末の最も人出が多い季節であり、ボーナスも支給され忘年会が盛り上がるハイテンションな時期だから、繁華街が賑わうのは例年なら自然な現象だが、大阪では知事が不要不急の外出自粛を要請した非常時であり、東京でも午後10時までの時短営業が要請されている最中である。「Agoop」が計測した時刻は午後10時なので、渋谷も新橋も、本来なら時短に応じていなければならない飲食店が要請を無視して深夜まで営業していることを意味する。大阪も同じだろう。感染が拡大して医療崩壊の危機が叫ばれている中で、逆に繁華街に密集する人数が増え、飲食店で会食し接触する人数が増えている。このリスクの増分は確実に新規感染者の増分となって跳ね返る。



「勝負の3週間」の真実 - 都市封鎖を示唆して駆け込み消費を煽った経済刺激策_c0315619_13213928.pngなぜこんなことが起きているのだろう。要因の一つとして推測されるのが、マスコミは報道しないが、GoToイートのキャンペーンの影響だ。コロナ禍の第3波が大都市で始まって、2、3週間前だったか、GoToイートのポイント利用凍結とか新規販売の停止の話がニュースで出ていてので、てっきりGoToイートは中断されているものとばかり思っていた。サイトを確認すると、今でも堂々と継続中で、10.000円の食事券の購入で12.500円分が使えると宣伝している。渋谷や新橋の路上に密集している者たちは、GoToイートの利用客のラッシュであり、「普段より店が空いていて、値段も超割安なので最高だね」という満足感なのだろう。ポイント消化に精を出しているツイートが散見される。呆れるしかないが、こういう大衆の動機が大都市の夜の繁華街の人出増に繋がり、感染拡大増に直結していることは間違いない。現在、感染経路については半数近くが経路不明という説明になっている。だが、不明などということはなく、物理的にウィルスが伝播した現場がある。


「勝負の3週間」の真実 - 都市封鎖を示唆して駆け込み消費を煽った経済刺激策_c0315619_14215683.png12日夜のテレビ番組に出演した吉村洋文は、感染拡大の原因は飲食であると率直に認めていた。保健医療部から上がってくるデータが証明しているのだろう。12月9日付の京都新聞の記事でも、「感染経路7割は家庭内や飲食」と書いている。人数の多い宴会型の「会食」とは別に、2人とか3人の日常の「飲食」の機会でも、そこが感染経路になっているのである。ということは、GoToトラベルだけでなくGoToイートもまさに感染拡大を促進するエンジンの役割を果たしていて、これこそ感染3波の元凶だと指弾できるはずだ。13日夜、NHKスペシャルで久しぶりにコロナ特集があり、東京女子医大の病棟で働く看護師の姿を撮していた。彼女は、10か月間ずっと防護服とガスマスクで重症者の治療に当たっていて、自宅に帰れず、ホテルに泊まってコンビニ弁当を夜食にする生活を送っている。23歳と若いが、心と体が折れて現場に出られなくなる日が来るかもしれないと語っていた。彼女の目から、渋谷や新橋で師走の夜を満喫しているGoToイート利用者たちはどう見えるだろう。


「勝負の3週間」の真実 - 都市封鎖を示唆して駆け込み消費を煽った経済刺激策_c0315619_14150277.png「マスク会食」を勧める尾身茂の非科学的妄言を見てどう思っているだろう。腐れ爛れた日本の欺瞞と虚弊の前に苛立ってどうしようもない。コロナ禍で仕事を解雇されて失業者はどんどん増えている。11月の自殺者は前年比11%増となり、女性は19%増で、30-40歳代女性の自殺者が倍増していると言う。コロナ禍での経済縮小によって弱者に絶望的なしわ寄せが来ている。住宅ローンの返済逼迫で家計相談の件数が3倍になっている。第1波の後、横浜だったか、購入して間もないマイホームを手放す自営業の若い家族をNHKの7時のニュースで放送していた。淡々と撮っていたが、小さな子どものいる夫婦はどれほど断腸の思いだっただろう。そういう人たちがたくさんいる。そんな中で、得だからとGoToトラベルを使い倒す人間がのべ5260万人もいて、ウィルスが充満し集積する核エリアだと分析され警告されている渋谷や新橋に繰り出して、気儘に飲食を享楽する若者や中年が大勢いる。自分だけは大丈夫と緩怠して市中感染の拡大に寄与している。


「勝負の3週間」の真実 - 都市封鎖を示唆して駆け込み消費を煽った経済刺激策_c0315619_14263250.png奇妙であり、不愉快で気分が悪くなる社会の光景だ。日本はこんな国ではなかった。もっと良識とモラルの生きた国であり、中産階級(=国民)が自分と同じ中産階級の他者の暮らしを案じ、過酷な立場に置かれた者に無視や放置や等閑の態度はできず、そうした国民の心情や意思がNHKのニュースの原稿となって代弁される社会だった。美智子皇后とか黒柳徹子とか、この国の最高の生まれ育ちの位置にあったお嬢様でも、厳しい境遇に置かれた庶民の気持ちや暮らしが分かり、感覚や意識がよく全体に共有され、矛盾や不条理を改善する方向へと政府や政治の姿勢が傾く国だった。25条が倫理として内面化された社会だった。こんな滅茶苦茶な無知とエゴイズムの国ではなかった。西村康稔が言う「勝負の3週間」にはどうやら裏の意味がある。その本音が薄々察知できるようになった。この「勝負の3週間」の意味は、行動を自粛し我慢して感染を減らそうという意味ではないのだ。年末年始には都市封鎖になるかもしれないから、その前に大いに営業と飲食の活動をせよという意味だ。


「勝負の3週間」の真実 - 都市封鎖を示唆して駆け込み消費を煽った経済刺激策_c0315619_14363010.png実際、外に出て街を歩くと、そういう商売と消費に前掛かりになった気配が濃厚に漂っている。消費者の側は、ロックダウンになって店が閉鎖されたら買い物ができなくなるから、今のうちにと焦って買い物行動に出ている(妊婦まで出歩いているのを目撃した)。店舗の側は、同様に緊急事態宣言が出されたら商売が止まってしまうので、今のうちにとバーゲンセールで客を呼び込んで冬物商品を捌き尽くそうと努めている。売る側買う側の両方に静かな焦燥感があり、GoToを利用する利己主義市民も今のうちにという駆け込みの動機がはたらいている。「勝負の3週間」というのは、売る側と買う側にアクセラレーションとモメンタムを仕込んだ政府の狡猾な政策だった。「勝負の3週間」はGoToとセットになった扇動のキャンペーン策であり、経済活動を活性化させる狙いに基づいていたのが真相だと看破できる。感染拡大を阻止することが目的ではないのだ。それは口実であり、偽りの題目である。感染拡大を防止するのが目的なら、「勝負の3週間」はGoToを中止にしないといけない。


「勝負の3週間」の真実 - 都市封鎖を示唆して駆け込み消費を煽った経済刺激策_c0315619_14324734.png「勝負の3週間」は11月下旬の3連休直後に設定されたが、当時、政府筋がマスコミに流していたのは、企業の仕事納めを前倒しし、仕事始めを遅らせ、長い年末年始休暇にして、その間をロックダウン状態にして感染収束を図るというプランだった。最近は続報が絶えて聞こえないが、そういう観測気球のリーク情報があった。上からその類の話が漏れ伝わると、当然、事業者の側は早めの販促と売上回収に奔るし、消費者も早めの購買行動に駆り立てられる。結果的に、「勝負の3週間」は巧く人を釣り、人の移動往来を活発にし、経済活動を活性化させ、そして第3波の感染を急増させ激化させる進行となった。医療崩壊が起きるのは当然の帰結だが、政府はそれを全く顧慮しておらず憂惧していない。野党も何も動かない。不思議で異常な眼前の状況だが、それに待ったをかける正義の壮士が登場しない。マスコミ(松原耕二など)と専門家(松本哲哉など)は、第1波のときと同じく、コロナ禍を視聴率のネタにして日々の稼ぎに興じている。弱者の不幸を踏み台にして浮薄にゼニ儲けしているとしか見えない。


13日夜のNHKスペシャルに出た西浦博の数理予測では、これから相当に強い制御措置を講じたとしても、重症患者の減少は緩いカーブを描くだけという試算結果になっていた。西浦博が演算に想定した「制御装置」が、GoTo全面中止なのか、緊急事態宣言なのか、中身は不明だが、誰が考えてもこのままでは感染者も重症者も減らないことは確実だ。日本中が恐怖で凍りつく年末年始を覚悟しないといけないだろう。「勝負の3週間」のキャッチコピーは、「経済を回す」ためのアジテーション工作だった。



「勝負の3週間」の真実 - 都市封鎖を示唆して駆け込み消費を煽った経済刺激策_c0315619_14453750.png
「勝負の3週間」の真実 - 都市封鎖を示唆して駆け込み消費を煽った経済刺激策_c0315619_14454503.png
「勝負の3週間」の真実 - 都市封鎖を示唆して駆け込み消費を煽った経済刺激策_c0315619_14455578.png
「勝負の3週間」の真実 - 都市封鎖を示唆して駆け込み消費を煽った経済刺激策_c0315619_14460431.png
「勝負の3週間」の真実 - 都市封鎖を示唆して駆け込み消費を煽った経済刺激策_c0315619_14540044.png
「勝負の3週間」の真実 - 都市封鎖を示唆して駆け込み消費を煽った経済刺激策_c0315619_14540736.png
「勝負の3週間」の真実 - 都市封鎖を示唆して駆け込み消費を煽った経済刺激策_c0315619_14541401.png
「勝負の3週間」の真実 - 都市封鎖を示唆して駆け込み消費を煽った経済刺激策_c0315619_14542413.png
「勝負の3週間」の真実 - 都市封鎖を示唆して駆け込み消費を煽った経済刺激策_c0315619_14543174.png

by yoniumuhibi | 2020-12-14 23:30 | Comments(5)
Commented by さわら at 2020-12-14 20:59 x
メルケル首相は「1日に590人もコロナで亡くなるなんて私は耐えられません」と演説で絶叫。「クリスマスに祖父母に会う前に隔離を徹底してください、そうしなければこれが祖父母と会う最後のクリスマスになりますよ。」厳しいロックダウン、さらに支援金もかなりの額を出すことを決定。
一方日本は、支持率が下がったからgotoをやめる。科学とも無縁、貴殿が言われるような倫理とも無縁。無能が国を牛耳るとこうなるんでしょうね。
goto停止期間に緊急事態宣言を出すのではと深読みをする人もいるかもしれませんが、政調会長は塾業界のボスで冬期講習の稼ぎ時ですからないでしょう。
支持率が下がったからgotoを停止しただけで、感染者や医療現場のことなど何も考えていません。感染が増えようが知ったこっちゃない。gotoは「令和のインパール」だと岩田健太郎が言いましたが、菅は令和の牟田口ですね

感染を食い止めるのに一番有効なのは検査だという研究結果を見ました。仁坂知事や北九州市長のような人が日本の指揮をとれば、十分クリーンルーム方式を目指せたはずです。
Commented by 横浜市民 at 2020-12-15 13:45 x
神奈川の療養施設。湘南国際村センター、県が福島のビル管理業者に当初は契約書なしの口約束で契約、福島の業者が埼玉県戸田市の別業者に委託、別業者が千代田区の団体に委託。県が福島の業者と契約書を交わしたのは2か月後。朝日新聞が11月頃記事にしている。
療養中の死者が出たのはこの施設だと言われている。
神奈川県は滅茶苦茶である。菅、岡部、知事、めまいがする。

韓国は感染症は早期に対処しないと大変なことになるとよくわかっている。早期に戦力を投入して抑え込むのが一番投入兵力が少なくて済むからだ。
一方大阪では入院してコロナ陽性と分かった患者が、転院先がなく、死亡した例が出ている。もうとうに医療崩壊している。

貴ブログで書かれているように、gotoは飲食も即時停止しなければ意味がない。菅は「イルミネーションやイベントの見直しを求める」などと対策を発表しているが、イルミネーションなんてとっくにあちこちでやっている。そしてニュースではgoto旅行のキャンセルの話ばかりやっているが、自分勝手な層がこれだけたくさんいることに呆れる。
Commented by リリー at 2020-12-16 09:00 x
山口代表が、首相の大人数会食に苦言。いいですね。だいたい、菅は1日2、3回ホテルに出入りして食事してますが、自分は感染しないと思い込んでるんでしょうかね?菅は官房長官時代の会見で「コロナ感染はキャバクラなど」とわざわざ名指ししたことがありましたが、感染するのは行いが悪い者だと間違って思い込んでいるのではないでしょうか?誰もが感染する、学校でもクラスターが起きてるから怖いのに、コロナは風邪程度に思い込んでるんでしょうか?

岡部とつるんでる菅ですので、取り巻きが変だと間違った知識に基づいて行政が行われ、損失は国民に。
Commented by パンダ at 2020-12-17 10:48 x
スウェーデンは失敗を認めました。
失敗の理由のひとつは、集団免疫という概念が幻だったこと。感染が蔓延して、結果的に多くの人が抗体を持つことはあっても、「コロナを集団免疫で退治する」ことは不可能だとわかった。
もうひとつは、経済的にもクリーンルーム方式のほうが理に合うこと。
そして、特に冬季のコロナは強烈で、やはり無対策では無理だということ。

菅は昨日有働のインタビューを受けたそうですが、なぜ一番組で釈明するのか意味が分かりません。謝罪なら、官邸で全記者の前ですればいい。
そして「誤解を与えたなら謝る」これは謝罪になってませんね。「不快な思いをさせたなら申し訳ない」がだめなのと同じ理由。こういう謝罪もどきしかできない男性を時々見ますが、だいたいろくな人間ではない。
それと意趣返しのように、早速昨日も宴席を2回もしてますが、感染予防する気もないですね。
ガースーで滑り、王さんたちとのステーキで滑り、誤解を与えたならで滑り、「挨拶だけで失礼すればよかったがずっとステーキ会食の場にいてしまった」と人のせいにして滑り、有働にドイツの対策(実効再生産数の目標値を掲げるアプローチ)のことを言われると「日本はドイツより抑えている」と逆ギレして滑り続ける。
貴ブログでも書かれているが、日本は国民の努力で抑えている。それを「私どもはドイツより抑えている」って、菅は春から何もしてないじゃないか。貴ブログでも書かれたが、マスクの調達もできず、gotoでウイルスをばらまき、死者数が50人を超えるようになった、戦犯は菅ですよ。ドイツは高齢者が薬局で、高性能マスクを1人数枚無料で入手できるようにしています。
Commented by リモートワーカー at 2020-12-18 13:23 x
はやぶさ2帰還とほぼ同じころ、中国は嫦娥5号が月面からサンプルを採取し帰還した。中国は、周回、着陸、サンプル採取を成し遂げた。日本のプロジェクトは、小惑星なら周回着陸とばしてサンプル採取ができるというゲリラ的なもので、周回、着陸では中国に先を越された。
昨今の中国と日本の差を思えば今更驚く話ではないが、ここ20数年予算をつけて着実に挑戦してきた中国が、相応の結果を出した。日本も中国も科学技術に関わる人の間に大きな差があるわけではなく、国全体がいかに科学技術を理解しているかの差。
科学技術に関わる人間も、例えば尾身などとても信頼できないし、西浦のようにコントロールのきかない人間はチームに入れられないし、小保方のようなのに至っては科学の信用を失わせるのに十分であった。
このあたりに日本の問題が現れている気がする。そして専門技術を理解できない人間は、これからのリーダーとして使えない。いまネット民の間で、菅直人はそう悪くないという評価になっている。薬害エイズに切り込み、東電に乗り込んでいったからだ。
菅は、本人は自分からはやめないだろうが、もはや、誰がいつどう首を落とすかという段階になってきた。しかしコロナを制圧できそうな次のリーダーが見当たらない。


カウンターとメール

最新のコメント

コロナ禍に、一気に戦争準..
by アン at 09:56
戦争回避に向けて反戦ムー..
by 成田 at 07:28
処理水海洋放出について福..
by まりも at 12:42
子供だったので、おしんは..
by コスモス at 08:08
昨年から今年にかけて護衛..
by 不来庵 at 23:31
ときあたかも、現代のミャ..
by nyckingyo2 at 21:33
大半の日本国民の現在の関..
by パックスヤパーナ at 15:09
レコードチャイナに掲載さ..
by ひばり at 20:10
歴史を紐解くと、どんな超..
by パックスヤパーナ at 19:33
まさにそのとおりで、私が..
by 成田 at 18:15

Twitter

以前の記事

2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング