人気ブログランキング |

石破茂へのリンチと安倍晋三の神格化 - 院政への政変工作と安倍マスコミの恩返し

石破茂へのリンチと安倍晋三の神格化 - 院政への政変工作と安倍マスコミの恩返し_c0315619_14110800.png総裁選の過程で行われた石破茂へのリンチ攻撃は、獰猛で凄惨で苛烈だった。巨大ないじめショーだった。14日の午後だったか、TBSの井上貴博が石破茂にインタビューする場面があったが、「ご自身の政治生命が終わるという声もありますが」などと、菅陣営に立った立場で追い打ちをかける言葉を乱暴に発し、石破茂にとどめを刺す打撃を容赦なく加えていた。地方の自民党支持者で石破茂を応援した者、党員投票で石破茂に入れた者に対して見せしめを行っている。石破茂の政治生命を絶つべく、マスコミが総がかりで動いている。2010年の参院選前後の小沢系議員に対する掃討排除劇を彷彿させるような、見ていて息苦しくなる迫害と虐待が行われ、石破茂の人格と名誉を傷つけていた。見ながら、判官贔屓の日本人の心性がどこかで発動して、石破茂を排撃するマスコミを批判する声が上がるかと思ったが、それはなく、水に落ちた犬が棒で袋叩きされるままだった。今の日本社会の映し鏡なのだろうと直観する。



石破茂へのリンチと安倍晋三の神格化 - 院政への政変工作と安倍マスコミの恩返し_c0315619_14113093.pngこれまで、石破茂は、マスコミの世論調査で、次の総理として期待する政治家の支持率トップを走っていた存在であり、日本の政治世界で決して異端の悪役ではなかった。 むしろ善玉だった。マスコミは、森友事件や桜を見る会の問題が起きたときは、真っ先に石破茂のコメントを撮って流し、与党の中からも批判の声が上がっていますと積極表象の配役で報道していた。自分たちの言いたい安倍政権批判を石破茂に言わせ、世論の喚起を促していた。石破茂はマスコミの注文に応え、的確で辛辣な安倍批判のメッセージを発していたのだ。石破茂はマスコミにとって貴重な政界の資産であり、ある意味で頼りの綱の言論の公共財だったと言える。自民党内でただ一人、歯に衣を着せず果敢に安倍批判の舌鋒をふるう石破茂は、自民党の中に健全なバランス機能があることを証明する唯一の存在でもあった。ゆえに石破茂はマスコミに重宝され、世間の正論を代弁する役割を担わされ、必然的に世論での人気と期待を高めていた。その石破茂を、一夜で罪人のようにして取り囲み、無慈悲なリンチで失墜させ、平気で無価値化させるマスコミの行動に絶句する。


石破茂へのリンチと安倍晋三の神格化 - 院政への政変工作と安倍マスコミの恩返し_c0315619_14114422.png総裁選の政治は異様な政治であり、マスコミが表面で報じているような単純な正体ではない。一瞬で世の中が変わり、まさに価値観が転換した。世論調査の数字の急変は、キツネにつままれるような現実だが、その統計を否定する根拠をわれわれは持たず、歯噛みして認めるしかない。一瞬で、安倍晋三は現人神のような絶対的価値の体現者に化けた。病気で辞任するとなった途端、そんな同情票がどこから降って湧くのか不思議だが、支持率が2倍になり、菅義偉の後継を支持する世論が圧倒的という状況に転じた。正義の士だった石破茂は邪悪で穢らわしい賊徒とされ、価値剥奪され、罵倒と侮辱を浴びせられて嘲笑される悪人となった。総裁選過程での安倍晋三の神格化は異常で、71歳の菅義偉が65歳の安倍晋三に示す態度は、戦前日本の昭和天皇への崇拝と信仰そのものだ。あの帰依が本心からのものかどうか、こちらは見当のつけようもないが、後藤謙次などが「祝典」を演出し、常識化させ、この政治を当然のものにして固めている。少し前までは、アベノマスクとコラボ動画でマスコミに揶揄されていた安倍晋三が、この国の最高権威のシンボルになった。


石破茂へのリンチと安倍晋三の神格化 - 院政への政変工作と安倍マスコミの恩返し_c0315619_14123182.png菅内閣は、まさしく第三次安倍内閣である。ここまで極端で過激な院政内閣になるとは、私は予想もしていなかった。唖然とする。新官房長官は、最初は菅義偉の意中は森山裕か梶山弘志だろうと報じられていた。だが、途中で雲行きが変わり、加藤勝信と萩生田光一の名前が浮上し、加藤勝信に決定する。明らかに安倍晋三の思惑が直裁に影響した人事であり、安倍晋三の推選が菅義異に伝えられ、菅義偉がそれに服して従っている。麻生太郎の副総理・財務相の再任は、当初は、副総理で閣内に止まっても財務相は外れるだろうという見方だった。菅義偉の意向が側近を通じてマスコミにリークされ、すなわち観測気球が上げられて反応が窺われていた。財務相を外されたら、麻生太郎は失脚も同然で、森友問題で真相を内部告発されて身を破滅させかねない。二人は仲が悪い。おそらく、麻生太郎が安倍晋三のところに駆け込んで泣きつき、安倍晋三が介入して当初案をひっくり返したのだろう。組閣の人事内容は、安倍晋三の手による、安倍晋三のお仲間内閣の延長としか言いようがない。官房長官職が首相職になり、首相職が新設の上首相職となった。院政である。


石破茂へのリンチと安倍晋三の神格化 - 院政への政変工作と安倍マスコミの恩返し_c0315619_14143645.png私は、安倍晋三が退陣したら、誰が次の総理総裁になっても、院政体制への移行は無理だろうと想定していた。安倍独裁の権力モデルは、総理の職権を安倍晋三本人が握って、その権能を官邸官僚を動かして恣(ほしいまま)に奮い、テレビを使ってポピュリズムを起動させ操縦することによって、はじめて機能し実効性が担保される。また、安倍晋三がトップだから選挙に連戦連勝できる。と、そう分析していたからである。安倍晋三という疑似カリスマが官邸から離れたら、この特異な権力構造は瓦解するしかなく、元の平板で凡庸な自民党政権に戻るものと楽観していた。しかし、全く予想外なことに、この朽ち果てるべき疑似カリスマは、退陣で元首相の只の人に降りるのではなく、「上首相」という権威的象徴に上昇する道へ進み、相変わらず、同じ部下たちが「まつりごとたてまつる」構造を維持する展開となった。丸山真男的に言えば、正統のローカスを新設した。安倍政治がそのまま続く。手品を見ているような気がする。あれほど安倍晋三のコロナ対策の失敗を笑っていたマスコミが、突然、安倍晋三を神のように拝跪し絶賛し始め、菅政権への神聖な継承を賛美し奉祝している。


石破茂へのリンチと安倍晋三の神格化 - 院政への政変工作と安倍マスコミの恩返し_c0315619_14165561.pngこの政治を見て、何を感じ想像すべきだろう。やはり、裏があり狙いがあると考えざるを得ない。謀略の契機がある。安倍晋三は、病気辞任の破局に遭遇しつつ、逆にこれ幸いと、禍を福となす権謀術数をめぐらし、四選を諦める代わりに院政を構築する策に出たのに違いない。狙いは石破茂潰しであり、来年の総裁選を待たず、石破茂の政治生命を奪う挙に出たのだ。石破茂が党内で生命力を張って、地方自民党員の支持を集めているという環境がある以上、桜を見る会の刑事告発が受理・捜査へと及んだとき、自らの失脚 - 最悪は夫婦とも逮捕 - に及ぶ危機を回避できない。石破茂が二度と総裁選に出てくることがないよう足場を完全破壊すれば、政治の流動性を止め、検察の捜査を未然に阻止することができる。森友事件も同じである。今回、菅陣営は徹底していて、地方票も議員票もすべて読み切っていた。計画どおりに数を固め、岸田文雄に票を流して2位にし、マスコミに石破茂を叩かせた。間髪を置かず石破派に手を突っ込んで切り崩し、石破茂を孤立させ、石破派の解散を誘導している。14日夜のBS日テレの番組で、鴨下一郎が早くもそれを口にしたのには驚いた。手回しがよすぎる。


石破茂へのリンチと安倍晋三の神格化 - 院政への政変工作と安倍マスコミの恩返し_c0315619_14432427.pngこのクーデターとも言える電光石火の石破潰しと院政構築の政治が成功した理由は何だろうか。それは、安倍晋三の兵団の一糸乱れぬ作戦行動とご奉公である。
9月に入って以降、テレビや新聞などのマスコミ報道(特に毎日)も、現代ビジネスなどヤフートップの画面下に連なって掲示されるネットのマスコミも、毎日毎日、執拗に石破茂へのネガティブキャンペーンを張り続けた。これでもかとネガキャン情報を溢れさせた。ネガキャンの記事には、ルックスの悪い石破茂の顔写真をアップで貼り付けていて、イメージを落とす作戦意図があることは瞭然だった。私は、いわゆる安倍マスコミの軍団が総結集して戦闘に及んだ図を想像する。感謝と忠誠を誓う安倍晋三への恩返し。安倍晋三のイデオロギーに共鳴し、安倍晋三の7年半の独裁治世に協力加担し、その結果、出世し、成功し、地位と報酬を得た者たちは多い。ただの無能な右翼で終わるところを、安倍晋三のおかげで組織の中で栄達を拾い、役職と年収と権勢を手にした者は多い。7年半で勝ち組になった者たち。その安倍恩顧の者たちが、ここぞと一斉蜂起した図ではないか。かかる者たちは、石破茂にグレートリセットされたら困るのであり、現在の立場を失ってしまうのだ。


そうした動機が窺える。今度の政治は「勝ち馬に乗る」というような自然な流れではなかった。そのような表現で実態を捉えることはできない。もっと不気味で寒気のする権力闘争の真相があり、戦略的に設計されたマヌーバーがあり、目標と工程が綿密に管理された謀略の刻一刻だったはずだ。ギラギラした露出狂の独裁権力が、歌舞伎の「引抜」のような一瞬の間合いで、おどろおどろしい院政体制へと編成替えした政治だった。



石破茂へのリンチと安倍晋三の神格化 - 院政への政変工作と安倍マスコミの恩返し_c0315619_14394570.png
石破茂へのリンチと安倍晋三の神格化 - 院政への政変工作と安倍マスコミの恩返し_c0315619_14395434.png
石破茂へのリンチと安倍晋三の神格化 - 院政への政変工作と安倍マスコミの恩返し_c0315619_14401808.png
石破茂へのリンチと安倍晋三の神格化 - 院政への政変工作と安倍マスコミの恩返し_c0315619_14402700.png
石破茂へのリンチと安倍晋三の神格化 - 院政への政変工作と安倍マスコミの恩返し_c0315619_14405198.png
石破茂へのリンチと安倍晋三の神格化 - 院政への政変工作と安倍マスコミの恩返し_c0315619_14410416.png
石破茂へのリンチと安倍晋三の神格化 - 院政への政変工作と安倍マスコミの恩返し_c0315619_14411274.png
石破茂へのリンチと安倍晋三の神格化 - 院政への政変工作と安倍マスコミの恩返し_c0315619_14525568.png

by yoniumuhibi | 2020-09-16 23:30 | Comments(5)
Commented by アン at 2020-09-17 10:08 x
菅は民間人登用として、竹中、三木谷、新浪剛史を考えていたと新聞に出ていました。人選のセンスの悪さに驚きますし、三木谷は大臣やるほど暇ではないので現実的にもあり得ない。かつて、わたみを議員に擁立したのも菅だったといいますし、人を見る目がない、センスが致命的に悪いと思います。
昨日、本会議場で、菅が指名されて礼を繰り返している間、村上誠一郎は拍手もせず、目線も合わせていませんでした。
ふるさと納税の問題点を菅に指摘されて左遷された官僚の話が出ていました。ああいうことがこれからたくさん起きるのです。
デジタル庁は、やったからといって受けがいい政策ではないですよね。年寄りにとってはなんのこっちゃ?でしょうし、若い世代にとっては世界のほかのデジタル先進国には全く追い付いていないのがわかりますし。
支持率をあげる一番いい方法は、PCR検査やりまくって、コロナを抑えることです。
Commented by コスモス at 2020-09-17 23:53 x
デジタル大臣は、某県のゲーム条例にも関わっているようですね。(私は四国のことには詳しくないのでよくわかりませんが)
今までITにどれほど税金が使われてきたか。日本のメーカーが変なシステム作って、それを税金で高くお買い上げして、斜陽のメーカー延命させてきました。
台湾や北欧諸国のように情報技術を国民の幸せのために使うことは無理、中国韓国のような体制も無理でしょうから、デジタル庁はやる意味がありません。
法務大臣は某死刑の前日に赤坂自民亭で宴会やってた人ですよね。(西日本豪雨襲来中でもあった)オウム事件で首謀者の松本と、それ以外の責任を分けて考えるべきではという意見は、被害者からも出ていました。
この人は前回の大臣時代に、林氏を名古屋高検に転出させました。その人を再度大臣にすることは、検察への宣戦布告、第2の黒川(政治の言うこと聞く人間)を見つけて検察も政治の影響下に置くぞということですね。東国原が菅さんの人事は恐ろしいと言っていました。
ブログ主さんが危惧されているように、この高い支持率で、真実が見えなくなっていくことが恐ろしいです。菅政権の実態は、さらにあくどい安倍政権ですよ。
安倍が人前であの布マスクつけるのやめた時点で、今井が敗北し、菅が勝利したのでしょうね。
Commented by サン at 2020-09-18 08:05 x
菅は前川喜平さんへの人格攻撃を主導(前川さんとかかわりがあった女性がすぐに週刊誌に実態を証言し、前川さんのご家族もご承知のことであったので、攻撃されても怯まなかった)、国谷裕子降板も主導したようですね。菅とかかわりのある報道陣が、あそこまでの石破いじめをしたこととも、関係あるでしょうか?
石破夫人はファーストレディに向いている方のようでしたので、残念です。
いま、ネット関係のサービスと紐づけされた銀行預金の不正引き出し事件、さらにはSBI証券の架空引き出し事件が報道されていて、被害額がどれほどになるでしょうか。大規模な金融事件になると言われています。ドコモ口座なんて持ってない年寄りの口座、誰もチェックしていない休眠口座の被害を含めたら、相当額になるのではないでしょうか。口座の記録をチェックするなど私のまわりもここ数日はそう言う作業に気を取られ、ビクビクしているのに、このタイミングでデジタル庁いうあたり、何もわかっていないと思います。
Commented by ひまわり at 2020-09-20 11:03 x
gotoを批判されても推進した菅が総裁となり、そして旅行業界や観光地もgotoの恩恵を口にするので、goto批判が下火となり、この4連休は人の動きが戻ったようです。
東京も8月にはいったん一日の感染者数が400を超えたのですが、そこから下がったので、人々の間にも「コロナはなんとかなる」という印象ができつつあるのかもしれません。
貴ブログで、今年の春、中国で国内旅行が解禁となり人々が殺到した折に、都市封鎖と解禁の際の市民の心情について考察しておられたことを思い出します。
しかし、中国の上海では市民はマスクはしますが、感染者ゼロなので安心して生活ができるそうです。一方、東京では安心にほど遠いですし、横浜では大規模の保育園クラスターが発生しているありさまです。
日本では、歌舞伎座の近くの老舗の弁当屋、銀座の中華料理店など、贔屓が多かった店でも持ちこたえられずという状況で、このままコロナがだらだら続くと、小さな商売はどんどん消えていくことになります。

河野太郎が沖縄へ行きましたね。河野太郎の沖縄での対応ぶりは、菅が官房長官時代に沖縄に対してやったことそのままです。
菅は沖縄での自民党の議席そのものを放棄してもいい、そのかわり沖縄は国が締め上げる、そんな心づもりかもしれません。
Commented by そよかぜ at 2020-09-23 10:31 x
当時の政権中枢(今井?)は、コロナはすぐにおさまる、おさまったらgotoやって、来年の五輪で景気回復と考えていたそうです。
私はおさまるには数年はかかるとみていました。貴ブログからも、有益な情報が得られたお陰です。
政府の初動の誤りが、そのまま日本でコロナが減らない原因になっていると思います。厚生技官がきちんとした情報を伝えなかった、伝わる構造になっていなかった、政府が機能していないです。菅は「やることをやる」ままに、gotoをそのまま推進したのでしょうが、誤りを認めて方針変更しないと、さらに悪いことになると思います。日本の人もgotoやってるから大丈夫とか、小池さんがステイホームと言わないから大丈夫ではなく、科学リテラシーが必要と思います。
菅は人に迷惑をかけないように、公道での散歩も総理になったらやめた。会食も宴席ではなくワーキング目的(会食してるメンバーが残念だが)、セキュリティ面で支障ないホテル、公邸、議員宿舎を移動して、4連休も粛々と働いていました。人の恨みを買わないように自制できる政治家というのは、久々に見ました。


カウンターとメール

最新のコメント

今回のBLM運動が盛り上..
by 長坂 at 15:15
 駄文続きすみません..
by 印藤和寛 at 08:10
パックンはご家庭の事情で..
by コスモス at 00:22
 ロ-ルズやアーレント、..
by 印藤和寛 at 21:04
ロールズを読んだ事ないの..
by 長坂 at 11:29
 「あなたはすばらしい人..
by みきまりや at 08:45
本を批判的に読まなくては..
by さふらん at 15:02
実証主義をうたう伊藤隆氏..
by H.A. at 20:25
私は、日中戦争は笠原十九..
by 長坂 at 19:47
五輪さんの歌のご紹介有難..
by アン at 01:09

Twitter

以前の記事

2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング