人気ブログランキング |

中国のGDPを報道しないマスコミ - 観光収支の彼我とインバウンド経済の破産

中国のGDPを報道しないマスコミ - 観光収支の彼我とインバウンド経済の破産_c0315619_13502682.png先週の大きなニュースとして、4-6月の日本のGDP成長率が年率換算で27.8%減となり、戦後最大の落ち込みを記録したという問題があった。この件にはずっと注目し、ブログやツイッターで速報値を追いかけて各国との比較を試みてきたが、やはり予想どおりというか、日本のマスコミは中国の数字 - 何と55%増! - を無視して碌に報じなかった。日本の報道は、欧米諸国と比較し、先進国の中では減少幅が少ないという点ばかり強調して伝えていた。韓国や台湾の数字を示すこともしなかった。韓国は年率で12.7%減であり、台湾は8.8%減である。日本と比較して、韓国のマイナス幅は2分の1であり、台湾のマイナス幅は3分の1に止まっている。この結果は韓国と台湾のコロナ対策の秀逸さを示すもので、政府が感染防止の万全の対策を打ち、それがよく反映された結果である。前に述べたように、2QのGDP速報値は各国のコロナ対策の成績表を意味する。中国は5、台湾と韓国は4、日本は2、米国とEUと英国は1。



中国のGDPを報道しないマスコミ - 観光収支の彼我とインバウンド経済の破産_c0315619_13504914.png日本のテレビ報道で、中国と韓国と台湾の数字をグラフで並べ、コロナ対策の成否と関連させて意味を分析した番組はなく、論者も一人もいなかった。われわれが考えないといけないのは、仮にファクターXが介在していたらどうなのかという問題である。私自身は、感染拡大のメカニズムには何らか人種的(形質的・生理的・免疫的)な要因が複雑に絡まっていて、それが世界諸地域の感染状況の差異となって現れていると推測している。そうでないと、欧米や南米と東アジアとの相違を説明できず、よく理解できない。日本を含めた東アジアの諸民族には幸運な偶然がもたらされていたと直観する。そうしたファクターXの存在と関与を仮定した場合、日本が韓国の2倍のGDPマイナス幅というのは、まさにコロナ対策の欠如と貧困と失敗を証明するものだし、欧米諸国と比較してコロナ対策で相対的に成功しているとは言えない。逆に、世界中で最悪の対策をやっていたのが日本で、無策で無能だったのが日本だという総括になるだろう。


中国のGDPを報道しないマスコミ - 観光収支の彼我とインバウンド経済の破産_c0315619_13513949.pngそれにしても、中国の2QのGDPの年率換算55%増という数字は驚異的だ。
刮目させられる。前期比で11.5%増、前年同期比で3.2%増。生産を上昇させ、消費を回復させ、ほぼあらゆる指標で力強い反転を遂げ、見事なV字回復を実現している。世界中で、ただ一国だけ景気回復に成功している。その景気回復を牽引している中身は内需に他ならない。この点に着目する必要がある。日経の記事にあるように、輸出の回復は順調ではない。無理もないことで、コロナ禍でEUと米国の輸入が減っており、加えて米国から厳しい経済制裁を受けている事情がある。V字回復のエンジンは内需であり、個人消費が景気回復を主導している。これも当然といえば当然で、1-3月期は国内諸都市が封鎖状態にあり、交通が止められ、人の往来と外出が厳しく制限されていた。コロナ封じ込めに成功し、機動的で科学的な対策方法を確立し、中国は2Qには国内からコロナの脅威を一掃してしまった。国内の経済活動はコロナ前の原状に復すことができる。


中国のGDPを報道しないマスコミ - 観光収支の彼我とインバウンド経済の破産_c0315619_14024601.pngが、あまりにも中国だけが劇的な内需拡大のV字回復を遂げているので、その中身を考察して秘密の一端を探りたいと思う。他の先進諸国と何が違うのか。実は鍵となる特別な理由がある。どうやらそれは観光だ。情報では、中国の昨年上半期のアウトバウンド旅行者による支出額は1275億ドル(約14兆円)に上るという。年間で2550億ドル(約28兆円)。凄まじい数の中国人が海外旅行に出ていて、旅行先で大量のマネーを落としている。中国のGDPが13兆6100億ドル(世界銀行統計)なので、この数字は2%分に相当する。巨額だ。海外旅行支出はGDP計算では輸入に計上され、輸出のマイナス分にカウントされる。すなわち、GDPの数値全体を引き下げる要素となる。その国の国民経済にとってスペンディングであり、数字的にはロスの評価の経済活動となる。工業競争力で優位に立った貿易黒字国はこの手段で穴埋めを図り、貿易赤字国に対して帳尻を合わせようとする。80年代に中曽根康弘が推進した経済政策だ。


中国のGDPを報道しないマスコミ - 観光収支の彼我とインバウンド経済の破産_c0315619_13523983.pngコロナ禍が世界を覆う中、国際航空便は止まり、国境を越えて移動往来する観光客の波は止まった。各国とも海外観光客が消費して殷賑する市場経済はゼロになった。世界の観光業の需要を作り出していた主力は、まさに7131万人(18年実績値)の中国人であり、2550億ドルの観光消費マネーに他ならなかった。その2550億ドルの四半期分(4分の1)が、今回、国民経済計算上セーブされたことになり、中国国内での支出に回り、すなわちGDPの個人消費に回ったため、2Qの中国のGDPは驚異的な押し上げとなったのだろう。お金が海外に落ちずに国内に落ちた。コロナ禍の偶然の要因によって、GDPのマイナスが減ってプラスに転化した。試算上、少なくとも637億ドルの輸入が減り(輸出が増え)、その支出分の多くが国内の個人消費に使われている。全部が国内の消費支出に回ったわけではなく、貯蓄に回った分も多いに違いないが、それでもボーナス的な需要が国内市場に発生した事実は疑えない。この経済因子を看取できるはずだ。


中国のGDPを報道しないマスコミ - 観光収支の彼我とインバウンド経済の破産_c0315619_13530326.png同じ傾向は、韓国と台湾についても言えるかもしれない。韓国も台湾も国民の海外旅行熱が旺盛で活発な国である。海外旅行客の出国大国であって、インバウンド・アウトバウンドの収支バランスを確認すれば、支出(赤字)の方が多く、GDP上は観光収支でマイナス分が多くなっている国(地域)だろう。韓国も台湾も、今回は海外旅行に出る者が足止めとなり、GDPの支出分がマイナス(輸出のプラス)の効果となった。一方、現在の日本経済は、インバウンド・アウトバウンドの収支がプラスに構造化された国であり、すなわち観光立国に政策設計され、インバウンド・オリエンテッドに傾斜した国である。パンデミックで世界の観光全体がフリーズされると、その経済的影響が収支マイナスに出る国である。GDPに占めるインバウンドの比重が高く、ダメージとインパクトが大きく出てしまう国だ。その典型的な例がEU諸国であり、観光で経済を成り立たせている国々であり、だから2Qの数字の落ち込みが極大化する悪夢となったのだろう。そのように観察することができそうだ。木村太郎が指摘していたように、観光のGDPに占める割合が先進国は本当に大きい。


中国のGDPを報道しないマスコミ - 観光収支の彼我とインバウンド経済の破産_c0315619_13461022.png今回は詳しく論じられないが、私の認識と結論は、日本経済をインバウンド型でモデルで形作る方向性には反対であり、安倍政権が推し進めてきたインバウンド至上主義の経済成長路線は破棄するべきだと考える。その旨を主張したい。今回のコロナ禍がワクチンで一度は解決されたとしても、第二第三のパンデミックは必ず出現し襲来するに違いない。インバウンド経済はパンデミックに無力であり、跡形もなく崩壊させられる。パンデミックが頻発する人類史のリスクの前に、インバウンド・モデルの経済立国は成立し得ない。そもそも、アベノミクスが遂行してきたインバウンド業の興隆と拡大は、普通の日本人の庶民が憩いのために使っていた公共の場を、押し寄せる海外観光客のために乱暴に無造作に開放し、彼らの享遊と消費の場にし、資本に儲けさせるために社会空間を改造することだった。銀座も、上野公園も、嘗ての面影を失って滅茶苦茶になった。春の千鳥が淵も、秋の奥日光も。日本人の中産階級のための生活空間だった場所が、外国人観光客と資本のために乱雑に占領され私的所有された。


われわれは、共有地を簒奪されて、資本と外国人に奉仕させられている。自分の馴染みの商業地や行楽地から疎外されている。日本の市民は小さくなって銀座の歩道の隅っこを歩き、山手線車内での外国人観光客の粗暴な行儀作法と騒音に耐えることを強いられ、浅草で人力車を引く苦力となっている。飛田新地でコンフォートをやっている。不愉快で納得できない。容認できない。こんな惨めで落ちぶれた経済と生き方はやめにしたい。



中国のGDPを報道しないマスコミ - 観光収支の彼我とインバウンド経済の破産_c0315619_13551217.png
中国のGDPを報道しないマスコミ - 観光収支の彼我とインバウンド経済の破産_c0315619_13552839.png
中国のGDPを報道しないマスコミ - 観光収支の彼我とインバウンド経済の破産_c0315619_13560135.png
中国のGDPを報道しないマスコミ - 観光収支の彼我とインバウンド経済の破産_c0315619_13591373.png
中国のGDPを報道しないマスコミ - 観光収支の彼我とインバウンド経済の破産_c0315619_14011392.png
中国のGDPを報道しないマスコミ - 観光収支の彼我とインバウンド経済の破産_c0315619_14013487.png
中国のGDPを報道しないマスコミ - 観光収支の彼我とインバウンド経済の破産_c0315619_14014385.png
中国のGDPを報道しないマスコミ - 観光収支の彼我とインバウンド経済の破産_c0315619_14015187.png

by yoniumuhibi | 2020-08-24 23:30 | Comments(3)
Commented by tomo at 2020-08-24 21:19 x
ご主張には賛同します。が…
目下の問題はそれを主張する野党がほぼないことです。

通貨発行権のある国に財源問題など存在しないし、
国民の借金なんて、貸したのは誰かを考えれば問題ないことは分かるのに。

このコロナ禍で大規模な財政出動と大幅な減税を打ち出さない政党には即刻消えて欲しい。
Commented by 宇津木洋 at 2020-08-25 11:55 x
いつも貴重な情報や卓越した解説ありがとうございます。
記事にありますように、私も日本が観光立国に舵を切っていることに反対です。日本の外国人目当ての商売は、今回のコロナのような事態に無力な他力本願的なやり方です。
本来は、多くの国民が国内旅行をし享受することで経済を回すべきですが、新自由主義の進行により経済的に余裕のある国民が減少しています。これを改めるには政治を変えるしかないと思います。
また、日本のコロナ対策のお粗末さにより、日本は世界経済から大きく取り残されていますが、問題の本質を語る人の露出は少なく、政府の発表や御用学者、コメンターに多くの国民は洗脳されています。
この事態に嘆かわしいというより恐ろしさを感じております。
Commented by コスモス at 2020-08-25 17:27 x
世田谷モデルが世界標準ですよ。
ニューヨーク市では、一般市民で症状がなくても、月に1回くらい検査受けに来てくださいと呼びかけている。無料です。
アメリカの有名大規模大学の中には、週2回検査受けることを条件に大学構内への学生の出入りを再開させたところもあります。日本でも、女子医大は授業再開にあたって、学生にPCR検査受けさせましたよね。

世田谷モデルに屁理屈で難癖をつける御用テレビ芸人。山口真由もだそうですが、いかにも日本的な、馬鹿げた光景です。
マスク配るよりよほどいい政策だし、うちの自治体でもやってよ、業種を絞らずすべての人にやってよ、定期的にすべての人にやってよと、政治に要求すればいい。西村大臣に、「どうして検査やれないのか」と詰め寄ればいい。

貴ブログでは、春先の早い時期に、検査、隔離しかないと言っておられましたよね。コロナ対策というのは、検査、隔離、トレース、治療をやるだけのことで、それ以外にありません。テドロス事務総長が「テスト、テスト、テスト」と言っておられましたよね。

日本の医者や科学者の中にも、検査をすると病院があふれるから検査は無意味という人がいます。ツイッターに入り浸っているような暇なのとか、業績のない三流に多いですが、中には、本業ですぐれた業績なのに検査は不要と言い出す人もいる。
そして、集団免疫論者(コロナより経済が大事、コロナ対策のしすぎはばかげているという一派)の中に、高齢者、それももう療養している高齢者を見下す価値観の人間が多いことに最近気づきました。どうせ死ぬだけの人間がコロナで死んだだけ、だからコロナ対策をやりすぎるのはばかげている、というわけです。
命を大事にしない人間が大きな顔をし始めるのは、いいことではありません。


カウンターとメール

最新のコメント

今回のBLM運動が盛り上..
by 長坂 at 15:15
 駄文続きすみません..
by 印藤和寛 at 08:10
パックンはご家庭の事情で..
by コスモス at 00:22
 ロ-ルズやアーレント、..
by 印藤和寛 at 21:04
ロールズを読んだ事ないの..
by 長坂 at 11:29
 「あなたはすばらしい人..
by みきまりや at 08:45
本を批判的に読まなくては..
by さふらん at 15:02
実証主義をうたう伊藤隆氏..
by H.A. at 20:25
私は、日中戦争は笠原十九..
by 長坂 at 19:47
五輪さんの歌のご紹介有難..
by アン at 01:09

Twitter

以前の記事

2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング