人気ブログランキング |

児玉龍彦の洞察 – 無能で時代遅れの専門家、中韓に嫉妬した愚かな政府

4月3日のネット動画の中で、児玉龍彦が次のように述べている。正鵠を得た重要な着眼と指摘であり、今の日本で喝求されている科学者の分析だと思われるので要点を抜粋したい。

児玉龍彦の洞察 – 無能で時代遅れの専門家、中韓に嫉妬した愚かな政府_c0315619_15263960.png今回のコロナウィルスの例では、非常に早い時期から、集団感染が報告されてから一週間程度で、BGI(Beijing Genomics Institute)という世界最強のバイオ企業がシークエンスを決めた。世界最大の検査会社であるロシュが、その一週間後にはPCR検査を立ち上げた。ウィルスの簡易検査方式であるPCR検査が最初からできるようになっていた。だから、世界中が膨大検査に走った。日本の専門家会議が最も悲劇だったのは、岡部先生とか尾身先生とか、嘗てWHOでアジアの感染症対策を指導する立場にあった立派な方々なんですが、昭和の懐メロみたいな昔風の対策に固執したところにある。世界の感染疫学というのは、遺伝子工学を元に膨大検査をして情報追跡をする手法に移っていたのに、そのトレンドが理解できず、今回の失敗が起きてしまった。




児玉龍彦の洞察 – 無能で時代遅れの専門家、中韓に嫉妬した愚かな政府_c0315619_14335311.png専門家会議の話を聞いて心配になったのは、専門家会議の中にコロナウィルスの遺伝子解析の話をできる人が一人もいない点です。C型肝炎や抗生物質の専門家はいますが、遺伝子工学や情報科学の専門家がおらず、この専門家会議は学問的にはかなり問題だらけと言えます。(略)東大とか理研を合わせれば何万人という数のPCR検査がすぐできます。それだけの機器の台数がある。ところが、今の東大や理研の執行部の方というのは、『(構内感染で)閉鎖になったらどうする』という後ろ向きの議論ばかりして、不作為の自己防衛に徹している。医師会とか東大とか理研とか、本来、コロナに立ち向かって戦うべき組織にリーダーがいなくなっている。このことが大きな問題だろうと思います。(略)東大は年2千億円、理研は年1千億円の予算を使っていますが、そういう国家的な研究機関からの発言がゼロで、組織を守る行動ばかりしている。異常事態です。


児玉龍彦の洞察 – 無能で時代遅れの専門家、中韓に嫉妬した愚かな政府_c0315619_14340672.png2月8日の専門家会議の議事録が出ていまして、それを読むと、PCR検査の問題点をさんざん論い、2005年くらいから感染研で取り組んでいたLAMP法(Loop-Mediated Isothermal Amplification) という検査法を開発したらどうだろうという議論が行われています。日本はBGIとロシュに出足で遅れをとったのですが、それをLAMP法で挽回しようとしたわけです。BGIやロシュに日本が出遅れるのは必然で、基礎予算の規模と開発能力が全く違う。BGIやロシュを簡単に真似することは米国のCDCもできなかった。米国の検査の遅れも日本と同じ事情からで、研究者が中国に負けたことに嫉妬して、自分たちで独自に検査キットを作ろうとして失敗した。感染症対策の学問体系がガラッと変わり、遺伝子工学と情報科学を中心とする世界に変わったということです。WHOの人たちは中国へ調査に行って、新しい流れに驚いたという報告書を出しました。


児玉龍彦の洞察 – 無能で時代遅れの専門家、中韓に嫉妬した愚かな政府_c0315619_15163221.png児玉龍彦の整理と説明で、ほぼ問題全体の輪郭を掴み、急所を押さえられるように思われる。日本のPCR検査をめぐる時系列については、日経バイオテクの検証記事もあるので併せてご参考いただきたい。思い出せば、2月の早い時期にNHKのニュースで、長崎大が試作するLAMP法の検査キットが紹介され、従来のPCR検査法よりも迅速に行える利点があり、いかにも日本のコロナ対策の本番で力を発揮するかのような宣伝がされていた。保険適用で実用化という報道だった。キットは長崎大とキャノンメディカルとの共同開発で、だからなのか、テレビに出るたびにコロナを出汁にして自己宣伝の舌を回す黒岩祐治が、BSの番組で大風呂敷の口上を垂れ流していた。キャノンの工場は川崎(矢向)にある。それから2か月経ち、LAMP法キットの話題と消息がマスコミから消えたということは、製品開発に失敗して間に合わなかったということだ。厚労省の目論見は外れ、PCR検査は未だに「6時間かかる」という話になっている。


児玉龍彦の洞察 – 無能で時代遅れの専門家、中韓に嫉妬した愚かな政府_c0315619_15164921.png詳細は不明だが、日本政府が日本独自の検査方式に拘っている事実は否定できない。LAMP法は報道から消えたが、4月になって抗体検査(IgGとIgM)に焦点が当たって喧伝されるようになり、最近は岡田晴恵もモーニングショーでそのエバンジェリズムに一役買っている。おそらく、古巣である感染研の方面から依頼されての情報発信だろう。こうした動きを見ても、政府・厚労省がいかにPCR検査を疎んじ、執拗に嫌忌し、PCR検査の普及と推進にネガティブで、権力を総動員してそれを妨害しているかが分かる。昨日(4月17日)の時点でも、日本感染症学会と日本感染環境学会とが共同で、「軽症者にはPCR検査は推奨しない」とする提言を発表した。この汚い策動の中心人物は、専門家会議のメンバーでもある舘田一博だ。島根県でドライブスルー検査が立ち上がり、東京都の医師会がPCRセンターの設置と運営に動き始めた現時点で、恐るべき反動と言わざるを得ない。PCR検査の意義否定に躍起になっている。


児玉龍彦の洞察 – 無能で時代遅れの専門家、中韓に嫉妬した愚かな政府_c0315619_15091088.png新型コロナウィルスのPCR検査の標準方式を確立したのはロシュ社であり、その基礎データとなるシークエンス(塩基配列)を解析・決定したのは中国BGIである。米国CDCも日本感染研も、1月中にウィルスの分離に成功し、検査試薬と簡易キットの開発に速攻で着手した。だが、報道を見るかぎり、現在、検査キットで世界中から引っ張りだこになっているのは韓国の製品で、品質・精度が高いと評判を得て受注が殺到している状況にある。日本のマスコミ報道はその事実に光を当てない。児玉龍彦の慧眼のとおり、日本の政府と関係者たちは中国と韓国に嫉妬し、自分たちの無能と怠慢と倨傲を顧みることなく、初発の作戦方針の失敗をそのまま引きずり続けているのだ。先の戦争の昭和天皇と軍部と参謀たちと同じである。時間の経過とともに、惨憺たる事態を招き、医療崩壊を起こし、国民生活を地獄に落としているのに、自分たちの過誤と暴走を認めようとせず、巧妙にゴマカシと言い訳を言い繕って、責任から逃げ保身に奔走している。


児玉龍彦の洞察 – 無能で時代遅れの専門家、中韓に嫉妬した愚かな政府_c0315619_15173084.png2月末の時点で方針を転換し、韓国で成功を収めた正攻法の戦略を素直に見倣い、同じように検査と隔離を徹底する対策にシフトしていれば、今のような深刻な院内感染と医療崩壊の破局はなかった。PCR検査をめぐる状況は、現在、国民にとってますます悲惨になり、3月よりも4月の方が厳しく悪化している。保健所がようやく検査を認めた数少ない患者でさえ、実際の検査まで5日かかり、検査待ちが溜まっている。今では、埼玉県や東京都のコネのない庶民は、軽症とは呼べない中等症の者でも、病院はおろか宿泊施設にも入れてもらえなくなった。発熱して自宅で倒れ、コロナ罹患を疑われた者は、救急搬送されても40か所も入院を断られ、何時間もかけて辿り着いた先の医者に「PCR検査は受けられない」と告げられ、再び救急車で自宅に連れ戻されてしまう。重症で死ぬ間際でないとPCR検査は受けられず、医療機関で治療を受けられない。3月よりも酷くなった。だけでなく、地域の病棟閉鎖によって脳梗塞や交通事故の急患が受け付けられなくなり、癌患者の検査や手術が先送りにされるという地獄に至っている。


児玉龍彦の洞察 – 無能で時代遅れの専門家、中韓に嫉妬した愚かな政府_c0315619_16421409.pngいったい、日本のコロナ対策の目標である「重症者を出さない」とはどういう意味なのだ。すべてはPCR検査抑制の誤謬と倒錯に由来している。癌や脳梗塞や透析治療の患者まで犠牲にして、地域医療をそこまで破綻・崩壊させて、国民を苛烈に苦しめて、そうまでして頑迷に固守しなければならない「PCR検査拒否」の「国体護持」とは何なのだ。精密検査であるCT検査よりもハードルが高く遠い簡易検査のPCR検査とは何なのだ。世界は不思議な目で日本を見ているだろう。前回、比喩のビルディング・ブロックを積み上げ、今の日本のコロナ禍が嘗ての日本の戦争と相似形である本質と構造を示し、政治学的な意味の考察と解読を試みた。無能で傲慢な参謀たちによる杜撰な作戦計画のため、そして、無責任で隣国を不当に蔑視した政府による不作為のため、武器弾薬糧秣なく無防備で前線に放り出された軍隊(医療機関)は、あっと言う間にウィルスに攻略されて壊滅した。国民に提供される医療は地上から蒸発してしまった。4月以降、国民は丸裸でウィルスの侵攻に脅えなくてはならなくなり、B29編隊による本土空襲の日々となった。


近所に病院はあっても、医師はいても、健康保険証を持っていても、病院は閉鎖されて営業していない。発熱患者は診てもらえない。恐くて歯科医や眼科医にも気楽に行けなくなり、また、恐くて普段どおり地域の患者を診ることが難しくなった。



児玉龍彦の洞察 – 無能で時代遅れの専門家、中韓に嫉妬した愚かな政府_c0315619_15180146.png
児玉龍彦の洞察 – 無能で時代遅れの専門家、中韓に嫉妬した愚かな政府_c0315619_15180977.png
児玉龍彦の洞察 – 無能で時代遅れの専門家、中韓に嫉妬した愚かな政府_c0315619_15182101.png
児玉龍彦の洞察 – 無能で時代遅れの専門家、中韓に嫉妬した愚かな政府_c0315619_15183108.png
児玉龍彦の洞察 – 無能で時代遅れの専門家、中韓に嫉妬した愚かな政府_c0315619_15184151.png
児玉龍彦の洞察 – 無能で時代遅れの専門家、中韓に嫉妬した愚かな政府_c0315619_15185031.png
児玉龍彦の洞察 – 無能で時代遅れの専門家、中韓に嫉妬した愚かな政府_c0315619_15190287.png
児玉龍彦の洞察 – 無能で時代遅れの専門家、中韓に嫉妬した愚かな政府_c0315619_15191116.png

by yoniumuhibi | 2020-04-18 23:30 | Comments(2)
Commented by もあん at 2020-04-19 07:12 x
いつも卓見を楽しみにしております。
投稿の時機を逸したかもしれませんが、NHK BS-1で「パンデミックとどう闘うか」というテーマで4月14日と15日に二夜連続でNHKスペシャルの再放送がありました。第一夜は2004年放送のSARS、第二夜は2008年放送の新型インフルエンザ、両番組とも今回の新型コロナ対策で登場する専門家が出演します。また、当時の日本の対応が報じられていました。
SARSや新型インフルは日本が戦場にならなかった第一次世界大戦、今回は日本も戦場となる第二次世界大戦にたとえられます。10年以上前の日本の対応、専門家の対応を見ると、なぜ今回は日本はこんなことになっているのか、と悔しく感じた次第です。
Commented by ムラッチー at 2020-04-21 07:25 x
「疫学専門家」
2月 「今が瀬戸際」
3月 「今がギリギリ」
4月 「今が分れ目」

・・・・・お 前 等 素 人 だ ろ 。



カウンターとメール

最新のコメント

今回のBLM運動が盛り上..
by 長坂 at 15:15
 駄文続きすみません..
by 印藤和寛 at 08:10
パックンはご家庭の事情で..
by コスモス at 00:22
 ロ-ルズやアーレント、..
by 印藤和寛 at 21:04
ロールズを読んだ事ないの..
by 長坂 at 11:29
 「あなたはすばらしい人..
by みきまりや at 08:45
本を批判的に読まなくては..
by さふらん at 15:02
実証主義をうたう伊藤隆氏..
by H.A. at 20:25
私は、日中戦争は笠原十九..
by 長坂 at 19:47
五輪さんの歌のご紹介有難..
by アン at 01:09

Twitter

以前の記事

2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング