人気ブログランキング | 話題のタグを見る

感染者数はどれだけいるのか - 新型肺炎が隠れ定着する国となる日本

感染者数はどれだけいるのか - 新型肺炎が隠れ定着する国となる日本_c0315619_16014413.pngメルケルが11日の会見で、「最終的にドイツ国民の6-7割が感染する可能性がある」と語っている。上昌広は、有効なワクチンと新薬が開発されるまでの間に世界中で6割が感染、うち1%が死亡するという見立てを示している。トランプは16日の会見で、感染拡大がいつまで続くのかという質問に、「7月か8月という見方もある。それより後かもしれない」と答えた。16日、欧州各国は非常事態を宣言して国境を閉鎖、国民には外出を禁止する厳しい措置に出し、飲食店や劇場・映画館等の閉鎖を発表した。米国も、15日間は10人以上で集まることやバー・レストラン等を利用しないよう国民に要請した。これから2週間ほど、欧米諸国は非常事態の中でウィルス禍と戦い続けることになる。韓国のドライブスルー方式を導入して、素早く検査体制の充実に動いたかに見える米国だが、早速、病院ベッド数不足による医療崩壊発生の懸念が言われ始めるに至った。



感染者数はどれだけいるのか - 新型肺炎が隠れ定着する国となる日本_c0315619_15481647.png18日の記事を見ると、ドイツ政府は、国内のホテルへの観光客の投宿を禁じ、イベント会場やホテルを臨時病棟に改造して、急増する軽症者を収容する隔離療養施設として対応するとある。また、現在2万8000床水準の重患者用病床も倍に増やす計画だとある。ベルリンでコロナ感染症患者のための1000床の収容病院を設立することも決まり、ドイツ連邦軍が任務を担うことになった。中国の武漢方式がドイツで採用されている。私がこうすべきだと思う合理的で効果的な対策を、韓国とドイツが着実に実行に移していて、その情報に接するだけで何か救われる気分になる。今回、本当に各国で対応と対策が分かれた。私から見て、エクセレントと思われるのは台湾と韓国とドイツである。最低で最悪で愚劣なのが日本である。日本では、医療崩壊になるから検査を増やさないという方針が周知徹底され、バカげた「コンセンサス」になっている。こんな方針を納得しているのは日本の国民だけだ。


感染者数はどれだけいるのか - 新型肺炎が隠れ定着する国となる日本_c0315619_15543595.png最低で最悪なのは、安倍晋三の日本政府だけではなくて、その首相を熱く支持している国民であり、政府の無策と棄民策を正当化するマスコミの言説を鵜呑みにしている大衆である。宗主国の米国がドライブスルー方式を開始し、1日50万件のPCR検査を提供する体制めざして動いているというのに、あれほど日頃は米国のやることは何でも正しいと賛同し、目の色を変えて美化して真似する日本人が、米国の検査については捨象している。今回、ほとほと呆れ果てるのは、日本人の危機感と緊張感のなさであり、危機の事実と事態の深刻さと海外の動向を直視しようとしない、非科学的で蒙昧で自己中心的な反知性主義の態度である。羽鳥慎一の話では、空いていた東京の電車は再び混雑が激しくなり、テレワークに飽きた会社員がオフィスに戻っていると言う。「コロナ疲れ」に飽き、元に戻ろうとする社会心理の作用らしい。実際、東京では感染者は毎日5人とか10人しか出ていないから、そうした気分になるのも無理はないのだ。


感染者数はどれだけいるのか - 新型肺炎が隠れ定着する国となる日本_c0315619_16084840.png実際のところ、日本ではどれくらい感染者がいるのだろうか。岡田晴恵は3週間前の時点で1万人以上という数を示していた。安倍晋三が一斉休校の発令に出たのが2月29日で、そこから2週間以上経っている。専門家会議が19日に対策の効果を発表するらしいが、先月末に発表して実施された臨時休校とイベント自粛の対策が、いわゆる感染ピークカットの効果を上げていることは間違いない。あれを機に夜の居酒屋の人数が減り、在宅勤務の人数も増えた。尾身茂が言うところの、爆発的感染には進んでいないという認識も正しいだろう。しかしながら、その一方で、自覚症状のあるサスペクトが「相談センター」(=保健所)に電話して、東京では99%、大阪では98%が検査を拒否されている事実もある。2/1から3/7の間、東京では1万5484件の相談に対して1万5330件が断られ、大阪では8080件の相談に対して7922件が門前払いされた。これらの中に、実際には感染しながら検査されなかった罹患者が多くいたことは間違いない。


感染者数はどれだけいるのか - 新型肺炎が隠れ定着する国となる日本_c0315619_16194263.png17日に報道1930に出演した吉村洋文も、「相談センター」で排除した者の中に感染者がいる事実を否定していなかった。吉村洋文や橋下轍によれば、検査を多くすれば感染者が増えてしまい、感染者が多く増えると病院に殺到して医療崩壊が起きるから、検査は少なく抑えた方がいいと言う。自分たちが始めて注目されているところの、宿泊施設を活用した隔離収容対策の意味と目的を、自ら否定する矛盾した言い草に呆れる。増える感染者の受け皿のための大阪方式(ホテル利用)ではなかったのか。大阪府は98%のサスペクトを検査から冷酷に排除し、ライブハウス関係の感染者のみを拾い上げ、PCR検査して病院に送り込んでいる。2%はほとんどライブハウス・クラスター分か「上級」の特別枠だろう。そこまで検査抑制を徹底し、それを正当化し、それが大阪府の方針だと言うのなら、何もホテルを借り上げて病院代替の収容施設を用立てる必要はあるまい。吉村洋文が宣伝する「大阪方式」も、何やら人気取りの口先だけの詐術にすぎない気配が漂っている。


感染者数はどれだけいるのか - 新型肺炎が隠れ定着する国となる日本_c0315619_16321182.pngアバウトに推測して、日本ではピークカットに一定の成果を上げつつ、同時に、検査をせず感染者を市中に放置しているため、ウィルス感染は水面下で連鎖と蔓延を続けていると考えるのが妥当だ。ピークカットは感染拡大の速度を鈍らせ、感染増加の曲線をなだらかにし、そうすることで一時期の感染者数の爆発的増加を食い止め、医療崩壊を防ぎながら、時間をかけて感染を収束する概念と方策だが、今回の日本の場合は、それに成功しているかどうかは分からない。岡田晴恵によると、どこかの時点で急速に感染者数と死者数が増えるときが来ると言う。が、その予測も、今のようにPCR検査を絞りに絞り、抑えに抑え、99%のサスペクトを排除するオペレーションを続けている以上、果たして数が上がる瞬間が日本で来るのかどうかも怪しい。愛知県のように、医師が感染を疑った(別の病気の)重篤患者を死亡前に検査してくれれば、死者数は増えるかもしれないが、それをやらず、「ただの肺炎死」で処理している東京都などでは、いつまで経ってもコロナの死者数は増えないだろう。


感染者数はどれだけいるのか - 新型肺炎が隠れ定着する国となる日本_c0315619_16570177.pngつまるところ、日本は、感染者が依然として多いのか、それとも感染が克服されて消えたのか、外からも内からもよく分からない、データに信用性のない社会として進行し、アフリカのエイズが蔓延している国とか、エボラの脅威が蠢いている国とか、そのような表象で見られる国になるのではないかと想像する。例えば、南アフリカやウガンダやルアンダは、エイズの感染率の高い公衆衛生的にリスクの高い国々である。と同時に、経済成長著しい新興国・途上国の範疇であり、中国や欧米諸国からの市場開拓・建設・技術での人の往来は多い。企業にとってはチャンスの多い、市場的に魅力と価値のある明るい国々であり、ビジネスの観点から決して暗いイメージの国々ではない。ビジネスマンは、エイズとエボラを恐れずアフリカに行く。日本は、そういう国になるのではあるまいか。隣の韓国や中国の地上からウィルスが一掃されても、日本には暗く沈殿し、堆積し、凝固し、盛り場等にしぶとくこびりつき、常に一定数の感染発生が確認され、都市の片隅で人を死なせて行くという、そういう国になるのではないか。


新型肺炎に対しておおらかな、新型肺炎に対して緊張感のない、政府がウィルスを退治できない、新型肺炎と社会がやむなく共存する、そういう、公衆衛生的に前近代レベルの国となるのではないか。政府だけでなく国民に、ウィルスを殲滅しようという意識がない。中国や韓国や欧州諸国や米国のような、ウィルスと戦って勝たなくてはいけないという気概がない。安倍晋三とルーズにレベルを合わせている。


感染者数はどれだけいるのか - 新型肺炎が隠れ定着する国となる日本_c0315619_17045511.png
感染者数はどれだけいるのか - 新型肺炎が隠れ定着する国となる日本_c0315619_16510461.png
感染者数はどれだけいるのか - 新型肺炎が隠れ定着する国となる日本_c0315619_16511619.png
感染者数はどれだけいるのか - 新型肺炎が隠れ定着する国となる日本_c0315619_16513459.png
感染者数はどれだけいるのか - 新型肺炎が隠れ定着する国となる日本_c0315619_16514301.png
感染者数はどれだけいるのか - 新型肺炎が隠れ定着する国となる日本_c0315619_16515277.png

by yoniumuhibi | 2020-03-18 23:30 | Comments(5)
Commented by 七平 at 2020-03-19 06:26 x
嘘を何度も繰り返すと、嘘をつく本人たちにとっては嘘が彼らの真実となり、嘘と真実の見分けがつかなくなります。安倍政権は長年に渡り、事ある毎に 嘘、隠蔽、改竄、もみ消し、報道統制を繰りかえし、それらの悪行を通して危機を乗り越える体質を身につけてしまったのでしょう。嘘をつく人々にとって都合の悪いPCR検査のデータ集め等、邪魔で仕方がないはずです。国が貧しくてできないのであれば別ですが、PCR検査を希望する国民にさせないのは先進国中、日本だけです。
 日本以外の先進国が猛烈な勢いでPCR検査(PCR in Real Time) の拡大措置をとってコロナウイルスに関しての拡散状況を把握しようとしているところ、日本は頭を砂に突っ込んで、嵐の通過を待つ状態と言えます。 結果として、早期治療ができず、多くの患者さんが命を落とされた、又 落とされると思います。 
人質事件で捨て駒にされた後藤健二さんが生前に残した最後の言葉は ”Don't also let Abe kill me." でした。そのビデオや ”この先は私の責任です、、、” ビデオもウェブから完全に抹殺され影も形もありません。 森友学園疑惑事件でも、赤木俊夫さんが極秘文書の改竄を強いられ、死に追いやられ、捨て駒にされています。しかし、羊もしくは二十日ネズミの様な日本国民は騙せても、世界は透明になりつつあり、世界は日本と日本国民の異常性を気づきつつあります。 人命尊重等と口にしても、これほど自国民の命を粗末にする国も珍しく、その証拠として日本語には、特攻隊、人間魚雷、一億玉砕、口減らし、姨捨山、、、、 とかいう恐ろしい言葉が多く存在しています。
Commented by 長坂 at 2020-03-19 10:29 x
今これを書いたところでした!ボリス・ジョンソン提案のピークカット、批判の嵐で修正する事に。専門家チームの試算だと「25万人の死者」と「保健医療システムが保有する患者への対応能力とリソースの最大8倍の需要に見舞われる」と。又「集団免疫は獲得できず、集団免疫アプローチでは事態に対応できない」ので結局他国のように検査、隔離で感染拡大を防ぐに落ち着くらしいです。医療崩壊を恐れて結局死者数と医療費が莫大に増加の本末転倒。日本に関してはSato Hiroshi さんがピークカット中でも抑制策は必要、人為的コントロールの持続可能性(最低で36カ月、そんなに我慢できますか?)も含め「地獄への道は善意で舗装されている」で問題点を指摘しています。ピークカットと言えば、なんかそうなのかと思うが日本の場合は単に「寝た子は起こさない、知らぬが仏政策」をもっともらしく言ってるだけ。だらだら感染者を増やして、日本全体がダイアモンドプリンセス号であり新天地イエス会になり、日本人は国外に出られず、バイオテロ国扱いになって孤立。オリンピック中止になったらまともに検査してくれるのでしょうか?
Commented by 玄明 at 2020-03-21 18:21 x
記事の写真にもあるとおり、事務局長は「test, test, test」と3回も繰り返して検査の重要性を主張。この件を国会で問われた大臣は、「ドライブスルー検査がどういったものか知らない」といった答弁。。。
さて、祝日で見ることのできた玉川氏の番組では感染者率に言及していて、その時ふと気づいたのが、全数検査せずとも一部検査(サンプル試験)で、統計論上100%に近い確率で全体の状況を予測できるということ。TVの視聴率は、300世帯の調査だけで、日本全体の数字を95%だったか99%だったかの確率で出している。さらに医療や医薬の関係者は、新療法・新薬試験の際、何件かの治験結果(サンプル)から全体への効果ありなし(有意差ありなし)をp値という指標を使って判断しており、統計論には馴染みがあるはず。すでにPCR検査済みの件数でも全国の感染者数を予測できるはずが、これまでに発表なし。但し、対象(サンプル)が発熱者に偏っていて不正確という指摘は正。精度を上げるには無作為抽出すべきで、これは、政府発表の検査能力数の1/4にも達していない日々の検査数の中、残り3/4の能力の内数で検査数は足りる。検査のキャパ不足などの説明は、成り立たない。今なお実施しないのは、上記論の誤りか、別の思惑があるのか。(翌土曜日に田中康夫氏が類する発言をしましたが、パクったわけではありません)
最後にオーバーシュートについて、例えば1000℃で一定になるまで加熱のつもりが、一旦1000℃を超えてしまった時に使うもの(通常その後は1000℃を維持)。今回オーバーシュートを、ある閾値を超えて上がり続けるニュアンスで使っており、違和感が。。
Commented by 高橋 at 2020-03-23 00:08 x
「専門家会議」なるものが使っている「オーバーシュート」という用語は、爆発的感染拡大という意味合いで英語で使われることはなく、「思ったより度を越してしまった、行き過ぎ」という意味であり、完全な誤用。英文メディアでも論文でもそうした使用例はまずない。そんな「専門家」がいるのだろうか?

https://nofrills.seesaa.net/article/the-unbearable-lightness-of-the-way-they-treat-the-words.html
Commented by もあん at 2020-03-23 21:53 x
オーバーシュートが日本語になっているのは証券用語、「相場や有価証券の価格の行き過ぎた変動のこと。相場や有価証券の価格は、需給関係により、短期的に実体からかけ離れた価格になるケースがある。」とのことです。イタリアのケースはまさに「実体」ですから、これでまた1つ間違った単語が跋扈しますね。
https://www.nomura.co.jp/terms/japan/o/A02114.html


メールと過去ログ

最新のコメント

25年前には、 こんな..
by 前期高齢者 at 18:19
恐れていたことが現実に近..
by 愛読者 at 11:41
重ねて失礼します。 ア..
by コスモス at 21:25
今年くらいからか高等学校..
by コスモス at 21:12
吹田市では18歳と22歳..
by 伊豆うさぎ at 12:23
結局はアメリカのやりたい..
by 庵 at 20:00
 デニソワの捏造報道によ..
by 桃太郎 at 10:34
核心を突く分析,腑に落ち..
by Columbites at 18:29
ロシアのウクライナ侵攻を..
by 人情味。 at 17:43
仰る通りです。 ここま..
by 原因と結果の法則 at 09:13

Twitter

以前の記事

2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング