人気ブログランキング | 話題のタグを見る

検査不要論のバックラッシュ - いつまで経っても検査推進論が定着しない日本

検査不要論のバックラッシュ - いつまで経っても検査推進論が定着しない日本_c0315619_14515000.png他の国では精力的にPCR検査を行っている。感染者が増加しているドイツ英国ではドライブスルー検査が始まった。豪州でも一部で取り組みを始めた。米国で対策の責任者となったペンスは、「(全米に)100万個以上の検査キットを配布しており、数週間ですべてのアメリカ人が検査を受けることができるようにする」と言っている。先週5日の報道だが、米国でもやはりPCR検査体制が重大な関心事になっていて、CNNの番組内で「韓国に倣うべし」という声が上がったという記事がある。ペンスの発言はこうした世論の要求を受けての反応だろう。PCR検査については、各国とも、なるべく多く検査を実施して感染者を発見・捕捉することに全力を注いでいるように見え、すなわち、韓国で遂行されている早期発見主義の方式で対策しているのが標準に見える。ところが、世界の中で一国だけ、この考え方とは全く異なる方針でPCR検査を位置づけている国があり、日本の特異性が際立っている。



全ての人にPCR検査をすることは、このウイルスの対策として有効ではありません。また(略)設備や人員の制約のため、全ての人にPCR検査をすることはできません。急激な感染拡大に備え、限られたPCR検査の資源を、重症化のおそれがある方の検査のために集中させる必要があると考えます。


検査不要論のバックラッシュ - いつまで経っても検査推進論が定着しない日本_c0315619_14501269.png2月25日に決定された政府の「基本方針」と、その前日に示された専門家会議の「見解」では、PCR検査について上のように断言している。この方針と見解に従って、日本でのPCR検査は抑制され、「相談センター」の電話窓口で患者からの要請を拒絶し、街のクリニックからの依頼を遮断してきた。2月7日から28日まで、東京都は1万3737件の相談を受けながら、わずか0.9%の127人しか検査に回していない。99%が「目安」を根拠に拒否されている。「相談センター」は門前払いのための行政機関なのであり、新型コロナウィルスの患者に医療を提供しないための装置だ。患者をPCR検査からブロックし、国民をPCR検査からシャットアウトするのが日本政府の方針だった。この方針は、どう考えてもペンスの「100万人検査」の対策とは矛盾している。


検査不要論のバックラッシュ - いつまで経っても検査推進論が定着しない日本_c0315619_14542104.png日本だけが異常な対策をとっている。だが、マスコミは一部を除いてそれを批判しない。その矛盾と倒錯を糾弾することがない。異様なのはその日本の現実だ。テレビには御用学者が登場し、PCR検査をしないことの合理化と正当化ばかりを垂れている。PCR検査のキャパがないからとか、病院がパンクするからとか、韓国は検査しすぎて医療体制が崩壊したとか、デマばかり流して政府と専門家会議を擁護している。報ステにもNEWS23にも、御用学者の中島一敏が出演して、政府の「基本方針」の正しさを刷り込む絵ばかりだ。マスコミにもネットにも、PCR検査不要論ばかりが横溢している。そして朝になれば、今度は羽鳥慎一のモーニングショーがPCR検査必要論を唱え、いわば世論戦を押し返して一進一退の攻防状況となる。毎日毎日、同じ議論が繰り返され、同じ鬩ぎ合いが続く。マスコミが親安倍の右翼論者を出し、厚労省配下の御用学者を動員するため、国民世論が収斂せず決着しない。スタックしたまま時間が浪費される。


検査不要論のバックラッシュ - いつまで経っても検査推進論が定着しない日本_c0315619_15421249.png9年前の福島原発事故のときは、事故から2週間後には政府と御用学者が批判され、ウソが暴露される言論状況になっていた。今回はそうならない。広瀬隆や小出裕章の登場と活躍がなく、信頼できる本格的な専門家の分析と啓蒙がない。膠着して荒涼とした言論風景の日々に憔悴させられる。PCR検査のキャパがないという言い訳が出されたら、すぐに中国から無償提供された1万2500個の検査キットはどこに行ったのかと反駁すればいいのだ。ロシュ製品の効能は厚労省が認めていて、中国はそれで検査してきたし、世界で奪い合いになっていた貴重品を厚意で日本に送ってくれた。2月14日のことだ。加藤勝信は国会でこの質問に絶句して逃げたが、誰も追い打ちをかけようとしない。政府は3月末に1日7000件のPCR検査体制になると言うが、1万2500キットの6割ではないか。中国からの検査キット寄贈の問題は、福島原発事故に置き直せばSPEEDIの問題に該当するだろう。なぜ誰も追及しないのか。


検査不要論のバックラッシュ - いつまで経っても検査推進論が定着しない日本_c0315619_14595496.png10日のBSの政治番組で、木村太郎が、死者数が日本は少ないので感染者の総数も日本は少ないだろうと楽観論を言い、PCR検査不要論を援護する論陣を張る一幕があった。だが、それは一概に言えない。なぜなら、肺炎の死亡患者の中に新型コロナウィルスの感染者が紛れ込んでいる可能性が高いからである。肺炎の死亡者は年間11万2000人もいて、1か月に9300人が肺炎で死んでいる。細菌性、ウィルス性、合併症が進行したもの等々、患者は高齢者が多く、毎日300人が死んでいる計算になる。それらにすべてPCR検査が行われているわけではなく、施せば1か月9300人分のPCR検査が必要となる。すでに、死亡した後で陽性判明した例が4人ほどあり、この4人も、医師が積極的に動かなければ見過ごされていただろう。また、肺炎以外で命を落とすケースもある。山梨で髄膜炎で重症となった患者は、もう少し発見が遅ければ死んでいたが、医師が感染を疑った結果、検査で陽性と判明している。


検査不要論のバックラッシュ - いつまで経っても検査推進論が定着しない日本_c0315619_15064042.png中国では、肺炎以外に心不全や多臓器不全で死ぬと報告されていた。日本の場合、とにかく検査をしてないから、髄膜炎で死んでも、心不全で死んでも、それが新型コロナウィルスの罹患者という診断にはならず、死者数の中にカウントされない。東京都の集計では、2月の3週間の間に1万3737人が「相談センター」に電話している。このうち127人だけが検査を受け、1万3620人が追い返された。この1万3620人の中に相当数の感染者がいるだろうと、そういう推測を木村太郎は持てないのだろうか。「相談センター」に繋がるまで2時間かかるのである。2時間電話をかけるのは簡単なことではない。冷やかしではできないし、遊び半分にはできない。そこしか命が助かる道がないから、地中海を渡る中東・アフリカの難民のように、熱や咳の症状のある者が、必死で電話をかけて繋がった数が1万3737人(東京都2月)なのだ。電話で門前払いされた患者の中には、数日後に「急性肺炎」で命を落とした者も何人かいるだろう。


検査不要論のバックラッシュ - いつまで経っても検査推進論が定着しない日本_c0315619_15102563.pngウィルスを国内に持ち込んだのは、1月に観光等で武漢・湖北省から訪日した中国人である。その数は1万8000人と明確になっている。そしてその時期、武漢空港から 中国人が向かった外国の中では、日本がタイに次いで特に多かった。その事実から考えれば、韓国以上に日本で感染者が多く発生して当然ではないか。日本人は手洗いするとか、イタリア人はハグやキスをするとか、習慣の違いが感染拡大に正負の影響を与えている点もあるだろうが、基本的に、物理的に、日本は感染拡大に最も危険な条件を持っていた国であることは否定できない。その点は再確認する必要がある。そしてまた、北朝鮮がどれほど感染者ゼロを強弁しても、国際社会がそれを信用しないのと同様に、検査を不自然に抑えている日本が発表する感染者数(3月10日現在446人:米国の半分)の数字は、果たして信用してよい値なのか。国際社会がそれを疑うのは当然で、日本国民が疑わないことが異常なのだ。


いつまで経っても政府の不作為が糾弾されない。命が懸かった切実な問題なのに、国民の怒りが可視化されず代弁もされない。政権の支持率も下がらない。支持率が下がらないから、PCR検査の積極推進という方向性が定まらない。舵が切られず、検査体制と隔離体制の大規模な構築へと進まず、誤った「基本方針」が撤回されない。御用学者たちの忖度ショーばかりがテレビで続く。マスコミのこの問題についての報道は、安倍政権を支援するヨイショ番組か、さもなくば単なる視聴率目当てのネタ報道だ。同じ話ばかり延々と繰り返され、うんざりさせられる。


検査不要論のバックラッシュ - いつまで経っても検査推進論が定着しない日本_c0315619_15075832.png
検査不要論のバックラッシュ - いつまで経っても検査推進論が定着しない日本_c0315619_15433091.png
検査不要論のバックラッシュ - いつまで経っても検査推進論が定着しない日本_c0315619_16354324.png
検査不要論のバックラッシュ - いつまで経っても検査推進論が定着しない日本_c0315619_16355399.png
検査不要論のバックラッシュ - いつまで経っても検査推進論が定着しない日本_c0315619_16404511.png
検査不要論のバックラッシュ - いつまで経っても検査推進論が定着しない日本_c0315619_16405475.png

by yoniumuhibi | 2020-03-11 23:30 | Comments(10)
Commented by 七平 at 2020-03-11 21:50 x
今まで、日本の政府とその国民の関係は ”お上と羊“ という比喩的な表現で位置づけてきましたが、本件を考察すると ”お上と20日ネズミ” との関係であろうかと思います。 発症していない感染者を帰宅させ、自宅で我慢させ、COVID-19 を一般国民にInoculate (接種)、拡散し、様子を見る。 言い換えれば、国民は大規模な 生体実験に20日ネズミの様に使用されていると言えます。原稿丸読みする低レベルの政治家や御用学者の説明を鵜呑みにし、正常な国民としての政府に対する洞察、批判能力が麻痺してしまったように見受けられます。 様態が悪化した患者に対してだけ検査を行う医療対応など21世紀にとても受け入れられないもので、日本政府と医師会の歪んだ医療道徳と医療体制を世界にご披露しています。 早期発見、早期治療は 癌であれ、細菌やウイルス疾患であれ、あたり前で、素人でも心得ている概念のはずですが、、、。 
Commented by 安倍政権の犠牲者 at 2020-03-11 22:57 x
選抜高校野球が中止になった。この衝撃は大きい。

感染者数がたったこれだけしかいないこの国で、なぜ、あの国民的イベントである高校野球が中止になるのか。韓国やイタリアに比べ、微々たる人数である。インフルエンザより少ないし、死亡リスクだって低い。家で安静にして寝ていればたいていは治るのだ。無観客なのだ。健康な高校生だけなら、問題あるまい。
つまり、本当は、そうではないのだ。

安倍晋三が、初期対応を怠って、何もせず、対策会議に3分しか出席せず、毎晩会食していたツケを押し付けられた高校生には、怒る権利がある。18歳には、選挙権があるのだ!
大会が中止になった大会は、野球だけではない。思い出の卒業式も、なぜこんなことになってしまったのか?!

東京五輪も中止だろう。
何をどう誤摩化したところで、一流のアスリートが、感染リスクを冒して、WHOに名指しされている日本に、わざわざ来るだろうか?
一方、安倍政権は、入国を制限している国の選手団を参加させるのか?! どうせ入国させてしまうのだろうが、そのとき、どんな言い訳をするのかが、見ものだ。

そのうえ、復興五輪と言いながら、汚染水問題は、もうギリギリの状態だ。

右翼の皆さん、担ぐ神輿を変えた方がいい。自民党には、もっとマシな人材がいくらでもいるではないか。
Commented by 長坂 at 2020-03-12 11:31 x
言葉はわからないが一応KBSニュース(10日ほど前)をチェックしていたら、立派な保養施設が出てきました。これが隔離施設⁉︎ ネットで見たら、サムスンが研修所を隔離施設として提供するとの事。その他27億円の支援、医療品や生活必需品の寄付も行うと。サムスン以外でも何社が研修所を開放するとありました。官民連携で対応が早い。韓国は峠を超しつつあると言われてます。日本は毎週今週が山。田中さんがTWされてるように、早急に隔離施設を確保しないといけないのに、まだマスク確保のステージ。検査しない(しても有料)、病院行かせない、隔離しない、死亡して初めてコロナ陽性。このまま重症者が増え続けたら当然60才以上、金なしコネナシ(私)はトリアージュ最後列。吉田さんの「日本軍兵士」の心境。
Commented by 村山 at 2020-03-12 15:14 x
ついにアベノミクスから“アベデミック”へ!
この期に及んで政府はあくまで自粛要請だからと責任回避、黒田も日銀債務超過で保身に走る体たらく。
事の深刻さに気付かずオリンピックやインバウンドの小銭欲しさに姑息な事を繰り返しても、世界からはウソつき宰相と揶揄されるだけです。
政権発足以来鳴り物入りで推し進めてきたアベノミクスの末路は、株価大暴落、年金消滅、感染拡大を引き起こし大恐慌への引き金を引いたアベデミックとして歴史に刻まれるでしょう。
Commented by 宇津木洋 at 2020-03-12 15:17 x
国民の健康や命よりも自分の対面を尊重する政権の性格が政策に顕著に表れています。怒りしかありません。
日本国民は同調性が強く、嘗て大本営発表を信じ戦い多くの命を亡くしました。
今、同じことが起きています。
貴ブログや他のソースから世界の潮流は知ることができますが、政府の発表やニュースなど片側寄りのメデイア報道に多くの者が疑いを持たないのが不思議でなりません。
自分や家族、大切な人に症状が出たらどうするつもりなのでしょうか。心配でなりません。
Commented by 心配性の通りがかり at 2020-03-12 16:39 x
PCR検査は、医療現場に余力があれば、可能な限りやればよいと思う。
しかし、PCR検査をやることにより、医療現場を崩壊させることは
絶対に避けないといけない。
まず、現行の指定感染症法では指定感染症であるコロナは必ず入院させ
なくてはならないので、現行法のまま検査拡大すると医療崩壊してしまいます。
軽症者を自宅隔離するなど法改正が必要です。

 また、PCR検査をやるためには、医療従事者が感染しないように、防護服と
N95医療用マスク、さらに医療用手袋やゴーグルどの完全装備が必要です。
 
 しかも、患者の一人一人の検査の都度、新しいものに取り替える必要が
あるのに、我が国の現状で果たして用意することは可能なのでしょうか?

 韓国の医療現場も日本同様に不足しており、ドライブスルーの検査場の
動画を見ていると、同じ手袋、同じゴーグル、同じマスクを使いまわして、
看護師が、患者の検体を採取していた。
 これだと、逆にPCR検査をやることで、ウィルス感染を広めることに
なるのではないでしょうか???

 医療現場では、特にコロナウィルスに対応するためのN95マスクが
手に入らなくて困っているそうです。PCR検査を拡充するためには、
検査キットの数だけでなく、N95マスクや防護服やゴーグルなどの必需品も
50万セット程度確保する必要があると思います。
Commented by 町田 at 2020-03-14 19:58 x
CNNが、韓国内で検査キットを提供する4社の中のうちの1社、Seegene社を取材していました。
韓国がなぜ大量のPCR検査をこなし、かつ結果の高精度をも誇るのか。知りたかった情報が得られました。
https://edition.cnn.com/2020/03/12/asia/coronavirus-south-korea-testing-intl-hnk/index.html

Seegene社のみで100人の検査が可能なキットを週に1万キット製造。週100万人分。1件あたりのコストは20ドル。
検査は自動化されており、手動に比べ処理速度は4倍。人為的なミスや汚染のリスクも軽減される。
また、同社のキットはコロナウイルスを同定する3つの遺伝子すべての検査が可能。(メーカーによっては必ずしもそうではないキットがある、とのこと)

一方、日本では前時代的な「熟練を要する」手法が採用されているようです。
なるほど、頭痛がしてくるようなプロトコルです。
https://www.niid.go.jp/niid/images/lab-manual/2019-nCoV20200217.pdf
Commented by 七平 at 2020-03-15 11:06 x
町田さん、貴重なリンクを掲載していただきありがとうございました。
PCR検査を渋っている理由として、安倍政権がオリンピック開催云々で意図的に使用せずとか、感染研の利権や縄張り争いとかがつぶやかれています.加えて驚くべき事は、PDFファイルを見る限り、日本の医療、理化学のレベルの立ち遅れ、特に自動化が全く進んでいないようです。 Manual 操作と Gel  Electrophoresis  を判定に使用していたのでは、大量検査を短時間でこなす事自体不可能でしょう。 近隣諸国に対し、面子を保つために、意図的にPCR検査をしていないように演出していますが、実際にはできない状態にあるのかもしれません。  こんなプロトコールを使っている感染研が 日本製のテストキットを開発する間に、ウイルスの方はお構いなしに国民に広がり、国はその拡散に対する正確なDataすら持つことはできません。 政治家、官僚、土建屋 が甘い汁を吸える、オリンピック事業、観光やカジノに夢中になり、真の国防(食料自給、国民の健康、福祉、教育)を怠ってきた、日本の本質が表面化しているのではないかと心配しております。
Commented by エルサロンメヒコ at 2020-03-16 10:23 x
納棺師の方がSNSであげておられましたが、「都、指定医療機関、火葬場の間で、covid19陽性の方のご遺体の取り扱いガイドラインを作成、なお未検査肺炎患者も同様にする」とのことです。
covid19陽性、未検査肺炎患者のご遺体は、病院で袋に詰められ、袋を消毒したうえで病院で納棺し、業者に引き渡す。保棺もできず(通夜葬儀ができないってことか?)、火葬前の読経や花入れもできず、遺族は5人まで、濃厚接触者がいるかもしれないから火葬場でも指定された部屋と動線内で行動しろと。
納棺師には防御服は支給されないので、簡素なマスク手袋で仕事するしかないとのこと。
covid19陽性患者と、未検査肺炎患者が同じ扱いということが重要ですね。SNSがある時代なのが救いです。アップしてくださった納棺師の方に感謝。
Commented by コスモス at 2020-03-16 17:15 x
野尻孝子さんは医師ですね。厚労省の医系技官より、よっぽど技官としてやるべきことをやっておられます。
大阪も、方針を決める会議に、阪大教授、大阪市立大教授、大阪病院協会幹部などが出席して、行政のトップ(吉村 松井もいましたが主に若くて法律の知識がある吉村が仕切ったでしょう)と協議していました。

韓国台湾中国香港に大きく差はつきましたが、日本も最低限ができる能力はあるのです。安倍がやりたい放題やって、和泉大坪みたいな連中がのさぼってるのを見ているだけだから、でたらめなんですよ。


メールと過去ログ

最新のコメント

25年前には、 こんな..
by 前期高齢者 at 18:19
恐れていたことが現実に近..
by 愛読者 at 11:41
重ねて失礼します。 ア..
by コスモス at 21:25
今年くらいからか高等学校..
by コスモス at 21:12
吹田市では18歳と22歳..
by 伊豆うさぎ at 12:23
結局はアメリカのやりたい..
by 庵 at 20:00
 デニソワの捏造報道によ..
by 桃太郎 at 10:34
核心を突く分析,腑に落ち..
by Columbites at 18:29
ロシアのウクライナ侵攻を..
by 人情味。 at 17:43
仰る通りです。 ここま..
by 原因と結果の法則 at 09:13

Twitter

以前の記事

2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング