人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「相談センター」の電話縛りは続く - 「保険適用」と「民間検査」のウソ

「相談センター」の電話縛りは続く - 「保険適用」と「民間検査」のウソ_c0315619_14330796.png2月29日に安倍晋三の記者会見があり、新型コロナウィルス感染症についての政府の対策が発表された。その中で関心の焦点であるPCR検査についての言及もあったので、内容を検討したいが、一部のマスコミ報道で誤解が広がっているので釘を刺しておきたい。安倍晋三の虚弁に騙されている向きがあり、特に、大谷義夫と岡田晴恵が出演した3月1日の日曜スクープと3月2日のモーニングショーでの説明は、見事に罠に嵌まっていて、安倍晋三の巧舌を自身の主観的な期待感を重ねて解釈してしまい、PCR検査が今週から拡充され、検査数が増えるものと誤認してしまっている。この問題の報道で国民からの信頼と評価が高いモーニングショーで、結果的に間違った情報を伝え、世論を誤導してしまっており、地べたから検証と訂正を試みたいと思う。騙しのキーワードは「保険適用」と「民間検査機関」だ。安倍晋三の話の中に二つの単語があったため、大谷義夫は釣られて鵜呑みにしてしまっている。



「相談センター」の電話縛りは続く - 「保険適用」と「民間検査」のウソ_c0315619_14072260.png大谷義男は、政治的には全く素人の人間なので、これまでテレビで行ってきた自分たちの主張が安倍晋三に受け入れられ、政策が転換され、PCR検査が積極的に前に踏み出されたものと安易に錯覚したのだろう。言葉面で巧みに人を騙す政治家の手練手管というものが分かってない。結論を言えば、今回の「保健適用」と「民間検査」の解禁は、何らPCR検査の実数を増やすものではなく、検査対象を開放して拡大する中身ではないのだ。安倍晋三の言葉を正確に分析して意味を読み取る必要がある。安倍晋三はこう言っている。「来週中に、PCR検査に医療保険を適用いたします。これにより、保健所を経由することなく民間の検査機関に、直接、検査依頼を行うことが可能となります。民間検査機関の検査能力も大幅に増強されます」。このことは、検査の許諾に「帰国者・接触者相談センター(あるいは帰国者・接触者外来)」が介在することを排除していない。肝心なのはこの点である。


「相談センター」の電話縛りは続く - 「保険適用」と「民間検査」のウソ_c0315619_14095471.pngあくまで、検査するしないの判断と認定は「帰国者・接触者相談センター」が行うのであり、「センター」の関門を通過しないかぎり、民間検査機関であれ、衛生研究所であれ、大学のラボであれ、患者は検査にたどり着くことはできない。クリニックの医師は民間検査会社にPCR検査を依頼し、検体を送付することはできるけれど、それはあくまで「センター」が電話で認めた案件に限られ、「センター」の事務的許可が前提なのである。安倍晋三は、「保健所を経由することなく民間の検査機関に、直接、検査依頼を行うことが可能となります」とは言っているが、「相談センター(あるいは帰国者・接触者外来)を経由することなく」とは言っていない。ここがミソだ。保健所は検査の対応実務から撤退するけれど、電話の「相談センター」からは手を引かない。依然として関所として機能し続け、従来どおりサスペクト(=新型コロナウィルス感染を疑う自覚症状のある患者)を検査から排除し続ける。


「相談センター」の電話縛りは続く - 「保険適用」と「民間検査」のウソ_c0315619_14115039.pngクリニックの医師が民間検査会社に検体を送ろうとしても、「それは相談センター(あるいは帰国者・接触者外来)が認めたものですね」と確認を取られる。このカラクリは、御用医師である順天堂大学の堀賢が3月1日に出演したサタスタの中で、苦笑いしながら種明かしして認めていた。言葉の字面だけで安直に期待しちゃいけないよとでも言いたげに、厚労官僚の狡猾で姑息な措置の真実をテレビで代弁して認めていた。なぜ、安倍晋三の話 -「保険適用」と「民間検査機関」- が実際の検査拡充に繋がらないか。そのトリックは安倍晋三の話の全体を吟味精読することで分かる。安倍晋三は「現時点で、全国で1日当たり4000件を超える検査能力があります」と言っている。また、「作業を15分程度に短縮できる新しい簡易検査機器の開発を進めています。この1か月間、試薬の開発、精度向上などに取り組んできたところであり、3月中の利用開始を目指します」とも言っている。ここもミソだ。要点だ。


「相談センター」の電話縛りは続く - 「保険適用」と「民間検査」のウソ_c0315619_14144138.png1日当たり4000件という能力は、加藤勝信が2月18日に国会で答弁した数字とほとんど同じだ。そこから2週間近く経っているのに、検査体制は全く増強されてないのである。1日4000件というPCR検査能力は、他のウィルス性疾患の検査も含めた全体のキャパであり、新型コロナウィルスだけの検査能力のボリュームではない。1日4000件ということは、加藤勝信が26日に国会で述べた1日900件という意味であり、その能力水準がずっと続いているという意味に他ならない。安倍晋三の話をよく聞くと、新規のPCR検査キットを開発中で、それが3月中に利用開始予定であり、そうなると現在の1日900件体制よりは大幅に拡充されると言っている。つまり、早い話が3月中なのであり、政治家が「3月中」と言えば、コミットレベル(言質の責任レベル)では3月末までという意味である。3月いっぱいは1日900件のPCR検査体制なのであり、政府はこの体制を動かす意思がない。


「相談センター」の電話縛りは続く - 「保険適用」と「民間検査」のウソ_c0315619_14190648.pngすなわちマルクスの比喩を用いれば、1日900件の検査能力が土台なのであり、「相談センター」の関門が上部構造なのだ。厚労省は、国立感染症研が開発中の国産PCR検査キットを導入するという既定方針を崩さず、これを断固として貫徹するのであり、その納期を3月末と計画しており(本当に実現可能かは怪しいが)、それまでは1日900件の検査体制を維持するのである。逆から考えれば分かりやすい。「帰国者・接触者相談センター」の電話で門前払いをしなければ、1日900件の検査体制などでは到底収められないのだ。検査を1日900件の水準に抑えるためには、どうしても「相談センター」の電話関門を設け、そこで依頼を拒絶しまくるというプロセスが必要なのである。町のクリニックから自由に民間検査会社に依頼させ、自由に検査をさせていたら、1日5000件とか1万件とかの検査規模になってしまう。そうすれば、1日100件とか200件の感染者が発生する。感染者数が増え、東京五輪に暗雲が垂れる。


「相談センター」の電話縛りは続く - 「保険適用」と「民間検査」のウソ_c0315619_15150711.png国立感染症研が国の補助金で簡易検査キットを開発しており、それを使用する必要があってロシュ社製キットを排除しているのだという説明は、上昌広がマスコミ各所でしていて、3月2日のサンデーモーニングの放送でも紹介された。安倍晋三の会見はそれを裏づけるもので、上昌広の洞察と指弾が正しかったことが証明されたと言える。PCR検査は政府によって意図的政策的に抑えられていて、その真の事情は政府からは釈明されていない。このところずっと、国内での感染者の発生は10件から15件の件数を推移していて、この感染症に本来的と思われる増加のカーブを示していない。明らかに、政府が検査を抑制している影響だろう。だが、そのことは、単に見かけの感染者数を押さえ込んでいるだけで、本当にこの感染症の市中での連鎖と流行の阻止に成功していることを意味しないし、国内の感染拡大の規模が小さいことを意味しない。ウィルスは忖度せず、隠蔽下で感染は勢いよく広がっていて、いずれ隠蔽の矛盾が爆発するときが来るだろう。

それは、岡田晴恵が危惧しているように、国内で人工呼吸器が足りなくなるときである。蛇足ながら、大谷義夫に悪意はない。政治的にナイーブすぎる人格のため、安倍晋三の話を善意に解釈して楽観論の見方になっただけだろう。この件は、隣に座っている玉川徹が正しく補足注釈して真相を伝えるべきだった。


「相談センター」の電話縛りは続く - 「保険適用」と「民間検査」のウソ_c0315619_15395996.png
「相談センター」の電話縛りは続く - 「保険適用」と「民間検査」のウソ_c0315619_15400672.png
「相談センター」の電話縛りは続く - 「保険適用」と「民間検査」のウソ_c0315619_15441861.png
「相談センター」の電話縛りは続く - 「保険適用」と「民間検査」のウソ_c0315619_15470025.png
「相談センター」の電話縛りは続く - 「保険適用」と「民間検査」のウソ_c0315619_15515307.png
「相談センター」の電話縛りは続く - 「保険適用」と「民間検査」のウソ_c0315619_15522984.png

by yoniumuhibi | 2020-03-02 23:30 | Comments(4)
Commented by 北海道人 at 2020-03-02 18:19 x
「新型コロナウイルスに感染した七飯町議の60代男性の濃厚接触者と保健所に判断された同町在住の50代男性は、保健所に検査を要請したが実施してもらえず、不安な日々を送る。」3月2日北海道新聞道南版記事より。濃厚接触者ですら症状が出なければ検査されないのが「緊急事態宣言」下にある北海道の実態である。鈴木知事のパフォーマンスが目立つが、北海道は事実上「幕府直轄地」となっている。
Commented by 長坂 at 2020-03-02 20:40 x
ちょうど2年前、右も左も、与党も野党も、産経も朝日も「オリンピックの政治利用」と連日文批判。で、今は政治がこのネオリベ運動会の為とにかくPCR検査拒否。堂々と政治のオリンピック利用。今日の国会でも「武漢帰国者・接触者」と言っていたが、もう感染経路なんてグチャグチャ。1月に原因不明の肺炎と診断された人が結構いるとか、肺炎で死亡の高齢者も実はコロナだったかもしれないと言われているのに、頑なに検査させないって、もうシンゾーのやってる事は「人道に対する大犯罪」
「韓国にできて日本にできないはずがない」もよく聞くが、じゃあオリンピックも習近平の来日もなければ、優れたリーダーシップを発揮し情報を公開しセイフティーネットを張り、人々の不安を最小限に留め感染の封じ込めに全力を尽くせたんですかね? 長期の仮設やブルーシートや雨晒しのフレコンバッグが山積みの国ですよ。考えたくないですが今大地震が起きたらもうお手上げ。土曜の「記者会見」あれ、ザ・ニュースペーパーのコントじゃないんですよ。
支持率挽回を期待した学校休校「要請」もシンゾーがやると「子供達を守りたい」というより「子供手当は国家や社会が行う子育ての国家化、社会化、ポルポトやスターリンが行おうとしたこと」に象徴される強い反共思想、日教組憎し、戦後公教育批判で「俺様いつでも介入するぞ」教育や地方自治の独立性の否定にしか見えなかった。とにかく公的支援は共産主義だからと極力金は使わない超どケチ、「人間を幸福にしない日本というシステム」の体現者。指揮官気取りの自分に酔いたいかもしれないが国民はもう吐き気しかない。
Commented by あおひげ at 2020-03-02 22:44 x
PCR検査が保険適応となったことが必ずしも検査拡大を意味しない。

日本の保健医療制度で一部例外を除き混合医療は認められていませんから、PCR検査は必ず薬事承認をとったものでなければなりません。具体的には医薬品医療機器総合機構が審査して決定しますが、ロシュ社製キットは除外され、「国立感染症研が開発中の国産PCR検査キット」だけが薬事承認を得られる、ということになっていくのではないでしょうか。

こうなれば、ロシュ社製キットを使うことは保険外診療となりますから、まちのクリニックは手を出せなくなります。そして「国産PCR検査キット」の数に限りがあれば、「帰国者・接触者相談センター(あるいは帰国者・接触者外来)」が介在してトリアージしていくことになる。結局ロシュ社製キットが排除されれば今と変わらない。今よりも悪くなることも考えられます。
Commented by あおひげ at 2020-03-04 10:53 x
新型コロナ対策で嘆かわしいのは、中国の症例や診療データがまったく活かされていないことです。

今、神奈川の病院でぜんそく治療用の吸入薬を使い、症状が改善したとマスコミで話題になっています。しかし、専門家はもっとも症例が少なく今後さらに検証が必要と言っています。

一方、中国では昨日(3日)時点で「患者数は計3万4人(うち重症者は6806人で304人減)、治癒・退院した人は累計4万7204人(2742人増)」(人民中国)となっているわけです。ここでさまざまな治療が試され、有用な症例として積み上がっているわけです。マスコミが鬼の首を取ったように報じる神奈川県のいち病院のいち症例ごときは、すでに何千回も中国では試されているでしょうし、4万例の治癒実績があるわけですから、より有効で症例数の裏付けのある治療もあるでしょう。

どうして中国に症例、診療データの共有を求めないのか、不思議でなりません。WHOに中国が提供した情報は参照しているようですが、そうした間接話法ではなく、日中(韓も入れるべきですが)で直接診療データを共有する体制を早急につくるべきではないでしょうか。緊急非常事態宣言よりも大事です。

こうした発言をすると、中国はデータの信用できない、との声が必ず上がりますが、たとえ共産党一党独裁であっても、今この状況でデータを隠匿したり、改竄することは、中国にとって何一つ国益が無いのは明らかです。店ざらしになっているようですが、中国はPCR検査キットも大量に提供してくれているぐらいですから、こうした症例共有を求めるとすぐに応諾するでしょう(日本より症例の少ないアメリカとは国際共同治験を行うようですが・・・)

現代医療は勘や経験ではなくデータです。日本のコロナ対策で中国の診療データを無視していることは、PCR検査の不作為と並ぶ大きな問題です。


メールと過去ログ

Twitter

最新のコメント

今こそ「テニスコートの誓..
by 印藤和寛 at 09:18
総裁選で石破さんを倒すた..
by 人情味。 at 09:29
もし山上容疑者が安倍元首..
by 人情味。 at 21:23
杉田水脈なる人物は論評に..
by 住田 at 10:51
あれは15年程前..
by ムラッチー at 11:27
悪夢のような安倍政治から..
by 成田 at 13:03
ハーバード大学で比較宗教..
by まりも at 23:59
重ねて失礼いたします。 ..
by アン at 17:48
安倍晋三のいない世界は大..
by アン at 13:16
今まで、宗教2世の問題に..
by さかき at 10:31

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング