人気ブログランキング |

初動を誤った日本 - 韓国は1日5000件の検査体制、費用は公費負担

初動を誤った日本 - 韓国は1日5000件の検査体制、費用は公費負担_c0315619_15061297.png新型肺炎の対策で日本は初動を誤った。検査体制に万全を尽くし、早期発見に努め、市中感染が広がる前に封じ込めをしなくてはいけなかったのに、検査をせず、感染者を探し出すことをせず、3週間も市中で感染が連鎖するのを閑却した。政府発表の見かけの数字は少ないが、市中では3次4次の感染が広がっている。WHOの進藤奈邦子は、「今一番、世界中が心配しているのが日本だ」「他の国では、全部の感染者が(誰から感染したのか経路が)追える。日本だけ様相が違う」と言い、日本のルーズな対応に警鐘を鳴らした。政府がこれだけ早期封じ込めに傾注せず、市中感染の進行を看過しているのは日本だけだろう。政府だけでなく、マスコミにも野党にも全く危機感がない。政府の不作為を批判する真剣な声がない。テレビで「専門家」が垂れるのは、致死率が低いから恐がらず安心しろという宣撫の説教だけである。日本は湖北省化するのではないか。その入り口に立っているのではないか。



初動を誤った日本 - 韓国は1日5000件の検査体制、費用は公費負担_c0315619_14223017.png14日に感染が確認された北海道の50代男性は、31日に発症して熱と咳と倦怠感を覚え、3日に病院で受診、4日に再検査して肺炎を確認、別の病院に回されて抗生剤治療を開始する。症状が改善せず、11日に三つ目の病院に入院、12日には集中治療室で呼吸器を装着する重症となった。14日にようやく衛生研で検査して陽性と判明している。感染経路は不明とされているが、この患者が自身の病気を新型コロナウィルスではないかと疑わなかったとは思えない。神奈川で死亡した80代女性の例と同じで、お気の毒と同情するしかない。4日の再検査で肺炎の診断が出た後、症状が改善せず重くなる一方だった11日までの間、担当の医師は新型コロナウィルスの感染を疑うことはなかったのだろうか。院長が保健所に報告してPCR検査を申請することはなかったのだろうか。この間、テレビは朝から晩までこの話題一色だった。


初動を誤った日本 - 韓国は1日5000件の検査体制、費用は公費負担_c0315619_14203164.png13日に感染が判明した千葉の20代男性は、2日に発熱した後、3日、5日、6日と3か所の病院を訪れて受診している。ネットに本人と推測される書き込みがあり、「一週間40度が薬飲んでも下がらなかった。今の病院は親身になってくれて、保健所が中国人との接触が細かくわからないとコロナの検査しませんとつきはねたのを、重症だからと何度もお願いして検査してくれてコロナとわかった。その他の病院もいき、40度が下がらないですといっても水分はとれてるんですよね?じゃあ特に大事じゃないですという扱いをされた」と生々しい経過を証言している。また、15日に感染が報道され、現在、気管挿管の重症となっている東京の40代男性は、2日に発症し、5日に都内のA病院を受診、10日も別のB病院を受診、症状が改善せず、12日にさらに別のC病院を受診、最後にD病院を紹介されて入院となった。気管挿管後の14日に検査で陽性となる。


初動を誤った日本 - 韓国は1日5000件の検査体制、費用は公費負担_c0315619_14153010.pngおそらく、日本の市中感染者はこのパターンなのであり、検査を受けさせてもらえないまま放置され、深刻な重症者になった一部が12日以降に検査を施されている。12日は政府が「武漢縛り」の検査基準を緩め、自治体の判断で個別に能力に応じて検査させる方針に転じたときである。しかし、それでも全国で1日320件の検査体制だから、クルーズ船乗客乗員分が大量に割り込み、武漢帰国便分が割り込み、そこへ屋形船関係者分が割り込み、済生会有田病院分が割り込みむと、検査はオーバーフローとなり、市中で散発的に発生した他の感染者への対応は後回しにされる。今週からようやく1日1000件の体制となるという話だが、感染予備軍の手当に全く追いつかないため、政府は相変わらず、保健所に電話させて「相談」で検査を拒否する政策を貫徹したままだ。症状が重くならないと検査を受けられず、病院にも駆け込めない。これはまさに湖北省の1月の現実と同じだ。感染が不可視下で増殖して行く。


初動を誤った日本 - 韓国は1日5000件の検査体制、費用は公費負担_c0315619_14065036.png韓国はどうか。現時点で1日5000件の検査が実現している。9日の政府の発表では、2月末までに民間検査機関と協力して1日1万件の検査ができる体制を整えると表明した。検査作業の人員も200人から2月末には3000人に増強すると約束している。韓国は7日の時点で、すでに1日2000件・国内50か所のPCR検査体制を敷いていた。いま1日5000件を処理できているとすれば、日本の15倍の検査能力である。14日の報道では、検査の総数が政府から発表されていて、6826人が検査を受け、6134人が陰性だったと報告されている。残りの692人は追加の検査中とある。日本から見ると、まさに羨ましいかぎりの検査環境だ。日本は、クルーズ船を除いてチャーター便を含めた検査数全体が、14日の厚労省発表で978人に過ぎず、チャーター便を除いた市中感染分はわずか214人だけなのだ。1月16日に最初の感染者が確認されて以来、1か月後の2月14日までの間に、武漢から来た中国人も含めて、たった214人しか検査できてないのである。


初動を誤った日本 - 韓国は1日5000件の検査体制、費用は公費負担_c0315619_14121967.png韓国では、希望者は全員が検査を受けることができる。千葉の20代男性とか、北海道の50代男性とか、東京の40代男性のような悲惨な目に遭うことはない。韓国では、新型コロナウィルスの検査費・治療費は全額が公費負担となっていて、この方針はすでに1月29日の段階で政府によっ決定された。さらに、新型コロナウィルスで入院隔離を余儀なくされた感染者に対して、4人家族を基準に123万ウォンの生活費を支援するとあり、何と、支援の対象には外国人も含まれるとある。素晴らしい福祉国家。拍手したくなる憲法25条の模範国家ではないか。この充実と健闘には驚かされる。日本のマスコミは、韓国の対策内容を知っているくせに、安倍官邸に忖度して一言も言わない。この事実を知っている日本人はわずかだろう。感染を疑って怯える日本人は、命を守るべく韓国に旅行すべきで、韓国の保健窓口に駆け込むべきである。韓国がここまで予算を割いて徹底するのは、韓国の湖北省化を避けるためであり、感染症の猛威と恐怖を理解できているからだろう。


初動を誤った日本 - 韓国は1日5000件の検査体制、費用は公費負担_c0315619_14174533.png日本では、検査は1日1100件から増やす予定はない。予算をつける意思と発想が政府にない。玉川徹などは、早急に1日1万件体制にして保険適用すべきだと言っているけれど、厚労省は保険適用外にする思惑だと伝えられている。日本では、一日中、新型コロナウィルスの話題がテレビを埋めている。だが、放送で流されるのは、自分の身は自分で守りましょうとか、手洗いを励行しましょうとか、症状が出ても病院に行かず数日間自宅で待機して、それから保健所に電話して「相談」しましょうという政府の傍観政策のメッセージばかりである。まだ流行ではありませんとか、症状は軽いから安心ですという御用学者の口上ばかりが散布され、右翼論者による中国悪玉論の刷り込みばかりがリピートされる。韓国の人々は、日本のマスコミの新型コロナウィルスの報道を見て、どう思っていることだろう。日本政府の異常きわまる不作為と、それを攻撃しない
腑抜けた野党やマスコミの忖度を見て、韓国とのコントラストを見て、どう感じていることだろう。日本はまさに格下の国家と成り果てた。


韓国にできることが日本にはできない。そういう無能で怠惰で劣等な国になった。政府は何もできないから国民が手洗いで予防しろなどと、まるでアフリカの後進貧困国のレベルと同じではないか。

初動を誤った日本 - 韓国は1日5000件の検査体制、費用は公費負担_c0315619_14481211.png
初動を誤った日本 - 韓国は1日5000件の検査体制、費用は公費負担_c0315619_14482845.png
初動を誤った日本 - 韓国は1日5000件の検査体制、費用は公費負担_c0315619_14483682.png
初動を誤った日本 - 韓国は1日5000件の検査体制、費用は公費負担_c0315619_14484481.png
初動を誤った日本 - 韓国は1日5000件の検査体制、費用は公費負担_c0315619_14485945.png
初動を誤った日本 - 韓国は1日5000件の検査体制、費用は公費負担_c0315619_14491168.png

by yoniumuhibi | 2020-02-17 23:30 | Comments(3)
Commented by アラ還 at 2020-02-17 16:50 x
日本が初動からの不作為行為、及び感染検査の締め出し、検査への保険適用外、感染後の休業保障無し、 全てが「感染者数を低く抑える」のを意図したもの。
クルーズ船のウイルス培養対策も、安倍晋三の初めの一言にヒラメ役人が従った。
これら全てが東京オリンピック開催に関わっている。開催前にミソを付けたくない、インフル並みにその内収まるだろう、との無根拠な思い込みが今に至る。

ここに来て、なぜ小池百合子が表に出てこないのか? オリンピックに関する質問をダイレクトに受けるのを避けてるからだ。都知事の立場で今、YESともNOとも言えないからだ。もっと踏み込めば、東京都として今、何をすべきかが分からないのかもしれない。

世界中が日本の無策を批判している。無策の理由もオリンピックと断じてる。日本と世界の温度差を感じる。
その一方「大した事にはならんだろう」とタカを括ってる日本人、東京都民も結構な数有るのに、
絶望しています。
Commented by 長坂 at 2020-02-17 21:46 x
コロナの追跡シリーズ、毎回情報を網羅的に伝えて頂き本当に感謝です。特にテレビニュースを辞めた身としては、刻一刻と変化する状況を分析し纏めたブログを読めるのはありがたい事です。韓国のPCR検査能力や休業補償についてどなたかのTWで読んでビックリしていました。さすが目指すは福祉国家の文政権、決断即実行で羨ましいと思っていました。予想通り日本のメディアは伝えていないようですね。久々朝日を見たら韓国の日本への渡航自粛が保健省と外交省で食い違い航空会社が困惑と、どーでもいい記事がポツンと。笑っちゃいます。あのクルーズ船で韓国籍で在韓国の乗客は一人だそうで、その方には毎日大使館から必要な物はないかと連絡があり、一人の為にチャーター機をと言う話も出ているとTWもありました。今回のアメリカのチャーター機に関しても、新聞ではシンゾー忖度「日本に感謝」ばかりだけど、「船内に隔離というまるで14世紀の手法」とFailed quarantine じゃないかとCNNがしっかり伝えています。田中さんご指摘のように一段落したら乗客が日本政府相手に集団訴訟ではないでしょうか。
関係ない事なんですが、写真にある韓国政府や自治体職員が着ているクリーム色のスウイングトップ、どこかの国のどぶネズミ色の防災服に比べてオッシャレだなーと。
Commented by パン at 2020-03-05 07:08 x
韓国が羨ましい
イタリアでも相当死んでるけど、日本では自分が
コロナかもわからないまま重症化したり、死んだりするしかない
安倍は学校閉鎖とかする前に、検査をしろよ!!
情けない


カウンターとメール

最新のコメント

先述のコメントの補足にな..
by 七平 at 03:58
嘘をつくと必ずその嘘に対..
by 七平 at 02:41
都内在住の方(現在陽性で..
by さわ at 23:32
コロナ感染症で死者、重篤..
by スナック at 16:21
今日、米国立衛生研究所の..
by 長坂 at 09:32
言は近くして指(いみ)の..
by Mr.T at 00:47
日本人なら誰でも知ってる..
by 案の定増えてきましたね at 22:06
おそらく、隠蔽から露呈へ..
by 隠居4年目 at 23:36
文科省が提示した新学期か..
by カプリコン at 20:57
田中さんの記事の最後にあ..
by 七平 at 05:56

Twitter

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング