人気ブログランキング | 話題のタグを見る

左翼から消えた「アメリカ帝国主義」の語 - 関岡英之の『拒否できない日本』

左翼から消えた「アメリカ帝国主義」の語 - 関岡英之の『拒否できない日本』_c0315619_13180695.png中東や世界の各地で何か謀略事件が起きたとき、あるいは、反米勢力の側が不利になる怪しい情報工作が行われたとき、これはCIAの仕業ではないかと疑って声を上げると、途端に「陰謀論だあ」という拒絶と反論が返ってくる。特に左翼方面から、待ってましたとばかり反陰謀論ヒステリーが始まり、「陰謀論者」のレッテルを貼られて袋叩きの目に遭う。日本の政治空間ではそれが常態になった。反陰謀論キャンペーンを煽る主力はしばき隊左翼であり、きわめて凶暴に、有無を言わさず「陰謀論者」の決めつけを乱発、連呼と絶叫でTLを埋めて固めてしまう。しばき隊にとって、CIAの工作という言説は条件反射的に陰謀論という記号と結びついていて、その武器の放射で撃退しなければならない天敵のようだ。左翼を名乗るしばき隊が、何故にここまでCIAの暗躍と罪科を擁護し、米国を正当化するのか不思議で、その政治現象に注目していたが、解明の糸口になると思われる関連事実を発見した。



左翼から消えた「アメリカ帝国主義」の語 - 関岡英之の『拒否できない日本』_c0315619_13341346.pngアメリカ帝国主義という言葉が消えている。批判語である「アメリカ帝国主義」が消え、その言説がこの国の政治思想環境から蒸発していて、しばき隊左翼の脳内に概念の痕跡がないのである。これは、ある意味で世代の問題でもあり、日本の左翼全体の転向と変節の問題でもある。われわれが学生の頃は、今から45年程前だが、大学構内の立て看には独特の書体で「米帝」の文字が踊っていて、それは主として新左翼(極左)の文化様式だったが、「米帝」を糾弾する標語や檄文が書かれていた。例えば、京都の百万遍交差点を歩くと、南東角に必ずその単語と政治主張のオブジェを目撃することができた。そうした情景が消え、言葉も消滅し、言葉と共に言説が死に絶え、批判対象としての実体が左翼の意識から消えている。CIAはまさにアメリカ帝国主義の活動実体であり、謀略装置そのものだから、アメリカ帝国主義という概念がなくなれば、CIAに対する警戒や嫌忌がなくなり、監視の意識が途絶えるのも当然だ。


左翼から消えた「アメリカ帝国主義」の語 - 関岡英之の『拒否できない日本』_c0315619_13190162.pngCIAが何をしてきたのか、今さらしばき隊に説教するつもりはないので、オリバー・ストーンとピーター・カズニックの『もうひとつのアメリカ史』全3冊を再読することを勧めたい。湾岸戦争時のナイラ証言の嘘やイラク戦争での大量破壊兵器の嘘は、われわれにとって現代史というより昨日の出来事である。CIAは嘘ばかり。ナイラ証言の陰謀工作を知りながら、シリアでのホワイトヘルメットの策動を無条件に正義だと信じ込み、一方的に擁護し加担するのはあまりにナイーブで不見識と言えるだろう。同じことはベネズエラ情勢の判断でも言える。米国が敵として認定し排除を決めた者が、例えば、イラクのフセインやパレスチナのアラファトやリビアのカダフィが、いかに狡猾に悪魔表象化され、テロリストにされ、国際社会の敵とされ、強引に殺処分されたか。それは、冷戦時代の米国とCIAが中南米・アジア・アフリカで行ってきた手口と同じであり、ベトナムチリやニカラグアの延長線が続いているのであって、本質と実体は何も変わらない。


左翼から消えた「アメリカ帝国主義」の語 - 関岡英之の『拒否できない日本』_c0315619_13192330.png話を別方向に変えよう。今から16年前の2004年、関岡英之の『拒否できない日本』という新書が出版されてブームになった。2006年の『奪われる日本』も話題となった。米国の日本に対する「年次改革要求書」について暴露し、保守反米の立場から批判した本であり、当時、大きな反響を呼んで脚光を浴びた。2008年に小沢一郎率いる民主党が参院選で圧勝し、翌2009年の衆院選で政権交代を実現するが、その積極的な原動力となった一つが、関岡英之の著書だったのではないかと私は考える。これによって、保守世論でも竹中改革の売国政策に対する反発が広がった。書名を聞けば、誰もが何らかの感慨を持つはずだ。米国による徹底した日本改造。1997年の持株会社解禁は「年次改革要望書」によるものだった。1998年の大店法制定も「年次改革要望書」によるものだった。1999年の労働者派遣法改正による人材派遣業の自由化もそうだった。2002年の健康保険制度における3割負担導入もそうなのだ。2003年の郵政民営化もそうだ。


左翼から消えた「アメリカ帝国主義」の語 - 関岡英之の『拒否できない日本』_c0315619_13221472.pngそして、2004年の製造業への派遣解禁。2005年の道路公団民営化。これらはすべて米国からの年次改革要望書の政策を国内で法制化したもので、その後の2010年のTPP協定交渉、2012年の第3次アーミテージレポートと続き、現在は日米FTA交渉で属国化の総仕上げの段階に入っている。年次改革要望書は、1993年の宮沢・クリントン会談が最初と言われているが、そこからとめどない従属化と植民地化の過程が始まり、怒濤の勢いとなって推進され、歯止めがかからないまま現在も続いている。関岡英之の頃は、それに対する反発や反感の意識が国内にあった。私はその点を指摘したいのだ。今では、属米化することが日本人の幸福のように言われ、左翼までが競って米国従属の動きを先導している。2012年からのしばき隊の活動がそうであり、ANTIFAのコピーやヘイトスピーチ法の移植がそうだ。LGBTを始めとする多様性主義のムーブメントもそうだろう。環境問題も、本来、日本発の提起だったのに、今では欧州の粗製偶像を崇める疎外と倒錯の劇となった。


左翼から消えた「アメリカ帝国主義」の語 - 関岡英之の『拒否できない日本』_c0315619_13344369.png日本の左翼からアメリカ帝国主義の概念が消え、自分たちがアメリカ帝国主義に支配されているとか、収奪と洗脳が強められているという意識が欠落してしまった。日本共産党の綱領には、今でも反アメリカ帝国主義の規定があり、二段階革命論の路線が保持されているのだけれど、その規定と認識が徐々に後退し、アメリカ帝国主義と対決する姿勢が弱くなっている。私見では、この問題はレーニン評価と直結していて、レーニン否定の空気がこの20年ほど左翼全般を覆うようになったため、帝国主義論の概念や理論の説得力が薄れ、こうした思想的結果を招いたのだと察しをつけている。レーニンが全面否定され、帝国主義論もゴミ箱行きの処理がされたため、アメリカ帝国主義に対する批判的視座が崩れてしまい、米国の対外政策を無条件に肯定する帰結に至ったのだろう。関岡英之の持論だった反米憂国の視角は、日本の左翼からは微塵もなくなってしまっている。その変化と傾向と並行して、左翼の中で反中国・反ロシアの気分が旺盛になり、しばき隊が反中反ロの言説を宣伝する前衛になって敵愾心を煽っている。


恰も、しばき隊がCIAの手先となり、左におけるプロパガンダ機関となったかの如き奇怪な印象だ。
基本的には、彼らの無知と流行追っかけの浮薄な態度が誤謬を媒介していると言える。関岡英之は昨年病死していた。関岡英之は『マネー敗戦』の吉川元忠の影響を受けている。二人とも死んだ。おそらく、その系譜と脈絡の上に、バリエーションを伴いつつ、三橋貴明や中野剛志がいるのだろう。


左翼から消えた「アメリカ帝国主義」の語 - 関岡英之の『拒否できない日本』_c0315619_13351592.png
左翼から消えた「アメリカ帝国主義」の語 - 関岡英之の『拒否できない日本』_c0315619_13352344.png
左翼から消えた「アメリカ帝国主義」の語 - 関岡英之の『拒否できない日本』_c0315619_13353211.png
左翼から消えた「アメリカ帝国主義」の語 - 関岡英之の『拒否できない日本』_c0315619_13355533.png
左翼から消えた「アメリカ帝国主義」の語 - 関岡英之の『拒否できない日本』_c0315619_13360449.png
左翼から消えた「アメリカ帝国主義」の語 - 関岡英之の『拒否できない日本』_c0315619_13395930.png
左翼から消えた「アメリカ帝国主義」の語 - 関岡英之の『拒否できない日本』_c0315619_13424893.png


by yoniumuhibi | 2020-01-27 23:30 | Comments(2)
Commented by 愛知 at 2020-01-28 03:43 x
イラン軍も認めたイラン上空でのウクライナ航空752便の撃墜(誤射)。米紙ヘラルドトリビューンが指摘したのは、誤射を生んだレーダー波に対する米軍もしくはイスラエル軍のジャミングの可能性。その記事が出た後、同紙はツイッター出禁に。抑制のきいた科学的見地からの記事であったのに、今は検索しても見出せず。こうした声も陰謀論と蔑まされるのでしょうか。哀しい限りです。
Commented by みきまりや at 2020-02-04 10:27 x
 アメリカ=地球。地球上の国々から人間とその文化も一緒に集まってきて根付き、それが一丸となり働いてきたアメリカの現実は、ここが地球だ!の思いを育てているのかなぁと。CIAに殺害されたと目される中村哲医師とかイランのソレイマ二司令官などは、地球=地球の人。人間が脅かされ貧しい状況になっているのに接すると、何とかしなければと考え、奮闘してそれを解決に導くことができる人物。恩恵を受け希望が生まれた人々からは尊敬を集めて、自分も嬉しい。そんなヒーローの生存を、それ以上ゆるさない人たちが居るのですね。
 9.11からアメリカは、揺らいできていると私は思います。いつかアメリカ=アメリカになったとき、それはどんな姿、様子なのかなぁと、勝手にいろいろ想像してみたりです。


メールと過去ログ

Twitter

最新のコメント

今こそ「テニスコートの誓..
by 印藤和寛 at 09:18
総裁選で石破さんを倒すた..
by 人情味。 at 09:29
もし山上容疑者が安倍元首..
by 人情味。 at 21:23
杉田水脈なる人物は論評に..
by 住田 at 10:51
あれは15年程前..
by ムラッチー at 11:27
悪夢のような安倍政治から..
by 成田 at 13:03
ハーバード大学で比較宗教..
by まりも at 23:59
重ねて失礼いたします。 ..
by アン at 17:48
安倍晋三のいない世界は大..
by アン at 13:16
今まで、宗教2世の問題に..
by さかき at 10:31

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング