人気ブログランキング |

宴会場費900万円は誰が払ったのか – ニューオータニは国民に真実を

c0315619_16180313.png19日夜、共同通信からスクープが出て、過去に安倍晋三事務所が主催した「桜を見る会」のツアーでは、夕食会の会場と宿泊先のホテルが異なっている事実が判明した。現時点では、13年以降の夕食会場とホテルがそれぞれどこだったか具体的な情報はないが、この事実は疑惑のカギを解く重要な手掛かりとなる。決定的と言えるかもしれない。安倍晋三は、宿泊費とセットになっているから宴会費の価格を安く抑えられるのだと説明していた。15日に行われた官邸ぶら下がり会見で、記者の質問にその旨答えている。この言い訳が破綻した。真っ赤なウソだった。今回の事件が発覚して以降、ずっと疑問に感じ、不審に思っていたのは、なぜ夕食会だけが別枠にされて別会計になっているのかという点だった。ツアーに参加する者からすれば、支払・振込を一度に一か所にできた方が便利でスマートだろう。



c0315619_16223681.pngまた、ニューオータニの方も、宿泊費と宴会費の請求・入金を一括で処理できた方が都合がいい。旅行会社との契約で完結し、一枚の請求書で済み、入金は銀行口座に振り込まれるからだ。こうした受注案件の場合、宴会を別オプションに切り出し、その場で現金を400万円(5千円x800人)受け取るというのは、企業の会計処理上イレギュラーで煩瑣になり、経理が嫌がるから、普通、営業はこんな注文は取らない。どうして安倍晋三事務所は、わざわざ夕食会を独立に切り出し、参加者に受付で現金を払わせたのだろうと、その問題が引っかかっていた。金額を5千円にしたのは、おそらく札勘(count bills)のためで、釣り銭を渡す手間を省き、支払金額を数えるのを簡便にするためだったと推測される。その動機が先にあり、会費は紙幣1枚の金額にする必要があった。千円だと安すぎる。1万円だと高すぎる。懇親会費の値頃感として、5千円に設定したのに違いない。


c0315619_16230265.pngこのとき、たとえどれほど宴会の食材を安く切り詰めることができたとしても、間違いなく安倍晋三事務所からニューオータニに対して持ち出し分が発生する。それはバンケットルーム「鶴の間」の費用だ。「鶴の間」の使用料は900万円だと言われている。この900万円は誰がいつどうやって払ったのか。仮に一人分の飲食費を5千円の範囲に収め得たとして、800人分400万円の現金をニューオータニに支払ったという安倍晋三の釈明に頷いたとしても、900万円のバンケットルーム費は宙に浮く。なぜなら、宿泊費については受注と会計が独立していて、旅行会社がニューオータニに入金しているからである。安倍晋三後援会が参加者に案内した今回のツアーの中身を見ると、3名1室で、Aコース66.000円、Bコース66.000円、Cコース72.500円などとメニューが並んでいるが、この料金は旅行会社が提供するサービス商品の対価である。


c0315619_16274022.pngこの料金に含まれるのは、事務所側の案内文にも書かれているとおり、飛行機代と朝食付1泊のホテル代と移動バス代と、各コースの観光施設の利用料である。この費用の中に「鶴の間」の宴会場貸切料は含まれていない。観光ツアーとして一瞥したとき、安倍晋三事務所の下請けでツアーを手配し担当したサンデン旅行の商品と料金に、特に不自然な点はない。不審な値引きは見られない。そして、サンデン旅行は、参加申込者から振り込まれた金額のうち、商品の言わば仕入れ分の代金を、仕入れ先である航空会社とバス会社とニューオータニに入金している。航空会社とバス会社とニューオータニは、サンデン旅行に請求書を発行している。ニューオータニからサンデン旅行への請求額の中身は、1泊朝食付の宿泊費の人数合計分でなければならない。ここが重要で、果たして柚木道義はその点を確認したのか。もし、この事実を確定できれば、問題はニューオータニと安倍晋三事務所の関係だと絞り込める。


c0315619_16240424.pngそうなれば、サンデン旅行はシロと断定できる。逆に、サンデン旅行が宴会場費の900万円をニューオータニに支払っているというような事実が検知されれば、不審の目はサンデン旅行にも向けられなくてはならず、どういう事情か聴取しなくてはいけない。また、ニューオータニが1泊朝食付の単価を幾らに設定していたのか、リーズナブルな価格だったのか、その点も証拠書類を見て確認する必要がある。柚木道義は簡単にサンデンをシロだと認定しているけれど、それは迂闊で杜撰すぎる「調査」だろう。サンデン旅行は下関市の中小代理店で、安倍晋三の息のかかった企業である可能性がある。従来からこのツアーを請け負ってきて、ツアーの裏の裏まで内情を知っている。ANAコンチネンタルを使った過去の分も含めて、ホテルからの見積書と請求書、サンデンが入金した振込票を提出させ、ホテル側の控と突合しなくてはいけない。「鶴の間」の900万円の謎についてサンデンが何も知らないはずがない。


c0315619_16234100.png夕食会の写真を見たところ、安倍擁護の右翼が口を尖らせて反論するように、人数の割には提供されている料理が少ない印象は受ける。すなわち、ホテル側がテーブルの上に配膳する料理の分量を少なくすることで、飲食費の総額を抑えたという言い分もあるだろう。だが、そのコスト削減をやってしまえば、山口県からはるばるこのツアーを楽しみにして参加した有権者の満足は得られない。夕食が貧相なもので、参加者から不満が出れば、後援会の懇親会としては失敗ということになる。次から参加しないという苦情に繋がり、悪評が地元で広がってしまう。7万円近く支払って、地方から一泊二日の旅で上京する者にとっては、年に一度の高級ホテルの立食ディナーは中身が重要だろうし、特に女性にとってはそうだろう。日程表を見ると、夕食会は午後7時から始まっている。安倍晋三がニューオータニを出たのが午後8時24分だから、宴会は1時間半から2時間は続いたことになる。まさに市井一般にとって夕食の時間である。


c0315619_16312050.png夕食会が終わって部屋に戻るのが午後9時として、さて、その時刻から、宴会の食事で満足できなかった参加者が、ニューオータニ内のレストランに行って腹を満たすとか、赤坂見附の焼き肉店に繰り出すという想定があるだろうか。ホテル内のレストランは目が飛び出るほど高い。外の店で食べるとすると、タクシーを使うか、徒歩ならガーデンコートから弁慶橋を渡って赤坂のネオン街となる。出費の問題もあるし、さらに時間上の制約もある。翌朝のバスの出発時刻は午前7時。首相夫妻が新宿御苑で待っていて、団体行動だから遅刻は許されない。寝坊はできない。女性は化粧などの身支度がある。朝食も付いていて、トイレもあるから、朝7時にバス出発となれば、朝6時前、女性は朝5時半には起床する必要があるだろう。女性はニューオータニの朝食は見送れない。となると、前夜は早めの就寝に努めざるを得ず、深夜に見附界隈の店で腹いっぱいというわけにはいかないのである。ツアーの設計は、前夜の深夜の自由な飲み食いを前提していない。


c0315619_16313922.pngということは、「鶴の間」の立食ディナーで十分な食事量が提供されているという図を推定できる。地方からの高齢のお客様が主体の場合は、特にその点は疎かにできないはずだ。そのとき、5千円の単価だと、質量ともにお客様に満足してもらえる立食メニューは、ニューオータニは提供できない。ニューオータニのブランドを落とすような、お客様の不興を買う粗悪なサービスの提供は、ニューオータニはできない。カルパッチョと巻き寿司だけだったという「証言」を、私はとても信用できない。個人的に、若い頃、私は何度も今回の安倍晋三事務所のような立場で仕事をし、ニューオータニを使わせてもらったことがある。本当に素晴らしいホテルで、日本一で、あらゆる面で職員の応対は満点だった。クオリティ抜群でエクセレントな、日本企業らしい日本企業であり、接するほどにニューオータニが好きになり、ニューオータニと一緒に仕事するのが愉しかった。安倍晋三事務所と違って、私は小口の顧客だったが、ニューオータニは誰にも差をつけずよくしてくれた。


喩えて言うなら、ニューオータニのサービスは、トヨタの高級車の乗り心地であり、クラウンのステアリングの満足の感触である。まさに日本の品質。昔の戦後日本からの、中産階級の黄金時代を作った日本の努力と栄華の結晶のような、夢のある、センスのある、腰の低いホテルがニューオータニだ。ホスピタリティという英単語を聞くとき、語音の影響もあるが、私はいつもニューオータニをイメージする。お世話になった人たちを思い出す。今回の事件は非常に悲しい。


c0315619_16344546.png
c0315619_16345862.png
c0315619_16351711.png
c0315619_16352816.png
c0315619_16355207.png
c0315619_16360407.png
c0315619_16361259.png

by yoniumuhibi | 2019-11-20 23:30 | Comments(2)
Commented by ara at 2019-11-20 18:39 x
今回参加した後援会の客層がよくわかりませんが、一人7万、夫婦で参加すれば15万は、地方の生活費からすると結構な金額。企業経営者が交際費でお付き合いで参加するにしても、高いという感覚でしょう。
夫人枠。夫人はもりかけで人が自殺したことも何とも思っていないし、多くの人に迷惑をかけた自覚すらないでしょう。
オツムがアレで、出しゃばりで、しおらしく見せていますが実際はコンプレックスの塊だから(大学へ内部進学できなかった)、人に嫌がらせをするのが大好きな愉快犯なんですよ。
夫婦そろって金を出さないと、まわりに人が集まってくれません。
夫人のイベントに参加した地方の店主が、参加してから毎年、桜を見る会の招待状が届いたとブログで書いていました。
Commented by 愛知 at 2019-11-21 02:39 x
貴下ニューオータニ評に目頭が熱くなる思いです。貧乏学生時代、警備会社でのアルバイトの夜勤明け、名古屋都ホテル(1963~2000)での朝食が楽しみで。あの豊かな時代(明日に希望のあった時代)が思い起こされて。コンビニもない時代でしたから。そして今、クライアントから強制招集の立食パーティーでは満腹感など、ほど遠く。本件(アベ訴追事件)についてはアキエ枠、会場費、不自然な領収書など、ネットでさんざん専門家のご意見が。そもそも腹が痛くなければ、「私の判断で来年は中止にします」も、なかったはず。貴下ご指摘の中産階級の没落こそ、民主主義の終焉かと。


カウンターとメール

最新のコメント

2008年に伊藤和也さん..
by 長坂 at 07:04
Dr.中村哲は、火野葦平..
by 山椒魚 at 19:24
八〇年代に大学生だった私..
by takahashi isikawa at 02:09
マーガレット・サッチャー..
by 愛知 at 00:30
投稿をお待ちしておりまし..
by 玄明 at 23:23
十数年ほど前に、たしか首..
by artandmovie at 17:17
チャウシェスク、懐かしい..
by もあん at 18:19
栃木小山2少女監禁事件。..
by sun at 11:29
シンゾが首相の座を降りた..
by 長坂 at 00:25
栃木小山2少女監禁事件、..
by sun at 09:04

Twitter

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング