人気ブログランキング |

日本の分断 - 可視化されない分断、「パヨク」と「ネトウヨ」

c0315619_12291394.png米国の分断は深く、欧州の分断も深い。社会が二つに分断され、対立する双方は相手の言葉も通じないほど不信と拒絶が極まった状態にある。ウォーレン支持者とトランプ支持者とでは、向き合ってもまともな議論にはならず、誹謗中傷を飛ばし合う、いわゆる negative campaign の応酬にならざるを得ない。米国人の得意な discussion や debate を展開し合う関係にならない。民主主義のお手本の国である英国でも、EU離脱に賛成派と反対派とではほとんど互いを理解する余地がないほど溝が深まっていて、説得とか妥協とかいう民主政治の契機が消えてしまっている。だが、どうやら日本も、そうした分断が激しくなっていて、欧米と似た政治的様相にあることを強く感じる。日本の場合はその現象形態が特殊で、欧米のように可視化されないのである。可視化されないけれど、社会が二つに分断され、コミュニケーション不能になっている。 



日本の分断

c0315619_12300117.png日本の分断がどういうものかというと、単純に言えば、親安倍と反安倍の対立、親右翼と非右翼の間の緊張と相克ということになるだろう。日本の分断というものを強く感じさせられ、その日本的な特殊性を考えさせられたのは、9日の「国民祭典」と10日の祝賀御列の儀をテレビを見てである。「国民祭典」はまさしく日本会議(極右)のイベントで、戦前日本の体制復活を賞揚し示威するものだった。国家神道がこの国のスタンダードな体制思想であることを、国民に確認させ、国民に教育する壮絶なイデオロギー祭典だった。あの映像を見て、気分が悪くなった嫌悪感を感じた者は多かったはずだ。普通の、戦後の社会科教育を学校で受け、日本国憲法の理念を常識として身につけている中高年ならば、仰天して腰を抜かすような不気味な政治的場面の進行に見え、正視に耐えられなかったり、恐怖感を覚えるという反応だっただろう。


c0315619_12302718.pngだが、あの映像こそが日本の真善美の神髄であり、国家の正義だと信じる者は非常に多いのである。また、その価値観をNHK(有働と谷原)がオーソライズし、中立的で国民的なものだと納得づける正統性の根拠を与えているため、テレビの前の一般国民はその価値観の噴射の前でどうしようもなく、その現実を認めざるを得ない。反発ができないのなら、順応するか、沈黙するかしかない。「国民祭典」を拒絶する者は、それを肯定する者から見て、「パヨク」とレッテル貼りして唾棄する対象である。他方、「国民祭典」に狂喜している者は、それを否定する者から見て、「ネトウヨ」と軽蔑する無知で傲慢な表象である。「パヨク」と「ネトウヨ」。言語のコミュニケーション不能な二者間の対立が深まっていて、中間の地平がなくなり、個々が両陣営のどちらかに所属せざるを得なくなっている。そして、日本の場合は、欧米と違って、NHKなどマスコミが親安倍の陣営にあるため、「ネトウヨ」の側が多数派となり、「中立」の表象を奪い取ってしまう。

可視化されない分断

c0315619_13051261.png日本は、分断が深まっているけれど、分断が分断として表面に現象化されず、対立が対立として明確に構図化されない。管制高地であるマスコミを安倍官邸(日本会議)が掌握しており、安倍官邸による意味づけが標準化されて全体の意識を包むため、分断された片方の側(反安倍・「パヨク」)は自己主張する機会がなく、存在感を社会に示すことができない。意見を代表する頼りになる政治勢力もなく、柱となる有力なオピニオン・リーダーもいない。ネットの中は、ある程度は分断らしい分断の雰囲気があり、「ネトウヨ」と「パヨク」が罵倒を飛ばし合う景観はあるけれど、マスコミの中にそれがなく、基本的に親安倍・親米・反左翼の論調と問題意識で一色となっている。マスコミ論者は、言うならば、お行儀のよい、言葉遣いが汚くない「ネトウヨ」であり、仕事でやっている「ネトウヨ」だ。分断が可視化されない理由は、松原耕二のような手練れの欺瞞の業による。テレビの前の反安倍は、その欺瞞を見抜けず騙される。あるいは、その欺瞞に付き合って自分を騙す。


c0315619_13053148.png毎日流れるBSの政治番組など、完全に官邸が内容を牛耳っているし、裏でCIAが暗躍していることは見え見えだ。なぜ、毎晩毎晩、用もないのに、関心もないのに、嫌韓と反中のプロパガンダだけが番組を埋めているのか。なぜ、武藤正敏と興梠一郎と森本敏ばかりが出てきて飽きもせず同じ話をしているのだ。なぜ、台風19号の被災地の問題が取り上げられず、韓国叩きと香港の話ばかりをメニューに詰め込むのか。反中嫌韓の趣味者のための番組なのか。明らかに「ネトウヨ」のための、「ネトウヨ」に確信を与え、「ネトウヨ」の立場と主張に根拠を与えるための偏向放送ではないか。安倍晋三のメッセージを視聴者に刷り込む国策番組ではないか。NHKの最近の世論調査で、安倍晋三の政治について評点が高い政策分野として、外交安保をよくやっているからという数字があった。何のことだろうと、反安倍のわれわれは首を傾げるが、要するに、この中身は韓国叩きと中国叩きの奏功であり、米国べったりの売国姿勢のことである。BSの政治番組の洗脳が効いているのだ。

安倍支持が多数となる世論調査の意味

c0315619_12372147.pngマスコミの世論調査を見て気づくべきことがある。昨年は、内閣支持率の賛否が拮抗して推移していた。この1年ほど、支持が不支持を15ポイントほど上回っていて、何やら6年前のアベノミクスブーム期の「安倍人気」が復活したかのような情勢になっている。この奇妙な高支持率については秘密がある。それは韓国叩き・文在寅叩きの政治だ。韓国最高裁で徴用工判決が出たのが1年前で、そこからずっと日本のマスコミは文在寅叩きに熱中している。『1984年』の「2分間憎悪」を毎日定例で行っている。7月の参院選も、本当の争点(投票を左右した関心事)は韓国問題であり、安倍晋三が選挙に勝利した要因は、有権者である日本国民の韓国憎悪の感情だった。嫌韓ナショナリズムが票を動員した政治だった。日本のテレビは、毎日毎晩、手を抜かず文在寅叩きを反復している。それは同時に左派叩きでもある。中韓と左派を貶めることは、自動的に安倍政権を持ち上げることを意味する。


c0315619_12313832.png安倍政権が文在寅政権の真性敵だからだ。韓国が悪者にされ、左派が悪者にされ、世界で最も憎むべき敵が文在寅に標的づけられ、日本人は毎日毎晩、『1984年』の「2分間憎悪」の生活の中にいる。韓国と社会主義を憎悪する気分を高めている。文在寅はゴールドスタインだ。その極悪人の敵を攻撃する自軍司令部のシンボルが安倍晋三だから、自然に安倍晋三の人気(支持率)が高まるのである。そういう構造になっていることが、この1年間の安倍政権の高支持率維持の政治の正体に他ならない。要するに、単に安倍晋三に巧く操られ、官邸の手足であるマスコミによって反文在寅世論を煽られ、嫌韓ナショナリズムを焚きつけられて盲目的に踊っているだけだ。外側から見ればきわめて蒙昧な政治世界だが、日本人は知性が劣化したため、こうした単純で幼稚な政治に絡め取られてしまうのである。日本人は、どうしてこれほど愚かで政治的に無力なのか。政治学が分析しなければいけない問題はここにある。


c0315619_12471139.pngいろいろな原因はあるけれど、日本人が嘗てのような市民的主体性を持てなくなっている点に、注目を当てなくてはいけないと私は思う。自立的な市民としての基盤と自信を失っているため、巨大な力の前で沈黙してしまい、抗えず、諦めて流されざるを得ないのだ。著名な左派系の学者や文化人たちが、「国民祭典」の悪夢と狂気を前にして無言なのは、言葉を放っても、影響が広がって効果が波及する市民社会がないからである。言葉が通らないからであり、言葉を受け止める知的市民の確かな世界がないからだ。今、そこにあるのは、単に敵認定した相手に脊髄反射で「ネトウヨ」「レイシスト」の語を投げつけ、暴力の正義で威勢を張るだけの、貧相で粗野なしばき隊の左翼世界なのである。言葉は薄っぺらな「ヘイト」と「マイノリティ」しかなく、「安倍やめろ」のワンフレーズしかない。知識と能力がない。右の「ネトウヨ」を左に持ってきただけの相似形のパターン。凶暴な彼らは、少し複雑な分析と考察が入ると、それを「妄想」だの「陰謀論」だのと切り捨てる。


今の左翼は思考の持続力がなく想像力がない。貧すれば鈍するという諺があるが、日本人は貧して鈍してしまった。世界中がそうなのかもしれない。新自由主義によって中産階級が没落し、中産階級の生き方ができなくなってしまったため、余裕のある柔軟で健全な思考力を失った。そうなると、視野が狭くなり、不満の捌け口を求めたくなり、自前の思考と認識で踏ん張ることができなくなる。長いものに巻かれやすくなり、自分より弱い者を攻撃して精神の均衡を保持する習性に陥る。



c0315619_13324642.png
c0315619_13325362.png
c0315619_13330808.png
c0315619_13331596.png
c0315619_13331902.png
c0315619_13332987.png

by yoniumuhibi | 2019-11-13 23:30 | Comments(2)
Commented by あさのたえこ at 2019-11-13 15:33 x
私自身は自分の読書歴が、いわばジャンクフードだったことに最近気づいて後悔しています。愕然としました。
読むべき本は、基礎体力をつけるような社会思想でした。
googleは被引用回数の多い本を名著として列挙しています。
その1位はロールズの「正義論」。なぜ原爆投下は非難されるべきかという著書もあります。そのほかにはミシェル・フーコーで、これは20代で熟読しましたが多くは名前も知らない思想家でした。
Commented by 長坂 at 2019-11-14 11:02 x
残酷で残虐な加害行為と凄惨な被害経験。これらの体験者が生存中は罪の意識だかPTSDだかで多少の謙虚さは持ち合わせていたし、戦後文化人的なメッキとなる者もいたので、まともな国の様相を呈していただけなのでは? パレードの日、鄭ヒョンジョンさんの「天皇制国家と女性」がTWに出ていたので、木下尚江の「火の柱」(ありがとう青空文庫)を読み出したら、もう今の日本そのもの。貧乏人はとことん貧乏で自助自己責任、金持ちは毎日「桜を見る会」「園遊会」。ただ幸徳秋水みたいな人がいたのが大きな違いか?侵略植民地戦争・戦場経験者がほぼ死に絶えたら、あっという間に天皇が政治利用され又前近代明治に突入のVicious Circle。「天皇を元首に」みたいのばかり可視化されて国民主権や法の下の平等は全く可視化されない。政教分離で抗議するのはいつもキリスト教団体だけだし、「総理は立憲主義を理解しない」と馬鹿にした立憲を冠した政党はなんか言ってましたっけ?分断どころか挙国一致。
権力者は利用できるものはなんでも利用する、だけど利用される天皇はもっと問題だと思う。アメリカの占領政策によるタナボタだったなんてすっかり忘れられちゃって。
そう言えば秋篠宮は政教分離に抵触すると言っていたが、「兄はネトウヨ、弟はパヨク」なんでしょうかね。


カウンターとメール

最新のコメント

2008年に伊藤和也さん..
by 長坂 at 07:04
Dr.中村哲は、火野葦平..
by 山椒魚 at 19:24
八〇年代に大学生だった私..
by takahashi isikawa at 02:09
マーガレット・サッチャー..
by 愛知 at 00:30
投稿をお待ちしておりまし..
by 玄明 at 23:23
十数年ほど前に、たしか首..
by artandmovie at 17:17
チャウシェスク、懐かしい..
by もあん at 18:19
栃木小山2少女監禁事件。..
by sun at 11:29
シンゾが首相の座を降りた..
by 長坂 at 00:25
栃木小山2少女監禁事件、..
by sun at 09:04

Twitter

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング