人気ブログランキング | 話題のタグを見る

何も説明しなかったNHK – 5chが災害時の公共ポータル機関に

何も説明しなかったNHK – 5chが災害時の公共ポータル機関に_c0315619_13290768.png今回、福島や宮城で一人暮らしの高齢者が逃げ遅れて犠牲になったケースが多い。どういう事故死だったのか、中身を厳密に検証する必要があるだろう。本宮市の自宅内での溺死など、報道されている幾つかの例を見ると、一つの共通したパターンというか、仮説のようなものが浮かび上がる。中間項を飛ばして結論から先に言うと、これは政府の防災・危機管理当局の過失であり、テレビ報道の不作為の責任が問われる問題だ。具体的に言えば、危険を正しく知らせる任務と立場の者に正しい危機感と緊張感がなく、正確な情報が適切な地域と時刻に伝わらなかったために引き起こされた人災である。もっと直截に言えば、政府(国交省・内閣府内閣官房)とマスコミの人間が、12日夜にかけて、首都圏の被害にばかり気を取られ、北関東・東北の差し迫った重大危機への監視と対処ができず、その方面で深夜未明に同時多発する水害の事態を軽視し放置していた不覚が大きい。



何も説明しなかったNHK – 5chが災害時の公共ポータル機関に_c0315619_13295207.pngこの問題を証拠づけるため、私は11日に気象庁が発表した資料を取り上げ、東北の雨量予測が低すぎた点を指摘した。気象庁の担当者も、国交省河川部の担当者も、内閣官房も、テレビ局(NHK)の人間も、東京周辺で特に深刻な被害が起きなかったから、この後に台風が北上する地域でも大した被害にはならないだろうと、そう観念してしまい、注意が杜撰になり、真剣に雨量と河川状況をチェックして警告を発する態勢を解いたのだ。それは、ちょうど人が睡眠する時間帯と同期した進行だった。東北に最も深刻な人命被害が集中したことが判明したのは、13日午後を過ぎてからであり、この災害を2日間テレビで見ていた者の感覚からすれば、いわば意外な展開と結果だった。本宮市のある一人暮らしの高齢者被害女性のケースで、娘が、母はいつも夕食後は8時頃までテレビを見て、早めに寝る生活をしていたという証言があった。彼女はどうして、12日夜、いつものように早く就寝したのだろう。


何も説明しなかったNHK – 5chが災害時の公共ポータル機関に_c0315619_13304018.pngそれは、12日の昼から夜のテレビ放送が、まるで災害警戒の雰囲気がなく、NHKの報道も首都圏の話題ばかりで、ありきたりのマンネリトークとルーティンフレーズばかりで埋められていたからだ。「早めの避難を心がけて下さい」「ネット上に情報サイトがありますから確認して下さい」「スマホでも簡単に見れますから」。北関東・東北に住む高齢者にとって、自分に関わるメッセージはシンプルにそれだけだった。テレビに流れるのは、城山ダムの緊急放流とか、多摩川の奔流の絵とか、横浜港の現在の様子とか、関東整備局(さいたま新都心)からの中継とかだった。中身は空っぽで、独自に取材した価値ある報道は皆無だった。福島と宮城に迫った破局を伝える情報は何もなかった。緊急番組のスタジオの専門家は、国交省の河川情報サイトを画面でいじくって、紫色に変わった河川の氾濫危険情報を軽く見せていたが、東北の河川はフォーカスされなかった。丸森町の雨量が600ミリを超えるという予報もなかった。


何も説明しなかったNHK – 5chが災害時の公共ポータル機関に_c0315619_14461802.png12日夜の民放テレビの番組編成を再確認してみると、どこも普通の土曜夜の番組を流している。これを見たら、本宮市で犠牲になった高齢被害者でなくても、今回は難なく過ぎて夜が明けるだろうと思うのは無理はない。北関東で犠牲になった例で、深夜に車で避難を始め、洪水で車ごと流されて溺死という報告が少なくない。普通にテレビを見ていたら、民放はいつものお笑いタレントが出てきて漫談しているし、NHKは「早めに避難して下さい」とアリバイトーク(政府からの義務履行の)だけだから、視聴者は、今回は大丈夫だろうと思うだろう。池田伸子も、中山果奈も、政府(内閣官房・国交省)が用意した簡単なメモを読み上げていただけだ。メモは菅義偉が差配したもので、要するに、国民に対しては何も知らせず、「早めの避難を」と「サイトの情報をスマホで確認しろ」と、それだけ言っとけということだ。あとは自衛隊がへりで行くから、救助現場をきっちり上から撮って流せよと、そういう命令だったのだろう。菅義偉らしい。


何も説明しなかったNHK – 5chが災害時の公共ポータル機関に_c0315619_13312241.png今回だけではないけれど、安倍政権になって以降、最近の数年間、テレビ(NHK)の災害報道が本当に中身がない。薄っぺらというよりヌルで、小学生低学年向けの「災害報道」をだらだらと流して時間を潰し、災害報道しましたとアリバイ工作を埋めている。北関東・東北の人々にとって重要なのは、付近の河川の状況と今後の雨量とその影響だっただろう。避難所開設状況を12日午後に流すことだっただろう。首都圏に住む私にとっては、12日に知りたかったのは、荒川・利根川と多摩川の現状のリアルなアップデートだった。実際は、これらの観測情報は、5ch(2ch)のスレが最も濃い内容を、フェイク含めて虚実織り交ぜ、5chらしく右翼に都合のよいプロパガンダに味付けながら、素早く興味深く発信していたのである。国交省の河川情報をサイトを見ろと言っても、そこには解説はなく、網羅的概括的な観察はない。変動する生データが並んでいるだけだ。それらは複数の人間によって監視され、分析され、意見され議論されなければ意味ある情報にならない。


何も説明しなかったNHK – 5chが災害時の公共ポータル機関に_c0315619_13313690.png武蔵小杉のタワマンの下水問題や二子玉川の堤防未設の問題も、早くから5chで喋々されていた。そこには速報性と集合知があった。荒川放水路、岩淵水門、彩湖、首都圏外郭放水路、八ッ場ダム、これらは、首都圏に住む者にとって、今回の台風災害のキーワードである。本当ならテレビで誰かが論じ、首都圏の水害対策の歴史と構造が説明されないといけないはずだが、それを5chの右翼が肩代わりしていた。右翼系の官僚や学者が匿名で書き込んでいた可能性がある。テレビでは、試験湛水を始めていた八ッ場ダムが、いきなり本番に投入されて一夜で満杯に水を溜め、下流の埼玉・東京を洪水から救った事実は紹介されない。政府は隠している。これには理由があるが、ここでは書かず、稿を別にしよう。5chの右翼はここぞばかり民主党政権を叩き、左翼は建設再開を決めたのは野田政権だと反論し、5chらしい不毛な喧嘩を続けていた。東北の被災者を尻目に。大事なことは、そのような問題ではない。台風災害の概況と防災で機能する土木ハードウェアがマスコミに出ないことだ。


何も説明しなかったNHK – 5chが災害時の公共ポータル機関に_c0315619_13331768.pngNHKに登場した関東整備局河川部の担当者は、現状についても、対策についても、今後についても、何も具体的な言葉を発しなかった。黙っていた。責任があるから迂闊なことは言えないという立場もあるのだろうが、官僚は重要なことは絶対に国民に教えないのである。11日から13日にかけて、この国は国交省(気象庁と河川部)が権力操縦する非常環境になっていて、彼らはすべての情報を握っていた。すべてのデータは国交技官(気象庁と河川部)に入り、内閣官房(危機管理)に報告されていた。安倍晋三が12日に平然と「終日公邸」のぐうたらができたのも、多摩川と荒川・利根川は決壊せず大丈夫だという情報(確信)が入っていたからだろう。官僚と官邸は、大事な技術的情報を隠し、要らない無駄な情報をNHKに放送させていた。安倍晋三が「終日公邸」でぐうたら三昧だから、テレビの連中も気楽になり、民放は通常編成で番組を流していたのである。5chの書き込みは圧倒的に東京の人間が多いため、関心と議論は多摩川と荒川が焦点となり、北関東や東北の河川には目も向けない。 


5chが災害情報の公共ポータルになっていた。その社会的真実に気づかされて戦慄を覚えた。実質的に、NHKと5chはすでに同格で、同価値で、二つが災害時の情報発信媒体として併用されている。5chは、事実上、公的な情報機関なのだ。情報が欲しい国民は5chを見るしかないのだ。NHKを見ても何も説明されない。何の有意味な情報提供もない。見ても意味ない。アリバイ目的の(責任逃れの既成事実作りの)マンネリトークが反復されるだけで、村の防災無線と同じ「避難して下さい」の無機質な音声が、プリエンプティブに一方的に連呼されるだけだ。その勧告に従っても従わなくても、住民の運命は自己責任でしかないのだ。今、現実の問題として、5chが災害情報の責任を負う(きわめて無責任で新自由主義的に酷薄でがさつな)公共機関の如くなっている。



何も説明しなかったNHK – 5chが災害時の公共ポータル機関に_c0315619_14034004.png
何も説明しなかったNHK – 5chが災害時の公共ポータル機関に_c0315619_13344863.png
何も説明しなかったNHK – 5chが災害時の公共ポータル機関に_c0315619_13351833.png
何も説明しなかったNHK – 5chが災害時の公共ポータル機関に_c0315619_13352621.png
何も説明しなかったNHK – 5chが災害時の公共ポータル機関に_c0315619_13350848.png
何も説明しなかったNHK – 5chが災害時の公共ポータル機関に_c0315619_13353812.png

by yoniumuhibi | 2019-10-18 23:30 | Comments(2)
Commented by 七平 at 2019-10-19 04:22 x
掲題の記事とは無関係ですが、日本のマスコミが伝えない米国の近況お知らせしておきます。 長い滞米生活を通し、過去に ニクソン、クリントンが弾劾裁判にかけられる様子を見てきましたが、過去の2件に比べ、トランプを弾劾、罷免する証拠、証言は加速度的に拡大しており、もはや法的にはこれ以上の証拠は必要ない所まで来ています。後は時間の問題です。 教育レベルの低い、頑固なトランプ支持層が根強くいますので、民主党がリードする下院での調査は続いています。 真実究明もさることながら、山積するトランプの違法行為を、頑固なトランプ支持層も含め、幅広く国民に示し、納得させるためです。 国民の弾劾、罷免支持率は52%に達していますが、上院で有罪、罷免判決に至るには 75%くらいの支持率が必要かと思います。 そこまで行くと、上院議員もトランプを罷免しないと、自らの再選が危ぶまれるからです。 

どうしても、わが祖国、日本と米国の様子を比べてしまいますが、日本が米国レベルの民主主義に達するには後、3世代くらいかかるかもしれません。 お上と羊を装い、各個人の正義感、信念を出さず、長いものに巻かれろを決め込んでいる国民が多いように思います。 今回、特に目につくのは、内情を熟知した官僚が内情通報者となり、自らの職や出世を犠牲にしてまでも、国の将来を思い真実を暴露する事です。 日本にも I am not Abe.を唱えた官僚がいましたが、人質事件や森友学園に関する虚偽を暴露した官僚は一人たりともいませんでした。 日本でも、国の腐敗を防ぎ、浄化を図るため、 内情通報者 (Whistleblower)  を保護する法令が必要ではないでしょうか?

トランプの弾劾が日本の政治を洗浄する良い刺激となる事を祈ります。
Commented at 2019-10-21 12:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


メールと過去ログ

Twitter

最新のコメント

今こそ「テニスコートの誓..
by 印藤和寛 at 09:18
総裁選で石破さんを倒すた..
by 人情味。 at 09:29
もし山上容疑者が安倍元首..
by 人情味。 at 21:23
杉田水脈なる人物は論評に..
by 住田 at 10:51
あれは15年程前..
by ムラッチー at 11:27
悪夢のような安倍政治から..
by 成田 at 13:03
ハーバード大学で比較宗教..
by まりも at 23:59
重ねて失礼いたします。 ..
by アン at 17:48
安倍晋三のいない世界は大..
by アン at 13:16
今まで、宗教2世の問題に..
by さかき at 10:31

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング