人気ブログランキング |

開戦と戦時

開戦と戦時_c0315619_15072151.png戦争をやっているのだ。これは戦争だ。戦争だから国民の視線が集中するのであり、朝も昼も夜も、テレビは韓国叩きの番組で放送を埋めているのである。戦争を始めているのだ、戦争が始まっているのだという認識が、左翼リベラルの中できわめて薄い。だから、韓国ばかりでなくて他の問題もニュースやワイドショーで取り上げろなどという声になる。安倍晋三が始めた侵略戦争だという真実が分かってない。テレビでの文在寅叩き(=「24時間憎悪」)は、安倍日本側の作戦の一部であり、敵への憎悪を高めて士気を鼓舞すると同時に、韓国内の反文在寅勢力に支援の情報を送り、韓国の中を二つに分断させ、文在寅の支持率を落として失脚に追い込む戦略の一過程である。戦争であり作戦だから、休みはなく中断はない。文在寅政権を打倒するという目標の達成まで手を抜かない。テレビでの文在寅叩きは、軍事戦略の一部であり、経済制裁とセットでパッケージのものなのだ。左派政権の韓国と戦争をしているのだ。



開戦と戦時_c0315619_15073320.png戦争を始めれば、当然ながら支持率は高くなる。イラク戦争のときのブッシュ政権がそうだったし、ウクライナと開戦したプーチン政権もそうだった。安倍日本は、現時点では韓国と戦火を交えるに至ってないが、今回の行動は戦争(侵略戦争)である。外交での対話と軍事力の行使との中間に経済制裁の措置がある。現在の米国とイラン、米国と中国との関係がこれに当たる。この次のフェーズが軍隊による侵攻であり、冷戦と熱戦の中間に経済制裁がある。半導体生産材料の禁輸措置を食らった韓国は、まさに非常事態であり、真珠湾奇襲攻撃の衝撃と同じだろう。元徴用工の歴史問題は、日韓の外交問題であり、外交の対話で双方が知恵を出して解決を図るべきものだった。だが、安倍晋三はその選択をせず、経済制裁という報復に出て、韓国経済に打撃を与え、経済戦争で屈服させるという戦略に出た。文在寅政権の側は、徴用工問題で白旗を揚げるか、経済戦争を戦い抜いて自国生産で制裁を無力化するかしかない。


開戦と戦時_c0315619_15151570.png戦争だから国民が熱狂するのである。イラク戦争のときの米国市民と同じだ。戦争だから、視聴率が上がるのであり、テレビ各局は番組で他のネタを取り上げるわけにはいかないのだ。戦争に日本(安倍日本)が勝つのが嬉しいから、国民はテレビに貼り付いて安倍日本を応援するのであり、文在寅叩きに声を合わせるのだ。もうすでに、単なる嫌韓とか、平時のナショナリズムの沸騰という領域を超えている。8割が経済制裁を支持しているという世論の発狂は、戦争というキーワードを置くことで正確に理解できる。戦争をやっているのだという認識と自覚が左翼リベラルの側にない。「どっちもどっち」論で文在寅を叩き、結果的に右翼とマスコミ に加勢しているれいわ信者の態度は、日中戦争が始まった当時に「暴支膺懲」を唱えて蒋介石を叩いていた日本人と同じだ。日本の侵略戦争であれば、われわれの態度はどうあるべきか。80年前と同じように反戦を訴え、侵略戦争反対を言い、侵略された側の抵抗闘争を支持すべきだろう。

それを正しくやっているのは浅井基文だけだ。浅井基文だけが知識人として正しい認識と行動を示している。


開戦と戦時_c0315619_15074708.png
開戦と戦時_c0315619_15080252.png
開戦と戦時_c0315619_15080957.png
開戦と戦時_c0315619_15081889.png
開戦と戦時_c0315619_15082635.png
開戦と戦時_c0315619_15155583.png
開戦と戦時_c0315619_15160288.png

by yoniumuhibi | 2019-09-04 23:30 | Comments(4)
Commented by 長坂 at 2019-09-04 17:44 x
国威発揚( by NHK )極右東京汚リンピック委員会が旭日旗にGo サインを出したので、ドイツ人のバッハ会長にオリンピック憲章と照らし合せて、この判断は妥当かメールしてみます。このまま行ったら、もう韓国選手団(統一選手団?)は怖くて日本に来られないでしょう。「宿舎にガソリン持ってお邪魔する」右翼続出ですよ。安全確保の為ボイコットすべき。
Commented by 愛知 at 2019-09-04 23:29 x
「号外は手より手に渡され読む人悉く喜色満面我の活動飛躍に反して彼が仁川に於ける不手際先づ以て幸先よしと第一の吉報に接せる昨日の市中は又一段の活気を呈せり・・・(以下略)」(1904(明治 37)年 2 月 10 日付『東京朝日聞』)日露戦争が始まった時の市中の様子を書いた記事の一部である。日本に定期新聞の歴史の中で、戦争は常に重要な出来事であった。「号外」は速報媒体として、また新たな読者を獲得するための手段として、様々な変化を遂げつつ発展。日本の新聞史の中で、新聞が商業的に成功するために号外は必要不可欠な存在であったといっても過言ではない。日本の新聞史上、最も号外で報じられたニュースは「戦争」であった。(中略)

アメリカとスペインの間で行われた米西戦争(1898 年)は、アメリカの新聞人、ハースト(William Randolph Hearst)の “You furnish the pictures and I'll furnish the war”(君は絵を描け、私が戦争を用意する)の言葉に見られるように、新聞によって煽り立てられ、センセーショナルな記事を売り物にした激しい発行部数競争が、ピューリツァー(Joseph Pulitzer)の『ニューヨーク・ワールド』とハーストの『ニューヨーク・ジャーナル・アメリカン』との間で展開されたことは、新聞史の中でよく知られている。

以上、立命館大学大学院先端総合学術研究科の「戦争と号外」(小林宗之)から一部引用。ネットでの閲覧可。こちらのブログを精読されておられるマスメディア関係者の方、同じ過ちを繰り返さないで下さい。
Commented by oasis at 2019-09-05 12:50 x
ドン・キホーテ。安倍日本は無敵の風車に向かって果敢に突進するドン・キホーテさながらだ。
韓国では、テレビを見ても安倍日本の報道はニュースくらい。しかも扱いは少ない。
ここ最近、韓国社会は、内政問題(法務部長官候補者をめぐる問題)で持ち切りだ。
不買運動や日本をホワイト国除外することや半導体問題への対応など、粛々と冷静に対応しているように思う。
日本問題を矮小化したり隠蔽したりしているのでは決してなく、飽くまでも冷静に向き合っているのだと思う。
日韓併合、日本による植民地支配、日韓協定の問題など、基本的に歴史と共に在るからだと思う。
歴史と共に在るから、怒りを抱くが、浮き足立ちようがない。
テレビで戦争を煽り立てるほど韓国叩きに熱狂しているのは、安倍政権の支持率上昇、で、一気に改憲という作戦か。また、仮想の戦争体験を通じて、戦争できる国になった方がいいよ、という国民への洗脳か。
ここまで来れば、安倍日本の末期、断末魔の叫びだ。それとも、この先にもまだまだ引き出しがあるのか? 太平洋戦争の末路はどうだったか?

ハンギョレ(日本語版9/5)のトップニュースで、気になるニュースがある。
「米国、「朝鮮半島危機の際の国連軍司令部の役割」を強調…日本の介入の可能性高まる」
推測するに、朝鮮半島平和プロセスで黙らされていた「安保ムラ」の巻き返しが起こっているのではないか。
安倍政権は安保ムラにただただ利用されるまま、それに便乗しつつ支持率の上昇を狙い、粛々と「集団的自衛権」の行使と自衛隊の軍隊化を進めようとしているのではないか。
いずれにせよ、現在の安倍日本の発狂の背後には、アジアにおける新冷戦をめぐる動き、すなわち朝鮮半島平和プロセスへの妨害があるように思える。
また、それと連動して、朝鮮半島平和プロセス(アジア脱冷戦)の核心部分でもある、これまで米軍が握っていた韓国軍の「作戦権」の韓国軍への移管をめぐって、新冷戦派と脱冷戦派の間で、再び、せめぎ合いが起きているのだと思う。
そのせめぎ合いの中に、集団的自衛権と改憲を狙う、米国の戦争の下請け、安倍日本が割り込んできた。猛烈な勢いで。
安倍日本はただのドン・キホーテ。しかし、安倍晋三と安保ムラは、(同床異夢ながらも)利害が一致して、巻き返しを図っている。
Commented by 山伏 at 2019-09-05 21:33 x
安倍による韓国侵略は留まるところを知りません。
恐らく朝鮮民族の統一国家の誕生を恐れての行動だと思います。
しかし安倍の侵略を前にしても文在寅・金正恩の硬い連携は揺るがない情勢です。
日本市民は早く安倍を引き摺り下ろさないと、統一朝鮮による日本の都市への核攻撃を招くでしょう。
韓国との友好のために市民による安倍おろしが必要です。


カウンターとメール

最新のコメント

GoToというのは、コロ..
by 金を出すから感染が怖くても旅行しろと? at 22:37
奥尻島 12月1日まで2..
by コスモス at 22:02
旭川の吉田病院理事長がサ..
by サン at 10:07
https://www...
by 米帝大嫌い at 20:19
菅が「経済」というと、誰..
by サムエル at 19:05
「旅行自体が感染を起こす..
by 愛知 at 04:10
東京で連日多数の感染者が..
by ブルー at 16:38
昨日の報道番組の要旨を読..
by アン at 10:12
3連休の行楽地の人出をテ..
by 愛知 at 02:28
 9.11など考えてもみ..
by みきまりや at 15:47

Twitter

以前の記事

2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング