人気ブログランキング |

れいわ重度障害者議員の初登院 - 障害者基本法と福祉国家の理念

れいわ重度障害者議員の初登院 - 障害者基本法と福祉国家の理念_c0315619_15133600.png1日、臨時国会が開会され、参院選で当選した議員たちが初登庁する様子をテレビが報じていた。その主役として注目されたのは、れいわの重度障害者2名の姿であり、特に報ステではトップで扱って積極に評価する報道で纏めていた。週末の番組でも大きく取り上げられるだろう。重度障害者2名が登場する絵柄は、最初は少し違和感を覚えた者たちも、繰り返し大型画面で接するうちに感覚が慣れてきて、また、テレビが障害者の社会参加と社会包摂の意義の一般論を説くのを聞くうち、自ずと印象が変わってくるだろう。テレビは公共のメディアだから、れいわの障害者議員とそれへの対応について、間違っても松井一郎のような非常識な言動を吐くことは許されず、逆に、松井一郎の発言を冷酷な暴論として否定し、叱責する立場で視聴者にコメントを伝えなければならない。テレビ論者が松井一郎を擁護したり、親近的な見方をした場合は、視聴者から批判が集中して放送倫理上のトラブルに発展するだろう。



れいわ重度障害者議員の初登院 - 障害者基本法と福祉国家の理念_c0315619_15135692.png障害者基本法を確認しよう。その第1条に、「全ての国民が、障害の有無によつて分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会を実現する」と理念が謳われている。第3条には、「全て障害者は、社会を構成する一員として社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加する機会が確保されること」と規定されている。第4条には、「何人も、障害者に対して、障害を理由として、差別することその他の権利利益を侵害する行為をしてはならない」とあり、第4条の2に、「社会的障壁の除去は、それを必要としている障害者が現に存し、かつ、その実施に伴う負担が過重でないときは、それを怠ることによつて前項の規定に違反することとならないよう、その実施について必要かつ合理的な配慮がされなければならない」とある。こうした法の規定に則って、今回、参議院では議場の一部をバリアフリー化する工事が施され、れいわ議員の活動を支援する措置が決められた。多くのマスコミが言っているように、一歩前進であり、風穴が空いた瞬間である。


れいわ重度障害者議員の初登院 - 障害者基本法と福祉国家の理念_c0315619_15141296.png障害者が不遇に置かれることなく、基本的人権を平等に行使でき、人として尊重される社会が、豊かで先進的な社会だろう。他の欧米諸国と較べたとき、やはり日本は遅れている感を否めないし、その表れが松井一郎の下品で軽率で蒙昧な反応のように思えてならない。ドイツの財務相が車椅子の政治家だった。バリアフリーという言葉を耳にしたのは、もう25年以上前になる。ユニバーサル化という言葉も流行った。日本のバリアフリー化は、医療とか学校とか建築とか、そういう分野では確かに進歩し定着しているに違いないけれど、50年前に制定された障害者基本法の条文を読み、法の理念を前にしたとき、50年も経つのにこの程度かという心境になるのを抑えられない。理念の実現は遅々として停滞している。今度のれいわ新選組のチャレンジは、障害者や障害者を持つ親からすれば朗報であり、生きる勇気を与えてくれる出来事だろう。人は誰でも障害者になるのであり、障害者を支えられる社会作りを前進させなくてはならず、それは人類の普遍的な目標であり根源的な価値観だ。


れいわ重度障害者議員の初登院 - 障害者基本法と福祉国家の理念_c0315619_15142523.pngれいわの重度障害者議員の登院は、各局のテレビで好意的に報道された。この山本太郎の奇抜に見えるプロジェクトに対して、玉川徹や小川彩佳は全面的に応援する姿勢で報じている。富川悠太と徳永有美も同調的で、フジの小倉智昭も好評を隠さなかった。キャスターの視線や口調は、それが「中立」の基準として視聴者に受け止められるから、世論への影響は小さくない。選挙後のテレビ報道はれいわのイメージアップに貢献している。キャスターが報道対象に示す好感の態度は、商品のテレビCMと同じであり、視聴者のプリファレンスの向上にそのまま繋がる効果となる。マスコミが世論調査で報じる支持率は、まさに一般大衆のプリファレンスの測定値に他ならない。安倍内閣の支持率が高く出るのは、年がら年中、NHKを始めとするテレビが安倍晋三を主役にして忖度報道で埋めるからで、安倍晋三が敵視対抗する中国・韓国・北朝鮮を叩きまくるからである。テレビが安倍晋三に媚び諂い、政府べったりの大本営発表を続けるから、日本人全体が洗脳されて安倍支持者が溢れる倒錯状況になった。


れいわ重度障害者議員の初登院 - 障害者基本法と福祉国家の理念_c0315619_15145839.pngワイドショーにせよ、夜のニュースにせよ、今は子どもが夏休みで家にいる季節で、親と一緒にテレビを見る機会が多いときだ。れいわの重度障害者議員の絵は、家族団欒の場に話題を提供するはずで、小さな子どもを持った親にとっては、重要な家庭教育の機会である。いわば、親の鼎の軽重が問われる場面であり、子どもの疑問に正しく応じ、正しい解説で子どもの理解を導かないといけない。どれほど今回の絵の裏に山本太郎の政治的思惑を嗅ぎ取り、また、共生社会主義の一般論にポリコレ的限界が胚胎する矛盾を承知していたとしても、小学生の子どもの前でそれを言い挙げることはできない。松井一郎に賛成だとは言えない。すなわちそこでは、共生社会の楽観像に素直に準じる親になり、れいわの行動の意義を認める良識ある親になる必要がある。社会の進歩とはこういうことで、未来の社会はこうだと理想を言わないといけない。もっと積極的な親の場合は、夏休みの自由研究に「障害者の社会参加」を選ぼうという話になるだろう。


れいわ重度障害者議員の初登院 - 障害者基本法と福祉国家の理念_c0315619_15151581.pngパパが手伝ってあげるからこのテーマで研究してみようという具合に進めば、満点パパの教育と言える。子どもは喜ぶし、後々いい方向と結果になるのは確実で、家族の大事な思い出作りになるだろう。ちょうど、山本太郎は小学生の子どもを持つ親と同じ年齢だ。れいわの一挙は同世代の刺激になったに違いなく、富川悠太の表情がそれを物語っているように思われた。障害者基本法が制定された1970年は高度成長の時代で、日本が福祉国家への道を歩んでいた時代だ。革新自治体と田中角栄と公明党が福祉競争をしていた時代だ。つくづく、経済成長はしなくてはいけないと痛感する。経済社会がより豊かな方向に発展し、パイが拡大して誰もが分け前にあずかれる未来を想定できたから、個々の心理が安定し、他者や弱者にやさしくする心構えを持てたのである。理想に前向きな人格になれたのだ。その前提が失われ、心に余裕をなくしたから、松井一郎のような邪悪で卑しい悪意が人々の中に巣くい蔓延るってしまう。不安と強迫の中に置かれているから、福祉国家の基本精神を肯定できず、竹中平蔵の自己責任の思想の虜になるのである。


日本経済が欧米並みに推移して、GDP1000兆円になっていれば、今、松井一郎のような、障害者を傷つける卑劣な嫌がらせを言う日本人はいなかっただろう。先に報ステの取材で登場した、子どもを持つことを断念した35歳の非正規の夫婦に言いたい。どうか子どもを持って欲しい。日本が変わることに賭けて、勇気を出してパパとママになる選択をしてもらいたい。一緒に政治を変えて経済成長しようではないか。福祉国家日本を再建しよう。


れいわ重度障害者議員の初登院 - 障害者基本法と福祉国家の理念_c0315619_15155110.png
れいわ重度障害者議員の初登院 - 障害者基本法と福祉国家の理念_c0315619_15161995.png
れいわ重度障害者議員の初登院 - 障害者基本法と福祉国家の理念_c0315619_15163367.png
れいわ重度障害者議員の初登院 - 障害者基本法と福祉国家の理念_c0315619_15165177.png
れいわ重度障害者議員の初登院 - 障害者基本法と福祉国家の理念_c0315619_15170199.png
れいわ重度障害者議員の初登院 - 障害者基本法と福祉国家の理念_c0315619_15171162.png

by yoniumuhibi | 2019-08-02 23:30 | Comments(4)
Commented by awa84223 at 2019-08-02 22:07 x
本サイトを見て、憤激することはありましたが、涙が出たの初めてです。
Commented by NY金魚 at 2019-08-02 22:08 x
つい一月前の国会中継を見て『倫理』という言葉について、家族で話し合えることなどあり得たでしょうか。嘘と欺瞞で固められた国会を、子供に見せることも恥ずかしくてはばかられたのではなかったのでは? 木村さんと舩後さんのお二人の登院によって他の議員の心の中に『基本的人権』という言葉が、一瞬でも復活し、それを見ている家族のなかで議論が芽生えたとしたら、それだけで『革命』は、ほぼ成されたと考えます。
Commented by Runner at 2019-08-02 22:29 x
内心ではどう思っているのかは怪しいもんです。
本当に称賛する心があるのなら選挙期間中から報道しているはずですから。

しかし、何せ、世界中から注目されてしまったし、国際世論を敵にまわしてまでイチャモンを付ける根性は日本のマスコミにはないということでしょう。
それよりも、むしろ、二人を支援して日本を民主主義や福祉が進んだ国であるかのように思わせる方が得策と考えているといったところじゃないでしょうか。
Commented by Tomoki at 2019-08-04 00:58 x
貴殿の記事を読み、私も涙が溢れてきました。
私は民間企業に就労している重度障害者ですが、昔に比べればかなり改善されたとはいえ、いまだ障害者の就労や生活には少なからずのバリアが存在するのも事実です。
今回当選したれいわの2人からは大きな力と勇気をもらいました。
彼らが今後国民の目に多く触れるこにより、貴殿の様な温かい思いやりを持った人が増えて障害者だけではなく困窮している全ての人に優しい社会になることを願っています。


カウンターとメール

最新のコメント

GoToというのは、コロ..
by 金を出すから感染が怖くても旅行しろと? at 22:37
奥尻島 12月1日まで2..
by コスモス at 22:02
旭川の吉田病院理事長がサ..
by サン at 10:07
https://www...
by 米帝大嫌い at 20:19
菅が「経済」というと、誰..
by サムエル at 19:05
「旅行自体が感染を起こす..
by 愛知 at 04:10
東京で連日多数の感染者が..
by ブルー at 16:38
昨日の報道番組の要旨を読..
by アン at 10:12
3連休の行楽地の人出をテ..
by 愛知 at 02:28
 9.11など考えてもみ..
by みきまりや at 15:47

Twitter

以前の記事

2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング