人気ブログランキング | 話題のタグを見る

菅野完の性的暴行事件を考える - 書類送検まで7年かかった理由

菅野完の性的暴行事件を考える - 書類送検まで7年かかった理由_c0315619_15114157.png22日、菅野完の書類送検が報道され、ネットの中は一日中この問題で持ちきりとなった。早朝に時事が一報を出し、これで止まると思っていたら、その後、Yahooのトップに出てリアルタイム検索の1位となり、共同の記事が出て、TBSのワイドショーまで続くという大きな騒動となり、Twでは話題沸騰となって熱が冷めないまま一日が暮れた。思っていた以上に一般の関心が高いことに驚かされる。3年前に週刊金曜日が告発したときも、2年前に民事の一審判決が出たときも、さらに昨年、週刊現代が、米国警察が菅野完に逮捕状を出して指名手配中である事実を暴露したときも、これほど大きな衝撃は広がらなかった。やはり、警察が動いて刑事事件となった点の意味が大きく、世間の反応を引き起こしやすいのだろう。最初に、事件発生から書類送検まで7年かかった問題について、私の理解している範囲で解説を加えたい。ネットでは、特に菅野完を擁護する声の多い阿修羅掲示板などを中心に、この時期に警察が書類送検しマスコミが報道したことについて、官邸による反安倍潰しの策動ではないかという陰謀論が喋々されている。



菅野完の性的暴行事件を考える - 書類送検まで7年かかった理由_c0315619_15115404.pngいかにも阿修羅掲示板らしい素朴な反応だが、それは無意味な妄想にすぎない。7年という時間は確かに長すぎて不自然だけれど、被害届が出されて受理されたのは2016年6月であり、告訴状の手続もその後だから、正式に刑事案件となってからの時間は3年弱である。3年間、警察はこの事件を捜査し、結論を得て書類送検に踏み切ったことになる。無論、3年という時間も、事件の性質や規模からして、常識で考えれば長すぎるのだけれど、そこには刑事(司法上あるいは行政上)の論理と理由がある。察するにそれは、民事の最終決着を待っていたということだ。民事訴訟は2015年12月に提起されている。一審判決が出たのが2017年8月で、損害賠償金110万円の支払命令が出されたが、菅野完が判決を不服として控訴する。2018年2月に高裁が控訴を棄却、菅野完は上告を断念し、判決が確定して民事裁判は決着した。そこから1年ほどしか経っていない。もし仮に、民事で争っている二者が途中で和解に合意すれば、そこで告訴も取り下げられる局面になる。警察はこの件で御役御免の立場となる。

菅野完の性的暴行事件を考える - 書類送検まで7年かかった理由_c0315619_15122657.png民事の行方を注視して待機したため、刑事の動きが休眠したのが、この事件で被害届受理から書類送検まで3年も時間を要した理由だろう。そう考えると納得がいく。捜査を担当した所轄刑事(司法警察員)からすれば、客観的に見て、この事件が和解で決着する可能性は十分に計算したはずだ。菅野完が被害者の要求を受け入れれば、その時点で即、民事も刑事も沙汰止みになったからである。したがって、安倍官邸の指図でどうのと匿名左翼が陰謀論を垂れるのは、まさに阿修羅掲示板の低レベルの反映と言うしかなく、大衆の脊髄反射的癖性と苦笑するしかない。被害者からすれば、事件発生から7年、告訴から3年経って、ようやく書類送検まで辿り着いた。菅野完が起訴され、裁判で有罪になるのは確実で、巷では軽い罰金刑になるとも予想がされている。4月11日、警察の取り調べを受けた菅野完は記者会見を開き、コメントを語った動画をニコ動に配信させている。それを見ると、子細(事実関係)については争うつもりはないと言い、容疑を大筋で認めている様子と伝えられたが、昨日(22日)のツィートでは全く違うことを言っている。

菅野完の性的暴行事件を考える - 書類送検まで7年かかった理由_c0315619_15121054.png「お相手さんは、キスしたとか押し倒したとかいうてるがそんな事実はない。口説いたのは口説いた。その時に不快にしたろう。それは謝る。その上で、『家行って口説いた』ことが強制わいせつや言うのなら、厳罰に処してくれ」と開き直っている。被害者を「押し倒した」事実まで否定していて、この口上には驚かされた。おそらく裁判でこの主張を陳述し、強制わいせつ未遂の行為を否認し、無罪を言い張るつもりなのだろう。私はてっきり、菅野完が「キスした」「押し倒した」事実は認め、この線で事件認識を確定させているものとばかり思っていたので、それすら否定して無罪を強硬に主張するとは恐れ入る。そこまで潔白を強調するなら、なぜ民事を上告しなかったのだろう。菅野完の口調は自信満々で、何やら、証拠不十分で検察が不起訴処分にすると確信しているように見受けられるが、それはあまりに傲慢で自信過剰というものだろう。民事で地裁と高裁が事実認定して、菅野完の不法行為を認め、被害者の主張を認め、菅野完の反論を退けている以上、裁判所が事実認識を覆すはずがない。司法は一つだ。このことは、しばき隊リンチ事件を考察した際も指摘した。

菅野完の性的暴行事件を考える - 書類送検まで7年かかった理由_c0315619_15165928.png私自身は、正直なところ、7年前のこの事件が「キスした」「押し倒した」だけで済んでいたのか疑う気分を拭えない。こうした疑念に踏み込む言論を見たことがないが、男性の常識で考えて、被害者女性が「(菅野完の)背中に数回両手を当てたところ」、菅野完が「女性が性行為に応じる意図がないと分かった時点で、直ちに性行為を断念し」たという状況説明は、どうにも不自然で納得の範囲を超えてしまう。もし真実がそうであったなら、被害者の抵抗によって菅野完が理性を取り戻し、女性を犯し傷つける最悪の事故(犯罪)を避けられたのだから、不幸中の幸いで、二人の関係はもっと良好なものに戻ってよかったのではないか。性的欲望の満足と快楽達成の目的を断念した時点で、菅野完は野獣から人間に戻ったわけで、すなわち、我に返って平謝りの態度となり、女性に謝罪し反省するという行動に出るのが普通の進行である。ところが、その後の二人の関係はずっと険悪で、歪に尾を引いていて、時間が経っても女性のトラウマが深刻なまま、事件が表面に出る度に発症と激痛に苛まれているように窺われる。不信と嫌悪だけが増している。

菅野完の性的暴行事件を考える - 書類送検まで7年かかった理由_c0315619_15130017.png傷の深さがそうさせているのだろう。であれば、これまでの事実説明とは違う地平が本当はあるのではないか。そこから導かれる推理と仮説は、これを「キスした」「押し倒した」という未遂事件に止め、加害と被害の程度を軽くした事実認識で固めるという苦肉の策の選択である。問題を司法的に解決せざるを得なくなった以上、名誉を守るべく、被害者側はその中身(虚構)で主張せざるを得なくなったのではないか。司法の場で争う事態になれば、本名も家族も過去も何もかも表に出てしまう。男を家に上げた女の方が悪い、自業自得だという、いつもの悪意のバッシングにも晒される。二次被害を受け、勝訴したとしても得るものよりはるかに多くのものを失う。その犠牲を考えれば、仮にそうした真相だったとして、それは妥当な決断と処置ということになるのではないか。私がこのような憶測を抱くに至った根拠の一つは、山崎舞野がブログで紹介しているところの、菅野完に関するもう一人の被害者の存在がある。時期は同じ7年前の夏で、反原連の官邸前デモが一世風靡していたときだった。ブログの記事では、Bとして登場する被害者女性に菅野完が何をしたのか、詳しくは書かれていない。

菅野完の性的暴行事件を考える - 書類送検まで7年かかった理由_c0315619_15131349.pngマインドコントロールされたとか、夥しいメールと電話を受けて要求に従わされたとある。これだけだと、単に菅野完の「社会運動」の同志になって手伝ったというだけで、性暴力の犯罪要件が該当する部分はない。だが、もしこの女性Bが女性Aと同じほどのトラウマを受け、人生を狂わせる重い被害に苦悩しているのなら、そこには女性Aと類似した苛酷な事実経過があったと想像してよいだろう。女性Bの問題が出たのは管見ではこの記事が最初で最後で、その後何も音沙汰がなく、訴訟に出たとか告訴をしたとかの報を聞かない。コストとリスクが大変だから泣き寝入りしたのだろうか。女性Aの事件を見たとき、すぐに直観するのは、伊藤詩織事件の山口敬之と同じで、手口の周到さと巧妙さであり、計画性の要素である。やり慣れている、場数を踏んでいるという感覚だ。成功体験を積んでいて、性的暴行のノウハウと自信を持っていると疑わざるを得ない。偶然的な思いつきの咄嗟の犯罪行動だとは思えない。仮に、7年前の菅野完の行動が常習性を帯びたものであったとして、いわゆる寸止めで済ます未遂行為を、こうしてAにもBにも、CにもDにも全員に行っていたのだろうか。

であるとすれば、奇怪な趣味性癖と言わざるを得ない。紙幅が尽きた。次回、しばき隊との関連で菅野完の性的暴行事件を考えてみたい。できれば、週刊金曜日のステマ疑惑と「c71」の問題にもタブーなく触れて、有意義な議論を試みたいと思う。

菅野完の性的暴行事件を考える - 書類送検まで7年かかった理由_c0315619_15135230.png
菅野完の性的暴行事件を考える - 書類送検まで7年かかった理由_c0315619_16532409.png
菅野完の性的暴行事件を考える - 書類送検まで7年かかった理由_c0315619_15141501.png
菅野完の性的暴行事件を考える - 書類送検まで7年かかった理由_c0315619_15142230.png


by yoniumuhibi | 2019-05-23 23:30 | Comments(2)
Commented by 愛知 at 2019-05-23 18:33 x
地検に送致されたら略式起訴で罰金刑はあんまりよろしくない、公判請求されて前科がつく有罪判決の方がいいのかと―――記事でご紹介の動画をすべて視聴しましたが、まるで出鱈目。略式起訴でも、罰金を払い込んで刑が確定すれば前科。本人が公判請求を望まれるなら、略式起訴に同意されなければ済むだけの話。そもそもそれ以前、代々木署の任意聴取には応じなければならないという説明も。その程度の法律知識もないのか、あるいは知りつつの詭弁なのか。法律の専門家ならずとも、仕事で法務に携わっていれば、誰にだってわかる間違いを。突っ込まない記者もどうかしてるとは思いますが。
Commented at 2019-05-23 23:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


カウンターとメール

最新のコメント

小説として、面白いですよ..
by 長坂 at 11:03
宇沢:日本は完全に植民地..
by ひばり at 11:40
アメリカだって韓国だって..
by 長坂 at 09:34
経済同友会の一部が、卒業..
by 柴山 at 02:05
逢坂か西村に勝ってもらわ..
by カッパ at 16:20
枝野幸男は「国民が怒り出..
by 平和 at 08:29
大阪では大阪母子医療セン..
by サン at 10:42
大阪の維新は、そもそも都..
by H.A. at 22:18
女性候補といえば、茨城6..
by ほしの at 14:05
LGBTの方々に全く偏見..
by いい時代を再生してよドラえもん at 21:50

Twitter

以前の記事

2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング