大本営の設置 -「統合作戦室」の出所は第4次アーミテージ・レポート

c0315619_15593727.jpg中谷元が毎夜のようにテレビで熱弁を振るっている「統合作戦室」の設置。12月7日の日経の記事にはこう説明がある。「(自公WTの)会合で政府は新たに『統合作戦室(仮称)』の新設を検討すると説明した。宇宙やサイバーなど新たな領域の重要性が増していることを踏まえ、陸海空を一元的に運用する体制を整える。自衛隊トップの統合幕僚長の負担を軽減する狙いもある」。この「統合作戦室」が、実際に新防衛大綱の中でどう書かれているか調べると、「5.自衛隊の体制等」の中に次の記述があった。「あらゆる分野で陸海空自衛隊の統合を一層推進するため、自衛隊全体の効果的な能力発揮を迅速に実現し得る効率的な部隊運用態勢や新たな領域に係る態勢を統合幕僚監部において強化するとともに、将来的な統合運用の在り方について検討する。また、各自衛隊間の相互協力の観点を踏まえた警備及び被害復旧に係る態勢を構築するなど、各自衛隊の要員の柔軟な活用を図る」とある。これを見ると、中谷元や森本敏がテレビで威勢よく宣伝し強調しているのとは違って、やや抑制的なトーンになっている。



c0315619_15595856.jpg中谷元は、統幕とは別部署として「統合作戦室」を設置すると言い、陸海空および宇宙・サイバー・電磁波の新部隊に作戦指令を出す機関だと言っていたが、新防衛大綱の中身を読むと、「統合幕僚監部において強化する」とか、「将来的な統合運用の在り方について検討する」という表現に止まっていて、組織を新設するとは明記されていない。おそらく、中谷元を始めとする自民党の防衛族がこれを突っ込もうとしながら、統幕(制服)や背広が抵抗したのだろう。この組織改革を断行すると、統幕が持っている権限が奪われて統幕が陸海空をグリップできなくなるし、自衛隊の組織的均衡が失われて混乱してしまう。統幕と「統合作戦室」の役割分担も歪になるし、陸海空の幕僚監部の権限もおかしくなる。新しい「統合作戦室」というのは、明らかに自衛隊の外から、自民党や安倍官邸や米軍から自衛隊の部隊に直接指示を出して動かそうとするチャンネルで、自衛隊の現場としてはきわめて危険で厄介な指揮系統の編成だろう。「統合作戦室」が、自衛隊(統幕)から持ち上がった構想ではないことは明瞭だ。

c0315619_16045571.jpg半田滋の記事のソースとなった自衛隊幹部の本音(憂鬱)がここにも透けて見える。統幕や背広の本音は、できれば指揮系統はいじらず、このまま統幕と陸海空幕僚監部の体制で続けたいと考えていて、「統合作戦室」は先送りにし、安倍政権終焉と共に沙汰止みにしたい思惑なのではないか。マスコミ報道では触れられないが、自衛隊が「作戦」という用語を使うことはなかった。われわれより上の世代では、このことは非常に重要な問題だ。「作戦」は自衛隊にとってタブーであり、クリティカルな用語である。憲法9条の体制になり、軍はこの国に存在しないタテマエになって以降、「作戦」は「防衛」の言葉に変換され、作戦課は防衛課となった。幕僚監部には作戦課はなく、防衛部防衛課がある。9条の原則が名称の上で形式的に維持されている。憲法9条が改定され、2項が削除されれば、陸自・海自・空自は陸軍・海軍・空軍の名称になり、防衛部防衛課も作戦部作戦課になるだろう。その自衛隊に、まだ9条も改定されてないのに、中谷元は「統合作戦室」の名称を持ち込み、それを正式に制度化することを宣言した。自衛隊の幹部は当惑し抵抗しているが、左翼リベラルがこの事件に何も反応しない。

c0315619_16001172.jpgこの「統合作戦室」の発想はどこから来たのか。実は、10月に発表された第4次アーミテージ・レポートでこの件が要求されている。ネット上に岡崎研究所が第4次アーミテージ・レポートの要約を紹介していて、それを読むと、「自衛隊の統合司令部の創設」の文言があるのを確認できる。第4次レポートが出た時点では、この問題に注意を向ける者はいなかった。レポートでは次の提言がされている。(1)日米による基地共同運用。(2)日米共同統合任務部隊の創設、(3)自衛隊の統合司令部の創設、(4)共同作戦計画の策定、(5)防衛装備品の共同開発、(6)日本のファイブ・アイズの諜報ネットワークへの組み込み。この5項目の中で、他に新防衛大綱に反映されたものはない。(3)についても、大綱の文言の中には具体的な明記はない。第4次アーミテージレポートが出たとき、私は、ここでの提言が年末の新防衛大綱に盛り込まれるだろうと予想を言ったが、実際のところはそのまま明記されるという形になっておらず、防衛官僚がレポートと距離を置いて慎重に構えた事情が窺われる。簡単には米軍の下請けにはならないぞという抵抗の意思の表れだろうか。あるいは国会での野党対策だろうか。

c0315619_16002377.jpg新防衛大綱を読むと、自民党や安倍官邸や米国の論理や要求とは独立した、自衛隊独自の内情なり課題なりがよく見えてくる。今、自衛隊が困っているのは人員不足と経費不足なのだ。組織の維持に汲々としているのが現状なのだ。「4.防衛力強化に当たっての優先事項」では、第一の「基本的考え方」のところでこう言っている。「人口減少と少子高齢化の急速な進展や厳しい財政状況を踏まえれば、予算・人員をこれまで以上に効率的に活用することが必要不可欠である」。本当は、サイバー・宇宙・電磁波について強力な実力部隊を作り上げたいのだけれど、人手不足と経費不足が深刻化し、頭を抱えているというのが自衛隊の今の姿である。どうしてあれほど青天井で予算を取っているのに経費不足かといえば、防衛省の予算がことごとく米国からFMS調達する兵器のローン支払いに消えるからだ。報道によれば、19年度に支払時期を迎えるローンは2兆647億円で、それを支払っても同時に2兆5100億円の新たなローンが発生する。2基4664億円のイージス・アショアを押し売りされ、1機100億円のF-35Bを追加で100機買わされ、自衛隊は借金漬けで首が回らなくなってしまった。予算を他に使えない。

c0315619_16003569.jpg面白いことに、アーミテージ・レポートでは、自衛隊にサイバー・宇宙・電磁波の新軍事力の装備を要求していない。ハイテク分野については、日本をファイブ・アイズの一員に組み込むという戦略だけが示されていて、ハイテク領域でのハイテク戦力の強化を自衛隊に求めておらず、米軍はそれを必要としていないのだ。どうやら、米軍にとっての自衛隊の位置づけは、徹底してペリフェラルであり、手駒として使える戦場の部隊であり、独立した軍隊としてのインテリジェンスを高度に持たせようとしていない。前線で血を流す部隊として自衛隊を捉えていて、われわれの従来の観念 - 米軍が矛、自衛隊が盾 - と全く違う。逆の位置関係だ。今、米軍にとって自衛隊が必要なのは、中国大陸に向けたミサイル前線基地の任務であり、イージス艦と対潜哨戒機の索敵能力であり、南シナ海で中国海軍と戦う空母と潜水艦であり、人工島に上陸して占領する水陸機動団だけなのだろう。おそらく、来年は日本への中距離ミサイルの配備が問題として浮上し、また何兆円かローンを組めという話になるだろう。そして、第4次レポートにある「日米による基地共同運用」とか「日米共同統合任務部隊」というのは、中距離核ミサイル基地とその運用として実現するのではないか。

それは、日本が初めて核武装するということを意味する。今回と同様、それを「他機能ミサイル」などと欺瞞を言い、参院選後に与党が容認するのではないか。



c0315619_16064806.jpg

by yoniumuhibi | 2018-12-21 23:30 | Comments(3)
Commented by ムラッチー at 2018-12-21 17:07 x

 「統合作戦室」・・・。
嫌な臭いしかしませんね。
「大元帥陛下の居ない大本営」みたいな
ものでしょうか・・。
ああ、やだやだ。
Commented by 愛知 at 2018-12-22 04:16 x
縁もゆかりもない国に行って、恨みもない人たちを殺してこい。安倍さんはこのように自衛官にいうわけです。君たち自衛官も殺されてこいというのです。冗談ではありません。自分は戦争に行かないくせに、安倍さんになんでそんなこといわれなあかんのですか。なんでそんな汚れ役を自衛隊が引き受けなければならないんですか。(中略)安倍さんは実際の戦争のことなんかまったくわかっていません。絵空事を唱えて、自衛隊に戦争に行ってこいというのです。自衛隊はたまりませんよ、こんなの―――故・泥憲和さんの『安倍首相から日本を取り戻せ』(かもがわ出版)の5頁から7頁を引用。元自衛官の故・泥さんは、自衛隊は日本最大の反戦団体とも書かれていました。貴下ご教授と故・泥憲和さんの警告が重なって見えます。
Commented by じょー at 2018-12-22 10:08 x
これは指揮権密約を運用するための布石ではないでしょうか?


カウンターとメール

最新のコメント

覚せい剤ですが、買って使..
by H.A. at 11:09
アメリカだと若者の薬物使..
by 長坂 at 09:52
イラク戦争でカナダ部隊に..
by 愛知 at 22:24
関東軍とつるんで中国で阿..
by 愛知 at 01:47
違法薬物使用で入獄・出獄..
by H.A. at 23:45
35兆円‼︎ 被災者にキ..
by 長坂 at 10:48
「左」のクリスチャンなの..
by 長坂 at 14:09
訂正させて下さい。以下書..
by キヌケン at 17:47
おっしゃる通りだと思いま..
by いち研究者 at 00:07
(訂正版)緊急ニュースお..
by 七平 at 22:24

Twitter

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング