西日本豪雨 - 真面目に報道しないマスコミ、全く動かない政府

c0315619_14171139.jpg西日本を襲った大雨災害、犠牲者の数がどんどん増えている。まず問題点として指摘したいのは、テレビが災害を真面目に報道しなかったことだ。7日と8日、土日が災害のピークとなったが、TBSもテレ朝も特別報道番組を組んで被害や救助の現状を放送しようとせず、通常の編成でルーティンを流していた。このことは信じられない。すでに7日未明の時点で、死者・行方不明者の合計が100人を越え、4年前の広島豪雨災害(74人)や昨年の九州北部豪雨(42人)を越える巨大災害であることが明白だったのに、現場の状況を中継して伝えることをしなかった。無視した。週末だったから、多くの国民が被災地を案じてテレビを見守っていただろうし、西日本各県に実家があって首都圏で暮らしている者などは特にそうだっただろう。8日日曜の午前9時半、誰もが豪雨災害の情報を知りたいときだったが、NHKは米中貿易戦争と外国人労働者受け入れの「日曜討論」を、日テレは赤坂のカフェレストランの紹介番組を、テレ朝は「仮面ライダー」を、フジは「ゲゲゲの鬼太郎」を放送していた。



c0315619_14172421.jpg午後になったらさすがにTBSとテレ朝は報道を始めるだろうと思っていたが、何もやらなかった。NHKの報道もおざなりな内容で、いかにもアリバイ的に撮った同じ映像を何度も何度も繰り返し流すだけで、被害の全体像を正確に取材把握して伝えようとする態度ではなく、どのような救助活動が行われているかの情報も明らかにされなかった。岐阜県関市の上空からヘリで取材した記者の報告は拙く、いかにも嫌々ながら休日出勤させられたという不本意が口調に浮かんでいた。せっかくヘリを飛ばしたのなら、下呂も撮影して報道するべきだったし、郡上や高山の様子も撮って見せ、長良川・飛騨川の上流がどうなっているかを視聴者に絵で知らせるべきだった。愛媛県については、NHKはヘリを飛ばさなかった。肱川の氾濫の情報が出たのは、7日(土)朝だったが、浸水のリアルな映像は地上から市民がスマホで撮った素人動画が紹介されただけで、NHKが上から撮って放送することはなかった。8日(日)になっても四国ではヘリを一機も飛ばさず、大洲については水が引いた後の町を地上から記者がアリバイ的に撮り、全国ニュースで繰り返し同じカットを流していた。緊張感のない放送だった。

c0315619_14173568.jpg肱川氾濫の犠牲となって西予市野村町では5人が犠牲になっている。だが、7日のNHKに何度も出た松山局スタジオの小澤康喬は、野村町の被害現場を実況しようとせず、その事実すらまともに伝えなかった。NHK松山局のページを見ると、アナウンサー・キャスターの職員が25人もいる。何をしていたのだろうか。ヘリを飛ばして肱川流域や宇和島を上から見せようとせず、全国放送で伝えている同じ中身の空疎な気象情報を、わざわざ松山から繰り返していた。無意味きわまりない。ヘリでの報道が不十分だった点は、NHK広島局も同様である。これも理由が分からない。広島県の瀬戸内沿岸の広域一帯では、土砂崩れによってこの災害で最も甚大な被害を出していて、8日にどんどん死者不明者の数が膨らんで行った。土砂崩れを起こした箇所が多く、自治体・警察も十分な把握ができない惨状だったのだ。ならばこそ、上空から映像を撮って全国に見せるべきで、被害の全体を網羅するべきだった。NHKがヘリを飛ばすことによって、自治体・警察・消防の救助活動を支援することができただろう。

c0315619_14174694.jpgNHK広島放送局の対応には他にも不満があり、それは山口県の被害について放送しなかったことだ。広島県と岡山県の被害については伝えたが、山口県については黙殺した。山口県でも東部(岩国と周南)で3人が犠牲になっていて、いずれも7日中に死亡している。この数は現時点では高知県よりも多い。時間は短くても山口のスタジオに振り、山口局の記者が現地から報告する時間を割り当てるべきだっただろう。まさか、山口県は大雨特別警報発令の対象外だったから、この犠牲は無視するという論理ではあるまい。大雨特別警報といえば、今回、県として三番目に甚大な被害を出した愛媛県には、なぜか6日中にこの特別警報が出されることがなく、気象庁は福岡・佐賀・長崎3県に6日夕に出し、7日朝にはそれを解除するという間抜けをやっている。九州北部への特別警報が解除された一日後の8日朝に愛媛と高知に出されたが、時すでに遅しで、7日朝に肱川が氾濫し、怒和島と宇和島では土砂崩れが起きて、幼い子どもが逃げ遅れて犠牲になっていた。この問題については、愛媛県選出の議員は国会で質問して過失責任を追及すべきだろう。長崎県は犠牲者ゼロだ。

c0315619_14175917.jpg「命の安全を守る行動をとれ」と、どうして愛媛県民には特別警報を発しなかったのか。完全に特別警報の判断と適用が間違っている。莫大な予算を使ってスパコンを導入運用し、雨量の解析と計測をした上で、科学的な自信をもってあの特別警報は出されたはずだ。5年前に新しく施行された特別警報という制度そのものが、ある意味で(国民の命を守るという名目ながら)行政の責任逃れを目的とした措置で、「命を守る行動を」と国民に厳重に呼びかけたから、仮に被災して犠牲になった場合は、避難しなかった国民が悪いのだという自己責任の論理と本音が裏に透けて見える。その制度の実施においては、気象庁は高性能スパコンを調達し、静止気象衛星2機体制という技術的万全性を担保していた。それが予報技官(サラリーマン官僚)たちの自信の根拠だったのだろう。この件は、担当幹部と大臣の石井啓一の責任問題になって当然だし、どういうプログラムとアルゴリズムで警報フラグがインジケートされる設計になっていたのか、国会は気象庁に釈明させるべきである。システムにバグがあったのなら、スパコンを納品したメーカーの責任となる。社長は謝罪して引責辞任しないといけない。

c0315619_14181002.jpgマスコミが今回の災害報道に消極的だったのは、やはり政府の姿勢と無関係ではないはずだ。西日本の5県に大雨特別警報が出された状態で、未明から各地で犠牲者が出て大型災害に発展することが明らかだった7日(土)朝、政府の対応を注目していたら、安倍晋三はわずか15分間の関係閣僚会議を開き、テレビにアリバイの絵を報道させたきり、さっさと午前中に私邸に帰って休んでしまった。ツイッターでは左翼が批判を始めたが、マスコミがこれを批判する動きは皆無だった。ツイッターでは右翼が轟然と安倍擁護の動きに出て、政府の怠慢を批判する者たちに罵倒と暴言を浴びせていた。8日(日)は、官邸に出勤して非常災害対策本部を立ち上げたものの、会議はわずか20分間で、ほとんど形式だけでテレビ撮りのためのものだったことが分かる。非常災害対策本部が起動したという話だが、それの活動に関する政府の情報発信が何もない。内閣府のHPにも、「防災情報のページ」にも。政府のサイトを見ていると、未曾有の大雨被害などなかったかのごとくだ。政府もマスコミも異常だが、ネットのポータルサイトも異常で、普通なら、Yahooトップに災害関連のページが特別に設われてナビされるのに、今回はそれがない。

大災害が進行している重大事態の真っ最中に、政府がオウム真理教の死刑囚を大量処刑(6日)して大きなニュースにして騒がせてみたり、何がなんだかわけがわからない。狂っているとしか言いようがない。


c0315619_14183125.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2018-07-09 23:30 | Comments(8)
Commented by 読者 at 2018-07-09 15:26 x
外遊中止したそうですが、あの安倍晋三のオツムの中身(かつ、厚顔無恥、冷酷、すべてを自分に都合よく解釈する)でもまずいとわかるほどの犠牲者がいるということでしょう。500人を超えるのではありませんか?
夜間にあれだけ一気に浸水して、犠牲者が数十人で済むはずがありません。

もっとも、岸田も広島出身なのに木曜日の豪雨の晩、安倍と一緒に飲み会で騒いでたのですから、この人も総裁になる資格はありません。所詮リーダーになる器ではない、というのが岸田について出した結論です。まだ二階のほうがマシでしょう。そして上川法相もこの飲み会で騒いでたそうですが、死刑執行の前夜にこのような騒ぎに出るというのは、倫理観を疑います。
オウム被害者の会の会長さん(ご自身がご子息をオウムから取り戻す過程でVXガスにやられた)も、麻原以外を死刑にしたのは信じられないと言っておられましたね。
中川死刑囚は、刑務所でも論文を書き、著名な科学者と交流を重ねていました。ほかにも、まだ執行されていない死刑囚(廣瀬健一、早大理工首席といわれている)で、被害者の方に手紙を書くのに字が汚くては失礼だからとペン習字を習い、カルトに入った理由を書き残し、少しでも弁償にあてるために教材作成の仕事をしている人を知っています。さすが優秀な人だな、と心を打たれました。
鳩山邦夫だったら、麻原以外は死刑にしなかったかもしれません。少なくとも鳩山邦夫なら、麻原を死刑にする前夜に、しょーもない飲み会で騒ぐなどという小者のような行動はしなかったでしょう。
Commented by 長坂 at 2018-07-09 16:53 x
常軌を逸した恐ろしい政権なので、愛媛県に出されるべき警報が遅れたは中村知事に対する嫌がらせ見せしめで、わざとなのかと(半分冗談半分本気で)思いましたね。「復興は愛媛県は後回しという事があってもおかしくない」とTWされてる方がいて、こう思うの私だけではないんだと。シンゾーや菅ならやりそうでしょ? 沖縄や福島の様な基地や原発を抱える自治体にはお馴染み、政府に楯突けばどうなるか? 災害のドサクサに紛れて仕返ししても不思議ではない。7人も吊るす前夜に「厳粛な気持ちでいるフリ」すらせず宴会、既に多くの犠牲者が出ているのに弛緩した顔で「時間との戦い」対策本部って、、、リアルに怖い。
Commented by 護憲派 at 2018-07-09 21:27 x
7日のテレビ各局の番組編成は確かに異常でした。被災地そっちのけの通常編成で、危機感も緊張感もなく、あまりに呑気でした。今朝(9日)、情報番組を見ていましたら、これまた違和感と憤りを覚える内容でした。

ハザードマップや防災無線などで周知しても、自分だけは大丈夫という「正常性バイアス」がはたらくとか、せっかく防災ラジオを配布しても「うるさい」と消してしまうとか、あたかも住民の防災意識の低さが問題のように印象操作、次いで「どうすれば呼びかけを住民に聞いてもらえるか」という議論をしていました。

防災アドバイザーの山村武彦氏は、石原慎太郎氏が都知事時代に提唱と褒め称えつつ「向こう三軒両隣の助け合い」「隣組の復活」を推奨(この日のゲストには息子の気象予報士・石原良純も)、また、「事前に行政が住民に知らせる努力をしたら後は住民の自己責任」という「ストリート・ミーティング」なるものも推奨しました。

もう一人のゲスト・弁護士の住田裕子氏は、唐突に「高齢者詐欺の啓発」の話を始め、あれだけ注意を呼び掛けてもなかなか効果があがらないが、仲間同士の「口コミ」は意外と効果があるとして、災害時も「口コミ」の力でと発言していました。

平時の啓発をどうするかと、災害時の警報や避難指示をどう伝えるかをゴッチャにしたいいかげんな議論。しかも、口をそろえて「住民同士の力で」「口コミの力で」というあまりに無責任な結論…。「被災地の住民に伝える大きな力をもつ者、それはあなたたちテレビでしょうが」「あの番組編成はいったい何だったのか」と呆れと怒りしかありません。

今朝のこの番組では、岡山県真備町の河川の氾濫を特に取り上げましたが、岡山の地元紙・山陽新聞は、6日の午後10時台には県内ほぼ全域に「大雨特別警報(土砂災害)」が出されていた事実を伝えています。テレビ各局が6日、7日に緊張感をもって、必要な特別報道を大々的に組まなかったことが本当に悔やまれます。


http://www.sanyonews.jp/article/745850/1/?rct=kisyou_saigai
Commented by ストレイシープ at 2018-07-10 02:15 x
今回の災害ではご指摘のように、政府の対応のまずさも、マスコミ報道の静けさも際立っているように思います。土日のテレビの通常編成にも強く違和感を覚えましたが、被害の大きさが明らかになった週明けになっても、ニュースの時間を拡大したりすることもなく、少し扱ったかと思えばすぐにスポーツだの芸能だののニュースに移る報道は異常だと思います。起きている出来事の大きさに対して、マスコミの扱い方があまりにも小さいのではないかと感じ、困惑させられます。
不吉な予感がします。これからはもっと大きな災害が起き、もっとたくさんの人が死ぬのだから、地方で100人や200人が死ぬ程度では首相が官邸に張り付く必要もなければ、テレビはいつも通りの番組を垂れ流しておけば良いのだと、「これからの常識」を国民に通告しているのかもしれません。
多くの人の命を守ることができるし守らなければいけない立場の人達が自らの責任を放棄し、個人の自己責任に転換することが、これからの常識なのでしょうか。私たちは認識を改めさせられることになるのでしょうか。
Commented by 私は黙らない at 2018-07-10 05:35 x
この写真に写っている人達の笑顔は一体何ですか?
外は大雨で国民が危険にさらされていても、インナーサークルは安全快適で思わず笑みもこぼれるということでしょうか。
恥を知れ。日本の有権者もいい加減目を覚ませ。
Commented by Neco at 2018-07-10 06:05 x
外遊中止前に、ヤフコメで、今回の外遊の意義(EPA署名とかフランスとの軍事パレード初参加とか)を色々語って間接的に政権擁護するコメントがありましたので、外遊中止したくないが政府の本音だったんだと思っています。それにしても酷い危機管理ですね、、、東京の震度3であれだけ大騒ぎしたのに。
Commented by かんぞう at 2018-07-10 18:59 x
政治はどうでも良い。なぜ民放が特番を打たなかったのか各局に説明してほしい。
東京に影響がなければ大した災害ではないのか? それにしても今回は無関心さにびっくりしたし、怒りも覚えます。
気象庁は過去に経験した事がない程の災害が発生すると放送していたのに各局はいつもの番組をいつも通り放送していてバカなのかな?と思いましたちなみに私の家は床下浸水でしたが隣町は一階まで浸水してました。いま7月10日の夕方ですが各局何時も通りの番組が流れいます。腹が立つ!
Commented by at 2018-07-11 16:03 x
色々言うけれど、この傾向はこの間の大阪北地震からあった。
あれだけの災害で人も亡くなっているというのに、報道は一日やっただけで翌日には全てワールドカップに切り替わるという体たらく。NHKですら、震災関連をやらない。やったとしても、WCよりあと。
おまけに、震災一週間から経って亡くなられた女子児童の対して黙祷を捧げていたほぼ、同時刻の朝8時からの報道はWC。
ロシアでの冬オリンピックの時もそうであったが、何を最優先するべきかマスコミは未だに分かっていないのだろうか。


カウンターとメール

最新のコメント

右傾化に強い影響を与えた..
by すずしろ at 23:44
岡山県で高校生が行方不明..
by ケン at 19:16
プッシュ型支援なんて言葉..
by 読者 at 00:46
TVでは今のところ何も..
by 荻原 理 at 03:36
天災は忘れた頃にやって来..
by 東北人 at 20:07
(先ほどのコメントを削除..
by ドローン at 17:24
色々言うけれど、この傾向..
by N at 16:03
外遊取り止めは即断ではな..
by 長坂 at 10:34
針葉樹の植林とその後の放..
by リープクネヒト at 08:23
昨夜のNews23では赤..
by dotheoz at 01:37

Twitter

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング