歴史的米朝首脳会談の成功を祝す - 最終版でゲームを制した北朝鮮

c0315619_12533242.jpg歴史的な米朝首脳会談は成功を収めた。昨日(12日)はずっとテレビで進行を見守った。文在寅は「世界史的な出来事で、平和を願う世界の人々にとっての進歩だ」と歓迎し、「果敢に新しい変化を選択した2人の指導者の勇気と決断に高い賛辞を贈ります」とコメントを発している。私の感想も同じだ。中国外交部も「今回の会談とその成果は、朝鮮半島の非核化と平和と繁栄の実現という目標に向けた正確かつ重要な一歩だ」「米朝の指導者の政治的決断を高く称賛する」と声明を発表している。この所感も私と同じだ。私はずっと、6月12日の合意はアバウトなものになるだろうと述べてきた。アバウトな合意でいいと論じてきた。「アバウトな合意」という表現を使い、12日の米朝会談の行方と着地を予想してきた。今回の「包括的合意」は、その見通しがピタリと的中したという感があり、何から何まで予想したとおりに進み、期待したとおりの図が実現した米朝外交に昂奮と満足の気分を押さえられない。だが、日本や米国のマスコミは、この歴史的会談の意義を卑しめ、ネガティブキャンペーンに躍起になっている。



c0315619_12534222.jpg今回の米朝共同声明は、長年、戦争状態にあって敵対していた二つの国が、初めて首脳会談の場を持って話し合い、関係正常化に向けての基本的合意を文書に刻んだものである。われわれ日本の経験に置き換えれば、田中角栄と周恩来が結んだ72年の日中共同声明と同じものだ。72年の日中共同声明は、78年の日中平和友好条約の基礎となったもので、その後の日中関係の土台となったものである。その後の日中関係のすべてを秩序づける憲法と言ってよく、民間も含めた日中友好の諸事業はこの共同声明の精神に則って積み上げられた。6月12日のシンガポールでの米朝合意は、72年の日中共同声明に比肩するものであり、その意義を軽んじることはできない。よくこの合意文書にトランプは署名したものだと思う。この点で、私はトランプを大いに評価したい。最初、トランプは文書に署名することはないと言っていた。交渉が不具合なら席を蹴るとも明言していた。だが、それはトランプのタクティックスで、北朝鮮に譲歩を迫るための牽制球だった。結局、妥協したのはトランプの方だった。

c0315619_12535327.jpg字面を読めば、確かにマスコミが批判するとおり、この共同文書にはCVIDについての言及と記載がなく、北朝鮮非核化という点に着目すれば不十分で具体性を欠いたものだという見方になるかもしれない。が、今日(13日)の朝日の記事にあるように、この点は米国がシンガポール現地交渉の土壇場まで求め、最後まで北朝鮮側が折れなかった点である。北朝鮮が粘り勝った。理由は、体制保証について米国が具体的な文言を提供しなかったからである。今回のマスコミ報道では一言も出ないが、北朝鮮は米国に不可侵条約の締結を求めている。不可侵条約のスキームとプロセスを要求し、それを体制保証の中身としている。だが、米国はこれに応じず、情報のリークすらしていない。北朝鮮が何を求めているかを決して報道の表面に出さず、体制保証の意味を勝手にスリカエて大衆に伝え、朝鮮戦争の終結宣言が体制保証になるだとか、筋違いの情報を撒いて世論をミスリードさせている。体制保証が具体化しなかったから、非核化も具体化しなかったのである。外交交渉は国家間の取引の場だ。

c0315619_12540644.jpg今回、最終盤で北朝鮮は見事にトランプに切り返した。前回、会談中止のカウンターパンチでダウンを奪われたお返しとばかり、最後の逆襲で米国側を追い詰めて譲歩させた。あのとき、会談中止の通告を受けて北朝鮮が狼狽したように、今度は逆に、トランプの側が弱みを持っていたのであり、北朝鮮はそこを衝いたのだ。カナダでG7を滅茶苦茶に壊し、同盟国の絆を危うくして国際的孤立を演じたトランプは、シンガポールで失敗することは許されなかった。この会談は成功させるしかなく、米朝和平をアピールする演出と宣伝に努めるしかない。外交には相手がある。一国だけでは成功させられず、成功を得るためには北朝鮮の言い分を聞くしかない。今度はトランプの方が足下を見られた。北朝鮮の方が強気に出て交渉を押し切った。いつもながら北朝鮮はしたたかであり、外交を武器を使わない戦争だと心得ている。事業家で駆け引きの好きなトランプは、北朝鮮のゲームの手法を気に入っている様子で、自らの判断と責任で素直に譲歩を受け入れた。トランプのこういう部分は好感が持てる。ビジネスは互いに対等の立場でゲームするものだ。

c0315619_12541973.jpg今日(13日)の朝日新聞を見ると、「正恩氏、『非核化』を約束」と1面に大見出しが打たれている。日本のマスコミ報道は、金正恩が初めて自分の口で米国大統領に非核化をコミットした事実とその意義について正当に評価しない。これは初めてのことだ。4月の南北首脳会談のときの板門店宣言では、「完全な非核化により、核のない朝鮮半島の実現」という目標が謳われていたが、金正恩は記者会見の席で「非核化」の言葉を言わず、マスコミはその本気度を疑っていた。今回は、トランプの口から、金正恩が本当に非核化の意思があることが世界に強調され、エンドースされていて、板門店宣言よりも一歩前に進んだと言うことができるだろう。できれば、非核化について、具体的なプロセスやスキームやスケジュールが入った形で共同声明が発表されることが望ましかったが、それを求めるなら、体制保証についても、プロセスとスキームとスケジュールが約束されなければならないことになる。それは次の作業にならざるを得ない。6月12日までに実務者間で確定するのは時間的に無理だった。このタフな交渉を纏めるのはトップダウンだけでは難しい。

c0315619_12545042.jpg今回、日本のマスコミは、特にNHKを中心に、拉致被害者家族会の面々ばかりに感想を言わせていた。本当はそれはおかしな話だ。第一にカメラを向けなくてはいけなかったのは、日本で暮らす在日韓国朝鮮人たちである。主役がオミットされていた。2000年の第1回南北首脳会談のときは、ニュースステーションの中継が大阪生野のコリアタウンに入り、住民である2世たちの感動の声を久米宏が聞くという報道をやっていた。今回もそうしなくてはいけなかった。NHKは、有馬嘉男にシンガポールの韓国人会の人々にインタビューさせるくせに、日本の在日の声を伝えようとしない。北朝鮮問題となると、とにかく口を開けば拉致問題ということになり、青バッジのイデオロギーとカルトの世界に染め上げられ、同じ顔の同じ話ばかりがいつものように繰り返される。世界史的な米朝会談の意義は相対化され、日本だけで通用する異常なコードとプロトコルの空間になり、わけのわからない非合理的な呪術の園に蹲る。ナンセンスとしか言いようがない。最近、副島隆彦が、拉致問題について私と同じ主張を唱えていることを知った。右と左で立場は違うが、お互いに異端中の異端。

c0315619_12543045.jpg左翼リベラルは、青バッジ問題では日本会議と完全にコンバージェンスの様相を呈していて、同じ宗教(呪術)を信奉している。手の付けようがない。最後に、私は、この首脳会談の成果を楽観視している。日米韓のマスコミは会談の成果を貶しまくり、失敗だ失敗だと騒いでいるが、決してそんなことはない。日米韓のマスコミは、この合意では北朝鮮を非核化させることができないと言っているが、そうした見解は間違いであり、悪意が目を曇らせたところの誤謬である。この合意が国際政治の既成事実となり、中国と韓国の太陽政策外交を勢いづけてゆく。ロシアとEUと国連の対北朝鮮外交を方針づけてゆく。安保理決議の経済制裁は緩和から解除に向かう。北朝鮮は自ら国家の方針を転換したのであり、核のない経済成長をめざす戦略に舵を切った。北朝鮮の非核化は、米国が強制で押し進めるのではなく北朝鮮が自ら積極的・能動的に行うことになる。中国的な改革開放の国づくりを進めていく。指導者がそう意思決定した。その礎石となるのが今回のシンガポール合意に他ならない。犀は投げられたのだ。

ここから世界は確実に変わる。そう確信する。

c0315619_12551410.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2018-06-13 23:30 | Comments(7)
Commented by 長坂 at 2018-06-13 14:39 x
貴方を支持します。
本当に感動した。
凄い会談でした。
技量ある両者だっから出来た会談。
Commented by 長坂(いつもの) at 2018-06-14 00:22 x
おめでとうございます、長年世界情勢をウオッチされてきた田中さん、改めて 凄いと思いました。米朝会談に至るまでの両国の動きを分析するのにレーガン・ゴルバチョフのINF全廃条約、レイキャビクサミットに言及しているのは、(私の知る限り)田中さんだけではないでしょうか。昨日のCNNの中継でアマンプールがチラッとレイキャビックの事を言ってましたが、、、米朝共同声明は日中共同声明と同じだって、この着眼点!説得力ありますよね。それに比べ朝日の社説の傲慢な事。植民地支配で南北分断の原因を作り、膨大な数の死者を出した朝鮮戦争特需でなんとか経済復興できたのに、そこは全く無視してトランプに過去の教訓に学べとさ。人権問題も監視しろって、水責めのポンペオと嘘の大量 破壊兵器でイラクを崩壊させたボルトンだけどいいんでしょうか? あと朝日は余程悔しいのか、文大統領の努力貢献を絶対認めない。いつまでも仲介者気取るんじゃねえと言いたいらしい。
トランプも言っていたが、 この6カ月核実験もないミサイルも飛ばない少なくとも「平和」じゃないかと、これが長く続いて欲しいと思いますけど、どうも世間はそうじゃないみたいで、、、
Commented by 古木 at 2018-06-14 03:45 x
CVIDこそがトランプの目くらまし・脅しであり、今回の合意はトランプにとっても当初からの想定内の100点満点の内容だったと思います。

Commented by 私は黙らない at 2018-06-14 03:55 x
ブログ主さん、今、日本人が全力を尽くして照準を合わせるべきは安倍をおろすことです。極東のデタントは、アメリカのみならず、中露の総意であると思います。南北融和は、朴槿恵弾劾が契機だった。私は朴槿恵弾劾時にくりだした韓国人に光州事件のDNAをみる。一方、安保闘争でコンプリートできなかった日本人の挫折感が、安倍のおきあがりこぼし化を許していると思う。親玉のアメリカがやっと極東の和平に動き出したのだから、これを歓迎しないわけにはいかない。時代遅れの安倍と、よどんだアジアヘイトの空気を一掃しなくちゃいけない。
Commented by familia at 2018-06-14 17:05 x
本ブログは数年前から欠かさず見ているが,失われていく日本の良心を感じる。基本的な考え方がきっちりしておれば,時代の急激な変化にも明解な見解が示せると思う。昨年は本当に一触即発かと心から心配した。そうゆう点で今回の米朝会談はまさに歴史的に評価されるべき会談であった。日本政府にとっては今後の対応で難しい点が多くあろうが,マスコミはもっと素直に今回の会談を評価すべきだ。マスコミが安倍政権に忖度しすぎている。
Commented by 七平 at 2018-06-15 07:33 x
NHK の報道がどのようなものであったか判り兼ねますが、米朝会談の後、田中さんはTweet にてトランプを高く評価しておられます。 しかし、米国内またGlobalでのトランプの評価は決して良いものではありません。 トランプの頭には、朝鮮半島の平和等どうでも良い事で、毎朝、新聞の一面記事に彼の話題が一杯であれば、彼は大喜び、満足と言うところです。端的には病的人間だと思います。実際、著名な大学病院の精神科、心理学者は病的な観点からトランプの言動を分析しています。 G7の直後、カナダの首相を罵倒し、カナダは与野党が全面的に一丸となって アンチトランプの声明を発しています。 

米朝会談で前のめりになったトランプは金正恩からはなんら具体的な譲歩を得ておらず、彼の交渉能力は全くのペテン、彼がいじめられるのは日本の安倍晋三くらいでしょう。 世界から2,500人に及ぶ記者団を集め、御本人は大変満足というところです。 

日本の65%の常識ある日本人が、長いものに巻かれろを決め込んで安倍や麻生の山積する嘘を黙認するのと異なり、私は65%の常識ある米国人に対し、今でも信頼感を持っています。 合法的にトランプを追い出すには時間と努力がかかりますが、必ず起こると考えています。 ニクソンのWatergateの時もそうでした。米国での三権分立のシステムは正常に作動しています。

いずれにせよ、米朝会談は東アジアにとっては良い出来事でした。 中国も北朝鮮も、同等、同格の立場で欧米諸国と対峙する姿勢を世界に示したと思います。鹿鳴館時代の欧米崇拝、模倣を続けているのは、日本、特に安倍や麻生くらいでしょう。 誰も口にしませんが、Globalな見解から大変ネガティブなところは、"核を持てば、同格に扱ってもらえる” と言うメッセージが世界中に送られた事です。 この先、10年、20年の間には、北朝鮮のパターンを追随する諸国が続発すると思います。
Commented by Mr.T at 2018-06-15 21:38 x
NHKのクローズアップ現代で朝鮮学校の報道がなされていました。
取材交渉自体は以前からしていたが、在日の側が断っていたとのこと。

昨今の巷の空気を思えば無理からぬことでしょう。
楽観はしてはいけないとしても、期待はしなくてはいけないと思います。


カウンターとメール

最新のコメント

番組の端々に入る「昭和天..
by 私は黙らない at 04:01
私にとって、昭和天皇って..
by 長坂 at 17:27
翁長知事、逝ってしまいま..
by 玄明 at 22:27
「どうして理系高学歴がオ..
by 読者 at 21:18
「避難しない住民が悪い」..
by 村山 at 15:50
今でも削除されていない、..
by 荻原 理 at 18:38
岡山の者です。6日の夜か..
by 村山 at 11:26
東京五輪ボランティアのひ..
by 読者 at 10:02
今時の不作為は、行政トッ..
by アラ還 at 21:12
右傾化に強い影響を与えた..
by すずしろ at 23:44

Twitter

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング