南北合意の衝撃 - 瞬速で決まった南北首脳会談と核放棄の意思表明

c0315619_15204097.jpg昨夜(6日)、北朝鮮を訪問した韓国代表団の報告があり、画期的な成果が発表された。プライムニュースの画面上に速報のテロップが入り、その後、記者会見する鄭義溶の映像と韓国語を同時通訳する音声が流れたが、その内容があまりに予想を超えるものだったため、テレビの前で小躍りしてしまった。韓国の人々もさぞ昂奮したことだろう。大統領府で代表団の報告を聞く文在寅の静止画が出たが、表情に満面の笑みが浮かんでいた。その隣では康京和が快心の首尾を噛みしめていた。韓国の外交が、15年前の北朝鮮核危機に直面した当時の、盧武鉉政権初期のスピードとパフォーマンスを取り戻している。あのとき、韓国の外交はこんなに水準が高いのかと刮目させられ、溜飲を下げた記憶があるけれど、その頃の優秀さと切れ味を復活させている。今、世界中の関心が韓国に集中し、大胆で鮮烈な平和外交に拍手が送られていて、人一倍プライドが高い韓国国民は、この世界からの注目と賞賛に鼻高々の気分だろう。CIAの手先となって文在寅叩きに躍起になっていた保守マスコミ(朝鮮、東亜、中央)も、ここは沈黙を余儀なくされ、政権の手腕と民族の一歩を評価せざるを得ない。



c0315619_15210976.jpg3回目の南北首脳会談が4月末に行われることが決まった。この時期の早さにも目を奪われるが、看過してはいけないのは、会談場所が板門店の「平和の家」に設定されたことだ。つまり、初めての韓国領内での南北首脳会談の開催になる。これまでは二度とも平壌だった。このことの意義はきわめて大きい。会談を見守る韓国国民の熱気は否応にも高まらざるを得ない。文在寅は、選挙公約であった南北首脳会談の政策目標を、就任からわずか1年足らずで果たすという成功を得、しかもそれを訪朝ではなく、初の韓国内開催という快挙でもって達成した。一瞬の機を逃さず、俊敏果敢に外交にチャレンジした文在寅の胆力の勝利であり、無念の死を遂げた盧武鉉の魂が、遺志を継いだ盟友の勇気を支え後押ししている。盧武鉉の失敗の轍を踏まぬと心に誓った文在寅は、選挙と支持率に対して細心の注意を払うポリティシャンにもなっていて、本当に巧みに、そしてまた剛毅峻烈に政権運営をやっている。保守マスコミ(CIAの手先)の包囲と牽制にもたじろぐことなく、攻撃に対しては反撃で積極的に応じ返し、李明博の捕り物を仕掛ける政治に出ている。

c0315619_15215394.jpg今回の南北合意の中で、北朝鮮は遂に非核化の意思を表明した。「体制の安全が保証されれば、核を保有する理由がない」とコミットした。「非核化問題の協議と米朝関係の正常化のため、米国と虚心坦懐に対話する用意がある」と表明した。まさに米韓側が待っていた満額回答だ。この回答はそのまま英訳されて米国に伝わり、訪米する鄭義溶によってマクマスターに説明されるだろう。金英哲が訪韓し、「米国と対話する十分な用意がある」と発言してわずか一週間、金正恩自らが韓国代表団と面会し、米朝対話の条件として求められていた「非核化の意思」について満額回答の中身を返した。非核化の意思を示せという米国の要求に対して、ストレートに返答して応じたわけで、最早、米国側に対話を拒否する理由はない。DCではハト派の国務省が勢いづき、米朝交渉に向けた外交実務のプロセスが着手されているだろう。昨夜の報ステでは、中継に出たテレ朝DC支局長の山下達也が、ティラーソンの早期訪朝もあり得、さらにトランプ自身が平壌へ飛んで金正恩と首脳会談する展開もあると予想を述べた。現在の米政権は、官僚が実務で下から積み上げる外交ではなく、トランプがトップダウンで仕切る方式だからそうなるのだと。

c0315619_15220613.jpgそして、トランプは中間選挙で自画自賛する成果として今回の北朝鮮の対米協調路線への転換を使うだろうと、そう山下達也は語っていた。この見方は、私がずっとブログで示してきた分析と同じだ。北朝鮮と戦争はできないという結論に米国が至っていることは、昨年の早い段階からバノンが漏らし、マティスが判断を示し、トランプに具申して政権の中で確認事項になっていた。「鼻血作戦」の警告は、対話に応じない北朝鮮を揺さぶるための脅しで、ブラフの外交の手段だった。にもかかわらず、極右が政権とマスコミを占領する日本では、米軍による先制攻撃が既定事項のように喧伝され、来る日も来る日も戦争プロパガンダがシャワーされ、1億2千万人が洗脳され、国民が北朝鮮との準有事状態に入っていたのである。日本の政府と国民だけが、世界の中で異常な対北朝鮮戦闘モードになり、韓国とも米国とも違う極端で過激な攻撃的シンドロームになっていた(現在も)。世界の中で、日本だけが、突出して北朝鮮との戦争を煽って嗾ける性向が露わで、世界と異なる右翼的感性を顕著にし、制裁圧力のみが北朝鮮問題を解決する道だという信仰に耽っていた。まるで、パレスチナに対する米国の福音派そのものだった。

c0315619_15222647.jpg今回、南北は首脳間にホットラインを設置することにも合意し、板門店での首脳会談本番の前に電話会談を行うことも決まった。これも画期的だ。初めてのことで、キューバ危機後に開設された米ソホットラインの歴史に匹敵する。北朝鮮は、「在来式兵器も南側に向かって使用しない」と言っていて、こうなると、あとは交流事業を通じて南北友好が驀進して行くだけだ。プライムニュースを見ていると、スタジオの右翼たちが、合意には表に出てない約束もあるはずで、開城工業団地の再開とか、食糧人道支援もあるはずだと、眉を顰めて批判的な口調で言っていた。あるかもしれないし、国民世論がそれを支持する方向に向かうだろう。今回の北朝鮮の満額回答は予想を超えた圧倒的なもので、いわば米国と国際社会に向けた平和圧力の攻勢であり、米国は対話のアクションを示さざるを得ない。国連も姿勢を転じざるを得ない。中国が国連を引っ張る形になり、制裁解除をリードする位置に立つ。金与正や金英哲の訪韓は、厳密には、北朝鮮要人の渡航を禁止した国連制裁決議の違反であり、平昌五輪を根拠とした特例措置だった。次は、金正恩が韓国に足を踏み入れる特例措置の挙行となる。そうなったとき、食糧人道支援の再開など何ほどの重さの問題だろう。

c0315619_15223837.jpg結局、焦点だった米韓合同軍事演習も、早々と5月延期が発表された。4月中に実施すると言っていた計画が先送りされ、南北首脳会談の後に日程変更される事態となった。これも文在寅政権の勝利であり、南北の(民族の)勝利だ。4月末に南北首脳会談の予定を組むことで、4月中に軍事合同演習できないようにした。4月断行の(タカ派側の)政治を無力化した。現時点で、5月中旬に演習再開すると言っているが、これもどうなるか不透明だ。4月末に「平和の家」で南北首脳会談が行われ、韓国と世界のマスコミが集結して大々的に報道し、そこでさらに意欲的で大規模な南北融和推進の共同声明が出た後で、半月後に米韓合同軍事演習などできるだろうか。考えられない。もし、それを強行したとしても、北朝鮮に軍事的圧力をかける意味は全く消え、単に公務員の経費処理のルーティンワークに過ぎなくなってしまう。ママゴトの軍事演習になり、軍事的な意味と目的を失った空疎なイベントになる。私の見通しを言えば、5月中旬の合同演習も再延期になり、米国の対北朝鮮の戦略は核放棄プロセスを定める外交交渉を本位とした対話路線にシフトし、中間選挙までに何か目玉を上げろというトランプの指示が下るだろう。米軍の出番は下がり、国務省が前に出る。

c0315619_15225030.jpg極右が支配する日本のマスコミ報道では、早速、北朝鮮に騙されるなとか、また時間稼ぎだとか、文在寅政権は北朝鮮のイヌだとか、そういうヒステリックな罵声の音量が上がり、この南北外交の意義を否定して貶す誹謗中傷で溢れている。愚かなデマゴギーを喚き散らし、北朝鮮武力打倒の気勢を上げ続けている。日本のマスコミ右翼どもは、4月末の南北首脳会談の日程設定が、5月前半に東京で開催される日中韓首脳会談を意識し、そのタイミングに先行させた政治であることを理解しているのだろうか。5月前半だから、南北首脳会談の2週間後だ。当然、日中は韓国の南北外交の成功を祝福し、それを支援するという基調で定義された国際外交機会になる。韓国と中国は一枚岩になる。安倍晋三の思惑は完全に打ち破られ、文在寅の勇姿を輝かせるだけの不如意な脇役に成り下がるしかない。下手をしたら、主要議題は米国の関税政策(保護主義)に対する反対表明ということになり、中韓日三カ国で結束して自由貿易を守るなどという意外なステートメントに漂着するかもしれない。外交も生きものだ。かくして、北朝鮮を圧力で包囲する外交演出を目論み、それを改憲政局の追い風に利用しようとした安倍晋三の腹黒い魂胆は、ここで完全に潰される結果となった。

森友文書偽造問題も加えて、安倍晋三と右翼が劣勢に回る春の政治局面となった。文書偽造問題は、前の記事に書いたように麻生太郎の進退が焦点になるだろう。内閣支持率は確実に下がる。これまで、極右安倍晋三の支持率を支えてきたのは、北朝鮮の核ミサイル挑発であり、米朝危機の安保情勢を前提としたマスコミの右翼論調だった。それが失われると、安倍晋三の支持率を支える要素が消える。


c0315619_15231766.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2018-03-07 23:30 | Comments(8)
Commented by 長坂 at 2018-03-07 18:54 x
日本の「あずかり知らないところで」(シンゾーの真似)世界は動いている。おっしゃる通りの展開に!早速トランプは自分の制裁の強化が北朝鮮を軟化させたと手柄にしているがそれでもいい。少なくとも北朝鮮は Sincere だと言ってるし、制裁強化に中国も多大な協力をしてくれてとも言っている。(ワシントン ポスト) そう言えるだけまだまとも。相変わらず政府やメディアは、日米韓の連帯に北朝鮮が楔を打ち込もうとしているという毎度おなじみのリアクション。文大統領が対話の開始は拉北者の問題解決にもつながると言っているのに、日本の拉致被害者家族に圧力は弱めるなと言わせる。歴史修正主義、青バッジに外交は無理だとはっきりしたのだから、邪魔せず米韓朝に任せて欲しい。そう言えば駐韓米大使は未だ空席 (又クリストファー・ヒルはどうでしょう)、てか大使なんかいなくても、国のトップに平和を願う意志があればここまで来れる。時間稼ぎと言われようとも、是非対話を続けて欲しい。体制維持でいいのだから、北朝鮮の人達 にも是非平和と繁栄を享受して欲しい。国体護持で散々アジアに迷惑をかけた日本を世界 が受け入れてくれたように。
Commented at 2018-03-07 19:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 読者 at 2018-03-09 16:28 x
先ほどツイッターに、自殺した職員が文1を出ていて親は金掛かってるという記述がありました。しかし、自殺した方は近財で交渉を担当した職員の部下ということですから、ノンキャリではないかと推察しました。
近財で交渉を担当したのがキャリアでしょう。自殺された方は、役職名も地方官署の専門官でしたから。
自殺された方は公務員宿舎にお住まいだったようですが、近畿圏内で転勤があるからまだ自宅を買っていなかったのか。年齢はまだ発表されていませんが、中高年のノンキャリと思われますので、自宅を買っている年齢じゃないのかな?というところは気になりましたけど。
しかし、山本太郎議員の質問の鋭さには驚きます。
Commented by 私は黙らない at 2018-03-10 06:15 x
米朝デタント後の極東のグランドデザインについて、米、中、露は何らかの合意を既にしているのではないだろうか。その中で、北の非核化と対で、在日、在韓米軍に何らかの動きがあるのではないだろうか。それを察しているから、某氏は「日米の結束は変わらない」とあわてふためいているのでは?与党はおろか、野党さえ日米安保以外の日本のあり方について、模索する努力を全くしていないというのは異常。相手(米)が動いてきた以上、日本も次に向けて動くべき。
Commented by 七平  at 2018-03-11 06:38 x
Commented by 読者 at 2018-03-11 10:09 x
私は、この件を自殺された方に押し付けるのは、無理があると思います。笹井博士が自殺された後あの女性が復権できなかったように、潮目は変わったんですよ。
この自殺(他殺か、他殺でなくてもこのタイミングで自殺に追い込んだこと)は、安倍を助けることにはなりません。
佐川が検察にどう言うかわかりませんが、佐川だって不名誉を一手に引き受けるほどのお人よしとは思えません。そういうお人よしなら、とっくにギブアップしているでしょう。ここまで粘り通したのですから。
南北首脳会談、米朝首脳会談という高レベルの政治に対して、日本は低次元のことで情けない限りですが、しかし、もりかけの全容を明らかにすることは大切です。
もりかけの本質は何なのか(森友は、名誉校長の話を持ちかけられたあの馬鹿女房が盛り上がり暴走し、それを秘書官がサポートしたのだと思いますが)、それを明らかにして、国民が理解して、ここで岸の系譜を完全につぶしておくことが、今の日本の課題だと思います。
その意味では、谷さえこさんも危ないですね。さすがに外国にいる人に、手は出せないとは思いますが。
Commented by りん at 2018-03-11 12:46 x
谷さえこが誰の指示で動いたのか。I秘書官ですね。
谷さえこは東大卒だけど現場がいいと言ってノンキャリを選び、優秀だったので目をつけられてしまった気の毒な人ですよ。
Commented by あん at 2018-03-11 12:56 x
佐川の自宅に関して、競売の土地云々というのがありました。費用が1億円というのはキャリアの給料なら建てられるでしょうが、土地取得の過程で何かまずいことがあれば、それが籠池のように留置所に入れられる致命傷になるかもしれませんね。


カウンターとメール

最新のコメント

私は貴下のご意見に賛同し..
by 愛知 at 01:02
マネーフローの電子化を進..
by ロシナンテ at 18:43
仰る通りです。移民が犯罪..
by エドガーアランポー at 00:20
これまで、新自由主義の悪..
by さくら at 17:35
hiroさんが指摘されて..
by 七平 at 01:40
キャッシュレス化について..
by エドガーアランポー at 00:38
この法案審議にぶつけたカ..
by 玄明 at 22:23
移民については、右は安倍..
by hiro at 11:49
by 七平 at 07:43
海外留学、海外勤務の経験..
by モアン at 10:59

Twitter

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング