人気ブログランキング |

新潟日報記者による高島弁護士への脅迫事件 - しばき隊の暴走と転落は続く

 新潟日報記者による高島弁護士への脅迫事件 - しばき隊の暴走と転落は続く_c0315619_17261340.jpgしばき隊がまた大きな事件を起こした。これまでの概要がネットのニュース記事に纏まっているが、今度は、新潟日報上越支社で報道部長を務める53歳の坂本秀樹が、匿名(闇のキャンディーズ)でのTwで弁護士の高島章を脅迫、「弁護士の仕事やめろ。プロのハゲとして生きろ。ネトウヨ弁護士。クソ馬鹿ハゲ野郎!」と暴言を吐いていたところ、逆に身元を突き止められ、電話で抗議と追及を受けた末に、Twで謝罪に及んだという騒動である。事件は11/20の深夜に始まり、11/23の昼に終わった。その間、本人は11/22に新宿で行われた「東京大行進」に参加していて、関係するRTを自身のTw上に多数上げている。私は昨日(11/23)、高島章のTwであらましを知り、刻々とネット上に上がる反応を追いかけていたが、布団に入っても衝撃と昂奮がずっと続いた。高島章はニフティの頃から通信を始めたと言う。私は富士通がニフティをスタートする前の1986年から、中曽根内閣のNTT民営化に伴う電電開放と電気通信事業法によって、新たに第2種通信事業者となったベンダーが商用化前の試験サービスを始めた段階から、300bpsの音響カプラでCOARAやASCIIに接続している。それ以来、ずっと29年間、この種の営みを続けてきた。1期生である。最初にそれを始めた100人の中に入っている。



 新潟日報記者による高島弁護士への脅迫事件 - しばき隊の暴走と転落は続く_c0315619_17262359.jpgRS232Cで繋げた、300bpsの通信環境がどういうものであるか、通信の石器時代がどういう世界であるか、今のピンチとLTEの快適で快速な環境にどこから出発して到達したのか、科学技術館とか科学博物館とかで子どもたちが体験できるといいと思う。640x400ドットの黒い画面上を、40字x20行の白い文字が、左から右へゆらりゆらりと動いてテキストを流していた。受話器の受け口が拾うピーガーの音声をバイナリに変換するため、途中でエラーが起きてよく文字化けを起こした。それをパリティチェックの補正で元に戻すシンプルな通信ソフトウェア。ニフティが始まった1987年は、すでにカプラではなく1200bpsのモデム(EPSONやOMRONの)が主流になっていて、以来、高島章も知ってのとおりの幾多のトラブルと訴訟があり、諸事件を身近に目撃しながら、そして法曹家たちの所見と論争を確認しながら、長い年月を送ってきた。私が、誰もフォローせず、リツイートせず、メンションを送らず、TLを「清一色」に染めるという、Twの機能を極限まで簡素に使うスタイルを確立し貫徹させているのは、まさにこの霜雪の経験に基づくセルフディフェンスの知恵に他ならない。無用なトラブルに巻き込まれず自らの言論を通していくための方法である。それにしても、地方紙の報道部長だの、外資のマーケティングマネージャーだの、ぶざまに墓穴を掘る者が後を絶たない。

 新潟日報記者による高島弁護士への脅迫事件 - しばき隊の暴走と転落は続く_c0315619_17263560.jpg今回は高島章の胆力に目を見張った。久しぶりに剛胆な傑物の姿を見た。今回の高島章の捕り物と成敗はあまりに痛快で、劇的で華麗であざやかで、まるで映画の決闘場面を見て堪能させられたような気分だ。三船敏郎と仲代達矢の「椿三十郎」のようであり、アラン・ラッドとジャック・バランスの「シェーン」の感動を想起させられる。まさに勧善懲悪の物語の決定版。29年間のネットの事件史を承知しているが、これほど絵に描いたように完璧に、ドラマティックに、正義のヒーローが悪役を退治した決闘劇は見たことがない。2chの観客ともども溜飲を下げさせられた。この事件は長く語り継がれることだろう。さて、記事を書いている途中、高島章のTwを見ると、事態が動き、坂本秀樹が高島章の事務所に新潟日報編集局総務の重役と訪れ、新潟日報社として公式に謝罪をしていた。高島章はこの謝罪を公式に受け入れ、この件についてこれ以上、坂本秀樹を攻撃することはないと言っている。新潟日報がオフィシャルな対応をするだろうとも予想している。オフィシャルな対応とは、新聞社内での事件の調査とその公表、そして本人に対する処分ということだろう。11/3の「はすみリスト」事件以降、しばき隊のメンバーの墓穴と自業自得が続いたが、今回の事件が最も大きな社会的事件に発展する模様であり、マスコミで報道され、「しばき隊」の語が初めて世間一般の人口に膾炙されることになる。

 新潟日報記者による高島弁護士への脅迫事件 - しばき隊の暴走と転落は続く_c0315619_17264644.jpg地方紙の支局報道部長の要職にある現役のマスコミ人が、匿名でのTwとはいえ、滅茶苦茶なヘイト(憎悪)の暴言と誹謗中傷を吐き、信じられないようなエロ趣味のTwを上げていて、昨日(11/23)からのネット空間を驚愕させている。例えば、在特会の女性に対して、「お前の赤ん坊を、豚のエサにしてやる!」「このブス!お前の赤ん坊は豚のえさにするんだから…。で、お前とダンナが、その豚を喜んで食べるのな。そりや美味しいよ。お前の子ども食った豚だもん!」「想像しろ。お前が本能に任せて性行為した、クズみたいな男と娼婦のお前の間に生まれた薄汚いガキ!明らかに人種差別主義者の子どもであり、生きてる価値はない!最大限の尊厳を与えてやる。それは、豚のエサになることだ!」「こいつを自殺させるのが、当面の希望」などと戦慄するものばかりだ。いくら相手が在特会の人間といっても、責任ある地方紙の記者が、公然の場でこんな発言があるだろうか。性欲を全開させたエロ趣味のTwの方もどぎつく、気分を悪くさせられるものが多い。この事件をマスコミが報道することになったときは、エロ系のTwが紹介され、新聞記者の非常識ぶりに関心が集中する展開になるだろう。Twに表出されるしばき隊の思想と行動には、この男にかぎらず、こうした破天荒な欲望放縦の傾向が顕著で、「はすみリスト」事件で最初に身元が割れて会社退職に追い込まれた男もそうだった。

 新潟日報記者による高島弁護士への脅迫事件 - しばき隊の暴走と転落は続く_c0315619_17265699.jpgもう一つ、ネットで話題になっているのが、しばき隊のデモの日当の問題だ。こういうTwをしている。「東京大行進にいくための、新幹線グリーン席ゲットー!ザイトク界隈はどうやって来るの?歩いて?情けなさすぎ。しばき隊は主張を訴えられるし、日当もデルからサイコー!おまえ等は、いつも怯えて手弁当、捕まっても誰も助けてくれない。がんばれよ!」、「ザイトク界隈は、日当も出ない上にカウンターから罵声浴びせられ、社会的支持も集められないクソデモやめて、カウンター側にくれば一年でベンツが買える日当貰えるのに」、「昨日の東京大行進の日当だか、銀座の寿司屋で寿司食って帰った。おつりがきた(^-^)。皆さんは日当を何に使った?」、「今回の東京大行進に参加した人は、最後の柏木公園まで行った人の日当は3万円らしい。俺も最後まで歩いたし!頼んますノイエホイさん!(笑)」、「東京大行進の日当がまだ振り込まれていない…」。このTwは、2年前の2013年の東京大行進のことだ。2年前はマスコミが注目し、NHKの7時のニュースで映像が紹介され、きわめて積極的な評価と論調で報道がされ、その解説に五野井郁夫が登場していた。何やら、最初からシナリオを仕組んだような報道だったことが印象に残っている。しばき隊の日当については以前からネット上に情報があり、1日3万円の日当が出て、それを幹部がピンハネして実際には1万8千円だったとか、冗談のような話が流れていた。

 新潟日報記者による高島弁護士への脅迫事件 - しばき隊の暴走と転落は続く_c0315619_1727698.jpg都市伝説の噂として一蹴していたが、この新聞記者までが語っていたとすると、ひょっとして何か裏があったのかもしれない。どこから資金が出ていたのだろう。マスコミから追及を受けたときは、しばき隊の活動資金の問題にも疑惑が及ぶ可能性もある。ノイホイというのは、この当時のしばき隊のNo.2で、思想的には新右翼の立場であり、しばき隊の金庫番を担当していたらしい。官邸前デモのネットでのスポークスマンであり、そのため、この時期のしばき隊は非常に右翼色が強かった。日の丸の持ち込みは歓迎で、組合旗の持ち込みは禁止の時代である。ノイホイは何やら内部で金銭と女性の問題を起こしたらしく、粛清されてしばき隊を追放になった。その事情はしばらく秘匿されていて、ノイホイが消えた理由を私は訝っていたが、昨年の終わりか今年の初め頃だったか、No.1とNo.2の口から追放の事実がTwで漏らされていた。ノイホイが粛清され、No.2がNo.2として登場したときから、しばき隊の路線がぐっと左に寄り、SEALDs運動に至る現在の性格が固まっている。しばき隊はこのように実に人間臭く、権力闘争に絡んでカネと女の問題にまつわる俗臭がプンプン漂い、すなわち、過去の歴史で繰り返された政治集団のドタバタ劇を再現してくれていて、外から観察するのに興味が尽きないところがある。そう言えば、丸山真男がナチスと日本の軍国主義者を分析するに当たって、その特異な性的放縦の特性を人間類型として挙げていた。

高島章から、大手紙による事件の取材があったと報告された。新潟日報は、朝から抗議の電話が鳴りっぱなしだと言う。いよいよ、マスコミがしばき隊を報道するときが来た。


 新潟日報記者による高島弁護士への脅迫事件 - しばき隊の暴走と転落は続く_c0315619_17272482.jpg

by yoniumuhibi | 2015-11-24 23:45 | Comments(0)


カウンターとメール

最新のコメント

https://www...
by 米帝大嫌い at 20:19
菅が「経済」というと、誰..
by サムエル at 19:05
「旅行自体が感染を起こす..
by 愛知 at 04:10
東京で連日多数の感染者が..
by ブルー at 16:38
昨日の報道番組の要旨を読..
by アン at 10:12
3連休の行楽地の人出をテ..
by 愛知 at 02:28
 9.11など考えてもみ..
by みきまりや at 15:47
香港の新聞に、久しぶりに..
by 米帝大嫌い at 21:56
工藤監督や西武の辻さんが..
by you at 13:05
旭川は医療崩壊状態のよう..
by サン at 12:38

Twitter

以前の記事

2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング