<   2016年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

動機としての障害者抹殺と安楽死政策 - ナチスの優生思想との類似性

c0315619_16513854.jpg昨日(7/27)の朝日の朝刊1面に載っていた障害者団体の声明が、代表の映像とともに夜の報道番組で放送された。報ステは全文を丁寧に紹介、局の意思がこの障害者団体のメッセージと同じであることを視聴者に伝えた。ようやく、わずかながら、マスコミ報道が正常な倫理観を取り戻し、事件に対する正しい対応と反撃が一つ出たようで安堵を覚える。宮中の両陛下も同じだろう。だが、マスコミ報道には不満がある。政府の対応はとても納得できない。抵抗できない重度の障害者が、動物が屠殺されるように、片っ端からナイフで首を着られ胸を突かれ、命を奪われて行ったという事実が、どれだけ酷(むご)く恐ろしいことか。起きた現実に対して、この国の反応はあまりにも小さく無神経すぎる。テレビの報道時間が短すぎる。ワイドショーのネタ扱いだ。リオ五輪や米国大統領選と並ぶ話題の一つの扱いが続いていて、起きた現実の大きさと報道の小ささの不釣り合いに愕然とさせられる。規模において戦後最大の凶悪事件で、しかも重度障害者が標的にされて犠牲になる痛ましい惨劇で、悪魔の所業が世界を震撼させているのに、テレビのニュースとワイドショーは同じルーズな日常が続いていて、毎度の進行の中に事件報道が小さく組み込まれて処理されている。

【続き - 以下は有料です】
[PR]
by yoniumuhibi | 2016-07-28 23:30 | Comments(5)

重度障害者を19人も非道に殺害した動機 - 7月26日夜のテレビと皇居

c0315619_15111023.jpg相模原の福祉施設で重度障害者19人が殺害された事件。犯行の動機は何かとテレビの人間は言いつつ、動機とは無関係な、子どもの頃は明るかったという近所の者の証言や、教師をめざして教育実習をしたなどという経歴をしつこく繰り返し報告している。「動機は何だったのでしょうか」という問いのフレーズは、視聴者に答えの説明を期待させて番組に繋ぎ止める巧妙な口上で、要するに視聴率を稼ぐための釣りの毛鉤だ。昨夜(7/26)のテレビ報道を見て、犯人の動機が番組からよく解説されたと納得した者は少ないだろう。テレビで喋る者たちは、目的とする視聴率稼ぎを果たした後で、ペロッと舌を出すように、「警察による動機の解明が待たれます」などと言ってCMに逃げていた。いつもの詐欺的な手口に呆れ果てる。テレビや新聞が、どこかの心理学者や専門家を引っ張ってきて見当外れな駄弁を弄させなくても、犯人の動機は十分に説明されている。本人が大島理森に提出した手紙が、動機の核心を記した告白文書そのものだ。犯行の目的と方法が綴られ、犯行を正当化する身勝手な「大義」が書かれ、ほとんど完全な犯行予告となっている。これ以上、動機解明の証拠となるものはなく、動機の報道についてマスコミも警察も回り道をする必要はない。

【続き - 以下は有料です】
[PR]
by yoniumuhibi | 2016-07-27 23:30 | Comments(5)

週刊文春による鳥越俊太郎のスキャンダル報道 - 次からは女性候補者を

c0315619_16554656.jpg 朝日の1面に都知事選の終盤情勢の記事が出ている。見出しは「小池氏優勢 増田氏追う 鳥越氏、苦戦」。レースから脱落していた増田寛也が二番手に上がり、鳥越俊太郎が三番手に下がった。意外な大差がつき、完全に敗北が決定した感がある。この展開は10日前の公示日(7/14)にはまったく予想できなかった。保守分裂選挙になり、天の恵みで今回は勝ちを拾えると皮算用していたが、ぬか喜びに終わってしまった。無党派層の投票先を示したグラフでは、鳥越俊太郎が3割程度であるのに対して、小池百合子が5割強となっていて、ほぼ2倍の差に開いている。序盤の情勢を報じた日経(7/17)の数字では、無党派層での小池百合子と鳥越俊太郎の支持の差は僅かだった。一週間の間にこれほど大きく落後してしまったのは、やはり21日発売の週刊文春で飛び出た女性スキャンダルの影響が大きい。これが決定打となり、鳥越俊太郎への不信と失望が広がった感がある。14日の公示日の時点では、保守分裂選挙の中で野党統一候補となった鳥越俊太郎が優勢だろうという見方が多かった。それから4日後の17日夜に出た序盤情勢報道で、小池百合子にリードを許す事態になる。わずか4日だが、この序盤の攻防で勝負が分かれてしまった。

【続き - 以下は有料です】
[PR]
by yoniumuhibi | 2016-07-25 23:30 | Comments(9)

都民の代弁をしない鳥越俊太郎 - 政策の言葉が聞こえない場外乱闘の夏

c0315619_1658565.jpg三連休中日の日曜(7/17)、池袋の大きな書店に足を運んだ。4階のフロアで『SEALDsの真実』がどのような売られ方をしているのか確認することと、鹿砦社の『ヘイトと暴力の真実』を入手することが目的だった。『SEALDsの真実』は、奥まった裏手の書架にひっそりと、しかも右翼本のカテゴリーの中に陳列されてあった。著者としては最大の侮辱を受けた格好だが、しかしこの虐待は、何となく事前に予測できていたことでもある。この書店はそういう事故が起きておかしくない、ある種の背景と動機を疑うことのできる店舗だ。用を終え、不愉快な気分で雑踏を駅へ戻ると、東口の駅前で都知事選の演説現場に出くわした。鳥越俊太郎の応援演説で、選挙カーの上に田村智子と柿沢未途が立ち、他に元共同通信と元NHKの年配の男が侍り、鳥越俊太郎の姿はなかった。柿沢未途が「私も元NHKです」と自己紹介していて、ネットで調べると、麻布から東大法でNHKに入局している。あ、そうだ、この維新の党の幹事長だった若い男は、毛並みピカピカの世襲2世だった。柿沢未途が柿沢弘治の息子だったことも忘れているほど、私は現実政治から疎くなってしまっている。経歴からの印象は悪いが、この男の演説は思っていたより上手で、へえと意外に感じながら最後まで付き合った。

【続き - 以下は有料です】
[PR]
by yoniumuhibi | 2016-07-21 23:30 | Comments(12)

辺見庸の『永遠の不服従のために』 - 15年前のBBCの近未来映画

c0315619_14211125.jpg池袋の大きな書店に行って新刊の書棚を眺めていると、辺見庸の『永遠の不服従のために』が「アンソロジー」となって並んでいた。昨年、講談社から辺見庸の抵抗三部作の文庫本がどれも絶版になったということで、この時節にそれは問題だと憤慨する声が上がり、ちょっとした事件になっていたが、別の出版社から三部作が新しい一冊の単行本に纏まって出ていた。オリジナルは、毎日新聞社から2002年10月に出たもので、サンデー毎日に連載して好評だった「反時代のパンセ」のエッセイを纏めた本だ。2001年に始まったアフガン戦争と、国内で整備されつつあった有事法制と、そして小泉政権に対する徹底的な批判が書かれ、政権に迎合するマスコミの姿勢が厳しく断罪されている。私がこの本を購入したのは、2003年の『いま、抗暴のときに』にの後だと思うが、イラク戦争が始まったとき、二冊をほぼ同時に読んだ記憶がある。日本にもまだこんな知識人がいたのか、健在だったのかと嬉しく心強く思ったのが感想で、すぐに講演会を聴きに行った。イラク戦争の開戦の頃、日本で言葉を発していたのは辺見庸と筑紫哲也で、米国ではサイードとチョムスキーが活躍していた。何か、はるか遠い昔のことのように思われる。

【続き - 以下は有料です】
[PR]
by yoniumuhibi | 2016-07-20 23:30 | Comments(1)

人にやさしい象徴天皇制 - 生前退位、天皇陛下の勇気ある決断と挑戦

c0315619_1405234.jpg天皇陛下の生前退位の件。最初に発表されたのは7月13日のNHKの7時のニュースだった。衝撃の一報だったが、生前退位を望む現天皇陛下の意向やその理由を説明し、視聴者である国民に告知と説得をするような、生前退位について前向きな報道だった。私は、すぐにこの考え方が両陛下からそのまま発信されたもので、天皇陛下の重要な決断であることを察し、また、NHKがここまで既成事実的に報道するのだから、政府内の根回しもほぼ終わって、前向きに手続きが始まるのだろうと期待した。だが、一日経って様相は一変し、マスコミ各社から否定的な反応が次々と出ている。日テレは、「天皇陛下の生前退位は無理」と言った政府関係者の発言を紹介、肝心のNHKも「政府は慎重に対応検討か」などと論調を後退させている。明らかに、政府側から巻き返しが起こっていて、生前退位を潰そうとしているのが安倍晋三であることは明白だ。これが天皇陛下と安倍晋三との政治闘争である事実を、世の中でどれだけの人が察知し認識していることだろうか。好き勝手にはさせないぞという、安倍晋三の強烈な独裁意志が看取される。二人の二度目の戦いだ。一度目は10年前の女性天皇のときだった。あのときも、最初に天皇陛下の意向がマスコミに出て、その方向で決まるかと思いきや、安倍晋三と右翼が怒濤の逆襲で阻止してしまった。

【続き - 以下は有料です】
[PR]
by yoniumuhibi | 2016-07-16 23:30 | Comments(6)

SEALDs選挙の失敗 - 国民の共感と支持を得られなかった「野党共闘」

c0315619_1515740.jpg市民連合も、中野晃一も、山口二郎も、32の1人区の勝敗ラインについて最後までコミットしなかった。共産党も民進党も、選挙期間中それを決して口にせず、マスコミも彼らの意図を忖度したのか、幾度も公開の党首討論の機会があったのに、その重要な問題について質問しようとしなかった。誰もが1人区が今回の焦点だと言いつつ、その勝敗ラインは、恰もアンタッチャブルな禁忌のように表面の話題から隠され、何勝何敗の星取りで成否が分かれるのか定義が与えられず、曖昧にされたまま投票日を迎えた。そのため、11勝21敗という結果について、「野党共闘」の勝利なのか敗北なのか、共通認識の基準の下で判断することができない。マスコミは善戦だったと口を揃え、「野党共闘」は成功だったと評価を与えている。事前のマスコミの予想では8選挙区ほどが優勢と伝えていたから、11選挙区を取った成果に健闘という採点は妥当と言えるだろう。しばき隊を筆頭に左翼方面のTwでは、「市民の勝利」を讃える自画自賛が充満している。だが、政治はあくまで結果である。改憲勢力は3分の2を制した。もし、32の1人区で過半数の17議席を「野党共闘」が取っていれば、改憲3分の2も阻止できていただろう。だから、結果は敗北だと厳しく総括せざるを得ない。

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2016-07-13 23:30 | Comments(3)

参院選で改憲勢力が3分の2を制す - リスクとなった「憲法改正」の争点化

c0315619_14364232.jpg参院選の結果が出た。マスコミが事前に予想したとおり、改憲勢力で3分の2の議席が確保された。朝日の1面には安倍晋三が満面の笑みでボードの前に立つ写真が載っている。この不快な絵を4度見た。2012年衆院選、2013年参院選、2014年衆院選、そして今回。結局、安倍晋三は国政選挙に4連勝した。これまで、国政選挙で4連勝した首相を見たことがない。5年間で4度の選挙を行った小泉純一郎ですら、結果は2勝1敗1分だ。安倍晋三は常勝将軍であり、4年間で一度も負けたことがない。内閣支持率も安定したままで、政権基盤はさらに盤石となり、党内や国会内に不安要素は全くない。マスコミも子分だけ。任期はあと2年だが、2年の間に衆院選を打ってそこで勝てば、任期を再延長して、7年半続いた佐藤政権(1964.-1972)を追い抜くことも十分考えられる。安倍晋三の独裁体制が固まる選挙結果となった。この選挙結果を受けて、残業代ゼロ法案が成立するだろうし、年金や医療費がカットされるだろうし、自衛隊PKO派遣に駆けつけ警護が適用されるだろう。自公で改選過半数を取ったことで、昨年より国論を二分した安保法は国民の民意によって容認された結末となった。そして、安倍晋三が選挙戦序盤で予告(ニコ動)したとおり、臨時国会で憲法調査会を動かし始め、改憲論議が立ち上がることになるだろう。

【続き - 以下は有料です】
[PR]
by yoniumuhibi | 2016-07-11 23:30 | Comments(1)

参院選の終盤情勢 - 改憲勢力が3分の2を取り、1人区は「野党共闘」が完敗

c0315619_14401052.jpg昨夜(7/5)から、マスコミ各社が参院選の終盤情勢を報道している。見出しを拾うと、日経は「改憲勢力、3分の2に迫る」、共同は「改憲勢力3分の2強まる」、毎日は「改憲勢力3分の2の勢い」とある。序盤の情勢から大きく変わっておらず、自民、公明、お維の3党で焦点の78議席に達するのはほぼ確実な状況となった。調査サンプル数の多い共同の予測では、自民60、民進27、公明14、共産9、お維6、社民1と数字が並び、改憲勢力の3党で80議席がカウントされている。この共同の最終推定は私の当初予想と近い。野党が健闘して3分の2を阻止すると予想を出しているマスコミは1社もない。注目の1人区の情勢を追いかけると、接戦と言われていた幾つかの選挙区で地元紙によって自民リードの記事が出た。宮城選挙区について、河北新報が横一線と報じつつ、自民(熊谷)の名前を先に書き、民進(桜井)の名前を後に書いている。青森選挙区について、東奥日報が自民(山崎)が一歩リードと書き、民進(田名部)が追走と書いている。新潟選挙区について、新潟日報が大接戦と書きつつ、自民(中原)の名前を先に出し、野党(森)の名前を後に出して情勢を暗示している。「野党共闘」が取るとされていた3選挙区で、自民が巻き返して刺した形になっている。

【続き - 以下は有料です】
[PR]
by yoniumuhibi | 2016-07-06 23:30 | Comments(5)

民進党都連の露骨な造反 - 参院選惨敗を見越した都知事選相乗り策動

c0315619_1442998.jpg参院選の投票まで残り一週間。昨日(7/3)、民進党の都連が、都知事選の候補に長島昭久か増田寛也を軸に検討を進めることを確認したとNHKが報じた。今後の対応を都連会長の松原仁に一任したとある。衝撃的なニュースのはずだが、今朝(7/4)の朝日の紙面には記事が出ていない。この事実が衝撃的である所以は、言うまでもなく、この民進都連の決定が岡田執行部の方針と真っ向から対立するもので、自民とは相乗りしないと明言している岡田執行部に対する造反だからだ。2週間前、6月20日のブログで、私は都知事選をめぐる民進右派のクーデターについて述べたが、参院選の一週間前にして、いよいよそれが現実の動きとなった。松原仁らによる増田寛也を担ぐ動きは、明らかに石原伸晃らと裏で示し合わせた謀計であり、小池百合子を降ろしたい自民都連と、相乗りにしたい民進都連の思惑が一致したものだ。増田寛也は、必ず勝つ形ならば出馬したくて目が血走っているが、負ける可能性があると失うものが大きすぎて躊躇なのである。「東京スカイツリーから飛び降りる覚悟」というのはそういう意味だ。小池百合子を降ろすか、民進と相乗りで決めてくれと自民党に要求している。それを見た松原仁と長島昭久が素早く動き、自民都連と結託して岡田執行部に造反する動きに出た。

【続き - 以下は有料です】
[PR]
by yoniumuhibi | 2016-07-04 23:30 | Comments(0)


カウンターとメール

最新のコメント

左派が、前原をほめるなど..
by 前原より小池 at 21:21
続き: ◆ 視点をアメリ..
by NY金魚 at 12:35
数カ月前の当ブログに「慰..
by NY金魚 at 04:11
細野氏の三島後援会の会長..
by 一読者 at 19:15
優れた日本型システム ..
by 優秀な日本型システム at 16:12
本当に仰る通りだと思いま..
by liberalist at 00:12
そうでした。「民主」と言..
by 長坂 at 23:45
私たちの世代(60代)に..
by ametyan at 11:04
稲田が辞任しましたね。晋..
by ロシナンテ at 13:19
TWされている通りだと思..
by 長坂 at 11:47

Twitter

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング