<   2015年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

戦争法案を批判する言葉のなかった姜尚中と田中優子の無能と無関心

c0315619_1715665.jpg梅雨の季節。5/27に始まった安保法制の衆院特別委は、6/1までに4日間の審議を終えた。このうち、5/29の審議は午後に野党が退席して閉会になっており、丸一日審議が行われたのは、安倍晋三が出席してNHKの中継が入った3日間(5/27、5/28、6/1)である。審議は週3日のペースで行われ、今週は6/5が予定されているが、野党側が議事進行に反発していて不透明な状況にある。与党側は来週に参考人質疑を計画していて、それを消化させれば次は地方で形ばかりの公聴会を開催、そして最後は安倍晋三を呼んでテレビ中継入りの締めくくり総括質疑をやり、6月末には強行採決という腹づもりなのだろう。自民党国対委員長の佐藤勉は、80時間ほどの審議時間で衆院を通過させると言っており、6月末から7月初が一つの大きなヤマ場になると思われる。ポイントは、6/24に会期末を迎える国会の会期延長で、安倍晋三がG7サミットから帰国した来週から、会期延長と法案処理の政局の駆け引きが始まるはずだ。今は静かにしている後藤謙次や田崎史郎や藤岡信夫がテレビの表で跳梁を始め、カレンダーを指さしながら、政局予想と称して安倍晋三の思惑をそのまま撒き散らし、空気を一つの方向に誘導するだろう。中立を偽装した薄汚いマスコミの政局屋が、安倍晋三の手足となって蠢動を始める。

【続き - 以下は有料です】
[PR]
by yoniumuhibi | 2015-06-03 23:30 | Comments(7)

南シナ海での「重要影響事態」 - 具体論を詰めて暴露しない散漫な野党質疑

c0315619_13522214.jpg昨日(6/1)の衆院特別委の審議を報じた朝日の1面記事を見ると、安倍晋三が「重要影響事態」の範囲を例示して、「中東やインド洋での武力衝突が、この事態に当てはまるとの認識を示した」とある。「重要影響事態」とは、これまでの「周辺事態」から地理的な制約を取り払って、地球規模で米軍や他国軍を支援できるように新設した概念だが、国会で初めて具体的な地名を口にした。玄葉光一郎の質問に答えての答弁で、「仮に中東、インド洋などの地域で深刻な軍事的緊張状態や武力衝突が発生した場合で、わが国に物資を運ぶ日本の船舶に深刻な影響が及ぶ可能性があり、かつ米国等がこうした事態に対応するために活動している状況が生じたときは、重要影響事態に該当することがあり得る」と述べている。この直後に、玄葉光一郎は南シナ海はどうかと論点を振り、南沙諸島で中国軍とフィリピン軍・米軍との間で武力衝突が起き、中国軍が海域に機雷を敷設した場合は「存立危機事態、重要影響事態」になり得るのかと質問した。それに対して安倍晋三は、わが国が輸入する原油の8割が南シナ海のシーレーンに依存しているのは事実だが、迂回路がないホルムズ海峡に対して、南シナ海には迂回路があるので、ホルムズ海峡の状況とは大きく違っていて想定し得ないと答えている。

【続き - 以下は有料です】
[PR]
by yoniumuhibi | 2015-06-02 23:30 | Comments(4)


カウンターとメール

最新のコメント

もしラッキーで後20年、..
by 長坂 at 11:43
ブログの主旨に全面的に賛..
by NY金魚 at 02:34
日米両国で大嘘つきの大統..
by 七平 at 06:07
あの人達が左の代表だとし..
by 長坂 at 15:01
私の祖父は敗戦後、GHQ..
by 愛知 at 01:52
『戦争をしない』という魂..
by NY金魚 at 00:27
度々ですが、朝鮮戦争時、..
by ayako at 23:24
おにぎりさんのコメント、..
by ayako at 18:20
「南スーダンへの派遣自衛..
by 愛知 at 00:29
ブログ管理人殿のアイデア..
by 齋藤正治 at 08:01

Twitter

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング