「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

大晦日に - 最悪の年だった2014年

c0315619_16531839.jpg今年は最悪の1年だった。ブログ開設10周年の年を静かに送りたかったが、社会の動きは悪い方向に進み、抗おうとする中でその流れに巻き込まれ、苦痛を強いられただけの1年で終わった。最初に起きた忌まわしい事件は、1月31日の岩上安身による突然の誹謗と暴言だ。これには呆気にとられたが、この事件は、今から振り返って考えると、どうやら、後に続く小保方晴子問題の際の誹謗中傷事件とも繋がっている。ブログ活動を10年やってきた成果がこれだ。まったく何をやっていたのかという気分にもなるし、これが今の日本の現実だという諦観にも至る。ファシズムの時代の、卑しく萎びて歪んだ人間心理の表出のようにも見える。それはひたすら醜く吐き気がするものだ。宇都宮健児を担いだ左翼と、その尻馬に乗って宣伝扇動に狂奔した面々は、未だにその過誤を反省する様子がない。この政治行動は決定的な錯誤だった。そのことは、今年後半に実現した沖縄の保革共闘とその勝利が証明している。今、日本の左派にとって唯一の希望が沖縄であり、そのことがネットでも喋々されているけれど、喋々している本人たちが、東京での、中央での保革共闘と STOP THE ABE の政治を潰した元凶であることを彼らは全く自覚していない。菅原文太は死の1か月前に沖縄に立ち、翁長雄志勝利のために檄を飛ばしたのだが、そこから9か月前、雪の降る銀座に立って細川護煕への支持を渾身で訴えていた。 

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-12-31 23:30 | Comments(6)

小保方晴子事件は来年も続く - 責任を取らされる擁護派の狂人たち

c0315619_1628679.jpg桂勲の調査委は、小保方晴子の「STAP細胞」の捏造について、本来やらなくてはいけない調査をせず、不正の事実解明と責任追及を行わず、逆に小保方晴子を免責する報告でお茶を濁した。実に後味の悪いものだった。「STAP細胞」がES細胞であることをを証明した科学的意義は大きく、誰も反論できない秀逸な結論だったが、肝心の不正疑惑の調査としては失敗で、全く無意味なものだったと言っていい。最初から「免責ありき」が決め打ちされた作業であり、小保方晴子の捏造については調査対象から恣意的に除外され、責任が不問にされ、恰も東電の福島原発事故における「無主物」的な詭弁論法によって、容疑への関心が門前払いされていた。報告を聞いた多くの者は、「STAP」をESと特定した検証内容に満足しながらも、捏造の主犯である小保方晴子を無理やり擁護して隔離する桂勲の態度に憤りを感じたはずで、このようにして「STAP細胞」の疑惑を幕引きしようとする理研に、さらに不信感を強めたに違いない。理研は卑怯だが、そのバックには下村博文と安倍晋三がいる。9月からの「STAP細胞」の再現実験へと流れを敷き、小保方晴子を参加させるよう圧力をかけた張本人は、下村博文とその後ろにいる安倍晋三である。下村博文と安倍晋三がここまで小保方晴子の擁護にムキになるのは、二人が「幸福の科学」の一心同体の同志であることに加えて、もう一つ大きな理由がある。

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-12-29 23:30 | Comments(16)

桂勲のヘラヘラした詭弁会見 - 小保方晴子への免責と若山照彦への批判

c0315619_14252582.jpg昨日(12/26)、外部の有識者で構成する理研の調査委が「STAP細胞」について報告する会見があり、ネット動画での生中継をずっと見守った。その中味は、NHK毎日日経の記事に出ているとおりで、「STAP細胞」の正体がES細胞であった事実が突き止められ、そのことが科学的に詳しく証明されたものである。「STAP細胞」がES細胞である疑惑は、事件が発覚した2月当初から指摘されていた。6月には遠藤高帆によるゲノム解析の結果が提示され、6/16には小保方ラボの冷凍庫から「ES」とラベルが貼られた容器が箱ごと大量に発見された件がNHKの報道で暴露され、ほぼ間違いない事実となっていたが、今回の調査報告で確定的なものになった。「STAP細胞」なるものは存在せず、「STAP細胞」と呼んでいたものはES細胞だった。遅きに失した調査と結論だが、報告の検証内容は秀逸で、「STAP細胞」とその「実験」がどのようなものであったか、謎だった事象の科学的内実を白日の下に曝している。理研のサイトに報告資料があり、そこにPPTのスライドが載っているが、そのP.7の「理研によるゲノム解析結果」がキーポイントであり、問題の全貌が構造的に解明されて一表の下に総括されている。実に科学的で論理的な分析と証明であり、簡潔で明瞭な表現に唸らされる。科学のレポートはこうでなくてはいけない。これこそが、まさにわれわれが知りたかった終着点であり、「STAP細胞」の科学的真実に他ならない。

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-12-27 23:30 | Comments(20)

天皇誕生日の会見 - 豪雪地帯の高齢者の雪下ろしへの陛下の言及

c0315619_16483593.jpg新聞に大きく取り上げられるような災害ではありませんが、常々心に掛かっていることとして多雪地帯での雪害による事故死があります。日本全体で昨冬の間に雪で亡くなった人の数が95人に達しています。この数値は広島市の大雨による災害や御嶽山の噴火による災害の死者数を上回っています。私自身高齢になって転びやすくなっていることを感じているものですから、高齢者の屋根の雪下ろしはいつも心配しています。高齢者の屋根の上での作業などに配慮が行き届き、高齢者が雪の多い地域でも安全に住めるような道が開けることを願ってやみません」。天皇誕生日の会見の中にこの一節があり、各局の夜のニュース番組で取り上げられた。報ステの古館伊知郎は、天皇陛下の慈悲深さに感激したコメントを発していたが、NHKは何もコメントを加えなかった。この問題は、テレビを見ながら気になっていた問題だったので、よくぞ一石を投じてくれたと天皇陛下に感謝を言いたい。この発言は、単に天皇個人の心のやさしさとか慈悲深さを表しているという問題ではなく、行政の怠慢や社会の無神経が指摘されている問題なのだ。天皇陛下は、リーダーとして社会と行政に問題提起をしているのである。これでいいのかと。つまり、豪雪地帯に住む高齢者に対する社会の酷薄と行政の無責任を批判しているのだ。このまま放置してはいけないと言い、対策を講じよと言っているのだ。

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-12-24 23:30 | Comments(2)

竹信三恵子の『ピケティ入門』と若干の問題点 - 不正確なマルクス認識

c0315619_1430582.jpg先々週の週末、選挙の前日(12/13)だが、オフ会の前に時間潰しのため神保町の東京堂本店で本を見ていた。立花隆が新刊本をチェックするとき、必ずこの店の1階フロアを利用することは、以前、Blogで紹介したことがある。私も立花隆と同じ習慣の持ち主で、新刊本は常にこの店で探して買い込んでいた。カバーも気に入っていた。もう遠い昔のことだ。あれから店は2回改装した。小ぎれいな雰囲気に変わったが、私には昔の東京堂本店が懐かしい。特に2階と3階がよかった。知識人(のみ)がアクセスして時間を過ごせる特別な場所。2階と3階に来ると、学生時代の続きの勉強を自然に始めていて、私にとっては図書館そのものだった感がある。東京堂の方が、三省堂よりも古い時代の本を置いてくれていて、すなわち脱構築化=商業化されておらず、その点が私のお気に入りだった。神保町に中華料理屋が多いのは、この辺り一帯が嘗て東京の中華街だった名残りだと言う。内山書店とか東方書店があるのも、その歴史のせいだろうか。留学生だった周恩来も、この近くに住んでいた。新刊コーナーで目に止まったのは、ピケティの「21世紀の資本」とその関連本数冊で、何人かが熱心に立ち読みしていた。日本語版が出たのか、じゃあ買わないとと思って実物を見た瞬間、訳者の名前が目に入ってギョッとした。まさかと思いつつ、みすず書房の真意が分からず、本の購入は中止した。

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-12-22 23:30 | Comments(7)

若年層の投票行動 - 若者をこのような人間に教育したのは誰なのか

c0315619_17453753.jpg前回、若年層の投票棄権について、それは消極的に安倍晋三を支持した行動なのだと論じた。選挙後、左翼や反安倍の論者の中で、あまりに「勝った勝った」と喚き散らす声が多く、敗北を正直に認めず、低投票率を自民党への不信任票のように曲解する者が多いので、その認識は間違っているということを得票のデータ分析で説明した。この国では若者ほど甚だしく右傾化している。そして、若者ほど体制に順応的な生き方を身につけている。彼らは、安倍晋三や右翼の方向性を支持しているというよりも、多数の意見や全体の意向に逆らわないのだ。異議を唱えないのである。今の政治における多数が何かはマスコミが教えている。異端が何かもテレビとネットを見れば一目瞭然だ。彼らは、生き抜くために、自身が異端の位置に属することを極端に恐れるのであり、自己防衛に過敏になるのであって、場の空気に合わせて、全体が自分に要請する配役や立場を素早く感知して、それを積極的に引き受けるのだ。その習性と態度をしっかり体得していないと、例えば、就職時の会社面接で脱落してしまう。そこで人生が決まる。われわれの頃と違って、面接は個人ではなくグループでやる。チェックされるのは、どれだけ集団での即興の振る舞いで、面接側の期待に応える役割演技ができるかだ。今はその能力を「コミュ力」と呼ぶらしい。若いときに身につける習性と態度とは、その人間の終生の生き方を意味する。

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-12-18 23:30 | Comments(3)

戦後最低の投票率の真相 - 共産党の躍進の内実と若年層の投票行動

c0315619_15301166.jpgまず、次の二つの数字を見ていただきたい。非常に分かりやすいデータを示すことができる。2年前の衆院選での比例得票数に着目しよう。共産党は369万票、未来の党は342万票である。合計で711万票。今回の衆院選での比例得票数は、共産党が606万票、生活の党が103万票。合計で709万票だ。これほど一目瞭然で、今回の選挙の左側の真実を端的に表す証拠資料はあるまい。一言で結論すれば、今回の共産党の躍進は、小沢一郎の生活の党から離れた票が流れ込んだ結果である。私が繰り返し提起しているところの、ファシズムの政治過程に特徴的な、「異端の集中」の現象に他ならない。この2党に社民党を加えた3党の比例得票数の集計を比較してみよう。2年前は853万票、今回は840万票。全く増えていない。投票率が下がったことを加味すれば、横這いと言えるだろうが、安倍晋三の暴走を止める選挙で、この票の横這いは甚だ悲しい現実であり、無残で冷酷な限界と言っていいのではないか。基本的に、この国で左派リベラルと言えば、共産・社民・生活の政党がそれを代表し、民主の一部を含むという構図で理解される。ネットの中で左派の政治主張を唱えている者は、共産か生活か社民の支持者として分布している。今、反原連系など共産傘下左翼は、さかんにこの選挙の「勝利」を吹聴し、山口二郎なども「自民党は勝利していない」などと虚勢を張っているのだが、あまりに空しい独善の説法であり、客観認識と反省意識を著しく欠いた態度と批判せざるを得ない。

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-12-16 23:30 | Comments(8)

改憲の政局が始まる - 野党再編、憲法改正、安倍談話の三位一体で

c0315619_1531949.jpgマスコミが予測報道したとおり、自公圧勝の選挙結果となった。そして、52%という異常な低投票率となった。すべてマスコミの事前の予告どおりで、寸分の違いもないと言っていい。マスコミ各社が、自民が300議席に迫る勢いだと報じたのは、公示翌々日の12/4だった。そして、その情勢を知っていたNHKは、公示の夜の7時のニュースで、今回の選挙の争点は「憲法改正」だと急に言い、各党党首にそれについての姿勢を表明させていた。繰り返し書くが、この選挙が始まったとき、改憲が争点だなどと、そんな説明をしていたマスコミは1社もなかったし、有権者も、野党も、そんな意識は微塵もなかった。解散決定(11/18)から公示(12/2)までの2週間、テレビ論戦で「憲法改正」が話題になったことは一度もない。前半戦であるこの2週間、議論はアベノミクスに集中し、集団的自衛権の信任の問題が2番目に添えられる進行だった。振り返って、前半戦では、争点として論じられる内容が公平なものであったことが分かる。つまり、選挙戦の序盤では、自民党が多少とも議席を減らす予想がされていて、その空気が支配的だったため、マスコミの対応も、民意は、アベノミクス批判と集団的自衛権への不信任として出るという想定だったのである。が、公示後の後半はガラリと変わり、NHKを皮切りにして「改憲の是非」を言うようになった。自民党が300議席の勢いだという調査が出て、争点の中味を安倍晋三側に寄せたのだ。

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-12-15 23:30 | Comments(1)

不破哲三の演説 - 2014年衆院選のハイライト、三つの構成部分

c0315619_1813170.jpg不破哲三の12/10の京都での演説が、朝日の紙面記事に出ていて、マスコミやネットでも話題になっていた。20分ほどの動画が上がっているのを見たら、あまりに素晴らしい演説なので驚いてしまった。いつもの、共産党特有の紋切り型の党略全開ではなく、往年の不破哲三を思い起こさせる、知性の光る説得的な言葉が並べられている。引き込まれて最後まで聴き入った。この衆院選のハイライトだと言える。主役を張った。84歳の高齢者が、まさかこれほど完成度の高い演説ができるとは、私だけでなく多くの者が感銘を覚えたことだろう。志位和夫の演説は年々劣化している。演説だけでなく、テレビ討論に冴えがなく、機知が枯れ、場の議論を主導したり、安倍晋三を論破したりする場面がない。報ステの生討論では、政党助成金の論点の場面で、逆に橋下徹に論破される醜態を演じていた。今回の衆院選のテレビ討論が面白くないのは、もっぱら野党に責任があるのだけれど、その責任の一端は共産党にある。共産党の議論内容は、身内だけへのメッセージと効果に徹していて、広く一般の共鳴を誘う政策トークに設計されていない。志位和夫と山下芳生のテレビ出演での態度は、従来に増してクローズドな主張と口調が際立っていて、見ながら失望と不満を深めさせられた。志位和夫が論戦で得点を稼ぐときというのは、市民の常識が代弁されるときで、マスコミが言わない庶民の正論が周囲を制するときだ。

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-12-12 23:30 | Comments(5)

民主党と共産党について - 「憲法改正」の政治戦に勝利するために

c0315619_1975670.jpg今、この追い詰められた最終盤の状況を考えれば、共産の票と議席をマキシマムに伸ばそうとする営為は意味がないわけではない。次善の策として合理的な判断と選択だろう。だが、時間を巻き戻して、解散直後の時点に立ち戻って確認すれば、この選挙の意味と目的は、何が何でも自民の議席を大きく減らし、安倍晋三を敗北させるところにあった。安倍晋三の2年間の政治を否定する民意を示し、マスコミの中に反安倍の空気を蘇生させ、来年の政局で安倍晋三を暴走させないよう抑え込むことだった。1年前の秘密保護法、半年前の集団的自衛権、その強行突破に対してNoの審判を突きつけ、これ以上、立憲主義を破壊する独裁と戦争政策を進めさせないよう歯止めをかけることだった。それが市民にとっての今回の選挙の意義であったこと、誰も疑う者はいないだろう。その位置から客観的に考えたとき、われわれは選挙をその方向に持って行くことに失敗したのであり、逆に安倍晋三の思惑どおりに選挙を操縦され、全く逆の民意を突きつけられる始末になってしまった。そのことを、不本意ながら噛みしめなくてはいけない。そして、どうしてこうなったのか、何が原因だったのか、どの時点でどういう手を打つべきだったのか、正しく総括しないといけない。誤った総括を与えるべきではなく、負けたのに勝ったなどと解釈するべきではないのだ。 

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-12-10 23:30 | Comments(5)


カウンターとメール

最新のコメント

安倍首相のTrump 訪..
by 七平 at 00:11
要はかつてのアメリカのT..
by ROM者です。 at 16:33
自浄という単語が日本語に..
by 七平   at 01:50
労働組合について調べてい..
by カミブクロ at 21:20
日本経済の衰退とか低迷の..
by 七平 at 05:19
「多文化共生」「多様性」..
by 長坂 at 14:49
(訂正版) 私が10代..
by 七平 at 01:15
カーストをジェンダーで捉..
by キヌケン at 18:28
インド感想記、こちらも拝..
by キヌケン at 04:58
タイ北部の田舎、パヤオ県..
by 愛知 at 22:44

Twitter

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング