<   2014年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

救助の初動を政府資料から再検証する - 消防と自衛隊はどう動いたのか

c0315619_16561682.jpg御嶽山の噴火災害で問題なのは、予知できなかったから犠牲が出たとか、地下の震動が予兆として周知されなかったとか、そういう問題ではないのだ。最も重大な問題は、災害が発生して救助を求めている遭難者が多くいたのに、生死の境をさまよっている人々が目の前に100人規模でいたのに、国が救助に出なかったことである。消防も、警察も、自衛隊も、すぐに救命救助に出動しようとせず、救助に出ない言い訳をあれこれ探してマスコミで捲き、無駄に72時間を浪費したことである。救助をするべき者がサボタージュし、被害者を見殺しにしたことだ。災害救助の行政システムが機能せず、その行政の不作為が正当化されたことだ。本来、この国の消防警察のレスキュー隊の態勢と技能をもってすれば、あの日(9/27)、日没までに山頂に取り残された遭難者の大半を救助・搬送することができた。先進国であり、ヘリ救助に十分な予算が付され整備されている日本は、そして国土が狭くて、救助隊が短時間で空から現場に急行できる日本は、それが可能な条件を持っている。もし、野中広務が官房長官を務める政府であったなら、即刻の決断と指示で、多くを救助できていただろう。命が助かったかどうかは別に、重体の者を病院に搬送していたはずだ。少なくとも何人かは、死なずに助かった命があったに違いない。問題はその点なのだ。初動の救助の不作為が問題なのである。昔の日本はこうではなかった。

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-10-04 23:30 | Comments(5)

朝日新聞の誤報 - 御嶽山「救助」活動での自衛隊のウソの盲目的代筆

c0315619_1701270.jpg結論から言えば、硫化水素の検知器など必要なかったのだ。救助作業に携行する機器として不要だった。硫化水素の検知器は人間の鼻である。3ppmの濃度で不快臭となる。10ppmが法律で規制された許容濃度である。労働環境の安全基準として設定された法定濃度が10ppmだ。それ以下なら作業できる。硫黄の臭いが鼻をつき、強い刺激臭として同じ空間で持続するようであれば、その場所を離れればいいのであり、実際に人間はそこには長くいられない。人は、自分の生命を守るために五感(五官)の機能を持っている。1ppmを安全基準にしていた自衛隊の行動は、きわめて不審なものだ。2ppmで下山を決定した9/29の判断と説明は明らかに異常だ。無理な言い訳としか言いようがない。硫化水素の濃度は嗅覚で確認できるのに、わざわざ検知器で濃度を拾い、鼻に感じないほどの微量で作業中止を決めている。人体には影響ない2ppmで下山している。午後1時半に切り上げ。9/29、御嶽山に登った自衛隊は、作業中断と下山の理由を見つけるために、そこら中を検知器で調べ回っていたかの如くであり、捜索救助の任務を放り出して、マスコミ対策(世論工作)用に、サボタージュ(不作為)を正当化する証拠を固めるのに必死だったかのようだ。全く呆れ果てる。さらに呆れ果てるのは、その自衛隊の非科学的な言い分を、そのまま検証もせず記事に書いてプロパガンダを代行した朝日だ。

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-10-02 23:30 | Comments(9)

硫化水素濃度の安全基準の異常 - 法律10ppm、消防5ppm、自衛隊1ppm

c0315619_1601070.jpg御嶽山噴火から5日目、今日(10/1)は朝から1000人態勢で捜索を再開している。生存が絶望的となる「72時間の壁」を超えたため、官邸は安心して作業遂行にかかれるのだ。今度は逆に、何もしないで不明者を放置しておくと国民の中から批判が起こったり、不明者の家族が騒ぐようになるので、一転して山登りを始めたのである。昨日(9/30)も、今日(10/1)も、特に山頂周辺の気象条件に変わりはない。官邸(安倍・菅)が最も恐れたのは、不明者の家族が、自分で捜索に行くと言って勝手に現場に近づくことだっただろう。当局以外の者が山頂に足を踏み入れたなら、マスコミが撒いている「有毒ガス」の話が嘘だとバレてしまう。政府の不作為の疑惑が濃厚になる証拠が押さえられてしまう。72時間、何をやっていたんだという糾弾になる。この疑惑の視点から72時間の経過を振り返って気づくのは、日を追う毎に、現場上空を飛ぶマスコミのヘリが減っていたことだ。最も多かったのは、噴火が発生した9/27である。その後、徐々に減り、9/30は1機も飛ばなかった。自衛隊のヘリだけだった。2日目の9/28はかなり飛んでいて、各社のカメラが山頂の救助活動を撮影している。おそらく、9/29に官邸からマスコミに通達が出て、山頂付近を撮るなと禁止令が下されたのだろう。当局が説明しているところの、救助活動中止の言い訳(再噴火・有毒ガス)を崩すようなエビデンスが押さえられたら不具合なのだ。

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-10-01 23:30 | Comments(8)


カウンターとメール

最新のコメント

論駁一刀両断、見事なり!..
by 駄夢 at 15:41
浜矩子さんや宮前ゆかりさ..
by 長坂 at 20:26
記事で引用された山口二郎..
by 愛知 at 22:33
1983年っていうのは、..
by 目黒駅は品川区 at 14:09
ここまで来たら、暴力を行..
by 宮澤喜一や河野洋平の頃は本当に良かった at 21:26
今、自民党に投票している..
by 中選挙区で多様性を at 23:59
米国で小選挙区制を導入し..
by Runner at 07:27
何主義であろうと、あ..
by 七平 at 11:34
ロシア革命から100年、..
by 長坂 at 23:42
いつも拝見していますが、..
by takahashi at 16:01

Twitter

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング