<   2014年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

「72時間の壁」を逆利用する安倍晋三と自衛隊の不作為と二重思考

c0315619_1343310.jpg救助活動2日目の昨日(9/29)も、その活動の中味は一昨日と全く同じく空虚なものだった。総勢400人態勢で捜索・救出を行いながら、午後1時半に早々と活動を切り上げている。昨日の成果は、たった8人をヘリで下まで搬送したことと、新たに5人の心肺停止者を発見したことだけだ。400人の自衛隊・消防・警察で、1日でわずかこれだけの実績しか達成できないのか。昨夜のテレビ報道と今日の朝日の紙面は、この無内容な「救助」活動の言い訳ばかり並べている。硫化水素ガスの濃度が高くて危険だとか、火山灰が膝まで積もっていて歩きにくいとか、水分を含んで泥状になって滑りやすいとか。言い訳コピペばかりだ。広島の土砂災害を思い出すではないか。同じことを言っていた。捜索・救助は雨で難航している。予想以上の土砂に阻まれて先に行けない。重機を入れられないので作業できない。あのときも、2日目、3日目と全く不明者を発見できなかった。土の中から掘り出せなかった。72時間を無為に過ごした。広島のときと同じだ。陰謀論の誹りを恐れず、正直に恐ろしい仮説を言えば、これは国が意図的に不作為をやっている。生存率の「72時間の壁」が、今は当局によって逆の意味で使われていて、72時間以内に救出しなくてはいけないのではなく、72時間を過ぎてから遺体を回収する、の意味になっている。オーウェルのダブルシンク(二重思考)になっている。焦眉の72時間は、わざと怠慢に時間を稼ぐのである。 

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-09-30 23:30 | Comments(6)

疑惑だらけの御嶽山救助活動 - 安倍晋三と自衛隊のウソと言い訳

c0315619_1522727.jpg木曽の御嶽山。民謡にも歌われている名高い山で、日本百名山にも選ばれている立派な山だが、御嶽山がどんな姿形の山か、きっとイメージを持っている人は少ないだろう。あらためて写真を見ると、実に秀麗で神々しく、風格と威厳のある見事な山容であることを確認できる。Wikiでは独立峰だと紹介されているが、一峰が屹立する円錐形の山ではなく、むしろ立山や八ヶ岳のような連峰型の台形の容姿をしている。この美しい名山の絵柄が、私も含めて一般の人々の通念にないのはどうしてかというと、写真や映像が多く出回る機会がないからである。なぜ、名前の割に写真や映像が出回ってないのだろうかと想像すると、おそらく、山の全景をきれいに構図にできる撮影ポイントが限られているからだろう。かなり山に接近した特別な地点からでないと、その美しい姿を一望することが難しいから、日常のテレビ番組やマスコミ報道などで目にする機会が少ないのだ。中央本線の特急しなのに乗ると、一瞬だけちらっと、車窓から御嶽山が見える通過点がある。車で東京に戻るとき、帰りは気分を変えて山の中を走ろうかと、名古屋から左に折れて山岳地帯に入るが、中央道から御嶽山の姿を拝んだことはない。左右を高い山脈に挟まれて走る細長い高原の道で、きれいに眺められるのは駒ヶ岳である。地上からは、旅人はなかなか簡単に御嶽山にアクセスできない。ところが、御嶽山がよく見える旅のルートがある。飛行機の窓からよく見える。

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-09-29 23:30 | Comments(3)

奇怪な喜納昌吉の知事選出馬劇 - 背後に見える小沢派の蠢動と思惑

c0315619_16445052.jpg先週(9/16)、民主党沖縄県連の決定で喜納昌吉が知事選への出馬に走り、その動きを植草一秀や山本太郎が援護して問題になっている。喜納昌吉の言い分によると、本命候補である翁長雄志が辺野古埋め立ての承認撤回を公約しておらず、そのため支持できないので自らが立候補するのだそうだ。これを聞いて、喜納昌吉の動機に思いを巡らせたとき、最初に思い浮かんだのが、2月の都知事選での左翼の選択と行動だった。すなわち、組織の維持と保全のためではないか、という着眼である。翁長雄志は保守と革新の両方から幅広く支持を受けていて、公明の票も取り込む情勢になっている。普通に考えれば、民主党の沖縄県連の態度としては、翁長雄志の支持に回り、正式な推薦はしなくても陣営の末端に参じ、当選後は県政与党の一角を占めるものだ。今、沖縄には民主党の国会議員が一人もいない。もともと、本土と較べて共産や社民(社大)が強い沖縄では、新参の民主の地盤が脆弱だ。喜納昌吉も、2012年の衆院選での落選後は浪人の身で、2013年の参院選にも出馬できなかった。政治家というものは、選挙に出ておかないと有権者に忘れられてしまうのだと、以前、とくらさんが語っていた。国政選挙は2年後の2016年までない。今度の知事選は沖縄を揺るがす大きな政治になる。ここで何もせず、出番もなく、指をくわえて後ろから見ている役割になると、弱体な民主の地盤はさらに干からびる。

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-09-24 23:30 | Comments(5)

石原慎太郎の「支那(中国)と戦争して勝つ」暴言 - 右翼が中国と戦争する理由

c0315619_15124590.jpg1ヶ月以上前のことだが、石原慎太郎が週刊現代の誌上で、今の野望は何か、と聞かれて「支那(中国)と戦争して勝つこと」と答えている。22人の議員を擁する次世代の党の事実上の党首が、こう明言している。昔なら大きなニュースになり、政局の騒動になるところだが、今は全くマスコミの話題にならない。石原慎太郎ら右翼の過激発言に、国民の感性が麻痺して常態化しているためであり、マスコミの記者や論者そのものが右傾化して、こうした暴言を異常視しなくなったからでもある。むしろ、こうした事実に注目して警戒の声を上げる者の方が、「左翼」のレッテルを貼られて不当視される世の中になった。実際のところ、この種の問題を取り上げて正面から批判する論陣を張っても、ブログにはアクセスが集まらず、市民の関心が低いことを痛感させられる。右翼批判の主張は共感されない。右翼化に警鐘を鳴らす記事は好まれない。時代が右翼の価値観(イデオロギー)を社会の座標軸の中心に持ってきていて、人々がそろそろと、その「中心」の立ち位置に移動している。それが社会のマジョリティの思想性だから、誰もがその現実を認めざるを得ず、抗えず、皆と一緒に右翼を「中立」だと観念するのである。自己の政治認識の基準を変える。メジャーメントを変えてしまえば、改宗(転向)すれば、右翼は右翼でなくなる。「中立」へと表象変化する。そして、これまで中立だったものが「左翼」になる。辛坊治郎が「中立」になり、関口宏が「左翼」になる。

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-09-22 23:30 | Comments(7)

丸山真男のファシズムの定義 - 正しい概念と認識で現実を直視しよう

c0315619_13253765.jpg前回の記事で、今の時代環境こそがファシズムだと書いた。現在がファシズムの時代の真っ只中で、次に来るのが戦争だと。ファシズムはこれから来るのではなく、もうすでに来ていて、次に来るのはファシズムではなく戦争だと、そう書いた。この時代認識が正しいかどうか、それを判断するためにはファシズムの語の意味を再確認する必要がある。ファシズムという言葉を、私は決して無闇に使っているわけではない。私の場合、ファシズムの意味も、イデオロギーの語意も、右翼の語法も、すべて丸山政治学の概念に依拠している。丸山真男が先生であり、それが正しい言葉の使い方だと心得ている。そのことを先に申し上げ、ファシズムの定義について説明の作業を試みたい。最初に広辞苑から。手元の第二版にはこう書いている。「①狭義では、イタリアのファシスト党の運動、及び同党が権力を握っていた時期の政治的理念及びその体制。②広義では、イタリア・ファシズムと共通の本質をもつ傾向・運動・支配体制。第一次大戦後、世界の資本主義体制が危機に陥ってから、多くの資本主義国に出現(イタリア・ドイツ・日本・スペイン・南米諸国・東欧諸国など)。全体主義的或いは権威主義的で、対外的には侵略政策をとることを特色とし、また一党専制の形をとり、国粋的思想を宣伝する」(P.1912)。これが辞書でのファシズムの語義であり、一般の通念だが、結論を言うと、この定義は正しくない。丸山真男の与えた定義とは違う。

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-09-18 23:30 | Comments(3)

朝日新聞の屈服 - 安倍晋三による調略、集団リンチと内部工作員の揺動

c0315619_15562084.jpg週末のマスコミ報道も「朝日叩き」が中心だった。「朝日叩き」に対する懸念や反発の声も、ネットの中で一部ながら出始めている。1週間前、池上彰に対する批判の記事を書いていたときは、まさか9/11に朝日の社長の謝罪会見するとは思わなかった。あれほど呆気なく全面降伏して、右翼媒体による袋叩きと吊し上げの前で惨めに平身低頭するとは思わなかった。私は、この国のファシズム化の計測について他の者より敏感で、客観状況を正確に捕捉していている自信があり、したがって誰よりも早く、一般の者が聞けば「オオカミ少年」的な誇張に聞こえる悲鳴警告を発していたつもりだったが、どうやら事態は私が思っていたよりも速く進行している。次に何が起きるか分からない。朝日が陥落した。安倍晋三の前に屈服した。これ以降、もはや政権を正面から批判する記事や社説は書けないだろう。安倍晋三と右翼に抵抗する言論の拠点が崩れた。顔面を思いっきり殴られて、前歯と鼻骨を叩き折られた。面相はもう元に戻らない。何度も紹介しているF2の『ヒトラー 権力掌握への道』を見て欲しい。1930年代半ば、ナチス支持に傾斜しながらも、ドイツ国民はあのような戦争に巻き込まれるとは思っていないのである。空襲され、占領され、国を二つに割られ、ソ連兵にレイプされという悪夢を予想していない。戦争になる。ファシズムの次は戦争だ。中国と戦争を始める。全面戦争になり、総力戦となり、核戦争になる。 

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-09-16 23:30 | Comments(12)

「朝日叩き」のファシズムの苛烈 - 拷問された後のように怯えて謝罪した社長

c0315619_1764653.jpg昨日(9/11)、「吉田調書」と「吉田証言」の二つの件で朝日の木村伊量が謝罪会見した。朝日の社長が会見に出てきて謝罪するのを見るのは初めてだ。否、朝日の社長が会見で何か喋るのを見るのも、これが初めてかもしれない。歴史的な事件と言える。朝日の問題報道と言えば、25年前のサンゴ落書き事件を想起するが、あのときも謝罪会見などはなかった。何十年か後で、日本のファシズムと戦争が顧みられるときに、一つの重大な節目として語られることになるだろう。4日前(9/8)の記事で懸念を述べたばかりだったが、予想を超えた急激な流れで謝罪に追い込まれ、社長の進退という展開にまで至った。ファシズムの時代の滑り方のスピードが実感されて恐ろしい。言うまでもなく、今回の謝罪会見は、あの池上彰の問題から惹き起こされたものだ。池上彰の騒動が起きなければ、朝日の社長が会見で謝罪という始末まで追い詰められることはなかった。左翼とリベラルが、右翼と政権による朝日叩きの尻馬に乗り、軽薄に狂躁し、朝日叩きをファッショ(facio)の政治にした結果に他ならない。水島宏明らの罪は万死に値する。今、われわれは、韓国や欧米の市民社会が日本をどういう眼差しで見ているかを想像しなくてはいけない。慰安婦問題の報道で朝日の社長が謝罪会見し、安倍晋三による朝日批判がNHKで大きく報じられている、そんな日本を海外はどう見るか。それを考えたとき、1週間前、軽々しく「朝日は池上さんに謝罪しろ」などと言えるのか。 

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-09-12 23:30 | Comments(24)

「昭和天皇実録」の胡乱 - 仕組まれた発表と解説、歴史改竄の上塗り

c0315619_1715838.jpg一昨日(9/9)、『昭和天皇実録』についての報道があった。朝日は、1面、3面、14面(社説)、19・20・21・22面、38面、39面と9頁を使って大型特集を組んでいた。夜のテレビ報道も、錦織圭のテニスとこの話題で埋められていた。この「実録」報道に接しての感想を述べたい。マスコミ報道では、何人かの専門家が「実録」についてコメントした。保阪正康、半藤一利、古川隆久、原武久、加藤陽子などである。それらを読んだり聞いたりして、違和感というか、最初に思ったことは、果たしてこの人たちは本当に61巻1万2000頁の現物を全部読み込んだのだろうかという疑問だった。最初から最後までページを捲って目を通した上で、持論を提出しているのだろうか。研究者として責任あるコメントをマスコミで試みる以上、最低限、書かれた内容を査読していなくてはいけない。この「実録」が完成したのは8/21のことだった。9/9の報道は、それを宮内庁が公表したということである。完成から公表まで19日間しかない。わずか19日間で、1万2000頁の記録文書を完読することができるだろうか。1日に3巻632頁の分量を読まなくてはいけない。小説ならばそれも可能だろう。が、重要な歴史が記された文書である。当然、引用された資料を検証する必要が生じるし、従来の学説と比較検討する作業もある。専門家たちは、そういう作業を十分やった上で意見を述べているように聞こえるが、私はそれは信じられない。人の仕事として無理だ。

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-09-11 23:30 | Comments(5)

反動のプロパガンディスト池上彰と視野狭窄な水島宏明の朝日叩き

c0315619_16192920.jpg池上彰について、そのプロパガンダを批判する記事をこれまで2本書いている。2本とも2010年のことだ。この頃、テレビで売り出して今の地位に固まった。4年前、私はこう書いている。「池上彰のプロパガンダ放送というのは本当に悪質で、政治洗脳としてこれ以上ない窮極の姿がある。普天間問題の回もそうだったが、池上彰が話す中身は客観的に公平な時事解説の提供ではなく、政治的に偏向した立場からの一方的な問題の単純化であり、親が幼児に『あれは悪い、これは正しい』と出鱈目を教え込んでいるのと同じだ。その一方的で偏向的な政治主張に対して、お笑いタレントたちが『なるほど』『へえそうか』と頷いている。そういう『教室空間』が模擬されて娯楽番組になっている」。我ながら当を得た的確な指摘だと思う。が、時間が経つ毎に、飼い慣らされてこの批判意識を失っている。池上彰が朝日に載せているコラムを、朝日の購読者の私は一度も読んだことがないけれど、基本的にそのコラムは、品質も属性も水準も4年前の「学べるニュース」と同じだろう。一言で言えば、反動が大衆を洗脳する愚劣で粗悪なプロパガンダである。つまり、日本の言論の4年間の退化と劣化は、朝日新聞が民放のお笑い洗脳番組になったという事実で象徴的に総括される。悲惨というほかない。左翼やリベラルの立場で言論をしている者は、せめて、上に並べた私の池上彰論を共通認識にして欲しいし、この意見にまさか反論はあるまい。

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-09-09 23:30 | Comments(14)

朝日叩きのファシズム - 池上彰の騒動に軽薄に便乗する左翼・リベラル

c0315619_143105.jpg朝日叩きの勢いが凄まじく、ファッショ的な様相になっている。facioとはイタリア語で「束」という意味で、高校の世界史で教えられる。ここでファッショ的というのは、右翼だけでなく、左翼やリベラルが池上彰の件に便乗して朝日叩きの隊列に加わり、この問題をめぐる言論状況が「束」となって過熱している図を指す。見ていられない。昨日(9/7)、TBSのサンデーモーニングを見ていたら、後半この問題を取り上げ、岸井成格が朝日を糾弾する場面があった。朝日の池上彰への対応を非難するだけでなく、この問題で朝日は謝罪会見を開けとまで要求していた。呆れたことに、コメンテーターで出演していた田中優子が、この問題に関して一言も言わず、岸井成格の主張に追従して黙って頷いていた。番組の前半、安倍晋三の改造内閣について論議があり、田中優子の発言に期待して注目していたら、何と、批判めいた論評は一切せず、女性閣僚の登用に賛辞を送り、安倍晋三への媚び諂いで終始していた。大学の総長に昇進したら、これほどまでに言論の態度が変わるものか。今、政権と右翼はこの問題で怒濤の攻勢に出ている。もし、朝日が会見で謝罪という始末まで追い詰められれば、国内での慰安婦問題の通念と表象は、右翼のプロパガンダが「真実」となり、すべてが捏造という帰結になってしまう。強制性のない自発的な娼婦事業だったという認識がコモンセンスとして固められるだろう。河野談話の無効化まで押し切られる。

More
[PR]
by yoniumuhibi | 2014-09-08 23:30 | Comments(7)


カウンターとメール

最新のコメント

週刊新潮、私も購入。文芸..
by 愛知 at 03:38
(2の2) 豊田真..
by 七平 at 00:02
(1の2) 以前、..
by 七平 at 00:00
>究極のポピュリストで、..
by liberalist at 02:53
自民党の河村元官房長官が..
by ポー at 19:44
twitterに豊田の桜..
by ポー at 15:25
地方在住者で、東京都民で..
by きく at 00:19
橋下徹が安倍内閣に入った..
by エドガーアランポー at 17:57
今度の都議会選挙は小選挙..
by liberalist at 00:03
一番問題なのは、逮捕状ま..
by 私は黙らない at 07:13

Twitter

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング