しばき隊研究会とリベラル新党研究会 - 安倍晋三に負け続けた4年間

c0315619_14324960.jpgふと思ったことだが、辺見庸は、野間易通や菅野完や座間宮ガレイをどう思って見ているだろう。最近はあまり現実政治について発言をせず、たまにブログで書いても安倍政治や日米のファシズムについての批判と観想だけだが、政治の本質を洞察することでは誰よりも鋭い感性と眼力を持ったジャーナリストだから、左の方面の異様な鬼胎の動きにも興味を持って注視しているに違いない。左の世界が劣化し変質していること、奇怪で面妖なキャラクターが出現して跳梁していること、そのことの意味を辺見庸はどのような言葉で表現するだろうか。左で3人挙げたから、右でも3人挙げよう。橋下徹、桜井誠、栗秋琢磨。今、右の政治を動かしている怪物たちであり、今後さらに大きな権力と存在感を持つと思われる者たちだ。橋下徹と桜井誠が大阪府庁で喧嘩して罵倒を浴びせ合った事件は、NHKでも報道されたから、辺見庸は知っているに違いない。あの凶悪な絵が今の日本の政治の実像であり、言論空間であるネットでの日常がリアルの世界で形象化されたものだ。人格構造という点に着目して特徴を観察すれば、おそらくこの若い6人はよく類似していて共通項を持っている。暴力の化身。狂気の化身。奸智と詭弁と世才と毒性。そして、時代がそれを求めている。



c0315619_14243861.jpgファシズムの時代というのは、こういう異常な個性でないと政治のプレイヤーになれない。先週、19日(日)に国会裏の議員会館前に行くと、総がかりが呼びかけた共謀罪反対のデモが行われていた。主催者発表で4500人。いつも集まっている人たちだ。2015年の安保法制の政治戦の敗北の後、左の人々はしばらく落ち込んでいたが、森友学園の問題が起きて元気を取り戻しつつあり、デモに向かう足の軽さを回復している。だが、顔ぶれはいつも同じで、70代の高齢者の人たちで、15年前まで組合の活動をやっていたような人たちだ。横断幕を持って立つ彼らの前を歩きながら、その一人に私は問いかけたかった。野間易通や菅野完や座間宮ガレイをどう思いますか、しばき隊についてどう思いますか、と。どんな答えが返ってきただろう。その答えは、辺見庸が返すであろう反応と同じだろうか。国会裏の70代の高齢者たちは、私の認識では、常識と分別のある信頼できる人たちで、戦後日本の「平和と民主主義」に連なる人たちで、戦後民主主義の理念と倫理を内面に確固とさせているはずの人たちだ。だが、本当にそうだろうか。そこが怪しくなっているということはないだろうか。若い3人の鬼胎に期待を寄せて支えている基盤は、この70代の左の人々だ。

c0315619_14245610.jpgしばき隊研究会は、同時並行でリベラル新党研究会として活動することを考えている。それはどういう趣旨かというと、しばき隊が主導して推進している「野党共闘」では、次の選挙で安倍自民や小池新党に勝てないからだ。市民連合と「野党共闘」の枠組みができてすでに1年半になる。昨年の参院選では、TPPの直撃を受けている東北などの1人区では勝利を収め、一定の成果を得たという見方になっているけれど、大都市や西日本では敗北し、安倍晋三が圧勝して改憲勢力3分の2の結果となった。そこから間もなく1年が経とうとしているが、情勢に大きな変化は起きていない。「野党共闘」が国民の期待を集めておらず、受け皿として認められてないことは、マスコミの世論調査の推移で簡単に了解できるところだろう。もし「野党共闘」が支持と期待を集めていれば、内閣支持率は下がり、自民党の支持率が下がって民進党の支持率が上がらなくてはいけない。受け皿として認知されるとはそういうことだ。参院選で安倍晋三が圧勝した後、内閣支持率は高い水準に上がったままで、蓮舫民進党への支持は萎む一方の刻々となっている。今、無党派層を中心とする国民の期待は小池新党の方に向かっていて、次の選挙で小池新党が議席を大量に獲得するのは必至の状況にある。

c0315619_14251331.jpg「野党共闘」が国民の支持を受けてない事実を、国会裏の総がかりの集会に参じている左の中高年のアクティブは、もっと真剣に考えるべきではないだろうか。共産党と民進党とはもともと基本政策が一致していない。憲法も、辺野古も、TPPも、原発も、消費税も、政策の立場が悉く対立する関係にある。共産党やしばき隊は、それは公明党と自民党の関係も同様だと言うけれど、それでは、共産党は民進党に合わせて変節し、辺野古埋め立てに賛成し、再稼働を認め、消費税を増税するのだろうか。国民が「野党共闘」に冷ややかなのは、それが付け焼き刃の政治であり、落ち目の民進党が共産党の票を下駄にする苦肉の策であり、局面が変わればいつでも関係解消する「愛のない結婚」である真相を見抜いているからだ。民進党の右派議員たちは、小池新党の旋風と政界再編にフォーカスして浮き足立っている。小池新党が立ち上がれば、民進党は間違いなく割れるし、「野党共闘」は今のまま継続することができなくなるだろう。「野党共闘」は、民進党からではなく共産党の方から仕掛けて組み上がった連携である。それは、2015年のSEALDs運動を契機にして起きた政治で、どうやら、共産党はそれを最初から狙ってSEALDsを作動させていた。SEALDsから市民連合へのブリッジが周到に計画されていた。

c0315619_14253157.jpg共産党や社民党の支持層からすれば、2015年の「野党共闘」は大成功の政治に見えるかもしれない。だが、実際には選挙に惨敗しているのであり、2016年の国会ではカジノ法案が成立、PKOでの自衛隊の駆けつけ警護を閣議決定を許してしまった。閣僚の白紙領収書の問題も素通りで、何の追及もできず歯噛みして終わっている。安倍晋三が政権を取った2012年12月から、この4年半、安倍晋三は4度の国政選挙に4連勝している。衆院選に2度圧勝、参院選に2度圧勝、選挙は安倍晋三が人気と実力を誇示する政治ショーとなり、独裁政権の基盤を固める機会と装置になってしまった。その間、2013年には秘密保護法が成立し、2014年には集団的自衛権行使容認の閣議決定がされ、日米ガイドラインが改定され、2015年に安保法制(戦争法)が成立した。2016年には高江のヘリパッド工事が強行され、辺野古にコンクリートブロックが投下された。2017年、共謀罪法案が国会上程と続いている。原発の方を見ると、2015年には川内原発が再稼働、2016年には伊方原発が再稼働、2017年1月には玄海原発3、4号機が規制庁安全審査で合格となった。2014年の政府方針で、原発は20-22%のベースロード電源として位置づけられ、原子力ムラは焼け太りで悠々自適の状態だ。

c0315619_14254919.jpgしばき隊No.3の木下ちがやは、しばき隊の諸運動を「3.11以後の社会運動」と自称して自慢している。2012年の官邸前での反原発デモ、2013年から始まった反在特会の街頭行動、2014年の東京知事選でのUK支援運動、渋谷でのブルドーザーデモ、2015年のSEALDs運動とそこから展開した市民連合の動き、2016年の沖縄のヘリパッド阻止をめざした派遣運動、等々が、「3.11以後の社会運動」に含まれるプロジェクト群であり、しばき隊の活動系の歴史と総体である。この4年間、確かに左翼は活性化した。しばき隊学者の「デモ=民主主義」が浸透して、デモに活発に出るようになり、それをしばき隊と懇意の新聞記者が記事にして報道するというルーティンが確立した。また、左の中高年が積極的にツイッターを利用するようになり、しばき隊のツイートにRTして勢力を誇示するという情景も一般的になった。左翼の世界だけに視野を限定すれば、しばき隊の運動は成功しているし繁盛している。しかしながら、現実政治では敗退を続けているのであり、安倍晋三の恣意と独裁を止められず、政治を変える力にはなっていない。無力だ。しばき隊が台頭して隆盛をきわめ、左翼世界を半ば征服し統一した4年間は、安倍晋三のファシズムが勝利を重ねて権勢をきわめ、この国の民主主義が死滅に向かった4年間でもある。

しばき隊の主導する「野党共闘」に盲目的に追従していたままでは、反安倍の側はまた次の選挙で惨敗を喫してしまう。いよいよ憲法改正に王手がかけられてしまう。そのような危機感から、しばき隊研究会とリベラル新党研究会を立ち上げようという考え方になった。ご賛同とご支援をお願いしたい。天木直人氏から支援のメッセージを頂戴した。感謝きわまりない。



c0315619_14261449.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2017-03-23 23:30 | Comments(2)
Commented by r_tta at 2017-03-23 15:29 x
こんにちは。今の世の中の動きに心の底から危機感と恐怖を感じています。私は何も持たない身ですが、選挙権は持っています。それをもってどうか応援させてください。
Commented at 2017-03-24 01:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


カウンターとメール

最新のコメント

昭和天皇は嫌いだが今上陛..
by 宮澤喜一や河野洋平の頃は本当に良かった at 06:07
こんな時、ブルース・カミ..
by 長坂 at 05:07
世に倦む日々さん、私は、..
by 私は黙らない at 03:24
保守党と協力してるのは民..
by イギリス好き at 06:23
北朝鮮のせいで安倍晋三が..
by ごっちん at 17:09
悪の帝国と言うけれど……..
by ワナカマサル at 09:39
自民党の改憲論議一ヶ月ぶ..
by 私は黙らない at 03:23
「日本国民は、恒久の平和..
by 9条の変更が壊憲だ! at 18:55
みんな改憲。又市も改憲。..
by 宮澤喜一や河野洋平の頃は本当に良かった at 18:28
今回の山尾人事、そもそも..
by ポー at 12:09

Twitter

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング