艱難甚だ恨む繁霜の鬢(杜甫)- 1年間のご愛読ありがとうございました

c0315619_17303826.jpg個人的な方面で、今年の最大の収穫は、健康診断でLDL(悪玉コレステロール)の値が下がったことだった。この5年ほど基準値を超えてC判定をもらっていて、医師から要注意の指導を受けていたが、今回、めでたく基準値の中に収まってA判定となった。毎日のランニングの効果が出て、血中脂質の濃度を下げる結果に繋がった。中性脂肪の値も下がった。血圧も下がった。2年前にランニングを始めた目的の一つは、運動不足を解消してLDL値を下げるところにあったから、大いに満足できる達成を得たと言える。親族に循環器系の急性疾患で倒れた者が何人かいて、その遺伝体質を私も持っているため、生活習慣病発症の原因となるそのリスクは放置できない問題だった。ランニングを始めた当初は、今よりも持久の負担が重かったが、そういうときに頭の中で念じていたのが、「心臓や脳で倒れて周囲に迷惑をかけませんように」とか「車椅子になりませんように」という言葉で、そうやって自らを励まして三日坊主にならないように努めた。脳をやられると半身不随になる。歩けなくなる。自分で身の回りのことができなくなる。それは、資産のない貧乏人には大変なことだ。60代でそうなったら絶望だし、70代でもやはり困る。



c0315619_17305802.jpg辺見庸が脳出血で倒れたのは60歳のときだった。それから12年が経つが、毎日のリハビリで苦悩している様子が日記に綴られていて、その印象が強かったことも、2年前にランニングを始め、中途でやめずに日常定着できた要因かもしれない。病院に行くと、同じように健康診断に来ている多くの高齢者がいて、みんな必死で医者に自分の身体のことを訴えている。医者の方は、「はいはい」と軽く受け流して済ませている。高齢者の一人一人は、私と同じ動機を持っていて、本当に必死なのだ。「高齢化と社会保障と医療費」の問題の現場を垣間見て、深刻で凄絶な気分にさせられる。年をとると身体能力の衰弱が進み、これまでできていたことができなくなる。運動能力が年とともに衰えることは、昔から当然だと考えていたし、それほど気にすることはないと思っていた。だが、事務能力というか、文章を考案して論理を組み立てたり、それを推敲して校正をする脳の能力というのも、やはり年齢とともに衰えは進行する。そこには、特に視力の低下と視神経の消耗が強く影響している。その衰弱は若い頃は予想してないものだった。10年前は意識できなかった。CPUのクロック・フリクエンシが遅くなる。メモリの容量が小さくなる。バスの転送速度が遅くなる。

c0315619_17311505.jpgそのことは、単位時間の情報処理能力の低下となり、アウトプットされる作品の劣化として反映される。まことに惨めで耐えがたいことで、無念なことだが、嘆きつつもその自然の進行を抑えることができない。そういう状況だから、脳の活性化まではまだ寄与してないけれど、少しでも身体的な改善が努力によって果たせ、健康な状態に戻り、病気になるリスクを減らせたことは無上の喜びだ。ランニングの習慣定着によって、5年以上悩まされていた腰痛が治った。治ってしまえば、腰痛に苦しんでいたことなどすっかり忘れてしまう。ランニングは百薬の長なので、ぜひ読者の皆さまにお薦めしたい。マルクスは64歳で死んだ。死ぬ10年前からずっと肝臓病を患い、貧困のため満足な診療を受けることができず、大英博物館の図書館で肝臓病の研究を自らやりながら闘病生活の末に果てた。ネット上に宮本百合子の『カール・マルクスとその夫人』の青空文庫が載っていて、こう書いている。「五十代になったカールの健康は衰えはじめた。ロンドン生活の貧困と心労、ひどい勉強が精力に溢れたカールの肉体をも疲らせ始めた」。酒好きでヘビースモーカーのマルクスは、不摂生だったため肝臓病の他にも胃病や神経病を患い、資本論を執筆した人生後半は病気で苦しみ続けている。

c0315619_17332779.jpg59歳で死んだ杜甫もまた、晩年、病気に苦しみ続けた。55歳のとき、成都から移り住んだ夔州での状態について、森野繁夫の『杜甫』(集英社)にこう書いている。「杜甫の健康は、少しよくなったかと思うと悪くなり、喘息・神経痛・マラリア・糖尿病などが、それぞれ一進一退を繰り返していた。その病状を見て、ある日、医者は、杜甫の唯一の慰めであった酒を禁じてしまった。(略)それにつけても思いどおりにならない人間の世の中、この年になるまで異郷の空にあって貧困と病苦の連続、不運なことばかりだった。そうして、それらの苦しみを一時なりともわすれようとして飲んでいた酒もまでも、このたび止められてしまった。漂泊の苦労の末に、がたがたになったわが体、霜のように白くなったわが鬢の毛をいとおしみながら、杜甫は(高台の)台上に立ちつくす」(P.226)。そこから4年後、不遇な晩年を送り続けた最後に、洞庭湖に浮かぶ舟の上で息を引き取った。マルクスと似ている。森野繁夫がこうも書いているので、そのまま書き写すことにしよう。「(政治革命)を自己の使命と信じ、それを実現するだけの能力を備えていると自負していた杜甫は、腐敗した政治-戦乱と続く当時の現実を嘆き、自分の置かれていた位置に対して常に満たされぬ気持ちを抱いていた」(P.246)。

c0315619_17334258.jpg「そうして、その憂嘆と不満の思いは、終生、強まるばかりであり、その晩年に、諦めという方向をとることはあっても、解消されることはなかった。したがってその生涯は、満たされる思いを抱いての憂いの連続であったといえるが、『杜甫一生を憂う』といわれる境遇の中で作られた詩は、杜甫が願っていたように、読む人の心を打ち、永く後世に伝えられることになった」(P.247)。健康の不全が詩作の劣化を導かず、むしろ創作の感性が研ぎ澄まされ、思惟と言語が極められ、芸術の彫琢と洗練が深められた点に杜甫の天才と偉大さがあり、凡人との違いがある。尊敬させられる。ランニングを始めて気づくのは、毎日欠かさず規則的に歩いている、ウォーキング体操をしている高齢者がとても多いことだ。健康のために日課で決まった距離を歩いている。そして、その中に、少なからず、病気のあとのリハビリで、医師から指示を受けて励行している例が少なくないことにも気づいた。つまり、辺見庸の「エベレスト登り」に類似した例が多い。走っているこちらを一瞥する視線が、羨ましそうな目であることも次第に気づかされた。健康で走れるということが、とても幸せなことだということを思い知らされ、そうなると、ランニングはさらに習慣へと動機づけられる。2年間で1000キロ以上走り、シューズを新品に交換することになった。

天国へ行くときは、ASICSの GEL-NIMBUS を土産に持参し、64歳のマルクスと59歳の杜甫に「一緒に走りませんか」と誘いたいと思う。これで2016年のブログは終わり。残りの時間の短さを感じつつ、来年は二つのことに挑戦したい。何をするかはお正月に。1年間、ご愛読ありがとうございました。

c0315619_17340711.jpg

[PR]
by yoniumuhibi | 2016-12-30 23:30 | Comments(6)
Commented at 2016-12-31 23:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ローレライ at 2017-01-01 08:13 x
『一年間お疲れさまでした!』奇怪な『リベラル帝国主義』が『プーチンとトランプに阻止された年』でしたね。
Commented by Cult Watcher at 2017-01-02 21:27 x
当方も、昨年、健康診断で「悪玉コレステロールの要治療」判定がでましたが、どうにか昨年秋の検査では、「要観察」まで下がりました。食事に気をつけていたのと、ジム通いの成果ですね。しかし、金のかかるジム通いよりも、シンプルにジョギングが一番のような気もします。
ところで、週刊金曜日がまた書いてくれましたね。
性的「暴行」事件を起こした『日本会議の研究』の著者・菅野完氏をめぐる「運動体」の対応
http://www.kinyobi.co.jp/news/?p=3692
Commented at 2017-01-03 02:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-01-06 01:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 二歩散歩 at 2017-01-11 22:07 x
2年間運動して悪玉コレステロール改善したとのこと、良かったですね 私も2年前から散歩を始めました 一日5千歩位ですが、肝臓、糖尿、痛風の値が良くなりました 痛風、高血圧の薬は飲んでいましたがどうしても血液検査の結果が良くなかったのです 2年目最後の頃から良くなりました 尿も綺麗な尿になりましたね 変な匂いもなくなりました 
医者も3ヶ月毎に来てくださいということでした 
私は走らないで歩くだけですが歩くことは身体に良いです。


カウンターとメール

最新のコメント

籾井が会長を退任してから..
by 宮澤喜一や河野洋平の頃は本当に良かった at 18:02
小沢一郎が自民党を離れた..
by foo at 21:08
進歩の理念を持つ人々のな..
by 宮澤喜一や河野洋平の頃は本当に良かった at 19:36
左派が、前原をほめるなど..
by 前原より小池 at 21:21
続き: ◆ 視点をアメリ..
by NY金魚 at 12:35
数カ月前の当ブログに「慰..
by NY金魚 at 04:11
細野氏の三島後援会の会長..
by 一読者 at 19:15
優れた日本型システム ..
by 優秀な日本型システム at 16:12
本当に仰る通りだと思いま..
by liberalist at 00:12
そうでした。「民主」と言..
by 長坂 at 23:45

Twitter

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月

記事ランキング